女子26人に聞いた!歴代の彼氏が見つかった出会いの場10選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

「彼氏がほしい!」「彼氏がいる人はどこで出会ってるの?」など、彼氏を作りやすい出会いの場がないか気になりますよね。

彼氏との出会いを作る方法は様々あります!ただし、それぞれ違った特徴があるため自分の長所を生かせるぴったりの方法を選ぶことが成功の鍵となります

このページでは、私の周囲の友達26人に歴代の彼氏累計141人と出会った場所を聞き回ってわかったおすすめの出会いスポットを紹介します。

  1. どこで出会ってる?26人の歴代彼氏141人を徹底調査
  2. 彼氏を作れる出会いの場10選!とそれぞれの特徴
  3. 結局どれがいい?迷ったらときのおすすめ
  4. 彼氏を作るための最低条件「男ウケ」の6つのポイント

これを読めば理想の彼氏と会える出会いの場とそれぞれの特徴がわかり、あなたにとって最適な方法を見つけることができるでしょう。

1. どこで出会ってる?26人の歴代彼氏141人を徹底調査

「彼氏がほしい!でも出会いがない..」「一体世の中の彼氏のいる女性はどこで出会っているんだろう?」と考えてしまうことありますよね。(えぇえぇ、そもそも出会いがなければ始まらないもの!)

私は顔は特別可愛いわけではないですが(中の上、クラスで6~7番目くらい)、なぜか彼氏が絶えず今までに12人と付き合ってきました(そのためにデートした人数は60人以上)

そのためか、友達から「どこで出会ってるの?」という相談を受けることが多いです。

そんなとき私は、

  • 「まずはとにかく合コン!」
  • 「最近はマッチングアプリがおすすめだよ!」

と大体言うのですが、ふと思ってしまったのです。「果たしてそれは本当か..、私だけの話で、他の人にとって本当のおすすめは違うのではないだろうか?」と。

そこで!友達に的確なアドバイスができるよう、他の人はどんな風に出会っているのか調べてみることにしました!

そしてやるからには徹底しようと友達に聞き回り、計26人の女性の意見をまとめることができたのでした!(みんな協力ありがとうです!まさかこんなに協力OKもらえるとは😭)

1-1. 26人の歴代彼氏計141人の出会いを徹底調査!

ということで、地元や大学の友達、同僚や先輩/後輩など計25人に聞き込みをし(私も入れて26人)、「歴代彼氏とどこで出会ったか?」をまとめることにしました

26人の歴代彼氏人数
交際経験人数 人数
10人以上 2人
7~9人 3人
4~6人 18人
1~3人 3人

※対象は24~33歳の26人

歴代彼氏は総勢で141人!これだけあれば参考となるデータが出るはず!

ということで、早速結果をお伝えします。

それぞれの出会いのきっかけは次の通りでした。

※1割以上(14人以上)のものを赤字にしています。

圧倒的に多かったのは「職場や学校(※アルバイトを含む)」でした。やはり身近な出会いから恋が発展するケースが多いようです。

それ以外で見ると「合コン」、次いで「友達の紹介」「マッチングアプリ」という結果になりました。(自分のアドバイス大きく外れてはなかったかも、と安心した瞬間笑)

ちなみに「その他」の計3人は、同窓会2人、おさななじみが1人という内訳でした。

1-2. 歴代彼氏の出会い調査!(社会人編)

でもちょっと待って!

出会いといっても学生と社会人とでそのきっかけは全然違いますよね。例えば職場/学校で比べても、学校の方が彼氏を作りやすいのは誰もが想像のつくことです。

そこで、社会人以降の出会いに絞って調査をまとめてみました!すると次の通りでした。

主要どころは変わりませんでしたが、「職場や学校」が49人から10人にがくんと下がりました。「社会人になると本当に出会いがない」とよく言われるのが見て取れます。

そして職場より多くなったのが「マッチングアプリ」「友達の紹介」「合コン」でした。

調査の結果

学生の場合

以上の結果をふまえるなら、学生はまずは身近な出会いを探してみるべきだと思います。

もし身近に出会いがなければ、「マッチングアプリ」や「友達の紹介」を検討してみるのがいいでしょう。

※中学生、高校生は「マッチングアプリ」を利用することができません。(18歳以上の年齢確認が必要なため)

最近では「SNS」で出会う中学生、高校生が増えてきているようですが、犯罪に巻き込まれる可能性も高いので、「友達の紹介」「学園祭」「塾」などを検討することをおすすめします。

社会人の場合

身近な出会いに期待のできない社会人の場合は、「マッチングアプリ」や「友達の紹介」をまず検討してみるのがいいと思います。

また「合コン」も彼氏作りの大きな場となっていたので、誘いがあったら積極的に参加してみることをおすすめします!

1-3. 調査を通じて感じたこと

以上が調査の結果になりますが、調査の中で感じたことがあります。

それは、どの出会いの場がいいと思うかは最終的には人それぞれで、各方法において賛否両論があったということです。

例えば「マッチングアプリは出会いやすい!」という人もいれば「アプリやったことあるけど全然ダメだった〜」という人も中にはいました。

おそらくそれは、その人の性格の向き不向きによってどの方法が出会いやすいか変わってくるからだと考えます。

そのため出会いの方法選びで最も大切なことは、自分にぴったりの出会いの場を見つけることだと感じました。

ぴったりの出会いの場を見つけるために!

そんな自分にぴったりの出会いの場は何か見つけやすくするために、26人の意見を総合し、それぞれのメリット・デメリットをまとめることにしました!

次の章で詳しく紹介するので参考にしてみて下さい。

2. 彼氏を作れる出会いの場10選!とそれぞれの特徴

自分にとってのぴったりの出会いの場は何か?ベストな方法を見つけやすいように、調査で出てきた以下の10個の出会いの場についてその特徴をまとめてみました。

はじめに全体評価をお伝えすると次の通りです。

  • あくまで今回の26人の意見をまとめた結果です。
  • 「活動のしやすさ」とは、内緒で活動できるか、いつでもどこでも手軽に活動できるかの観点で評価しています。
  • ※なお「友達の紹介」はそもそも紹介してくれる友達がいるか/いないかの問題があったので、このまとめからは外しました。

彼氏を作るためにとくに重要なのは「難易度」「出会いの数」なので、この評価だけ見ると「マッチングアプリ」、そして実は「婚活パーティ」「街コン」が比較的におすすめと言えます。

しかし、お伝えしたように最後は人それぞれなので、各出会いの場の特徴をしっかり理解して選ぶようにして下さい。

それでは早速、各方法のメリット・デメリットをお伝えします。

2-1. 「職場や学校」身近な接点から探す

←スマートフォンの方はスクロールできます→

職場や学校
メリット ・彼氏を作れたら頻繁に出会える
・お互いの事情を理解しやすい
・コストがかからない
デメリット ・周囲に関係を隠すのが難しい
・失敗したとき、日々の人間関係に直接影響が出る
・関係が終了した時に気まずい
難易度 ★★★★☆(難しい)
コスト 0円

最も身近な方法として、「職場や学校」で彼氏を作るということがあります。

こうした場合は、同僚/友達→ごはん友達→恋人と、長い時間をかけて恋人関係に発展することが多いです。

また意図的に活動しようにも周りの目が気になったり、今の関係が壊れるリスクがあったりで、積極的に活動しづらいです。

そのため狙ってできるものではない、というのが私の印象で、そういった意味で恋人を作る難易度は高いです。

おすすめする人

以上をふまえおすすめするのは次の人です。

職場や学校での活動をおすすめする人

  • 「今」職場や学校にいい感じの人がいる

今いい感じの状況にある人以外基本おすすめしません。

他におすすめする人がいるとしたら、職場や学校コミュニティの人間関係を気にしないメンタルの持ち主くらいです。

2-2. 「習い事」趣味の繋がりから探す

←スマートフォンの方はスクロールできます→

習い事
メリット ・共通の趣味の相手と恋人になれる
・相手のことを十分に知ってから恋人になれる
デメリット ・失敗したとき、自分か相手が習い事に通いづらくなる
・出会い目的で参加する人は少ない
難易度 ★★★★☆(難しい)
コスト 10,000~30,000円/月

習い事での出会いをきっかけに恋人関係になるケースも少なくありません。

この場合、同じ趣味や関心があるため相手と話が合ったり、価値観が近かったり、一緒にいて落ち着ける相手が見つかりやすいです。

ただしそもそも出会い目的で参加する人は少ないため、恋愛に発展する出会いの数は少なく、出会いがあるかは運次第なところが大きいです。

また費用も決して安くないため、出会いを目的に参加することはおすすめしません。

本当にその習い事がやりたいことでない限り、習い事で彼氏を探そうとするのはおすすめしない方法です。

おすすめする人

以上をふまえおすすめするのは次の人です。

習い事をおすすめする人

  • 出会い目的でなく、その習い事に興味のある人

出会えるかどうかはほぼ運次第なので、本当にその習い事に興味のある人以外はおすすめしません。

【参考】出会いのある習い事例

習い事の中でも出会いがあるとよく言われるのは次の3つです。

  • ワイン教室
  • 料理教室
  • ゴルフ教室
🍷ワイン教室

ワイン教室は10~30名で、3~6ヶ月間、週に2回ほどワインの勉強を行います。費用は10,000~20,000円/月ほどです。

お互いワイン好きということもあり講座の後に食事に誘いやすく、それきっかけに恋人関係に発展することもありますが、

参加者はワインを趣味にしたいくらい大好きという人、またソムリエを目指す人などが多いため、本当にワイン好きでないと浮いてしまうので注意です。

🍳料理教室

料理教室は回数制のものも多く、5,000円/回ほどで参加できます。1回に15~30名ほどが集まり、2~4人ほどのグループで料理を作っていきます。

圧倒的に女性比率が高く、30名いたとして男性は1~2名ほどで競争率は非常に高いです

さらに、あくまでみんな料理を習う目的で参加しているので、出会いにガツガツすると周りの生徒から敬遠され、面倒な噂を立てらえてしまうので注意です。

ゴルフ教室

ゴルフ教室は出会いの場として挙げられることがありますが、それは間違いです。(※あくまで私の感想)

1レッスンで参加する人は3~5人で、しかもそこには既婚者や年配の方も多いです。つまり圧倒的に出会いのチャンスが少ないです。

しかも練習自体は一人で黙々とこなすスタイルなので、他の人との交流はほとんどありません。参加費は2,000~4,000円/回ほどですが出会い目的には向きません。

ちなみに今回のヒアリング調査で「習い事」きっかけの出会いは4件でしたが、内訳は以下の通りでした。

  • 塾(学生時代)・・・2人
  • ジム・・・1人
  • 英会話・・・1人

ご参考まで。

2-3. 「マッチングアプリ」今流行りの探し方

←スマートフォンの方はスクロールできます→

マッチングアプリ
メリット ・出会いが豊富(50,000人以上の中から男性を選べる)
・女性は無料で使えるものも多い!
・スマホ1つでいつでもどこでも活動できる
デメリット ・毎日コツコツ活動する必要がある
・ターゲットでない男性からのアプローチも多い
・ヤリモクの男性もいる
難易度 ★☆☆☆☆(非常に易しい)
コスト 0円、または4,000円/月

マッチングアプリは利用者が急増していて、今となっては主流の出会いの場の1つとなっています。

実際にヒアリング調査では26人中11人(約2人に1人)がマッチングアプリで彼氏を作った経験があるとのことで、しかも全員がこの2年以内の話とのことでした。

マッチングアプリは多いものでは男性の利用者は50,000人を軽く超えており、女性は登録すると毎日3~5人、すごい人だと10人以上の男性からアプローチをもらえます!(正にモテ期状態!)

またマッチングアプリは、利用している人みんなが「異性との出会い目的」で利用しているため恋人を作りやすいです。(ちなみに私も12人中3人の男性とアプリを通じて付き合いました!)

スマホ1つでいつでもどこでも手軽に活動できるのも人気の理由です。

なお、中にはヤリモクの男性もいますが、コツさえつかめば簡単に見分けられるので安心して活動できます。(※見分けるコツはこちら→「ヤリモク男に悩まないための全ポイント」)

おすすめする人

以上をふまえおすすめするのは次の人です。

マッチングアプリをおすすめする人

  • 多くの男性の中から気になる相手を探したい人
  • 自分の好きなタイミングで活動したい人
  • 無料で活動したい人

またコスパも0~4,000円/月ほどと良いので、多くの方におすすめの方法です。

【参考】そもそもどうやって出会うの?

マッチングアプリでの出会い方は意外とシンプルで、以下のような流れで男性と出会うことができます。

このように「いいねを送る/もらう」→「マッチング」→「メッセージのやり取り」で仲を深め、実際に会う約束をしていきます。

その中で「連絡先を交換し」→「デートを重ね」→「告白・交際」という形で彼氏を作ることができます。

なお恋人探しにおすすめのアプリ情報を以下にまとめているので、気になる方はご覧ください。

目的別に選ばなきゃ意味がない!マッチングアプリおすすめ20選<2018年最新版>

なお、マッチングアプリに登録すると友達にバレるのでは?と心配する人も多いですが、

Facebook情報を使って友達に表示されない(バレない)仕組みになっていたり、情報が流出することは一切ないので、実はむしろこっそり活動するのに最適です

2-4. 「婚活パーティ」顔に自信ありならおすすめ?

←スマートフォンの方はスクロールできます→

婚活パーティ
メリット ・第一印象を確認できる
・意外とライバルが強くない(中の上以上であればおすすめ)
デメリット ・その会場において若い子が圧倒的に有利
・とびきりイケメンな男性はほぼいない
・ヤリモクの男性も少なくない
難易度 ★★★★☆(難しい)
コスト 1,000~2,000円/回

婚活パーティは1回20対20で行う中規模型のものか、8対8ほどで行う小規模型のものが主流です。

それぞれ男性が女性テーブルを回るという方法で、ほぼ第一印象で決まる仕組みです。(例えば20対20の場合は1人と話せるのはたった2~3分ほど。)

しかし、意外にもライバルが強くないので、顔がそこそこに可愛く(イメージ中の上以上)愛想よく振る舞えばほぼ毎回誰かしらとマッチングします。

ただし、男性にはヤリモクの男性もそれなりにいて、また見分けもつきにくいのでマッチングしても真剣に付き合えるかは運次第のところがあります。

そういう意味で難易度は高めです。

おすすめする人

以上をふまえおすすめするのは次の人です。

婚活パーティをおすすめする人

  • 顔が中の上以上の人
  • 愛想のいい人

第一印象に自信がある人は1度は試してみてもいいかもしれません。

【参考】おすすめの婚活パーティ例

婚活パーティでおすすめなのは「PARTY☆PARTY」です。

PARTY☆PARTY」は、毎月5000件近いパーティが開催されている国内最大級の婚活パーティで、毎月5万人近い方が参加しています。

男女8:8の小規模開催を基本としていて、半個室の会場で周りの目を気にすることなく会話ができます。

また、他の婚活パーティに比べて婚活ガチ層が多いためヤリモク男性が少ないです。そのため真剣な出会いにはおすすめの婚活パーティです。

2-5. 「結婚相談所」彼氏探しには向かない

←スマートフォンの方はスクロールできます→

結婚相談所
メリット ・真剣に婚活したい積極的に活動する男性が多い
デメリット ・男女ともに登録者はガチ婚活できている
難易度 ★★★★★(超難しい)
コスト 15~60万円/年間

結婚相談所は入会するのに独身証明書や収入証明書が必要で、本当に結婚したい独身の男女しかいない、婚活に適した方法です。

サービスも充実していますがその分コストは20~60万円と非常に高いです。

また基本的に「結婚相談所で交際する」=「将来的に結婚する」ことを意味するので、結婚相手は探せても、単なる彼氏を探すのはかなり難しいです。

おすすめする人

以上をふまえおすすめするのは次の人です。

結婚相談所をおすすめする人

  • 本気で結婚したい人

本気で結婚したいと考える人にはおすすめの方法ですが、単に彼氏がほしいという人にはおすすめしません。

【参考】おすすめ結婚相談所情報

なお、結婚相談所が気になる!という方は、以下におすすめ情報をまとめているので参考にしてください。

167社から厳選!プロが選ぶ2018年おすすめ結婚相談所6選

2-6. 「街コン」積極的に頑張れる人におすすめ

←スマートフォンの方はスクロールできます→

街コン
メリット ・みんな出会い目的で参加している
・仲良くなればとりあえず連絡先は交換しやすい
デメリット ・一人だと行きづらい
・とびきりかっこいい男性は中々いない
難易度 ★★☆☆☆(易しい)
コスト 2,000~4,000円/回

街コンは数年前の大流行と比べると盛り上がりは大分落ち着きましたが、今なお人気の出会いの場となっているようです。

私は昔3回参加ほど参加した程度ですが(ちなみに彼氏はできませんでした)、調査に協力してくれたKちゃんが「街コンはあり」と絶賛していました。

そんなKちゃんは実際に2人の彼氏と出会っていました(1人は3年前、もう1人は1年前で今の彼とのこと!)

Kちゃんいわく、イケメンは多くはないもののたまに掘り出し物的な男子がいるそうで、積極的に行動すればとりあえず連絡先の交換はできるのだそうです。

たとえ付き合えずとも友達になり、そこから紹介、合コンに繋がるんだとか。

彼氏を見つけるまでに数回参加する必要がありそうですが、話を聞いていてありかなと思いました!

おすすめする人

以上をふまえ、「街コン」をおすすめするのは次の人です。

街コンをおすすめする人

  • 気になる男性に自ら積極的に話しかけれる人
  • 付き合えなくても友達になりたい人

積極的に話しかけに行ける人は一度試してみてもいいかもしれません。

また、大学進学や転勤のあった人が友達に探しに行ってみるのもありかもしれません。

2-7. 「相席屋」暇つぶしに行ってみるのはあり

←スマートフォンの方はスクロールできます→

合コン
メリット ・ただで飲み食いができる!
デメリット ・参加するのに仲間が必ず必要
・男性を選べない/1日で出会える人数は少ない
・ヤリモクの男性も多い
難易度 ★★★★☆(難しい)
コスト 0円

相席屋の最大のメリットはなんといっても「ご飯もドリンクも(アルコールも)完全無料」なところです。

相席屋は元々男性が女性分も料金を払う仕組みになっているので、女性は2人組で行けばそれだけで無料でごはんを食べられるのです!

ただし、参加している大半の男性が下心をもって参加していたり、旅行の暇つぶしで来たというグループなので真剣な出会いをが見つかることは少ないです。

なのでご飯も無料だし、暇つぶしで行ってみて、奇跡的にいい人に出会えたらラッキーくらいの気持ちで参加することをおすすめします。

おすすめする人

以上をふまえおすすめするのは次の人です。

相席屋をおすすめする人

  • 一緒に行く仲間がいるという人
  • 暇つぶしをしたい人

大きな期待をせず何回か根気よく参加してみるのが相席屋における出会いのコツです。

2-8. 「合コン」:男性との会話に慣れている人にはおすすめ

←スマートフォンの方はスクロールできます→

合コン
メリット ・男性との連絡先交換率は90%可能
・知り合いの知り合いであるため相手をある程度信頼できる
デメリット ・仲間が必ず必要
・日程調整などに手間が必要
・ヤリモク男性もいる
難易度 ★★★☆☆(普通)
コスト 2,000~4,000円/回

男性と楽しく会話できる、または容姿に自信がある、という人には合コンはおすすめです。

相手のことも知り合いの知り合いではあるためある程度信頼できますし、慣れてくれば連絡先交換はほぼ確実に行うことができます

また付き合うまでに発展せずとも、そこから次の合コンにつなげるという風に繰り返していけばいずれは素敵な出会いにつながります

頻繁に開催するコツは7~8人の合コン仲間グループを作ってしまうことです。すると「◯日行ける人〜」と早いもの順でメンバーを募集すれば日程調整も上手くいきます。

私はそんな感じで合コンをきっかけに12人中4人の彼氏と出会いました

ただし合コンは向き不向きがはっきりするので、無理して参加する必要はないかなと思います。(食わず嫌いはもったいないですが!最低5回は参加してみましょう!)

おすすめする人

以上をふまえおすすめするのは次の人です。

合コンをおすすめする人

  • 男性と話すのが得意な人/または容姿に自信のある人
  • 合コン仲間グループを作れる人

お誘いがあったらまずは積極的に参加してみましょう!

2-9. 「ナンパ待ち」狙ってするものではない

←スマートフォンの方はスクロールできます→

ナンパ待ち
メリット ・出会いは無料
デメリット ・ナンパスポットにはヤリモク男性が圧倒的に多い
・完全に待ちの姿勢(こちらから行動ができない)
・見た目が良くないとどうにもこうにも相手にされない
難易度 ★★★★★(超難しい)
コスト 0円

私も社会人1, 2年目にナンパ待ちを何回か試してみたことがありますが、想像以上に見た目勝負というのが私の印象です。

また、ナンパスポットには確かにイケメンやハイスペの男性も多いですが、そのほとんどがヤリモクの男性です。(釣れた!と思ったらヤリモクだった→ガックリというのがほとんど。)

今回の調査で「ナンパがきっかけ」というのは6件ありましたが、そのうち5件は「ナンパ待ち」でなく、「たまたまナンパされた」というケースでした。(学園祭が4人、フェスでが1人。)

そのため狙ってするものではない(※容姿に自信があれば別)、というのが今回の調査結果もふまえた私の意見です。

おすすめする人

以上をふまえおすすめするのは次の人です。

ナンパ待ちをおすすめする人

  • とにかく容姿に自信のある人

ただし、容姿に自信がある人こそヤリモク男性は群がるので、しっかり相手を見極めて付き合うようにしましょう。

2-10. 「SNS」:無料!だけどかなり非効率

←スマートフォンの方はスクロールできます→

SNS
メリット ・無料で出会える!
デメリット ・出会える確率が低い/出会うためにはかなりの労力が必要
・出会うまで相手のことがほとんど分からない
・そもそも出会い目的の人はほとんどいない
難易度 ★★★★☆(難しい)
コスト 0円

「Facebook」や「mixi」、最近では「twitter」「インスタ」などのSNSで出会い、恋人に発展することがあります。

出会い方としてはメッセージ/DMを送り、サイト内でやりとりをして実際に会うという流れで出会えます。

(例)twitterの出会い方

  • 1. プロフ作成/ツイートなどをし、相手からの見え方をよくする
  • 2. リフォローしてくれそうな人を探す(共通の趣味があるなど)
  • 3. 相手をフォローしてリフォローされる
  • 4. リフォローされたらDMを送って仲を深める
  • 5. 仲良くなったら誘ってみる

そんなSNSの出会いの最大のメリットは、無料で出会えるということです。

一方でデメリットは、出会える確率は相当低く、かなりの量活動しても結局出会えないことが多いことです

これは、そもそも出会い目的で利用している人が少ないことが一つの要因で、そのためやっと出会えたとしても彼氏にすることはかなり難しいです。

また、出会うまで相手のことがほとんど分からないという怖さがあります。実際にSNSを通じた出会いから犯罪に巻き込まれるケースが多く、警視庁も問題視しているほどです。

おすすめする人

以上をふまえ、「SNS」をおすすめするのは次の人です。

SNSをおすすめする人

  • とにかく無料で出会いたい人
  • 根気強く活動のできる人

なお、早くに彼氏がほしい人にはおすすめできない手段です。

※中学生、高校生へ

最近では「SNS」で出会う中学生、高校生が増えてきているようですが、犯罪に巻き込まれる可能性も高いので注意しましょう

未成年のため使える出会いのサービスに制限があるので大変ですが、「友達の紹介」「学園祭」「塾」などで頑張って出会いを探すことをおすすめします。

3. 結局どれがいい?迷ったらマッチングアプリがおすすめ

以上、彼氏探しのための10個の出会いの場について紹介してきましたが、結局自分はどれにすればいいか迷う人も多いと思います

私の周囲の調査では偏ってるのでは..?と疑問に持たれている方もいるかもしれないので、リクルートが行った同様の調査を紹介します。

Q. 現在の恋人との出会いのきっかけは?

結婚情報サービス「ゼクシィ」で有名なリクルートには、恋愛や結婚をテーマに調査を行う「ブライダル総研」というものがあります。

そのブライダル総研が、現在恋人がいる約1,200人の男女に対象に「恋人との出会いのきっかけ」が何かをアンケート調査しました

※参考:ブライダル総研「Research News

最も多かったのは私の周囲と同じく、「職場や学校」の身近な出会いでしたが、

ここで注目すべきは、それを除くと「婚活サービス」が一番の出会いのきっかけになっていたということです。

しかもこの調査の面白いところは、現在の恋人と2年以内に出会った人/2年以上前に出会った人とで出会いのきっかけを比べている(つまり、2年以上前と現在の出会いのきっかけの変化を見ている)ところで、

その結果以下のとおりでした。

※参考:ブライダル総研「Research News

この結果から分かるのは、ここ2年で婚活サービス(マッチングアプリ、婚活パーティ、結婚相談所など)をきかっけに出会うカップルが急増しているということです!

迷ったらマッチングアプリがおすすめ

そんな勢いのある婚活サービスを利用するのが迷った際のおすすめ方法ということになりますが、その中でも特におすすめなのがマッチングアプリです。

マッチングアプリをおすすめする理由は今回のヒアリング調査で結果良かったからだけでなく、出会いが豊富で恋人を作りやすく、また多くは女性無料とコスパもいいからです。

私自身、このマッチングアプリを出会いの場として愛用し、今までの彼氏12人中のうち、直近の3人はマッチングアプリでの出会いがきっかけでした

これらをふまえ、どの出会いの場がいいか迷ったら「マッチングアプリ」をまず使ってみることをおすすめします。

※アプリを利用する4割の人が恋人を作れている!

ちなみにこんなデータもありました。

Q. マッチングサービスを利用して恋人ができましたか?

これはマッチングアプリ「タップル」を運営するサーバーエージェントのアンケート調査ですが、

この結果より、マッチングアプリを利用する人のうち、4割の近くの人が恋人ができていたということが分かりました。

彼氏作りにおすすめのマッチングアプリ2選

なお彼氏作りにおすすめのマッチングアプリを紹介すると次の2つです。

  • 人気上昇中!出会いやすいと評判の「with」(※女性無料)
  • 総合力No.1!どの年代、エリアにもおすすめ「ペアーズ」(※女性無料)

マッチングアプリの中には「可愛い子がたくさん!」など男性の下心に訴えた広告なども多いですが、

この2つは「恋愛」「恋人作り」「婚活」などクリーンなイメージで広告しているため、真面目に恋人探しをする男性が多くなっています

なお、どちらも無料でなので気になる方は一度どんな男性がいるかのぞいみて決めるのもいいでしょう。(年齢確認をすれば出会うためのサービスも無料で利用できます。)

それぞれ簡単に紹介します。

人気上昇中!出会いやすいと評判の「with」

with』はDaigoが監修していることでも有名で、使いやすいと一気に人気が広がりました(Daigoサポートの機能もあり初心者にもおすすめです!)

withには心理テストを使った相性のいい相手を見つけやすい仕組みがあります。また男性がアプローチできる回数が多いのも特徴で、そのため女性は多くの男性からオファーをもらうことができます(正にモテ期状態!)

恋人探し目的で利用する人が多く、積極的に活動する男性も多いので、彼氏づくりに最適なマッチングアプリと言えます。

withの会員の特徴

withは男女共に20代が中心で他のアプリと比べて若いです。

男性は真面目で大人しそうな人も多いですが、それゆえに真剣に恋人探しをする人が多いです。

withの基本データ

←スマートフォンの方はスクロールできます→

運営会社 株式会社イグニス(※上場企業)
登録人数 約60万人
料金 女性0円/男性3,400円~(1ヶ月プラン)
無料情報 女性は無料/男性は登録・相手検索・マッチングまで無料
その他 登録にFacebookアカウントが必要
対応OS iOS(iPhone), android, Web

総合力No.1!どの年代、エリアにもおすすめ「ペアーズ」

ペアーズ』は国内で今最も利用者の多いマッチングアプリです。

また、いわゆる”出会い系”から現在の”クリーンなイメージ”をつけたのがペアーズとも言われていて、マッチングアプリブームの火付け役となったアプリです。

ペアーズが人気であり続ける理由はの圧倒的な総合力で、会員数はもちろん、安全性、評判どれをとっても評価が高く文句なしのアプリです。

全国どこでも会員数がトップクラスに多いので、特に人口の少ない地方の方は迷わずペアーズを選びましょう

ペアーズの会員の特徴

男女ともに20代が中心ですが、圧倒的会員数の多さで20~50代のどの年代で見てもトップクラスに会員が多いです。

本当に会員数が多いのでどのキャラクターもいますが、私の印象的に多いと感じたのはハイスペ男性です。

ペアーズの基本データ

←スマートフォンの方はスクロールできます→

運営会社 株式会社エウレカ
登録人数 約250万人
料金 女性0円/3,480円~(1ヶ月プラン)
無料情報 女性は無料/男性は登録・相手検索・マッチングまで無料
その他 Facebook登録、または電話番号登録も可能
対応OS iOS(iPhone), android, Web

4. 彼氏を作るための最低条件「男ウケ」の6つのポイント

以上を参考に自分にぴったりの出会いの場を見つければ、確実に将来の彼氏を見つけやすくなります!

ただし、それだけではまだ彼氏を作ることはできません。女性として「男ウケ」がよくないと、そもそも男性から女性として見てもらえないからです。(男ウケがないと、よくて友達止まりになっちゃう><!)

そこで、彼氏を作るための最低条件とも言える「男ウケ」のコツも知っておきましょう!

そもそも「男ウケ」とは?

具体的な自分磨きのポイントの説明に入る前に、とっても大切な男ウケについてをお伝えします。

「男ウケ」と聞くと可愛い感じや、セクシーで美人な感じをイメージしてなんだか難しく感じてしまいがちですが、

実はこの男ウケのハードルはちょっとのコツで誰でも簡単にクリアすることができます。なぜなら「男ウケ」とは、

外さなければどんなタイプになってもいい!

からです。

外さなければいいってどういうこと?

いきなりですがちょっぴり質問です。

次のうち男ウケのいいのはどれでしょう?

  • A. ベビーフェイスで可愛らしい女の子
  • B. おっぱいの大きいグラマーな女の子
  • C. 服装が可愛いオシャレ女子
  • D. 明るく元気なおてんば女子

答えはA~Dの全て半分正解で、半分不正解です!

というのも、男性の女性に対する好みは正に十人十色で、A~Dの特徴はそれぞれ男性によっては好き!という人もいれば、どうでもいい、寧ろ苦手という人もいるからです。

つまり、男ウケに絶対はない!のです。(ここテストに出ますよー、と先生ぶってみる👩‍🏫)

男性の「タイプ(好み)」ほど当てにならないものはない

きっとあなたの周りにもいるはすです。

可愛い系がタイプと言いつつ付き合う相手はいつも美人なキレイ系、オシャレな子が好きと言いつつ付き合う相手は地味な子が多い、そういう男性が。(え、言っていることと逆じゃん!)

もしくはちょっと想像してみて下さい。

クラスで可愛くて人気の女の子Aちゃんと、サバサバ系美人で人気の女の子Bちゃん。クラスの男子に「どっちが好き?」と聞いたら答えは8割がた、

「どっちかっていったら俺はAちゃん(またはBちゃん)だけど、どっちでも付き合えたら嬉しい
_

となるはずです。(結局誰でもいいの?そういうこと!?)

要は一定の基準をクリアしていれば男性はどんなタイプでもいいのです

だから、男ウケに絶対などないのです。

※Q. でもどうして男性のタイプは広いの?

それは生まれ持った動物的本能の違いにあるようです。

男性は本能として多くの子孫を残そうとするため、一定いい遺伝子だなと思えたら相手構わずどんどん子孫を残そうとする意欲がわくのです。

一方私たち女性は、妊娠するのにリスクも期間も要するため、少しでも強い遺伝子を残そうという本能が働いているのです。

その結果、比べると男性の方がタイプが広く、女性の方がタイプが狭くなりがちとなるのです。

自分磨きのための6つのポイント

それでは「男ウケ」とは何かがわかったところで、男ウケするための最低限の「女性らしさ」を身につける、自分磨きのポイントを6つ紹介します。

自分磨きのポイント

以上6項目と多く感じるかもですが、それぞれハードルが低く、誰でもできる簡単なことばかりなので、ここはぜひ全部マスターする気で臨んで下さい。

なお、上記の表を見て「なーんだ、当たり前のことか」と思えたらOKです。どんどん出会いの活動を実践しましょう!

それでは順に説明します。

4-1. 「顔/肌」の女らしさ

それでは早速見ていきましょう!

まずは顔/肌についてです。ポイントは次の通り。

  • かさついていない潤いの肌
  • ニキビ/大きなシミのない綺麗な肌
  • むくんでいないプニプニの肌

え、これだけ?と思った人もいるでしょう。そうです、男ウケの一定の基準を超えるためにはこれだけできていれば十分なのです。

またこれらができれば、男が思わず触りたい顔/肌になれるのでしっかり取り組みましょう!

カサカサ肌な人へ

カサカサしがちな乾燥肌の人は日頃から化粧水・乳液などをしっかりつけましょう。

私が愛用しているのは「SK-Ⅱ(13,000~15,000円/160ml)」ですが、少しお値段がするので、もっと気軽に使いたいという人はまずは「肌ラボ(800~900円/170ml)」でいいと思います。(私も金欠〜というときは今も使っています🙋‍♀️)

らき❤︎さん(@yukachii6144)がシェアした投稿

j_m5さん(@jyoshiryoku95)がシェアした投稿

ニキビ/シミが気になる人へ

ニキビ/シミはやはり無い方がいいです

1箇所、2箇所であればファンデーションでごまかすこともできますが、隠しきれないという人は以下を試してみましょう。

  • ニキビがヒドい人はしっかり皮膚科に行く
  • シミが気になる人はエステも検討する
  • 栄養バランス、十分な睡眠を日頃から心がける

栄養の偏り、睡眠不足が肌荒れの原因であることは多いです。まずはできることから1つずつ取り組みましょう!

むくみがちな人へ

男性はみんな女性のほっぺが好きです。(少なくとも私がデートしてきた男たちは)

しかし!ムギムギでパンパンなほっぺは残念ながら不人気です

むくみ解消のためエステに行くという方法もあるが、実は日頃の顔マッサージなどで十分にケアできることもあるので、まずは以下を試してみましょう!

毎日の3分のケアで小顔になる方法

やはり効果のある舌回し運動

ちなみに美顔器の「リファカラット」も結構おすすめです。3分使っただけで、ほほの上がり具合が目に見えて分かります。

相場は15,000~25,000円と高いですがエステ1回分ではあるので、これを買って継続的にケアするのもいいでしょう。(私はそうしてます🙋‍♀️)

4-2. 「化粧」による女らしさ

化粧のポイントは次の通りです。

  • すっぴんでなくしっかり化粧をしている
  • 濃すぎないナチュラルメイクになっている

どんなに可愛くてもすっぴんは論外です!「女の身だしなみを怠っている」=「女を捨てている」として見られてしまうからです。(きっと私生活もだらしないんだろうな、と思われたらもったいないです!><)

※ただし高校生まではもちろんすっぴんでもOKです。
※薄化粧に留めるのは全然OKです。

なので化粧はしっかりしましょう。ただし!張り切りすぎて濃くなり過ぎてしまうのもよくないので注意しましょう。

具体的には、以下の濃すぎメイクは男性から歩兵となる代表パターンです。

  • 濃いチーク
  • 濃いアイシャドー
  • 真っ赤な口紅

このように何でもほんのりな、いわゆるナチュラルメイクが男ウケがいいです

ちなみに、眉毛も濃く描きすぎると女性らしさが落ちてしまうので、ほんのりちょっと薄めくらいがおすすめです。

4-3. 「体型」の女らしさ

体型のポイントは次の通りです。

  • おデブではない、ほどいい体型
  • ガリガリすぎない、ほどいい体型

シンプルに太り過ぎも痩せすぎもダメということです。

なお私の彼氏いわく、おデブではないぽっちゃりのギリギリは水戸アナウンサーだそうです。

確かに男友達に聞いても「あのムチムチ感が好き!」という男性、「いや、ちょっと太り気味じゃない?」という男性が半々くらいに分かれる印象です。

水戸アナウンサー

そして痩せすぎの代表例はハリセンボンのはるかさん。

また、桐谷美玲さんも「顔は大好きだけど、体は細いかな..」という男は意外と多い気がします。(女子からしたらびっくり!男ってほんと贅沢)

ハリセンボンはるかさん
桐谷美玲さん

桐谷美玲さん(@mirei_kiritani_)がシェアした投稿

ほどいい体型の例は誰?

ではほどいい体型の人は誰か?

体型において男性に人気の高い芸能人、それは深田恭子さんです。(深キョン!昔も今も好きです😍)

深田恭子さん

深田恭子さん(@kyokofukada_official)がシェアした投稿

細身で、でもちょっぴりムチムチしていて、そんなほどいい具合が男ウケがいいらしいです。

実際に彼も好きと言っていました。(自分で聞いておいて無駄にちょっと嫉妬。深キョンと言えどやっぱちょっと嫉妬。笑)

【参考】ムダ毛処理も忘れずに

また、体型の話とはちょっとズレますが、以下のムダ毛はしっかり処理することをおすすめします。

ムダ毛処理の対象

  • 腕の毛
  • 脚(スネ、太もも)の毛
  • 背中の産毛

ご存知のように99%の男性がスベスベの肌好きです。

どれだけ美人でも、肌に毛があるのを発見されてしまうと男性のテンションは下がってしまうそうなのでしっかりムダ毛もケアしましょう。

4-4. 「ファッション」の女らしさ

ファッションのポイントは以下です。

  • かわいく気を使っている服装
  • 派手すぎない服装
  • 露出しすぎない服装

え、それだけ?と思う人もいると思いますがそうです。

実はファッションと言っても、男ウケのためにはセンス高めのオシャレな格好である必要はないのです。普通に女の子らしくいてくれればそれで合格なのです!

👍Goodな例

瑠梨さん(@hagiwara_ruri)がシェアした投稿

SHINESさん(@g_style_trend_shop)がシェアした投稿

RoLLさん(@selectshop_roll)がシェアした投稿

上の写真たちはあくまで例ですが、迷ったらこのような「シンプルな服装」「キレイ目な服装」を意識して選ぶことをおすすめします。(私の経験上それが男ウケがいいです♪)

ちなみに逆に避けるべきは大きすぎる服や、いつ買ったんだろう?という色あせた服/ヨレた服です。

(※下記はおしゃれかもしれませんが、私の経験上男ウケは悪そうです。)

🙅‍♂️NGな例

fortunam25さん(@fortunam25)がシェアした投稿

また、派手すぎる服装も男性が隣を歩きたくないと思ってしまう可能性があるので、避けた方が無難です。

🙅‍♂️NGな例(派手すぎ)

compass_hamauraさん(@compass_hamaura)がシェアした投稿

nemachelさん(@nemachel)がシェアした投稿

さらに、露出が高すぎる服装もおすすめしません。

むかし男友達から話を聞いたことがありますが、露出度の高い服装だと男性は興奮ものだが下心でしか見なくなってしまうということです。(1回エッチしたら満足な相手となり下がってしまうということです。)

🙅‍♂️NGな例(露出しすぎ)

@shop_8line01がシェアした投稿

以上のNGな服装を外せば基本何でもOKです。もし迷ったら話したように「シンプルな服装」「キレイ目な服装」を選びましょう!

ちなみにそうした服装の参考にすべきは女子アナウンサーです

女子アナは多くの人からの好感を得るため、いわゆる誰からも好かれる無難なスタイルが研究され尽くされているからです。

👍Goodな例:女子アナコーデ

ZIP!さん(@ntvzip)がシェアした投稿

4-5. 「姿勢」の女らしさ

意外と大切なのがこの姿勢です。

なぜなら姿勢だけでも可愛い/美人の雰囲気を作ることができるからです。

そんな姿勢のポイントは次の通り。

  • 股は閉じる
  • 猫背はやめて姿勢を正す
  • ガニ股歩きでなく、直線歩き

この3つは1つでも外すと女らしい魅力がガタ落ちしてしまうので気をつけましょう!

4-6. 「言葉遣い」の女らしさ

言葉遣いのポイントは以下の通りです。

  • 初対面の人へはちゃんと敬語で話す
  • 年上の人にはしっかり敬語で話す
  • 仲良くなっても汚い言葉の頻度はおさえる

言葉遣いと聞くとつい難しく考えがちですが、要はシンプルに使うべき時にキレイな言葉を使えるか、度を過ぎないか、これができるかどうかです。

たまに「マジっ!?」「〇〇じゃん!」などの友達言葉を使うな、というアドバイスもありますが、私の考えとしては仲良くなるためには必要なことだと思います。(実際に私は仲良くなったら普段から使うようにしています。)

使うべき時にキレイな言葉を使えるか

ただし、初対面でいきなりタメ語を使ったり、相手が年上なのにすぐにタメ語で話すことは避けましょう。

やはり常識のない女性は好かれないのが事実です。

度を過ぎないか

また、いくら親しくなったからと言って「バカ」「キモっ」「ウザっ」「死ね」などの汚い言葉を頻繁につかうのもやめましょう

度を過ぎると「この子とずっと一緒にいて大丈夫だろうか..」「友達や同僚に紹介するのちょっと恥ずかしい..」とさすがの男性も思ってしまいます。

5. まとめ

以上、彼氏作りに適した出会いの場についてお伝えしてきましたがいかがでしたか?

彼氏作りのための一番の方法は、自分にぴったりの出会いの場で積極的に活動することですが、私の経験と26人の意見を元に各手段の特徴を評価すると次の通りです。

この10個の中でもマッチングアプリは今勢いのある婚活サービスの1つで、私自身直近の3人の彼氏はアプリを通じてできているため、

迷ったらマッチングアプリを使ってみるのが、彼氏を作るための近道だと考えます。

さいごに

また、彼氏を作るためには出会いの数を増やすだけでなく、並行して自分磨きをすることも早く彼氏を作るためのポイントです。

3章で紹介した男ウケのコツも含めて、彼氏を作るためのポイントを4ステップでまとめているので、あわせて参考にして下さい。

交際経験12人の女子が語る!誰でもできる彼氏の作り方4ステップ

あなたにぴったりの出会いの場で、素敵な彼氏が見つかることを心から願っています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket