11年間クリぼっちだった僕がおすすめする最高のひとりクリスマスの過ごし方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

「クリスマスをひとりで過ごすのってどう?」「寂しくないぼっちの過ごし方はある?」など、人肌恋しい季節になるとクリスマスが頭にちらつきますよね。

上京から11年間クリスマスをひとりで過ごしてきた私も、ずっと悩んできました。そして毎年の試行錯誤の末行き着いた、「ひとりクリスマスの正しい過ごし方」をまとめてみたのでお伝えします

また、昨年は11年のクリぼっちを卒業し、3人の女性とデートができました。その時の経験も合わせて紹介していきたいと思います。

  1. クリぼっち歴11年が語る!ひとりクリスマスの正しい過ごし方
  2. 最短1週間でデートへ!クリぼっち卒業のために私がしたこと
  3. 私の経験から考えるクリぼっち卒業のベストな戦略
  4. 女性のためのクリぼっち卒業の方法
  5. 自分を磨くために行った9のこと

男性の1/3はクリスマスを一人で過ごすというデータもあります。これを読めば、クリスマスをひとりで満喫する方法のヒントやクリぼっちを卒業するためのコツがわかります。

1. クリぼっち歴11年が語る!ひとりクリスマスの正しい過ごし方

街は着飾り、子供は歌い、今年も年に一度の楽しいイベント、クリスマスがやってきます。

クリスマスというイベントは大好きですが、ひとり身の私がこの11年間ひたすら考えていたことは、どう一人で寂しい思いをせず過ごせるか、この1つでした!

この章では、その11年の孤独な修行の末あみだした集大成とも言える、一人でも寂しい思いをせずクリスマスを満喫する方法をお伝えします。

※参考までに:私のプロフィール

  • 1986年10月生まれ(現在31歳)
  • 身長168cm、体重64kg
  • 性別:男
  • クリぼっち歴元11年
  • 0~18歳、毎年ケンタッキーとケーキというささやかなクリスマスを家族で過ごす
  • 19歳~29歳、11回のクリスマスをひとり身で過ごす

1-1. クリスマスひとりの過ごし方11年間の調査まとめ

まずはじめに、私が今までネットや雑誌など繰り返し調べて積み上げてきたクリスマスの過ごし方35通りを一覧でお伝えします。(私はこれを見ながら毎年の計画を立てていました。)

なお、私の見解では、クリスマスのひとりの過ごし方は大きく2つの方向性に分けられます。

  • クリスマスを楽しむ方向で考える
  • クリスマスを忘れる方向で考える

それぞれ私がリサーチした内容を分けてまとめてみました。

クリスマスを楽しむ方向での過ごし方19通り

楽しむ方向で考える場合、「ひとりを満喫する」「ひとり身仲間を探す」「自分にご褒美する」「back to sweet home」の4つにテーマの楽しみ方があります。

←スマートフォンの方はスクロールできます→

テーマ 楽しむ方法 補足
ひとりを満喫する 教会に行く
(おすすめ度★★★★★)
神聖な気持ちで心が安らぎます。
イブの日は遅くまで開いている。
クリスマスっぽい絵本を読む
(おすすめ度★★★★☆)
心が温まる。
なんなら書いてみるのもあり。
コンサートに行く
(おすすめ度★★★☆☆)
コンサート好きにはおすすめ。
ジャズでもクリライブでもあなた好みに。
料理を作ってみる
(おすすめ度★★★☆☆)
没頭できます。料理好きにはおすすめ。
作りすぎくらいでいい。冷凍すればいい。
チキンを食べる
(おすすめ度★★★☆☆)
暖かさを求めるなら定番ケンタッキー。
ちょっと贅沢にデパ地下へも。
クリスマスケーキ食べる
(おすすめ度★★★☆☆)
コンビニケーキを大人買い。
アイス好きは31のアイスケーキもおすすめ。
普段通り過ごす
(おすすめ度★★★☆☆)
実は世の中の半分近くがそうらしい。
参考:楽天リサーチ
リースを作る、飾り付けをする
(おすすめ度★★☆☆☆)
時間を忘れられます。
手順を知りたい方は本屋へ。
クリスマス限定のバイトをする
(おすすめ度★★☆☆☆)
サンタ、小人になるバイトは多い。
クリスマスを提供する側に。
リスマス限定ボランティアに参加する
(おすすめ度★★☆☆☆)
ボランティア編も結構あるらしい。
子供たちに夢と喜びを届けよう。
 ひとり身仲間を探す ひとり仲間とクリスマス会をする
(おすすめ度★★★★☆)
仲間がいればおすすめの過ごし方。
赤信号みんなで渡れば怖くない理論。
立ち飲み屋に行く
(おすすめ度★★★☆☆)
おじさんたちが多いが気は紛れるらしい。
人生に一度くらいはあり。
パーティに参加する
(おすすめ度★★☆☆☆)
社交的な方にはおすすめ。
弾けて忘れろ、今を楽しめ派。
ナンパ街に行く
(おすすめ度★☆☆☆☆)
意外と人が多いらしい。
東京でいば新橋のコリドー。
自分にご褒美する アロママッサージに行く
(おすすめ度★★★★★)
ちょっとリッチにリラックス。
早めの予約必須。
高級ディナーに出かける
(おすすめ度★★★☆☆)
いつも頑張る自分に美味しいご褒美。
予約は個室で。カップルを視界から遮るため。
ショッピングをする
(おすすめ度★★★☆☆)
服や時計、アクセサリーをご褒美に。
意外と当日はひとりも多いらしい。
とりあえず定時に帰る
(おすすめ度★★☆☆☆)
自分に時間というご褒美を。
他の方法との組み合わせがおすすめ。
back to sweet home 実家に帰る
(おすすめ度★★★★☆)
仲が良いなら正しい選択。
やはり実家は落ち着く。

そうです。たとえ恋人、パートナーがいなくてもクリスマスを楽しむ方法はこんなにたくさんあるのです!

一人きりで楽しむ方法から、ひとり身仲間(ぼっち仲間)を探して一緒に過ごすまで様々です。

それぞれの好みにあったスタイルがあるはずなので、以上を参考にあなたらしい過ごし方を考えてみて下さい!

クリスマスを忘れる方向の過ごし方16通り

「いやいや、もうクリスマスはきっぱり忘れたいのです」そんな人も多いはずです。

忘れる方向で考える場合、「家で何かに没頭する」「街から離れる」「自己啓発」「用事を入れる」の4つにテーマでクリスマスをかわす方法があります。

テーマ 忘れる方法 補足
家で何かに没頭する DVDを観る
(おすすめ度★★★★★)
泣ける系の映画がおすすめ。
感動系は静かにクリスマスを忘れさせてくれる。
漫画を大人買いし読み漁る
(おすすめ度★★★★☆)
漫画好きにはもってこい。
何時間でもお好きなだけ。
趣味に没頭する
(おすすめ度★★★★☆)
プラモ、絵、動画編集など没頭できるものを。
好きなことで時間という概念を消そう。
大好きなゲームに夢中になる
(おすすめ度★★★☆☆)
ドラクエ、FFなど、RPGがおすすめ。
間違いなく夜中まで予定を作れる。
ネットゲームの世界に飛び込む
(おすすめ度★★★☆☆)
ネットゲームなら会話もできる!
クリスマスを機に始めるのもあり。
お正月の準備
(おすすめ度★★★☆☆)
雰囲気がガラッと変わるのが良い。
日本人はクリスマスより正月なあたなへ。
街から離れる 温泉に行く
(おすすめ度★★★★★)
なるべく田舎のクリスマス感ないところへ。
伊豆とか、昇仙峡あたりがおすすめ。
お寺に行く
(おすすめ度★★★★☆)
クリスマスとは無縁の場所。
東京なら浅草寺。
海外旅行に行ってしまう
(おすすめ度★★☆☆☆)
南の島で暖かな時を過ごしましょう。
クリスマス?いやいやバカンス。
自己啓発 自己啓発系の本を読む
(おすすめ度★★★★☆)
本好きならおすすめ。
有意義なことしてくる感が意外と癒し。
ジムに行く
(おすすめ度★★★☆☆)
体動かすことが好きな人におすすめ。
クリスマスの1日よりも毎日続く明日のために。
今年を振り返り来年の目標を決める
(おすすめ度★★★☆☆)
有限な時間を未来のために使う。
年末はなんやかんや忙しいから今日のうちに。
料理の練習をする
(おすすめ度★★☆☆☆)
いつかの素敵な恋人のため。
あえて今夜だからこそ特別メニューに踏み切れる。
英会話に行く
(おすすめ度★★☆☆☆)
未来の可能性を広げる自己投資を。
周りに流されず、今日も自分の決めた道を。
用事を入れる 残業をする
(おすすめ度★★★☆☆)
自分にも周りにも納得の言い訳。
多くのサラリーマンが今年も実践予定。
バイトを入れる
(おすすめ度★★★☆☆)
バイトに身をまかせる。
バイト仲間と時間を忘れる。

このように、ひとりで過ごす方法はたくさんあります。

クリスマスぼっちの方は大勢いて、趣味も価値観も様々なので、以上を参考にぜひご自分にぴったりの過ごし方を選んでみて下さい

そうは言っても、おすすめの過ごしを知りたい!という方もいると思います。そこで、クリぼっち歴11年の経験を生かしておすすめを紹介していきます。

1-2. 私がやったのはこれ!11年のクリぼっち年表

まずは、以上のリストの中から実際に私がどのような過ごし方を選んできたのかをお伝えします。

私の11年のぼっちのクリスマスですが、せっかくなので年表にしてみました!以下ご覧ください。

【私のぼっち年表】

19歳(大学1年):友達とクリスマス会
20歳(大学2年):ひとりクリスマス会(チキンとケーキを食べる)
21歳(大学3年):巷のパーティに参加
22歳(大学4年):クリスマス限定バイト
23歳(社会人1年目):むりやり残業する
24歳(社会人2年目):ネットゲームをする(「HELLGATE」にハマってた)
25歳(社会人3年目):土日という言い訳で実家に帰る
26歳(社会人4年目):自己啓発本を読む&DVD鑑賞
27歳(社会人5年目):アロママッサージ&DVD鑑賞
28歳(社会人6年目):協会に行く&DVD鑑賞
29歳(社会人7年目):温泉(旅館)に行く

以上のように11年間で色々な経験をしてきました。

ぼっちであることに既に余裕を持てるようになった29歳のクリスマスは、もはや有給をとって一人で温泉に行けるまでになりました。

ここまでの経験を生かして、あくまで私の主観になりますが、おすすめのクリスマスの過ごし方と、逆におすすめしない過ごし方を3つずつ紹介します。

1-3. クリスマスおすすめの過ごし方BEST3

クリスマスのおすすめの過ごし方を次の3つです!

  • BEST1:温泉に行く
  • BEST2:アロママッサージに行く
  • BEST3:教会に行く

それぞれ順に紹介します。

BEST1:温泉に行く

温泉の旅館的な雰囲気はクリスマスを忘れさせてくれます。

また、温泉のリラックス効果でしょうか、ゆったりとした時間を過ごしていると不思議とひとりであることなど小さな悩みだと感じるようになりした。

男性は男性、女性は女性のみの空間、というのも落ち着く要因だったのかもしれません。

私だけでなく、ネットにはこんな声もありました。

口コミ・評判

【質問「クリスマスに一人で温泉はさすがにですか?」への回答】
温泉旅館なら尚のこと気分いいですよ!美味しい物を食べてゴローーーンとしてテレビ見て!シングルでしか味わえない楽チンです。友達と行くのは楽しいですが、私は人に気を使ってしまうので一人が楽です。
以前クリスマスに母とミュージカルを観に行きましたが、そっちの方が何故か虚しかったです。旅行は別物だと実感しました。是非楽しみましょう^_^

※引用:Yahoo知恵袋

おすすめはそのまま宿泊することですが、日帰りであれば安くすませることもできます

ちなみに私は伊豆『清流荘』に宿泊しました。食事付きで3万円ほどかかってはしまいましたが、昇給、冬のボーナスのタイミングも重なったので自分へのご褒美にと贅沢しました。

温泉でクリスマスを忘れてリラックスする過ごし方、おすすめです!

※人気の温泉旅館はクリスマス前には予約でいっぱいになってしまうので、なるべく早く予約をするようにしましょう。

BEST2:アロママッサージに行く

それまで行ったことはなかったのですが、あえてクリスマスに初めて行ってみました。自分としては非日常な特別感も感じれて自分へのご褒美として良かったです。

実際に、本当にかなりリラックスすることができます。女性がアロマが好きな理由が分かりました。また、女性スタッフが優しく話しかけてくれるのも居心地が良かったです。

予算はお店やコースにもよりますが、私は恵比寿にある『カデル』というお店で90分コース(確か)11,000円ほどのものを自分のご褒美として受けました。

男性でアロママッサージに行くのは恥ずかしい..という人もいるかもしれませんが、最近は男性で行く人も多いですし、また完全個室のところを探せば恥ずかしさもなく落ち着ついて施術を受けられます。

※ネットで「アロママッサージ 男性」と調べると、エロ系のお店の紹介が出てきてしまいます。なので、近くのお店を調べるときは「ホットペッパービューティー」で調べることをおすすめします。

BEST3:教会に行く

クリスマスイブの日は教会は遅くまで解放していることが多く、また信者でなくとも誰でも入場することができます。ミサを行っていたりしてクリスマス気分を味わえます。

カップルも多いのですが、神聖な場所であるためかイチャつく人もおらず、純粋に教会の雰囲気を楽しむことができ、心がなんだか安らぎました。

やはりひとりと言ってもクリスマスな気分を少しは味わいたいという方、お金をかけずにクリスマス気分を楽しみたいという方におすすめです。

ちなみに私は護国寺にある『カトリック東京カテドラル関口教会』に行きました。有名なところだったせいか少し人は多かったですが、探せばほどいい人の多さの教会もきっと見つかるはずです。

(補足)寂しい夜を過ごさないためのコツ

おすすめの過ごし方BEST3を紹介しましたが、このうち2位、3位は気をつければいけないポイントがあります。それは、そのおひとりイベントが夜中まで続かないということです。

その瞬間と、余韻の残る1時間は心の充実感とともに平気なのですが、21時、22時を過ぎると突然寂しさが襲ってきます(私の経験上)。

そこで!おすすめの方法がDVD鑑賞です!

なお、このとき以下のジャンルは選ばないように注意しましょう。

  • クリスマス系、恋愛系のジャンル
  • アクション系、SF系、コメディ系のジャンル

恋愛系は無論ダメです。アクション、SF、コメディ系は、クリスマスに一人で観てるとなぜだか虚しくなるからおすすめしません(もちろん人の好みにもよります)。

私のおすすめは、恋愛とは関係のない泣ける感動映画です!「涙活」という言葉が少し前に流行ったように、泣くことには心がスッキリするという効果もあるそうです。

もちろん必ず泣く必要はないですが、クリスマスの夜の寂しさを忘れさせてくれる、ヒューマンドラマ系の感動映画が私のおすすめです。

ちなみに私は以下のDVDを観ました。

これらの映画は、純粋に心が温まったり、明日からまた頑張ろうと前向きになれるのでおすすめです。

よろしければ参考にして下さい。

※なお、レンタルする際は、必ず2日前にはレンタルするようにしましょう。

当日行くとカップルで借りにきている人がいたりして、惨めな気分になります。前日でも大丈夫ですが、心なしか周りの目が気になります。

もし、借りる機会を逃したという方は「Netflix」や「Hulu」などの動画サービスを使いましょう。

1-4. おすすめしないクリスマスの過ごし方3つ

一方、経験を踏まえておすすめしないクリスマスの過ごし方もあるので3つ紹介します。

  • ひとりクリスマス会をする(チキン・ケーキを食べる)
  • 巷のパーティに参加する
  • クリスマス限定バイトに参加する

これらはあくまで私の主観であり感想です。人によっては楽しめる方も多いと思うので、決して否定をするものではありません。

その点だけ注意していただいた上で、それぞれ順に説明していきます。

ひとりクリスマス会をする

クリスマスはやっぱりクリスマス気分を味わいたい!と思い、実家でやっていたチキン&ケーキを真似て(この時は成城石井のチキンとコンビニケーキの大人買い)一人でやってみました。

しかし、なんだか妙に悲しく、結局テレビをつけていつもと変わらない食事と化しました。しかもいつも以上になぜだか独りを感じてしまい..

クリスマスというイベントは、チキンやケーキがあるからいいのではなく、食卓を誰かと囲うからいいのだと気づいた二十歳のクリスマスでした。

巷のパーティに参加する

実は当日開催のパーティは結構あちこちでやっています。

二十歳の反省もあり、当時はやはりひとりは寂しいのでは?と考えていた大学3年のクリスマスは、思い切ってパーティに行ってみました。「おひとりさま歓迎」と広告していたので。

がしかし、行ってみるとやはり友達づれできている人が多く余計孤独感を感じてしまいました(私が参加したのは誰でも参加可能なオフ会的なもの)。

中には私のように一人で来ている男女もいましたが、そもそもイケイケでない自分の性格ではパーティという場は合わないのだと気付き、早々に会場を後にしました。

クリスマス限定バイトに参加する

クリスマス好きとしてはどうにかひとりでもクリスマスを味わいたいと考え、大学最後のクリスマスは提供する側になってみました。

参加したのはクリスマスマーケットのバイトで、サンタ帽子を被ってお客さんを案内したり、ビールや軽食を提供したりしたのですが、いざカップルを目の前にすると、笑顔の裏でたちまち寂しさを感じてしまいました

幸せを提供するとても素敵な仕事なのですが..、私には合わなかったようです。

当日のバイト終わりに他のバイトスタッフと何かあることを少し期待していたのですがもちろん何もなく..、結局虚しさの残る夜を過ごしました。

1章まとめ

紹介してきたように、クリスマスのひとりの過ごし方は数多くあります。

人それぞれ、ぴったりくる過ごし方は違うはずなので、リストの中からあなたに合った過ごし方を選んでみてください

なお、あくまで主観ですが、ぼっち歴元11年の私のおすすめの過ごし方は以下でした。

  • BEST1:温泉に行く
  • BEST2:アロママッサージに行く+DVD鑑賞
  • BEST3:教会に行く+DVD鑑賞

迷った時は、騙されたと思ってぜひ試してみて下さい。

ポイントは、夜中までしっかり予定を作ることです。

2016年冬、私がぼっちを卒業した日

実は、経歴にも書いていたように、私のぼっち歴は”元”11年です。

そうです、実は、昨年の2016年のクリスマス、私はぼっちを卒業していたのです。

決心の日

30歳を手前にした20代最後のクリスマスを温泉旅館で過ごし、ゆったりとした時間の中でふと将来のことを考えている自分がいました。

ついに手に入れたぼっちの余裕をこのまま謳歌するか、それとも新しい自分の可能性に挑戦してみるか..

私の答えは後者でした。それは、30代突入という節目であったからということもあるでしょう。

何はともあれ、ぼっち卒業に向けて来年のクリスマスこそは女性と2人きりで過ごすと決心した夜でした。

卒業の日

そして翌年2016年のクリスマス!右往曲折を経て、活動を開始した結果、彼女を作るまでには至れなかったものの、12月24、25日の2日で3人の女性とデートすることに成功しました!!

そして、その内の1人が今の彼女です。

どのようにクリぼっちを卒業したか、その方法を次の章から詳しくお伝えします。

2. 最短1週間でデートへ!クリぼっち卒業のために私がやったこと

この章では、クリぼっち歴11年だった私が、いかにしてぼっちを卒業したかをお伝えします。

まず、行ったことは大きく次の2つです。

  • 異性との出会いを作る
  • 自分を磨く

まずは、「異性との出会いを作る」の始めとして、3人の女性とデートするまでに私が行ったことをお伝えします。

2-1. 私が行った手段

出会いを作る手段は「友達の紹介」「合コン」「ナンパ」など色々あると思います。

その中で僕が選んだのは次の手段です。

  • マッチングアプリ
  • 街コン
  • 合コン
  • 過去の女友達にメールする

私はこれらの手段を1ヶ月(※)全力でトライしました。

その結果を先にお伝えすると、以下の通りです。

  • マッチングアプリ →2人とデート
  • 街コン →×成果なし
  • 合コン →×成果なし
  • 過去の女友達にメールする →1人とデート

やってみた感想として、マッチングアプリの結果がよかったのは、クリスマスというシーズンのいい影響があったからだと思います。

街コンや合コンは、成果こそはありませんでしたが、異性との会話の練習の機会になったと実感しています。

友達にメールしてみるのは、正直運かなと思います。けれどチャンスを広げるためにやっておいた方がいいと思いました。

それぞれ具体的にどのような活動をしたか、次で紹介します。

※私が本格的に活動したのはクリスマス1ヶ月前の11月からでした。

2015年12月24日、伊豆の温泉でぼっちを卒業することを決心した私ですが、気持ちはあったもののその後、中々動けずにいました。そもそも何から始めればいいのだと。

まずは見た目から!と美容院に行ってみたり、ファッション雑誌を読んでみたり、内面を磨くため!と恋愛本を買ってみたりしましたが、肝心な女性との出会いはどこで作ればいいかわからず..。

やっぱり自分はいいかと諦めかけていたのですが、いざ30歳になると思うことがあり、悩みに悩み、改めて11月の半ばに挑戦することを決心したのでした。

2-2. 私の1ヶ月奮闘記

以下は、昨年の私の手帳を元に、出来事もふまえて活動をまとめたものです。

私は、具体的に以下のことをやりました。

【11/18~20】まずはじめにやったこと

18日金曜の夜、ほぼ諦めていた私は、温泉旅館の予約をするため「じゃらん」を開いていました(いい宿はこの辺りから予約いっぱいになるので)。

そこでふと、本当にこのままでいいのかという疑問が自分を襲ってきたのです。そして、悩んで何もしていなかったのは逃げであったことに気付き、自分の心の声を聞きここで再び挑戦を決心したのです。

19, 20日は早速動き出し、この2つ日間はとにかく調査と計画づくりをしました

マッチングアプリの調査

噂では聞いていましたが、「ペアーズ」「Omiai」くらいしか知らず、そもそもどんなアプリがあるか、それぞれどんな特徴があるのか徹底的に調べました。

その中で、無料で登録・相手検索までできると知ったので、まず3つ登録し、その内いいなと思ったもの2つを使うことに决めました

調査の末、最終的に「ペアーズ」「with」「マッチブック」の3つに登録しました。

街コンの調査

街コンにはお一人様限定のイベントもあると知り、手段の1つに選びました。

多くのお一人様限定イベントを掲載している『まちコンポータル』を使って街コンを調べました。早速2つに予約してみました。

合コンの準備

合コンは過去に1度だけした事がありますがそれきりでした。もちろん自分は人を集める事ができないので顔の広い友人に頼むしかなかったのですが、お願いするのは個人的に相当恥ずかしかったです。

でもそんなこと言ってられません!意を決して友人にお願いしました!

そしたら拍子抜けするほどさらっとOKの返事があり(私の緊張は何だったのか..)、2日後には早速合コンの予定が入りました。

友達にメールするの準備

そもそも友達が少なく対象が限られていたのですが、LINEやFacebook、ケータイ電話帳などを漁り、11人の女性に連絡することを决めました

内訳は以下です。

  • 中高の同級生・・・・・・・・2人
  • 大学の繋がり・・・・・・・・5人
  • 学生時代のバイト仲間・・・・3人
  • 友人に紹介してもらった子・・1人

中高の同級生は非常に連絡しづらかったですが、Facebookの「友達かも」で出てきた子に連絡するようにしました。

友達申請→「久しぶりです、Facebook見たら友達かもに出てから懐かしてく連絡してみました」と連絡の口実が割と自然な流れでできると考えたからです。

【11/21~12/25】クリスマス前1ヶ月!実際の活動内容

マッチングアプリ:2人とデートすることに成功

マッチングアプリは1ヶ月限定で活動すると决めていました。

そこで、12/25の1ヶ月前の11/26まで、無料で試していいものに課金することを决めて活動しました。

登録すぐの感想

登録してみての感想は、

  • ① すごい人数の女の子が活動している
  • ② びっくりするほど可愛い女性が多い

でした。

また、それぞれの特徴としては、以下の印象を受けました。

  • 「ペアーズ」の会員数が圧倒的に多い
  • 「with」は可愛く明るそうな女性が多い(あくまで私の感想)
  • 「マッチブック」が一番が可愛い子多いがキラキラ女子系で自分とは合わなそう(あくまで私の感想)
  • 「マッチブック」「with」「ペアーズ」の順に若い女性が多い
課金する2つを決める

使うのは11/26~12/25の1ヶ月間、それまでは無料で試していいなと思った2つを選ぶと決めていたので、見極めるために、無料のまま3つそれぞれで高望みし過ぎず10いいねを使ってみました。

その内一番マッチングが多かった(2マッチング)「with」と、Nさんとマッチングした「ペアーズ」(※)の2つを使うことを決め有料会員になりました。

※マッチングしたNさんがけっこうな自分のタイプで(まさかいいね返してもらえるとは思ってなかった)、「ペアーズ」は予定の11/26より先に登録してしまいました。

本格活動開始!いいねを送る

引き続き高望みし過ぎず、いいなと思った方にいいねを積極的に送っていました。

その時、相手のいいね数がさほど多くない女性(30~200いいねほど)に絞って送るようにしました。そのほうが競争率が低くてマッチングできる可能性が高いと考えたからです。

この方には!という女性にはメッセージ付きいいねも送りながら活動していたら、はじめ1週間で「ペアーズ」では3~4マッチングほど、「with」では7~8マッチングほど(ペアーズより多かった記憶)しました。

これは幸先いいと、割とハイペースでいいねを使っていたら割とすぐにいいねを使い果たしてしまいました..

メッセージの難しさを知る

マッチングしたものの、いざメッセージを送っても返信がなかったり、メッセージが続かなかったりと、会うまでの難しさを知りました。

今思うと、クリスマスまでに彼女を作るという意識が強く、早くに「会いませんか?」と聞いてしまったりがっつき過ぎていたのかもしれません。

そしていいねを使い切った頃には連絡もほぼ途絶えてしまっていました..。(※いいねには制限があり有料会員になると月に60いいねを使えます。「with」は無料いいねが多く残いいねが0でも活動しやすいですが、対象は絞られます。)

クリスマス2週間前になると会員が増える!

いいねを使い果たし活動もできず、どうしたものかと画面を眺めていたのですが、ふとあることに気づきました。

クリスマス2週間前をもって新規会員が続々増えている」のです。

クリスマス2週間前に登録している女性はどういう人か、クリスマス直前に彼氏と別れたか、クリスマスを目前にやはり寂しくなって思い切って登録したか..、どちらにしろクリスマスに男性と会いたい女性のはずだ!と考えました。

ここにきていいねをハイスピードで使ってしまったことを後悔しつつ、しばらく様子を見ていたのですが、2週間を切っても引き続き新規会員が毎日続々と..。

これはチャンスかもしれない!と思い、意を決してクリスマス1週間前に追加のポイント購入しました!(※ポイント購入すると、いいねが再び送れるようになります。)

クリスマス1週間前はマッチング率が高い

それぞれ50ポイントほど購入し(合計約1万円ほど、最後だと思い少し思い切りました)、早速いいねを数十名に送りました!すると、予想通り普段以上にマッチング率、メッセージ返信率が高く、何名かとやり取りを開始することに成功しました!

今度は焦り過ぎず、かといって相手もクリスマスの予定を入れたいであろうということを前提に、とにかく紳士に誠実に、かつスピーディにやり取りを重ねました。

そして!その結果、見事Sさんとのクリマスデートを獲得したのです

クリスマス1週間前のザオラルメールが有効だった

もう1つ、1週間前に行っていたことがありました。

それは「ザオラルメール」と呼ばれる連絡の途絶えた今までマッチングした女性全員に駄目元でメッセージを送る手段です(※ネットサーフィンでこの最終兵器を発見。もちろん「ザオラル」はドラクエの復活呪文から)。

これで繋がらなければきっともう会うこともないだろうと考え、プライドと恥ずかしさを捨て、「お昼でいいからクリスマスに会ってくれませんか?」と送りました。

その日までに、2つのアプリ合わせて25~30マッチングほどしていたのですが、その結果NさんからOKのお返事をいただき、まさかの2人目のクリマスデートを獲得したのです

街コン/合コン:成果はなかったが…

街コン、合コンは成果こそは出なかったですが、参加してみてよかったというのが感想です。

なぜならこの2つの経験で、女の子とある程度普通に話せるようになれたからです。

街コンと合コンのいいところは、参加すれば確実に女性とリアルで会話できるということです。

さらにそれぞれは以下の特徴があります。

  • 街コン・・・一回の参加で複数の女性と話す機会がある
  • 合コン・・・同じ女性と長時間話さなければならない場が与えられる/男友達の立ち振る舞いを学べる
街コンの感想

街コンは、1人限定参加であれば友達の目を気にすることなくチャレンジしてみることができたので、私にとってはよかったです。

もはや2回目、3回目は出会いのためでなく、自分磨きのために行っていました

不思議とその方が女性も会話を楽しんでくれている様子でした。おそらく、出会いを意識しなかったため緊張がなく、割と自然に話せていたからだと思います。

※ちなみに私の参加したお一人様限定街コンは、当日他の男性と2人1組になり(スタッフの人の誘導の元)、2対2で話す形式でした。

他にもまずはバラバラに着席し、適度に会場スタッフの人が席替えを指示するなどの形式もあるようです。

合コンの感想

1回目の合コンの前半はガチガチに緊張してしまいましたが、友人の「困ったらとにかく笑っとけ」「モテようとか、面白い質問しようとなんて思わなくていい、とにかく相手に興味を持て接しろ」という言葉に勇気をもらい、後半からは頑張れるようになりました。

2回目は、(友人の言葉、街コンの経験もあってか)割とはじめから楽しく話すことができ、連絡先も交換しましたが、会うまでには至りませんでした。

今まで女性と長い時間会話することに苦手意識がありましたが、この2回を通して、自分でもできるかもと自信がついたのがいい収穫でした。

友達にメール :1人とデートすることに成功

恥ずかしさもありましたが、意を決して11人の女友達に「久しぶり、元気?」とメールを送ってみました。

予想通り返信がないことが多かったですが、それでも3人から返信がありました。

その内2人とメールが続き、ごはんのお誘いをしたところEさんと再会することになったのです。(※Eさんは大学の時のバイト仲間。自分の1個下で、明るいサバサバ女子。話しやすく、嫌われていなかったので思い切ってメールしていた。)

Eさんとの再会

合コンや街コンのお陰か、Eさんとも割と自然に楽しく話をすることができました。

しかし、Eさんには付き合っている人がいることが発覚..。けれどあまり上手くいっていないらしく、クリスマスの予定も入れてもらっていないのだとか。

そこで、クリスマスまた1人になりそうで寂しいということも正直に話した結果、1週間前になっても予定が入らなかったら、25日の夜にまた飲みに行こうとなったのです

2章まとめ

このようにして、約1ヶ月の活動で3人の女性とデートをすることになったのです。

また、マッチングアプリのクリスマス1週間前の新規会員Sさんとの出会いを考えると、最短1週間でデートに取り付けることができました

デートした3人とのその後

その後SさんとEさんと関係が続き、2月に入ってすぐに見事Sさんと交際スタートとなりました。

嬉しいことに今も関係が続き(私の中で最長の交際期間を更新!)、今年のクリスマスは もちろんSさんと過ごします。

Eさんは、その後結局彼氏とヨリを戻して今も付き合っています。Eさんとはあれ以来飲み友達となり、今でも2ヶ月に1回ほど飲みに行ってます。

おそらく運が良かったこともありますが、それぞれの特徴を生かして上手く使えば、多くの人も同じようにであるのではないかと思います

そこで、次の章で、昨年の私の反省を生かした、私だったらこうするというクリぼっち卒業方法についてお伝えします。

3. 私の経験から考えるクリぼっち卒業のベストな戦略

ここでは、昨年の私の反省をふまえ、もし私がもう一回クリぼっち卒業活動をするのであればこうする、という方法をお伝えします。

私の考えるクリぼっち卒業の方法をお伝えするために、以下の順に説明していきます。

  • 1. クリぼっち卒業のための基本戦略
  • 2. 1ヵ月前から活動する方へ
  • 3. 2週間前から活動する方へ
  • 4. 1週間前から活動する方へ

それでは順にお伝えします。

3-1. クリぼっち卒業のための基本戦略

まず活動手段の使い道を整理しましょう。

昨年の反省も踏まえ、私だったら以下のように手段を使うことを考えます。

  具体的な手段 補足
メイン手段
  • マッチングアプリ
上手く使えば出会える可能性が一番高いので、
これを基本とする。
特にクリスマス1~2週間前は神。
特訓手段
  • 街コン
  • 合コン
  • 婚活パーティ
異性とのコミュニケーションが苦手という方は、
これらで練習を積む。
予備手段
  • 友達にメールしてみる
少しでも可能性を増やすためにできる限り行う。
無料なのが最大のメリット。

「婚活パーティ」は私は使ったことがありませんが、話を聞くと街コン以上にいい手段かもしれないと考えたので付け加えました。

昔、私が参加したような巷のオフ会パーティとは違い小規模開催で、一回の参加で8人ほどと10分/人の会話を個室ブースでできるとのことなので、効率よく確実に練習を積むことができます。(※)

以上を、これを基本の考えとし、1ヶ月前、2週間前、1週間前に活動決意した場合、それぞれの具体的な活動計画を順にお伝えします。

※婚活パーティによっても形式は違うそうです。中には20対20の大規模開催もあるらしく、そのようなパーティは3分/人の時間でほとんど何も話せないそうです。(回転寿司式というらしい)

私が聞いたのは『PARTY☆PARTY』という婚活パーティの話です。気になる方は確認してみて下さい。なお、人気なため、土日はすぐに満席になってしまうとのことでした。

(参考)おすすめのマッチングアプリ

なお、おすすめのマッチングアプリは以下です。会員数の関係で、エリアによってはおすすめできないものもあるので、心配な方は一度無料で登録して自分のエリアの異性が何名いるか確認してから課金するようにしましょう

おすすめアプリ 会員数 都内
おすすめ
地方
おすすめ
Facebookアカウント
の必要有無
ペアーズ (不要)
with 必要
マッチブック 必要
Omiai 必要
ゼクシィ恋結び 必要
マッチドットコム (不要)

3-2. 1ヶ月前から活動する方へ

私の経験上、1ヶ月前からであれば十分に会えるための活動をすることができます

私だったら、次のように活動します。

メイン手段:マッチングアプリ

マッチングアプリ2つ以上に登録し活動しましょう。おすすめは「ペアーズ」「with」です。

有料会員になると、それぞれ合計60いいねがもらえますが、そのうち半分は本番であるクリスマス2週間のために取っておきましょう

また、あなたが私と同じようにモテない人生を送ってきた場合、送る相手はいいね数0~200ほどの女性に限定していいねを送るようにしましょう。

特訓手段:街コン/合コン/婚活パーティ

それぞれまだ十分参加できるはずです。

まず合コンをしてくれそうな友人がいれば連絡しましょう。そして間髪入れずに街コン、婚活パーティを調べて参加できるものには予約までしましょう。

参加するときは、出会いの期待はほどほどに、「とにかく自分は変わるんだ!」という気持ちと、「失敗してもきっともう会わないから大丈夫」という開きなりの心を持って臨むようにしましょう

そして、参加した後は、必ずできるようになった点を中心に(※)反省するようにしましょう。

※できなかったことにばかり注目すると、私たちの様な非モテは反省点が多すぎて立ち直ることはできないでしょう。

どんな小さなことでもいいので、参加前よりできるようになった点に注目して、その点を中心に反省するうようにしましょう。

予備手段:友達にメールしてみる

予備手段でつながる可能性もあるので、しっかり活動することをおすすめします。

また、いきなりクリスマス会おうは、ハードルが高いので、メッセージが続いたら一度クリスマス前に会うことを意識してみて下さい。

まとめ

マッチングアプリにおいて、特にはじめ2週間でどの様な女性とマッチングしやすいか見極め、またマッチングした女性とのメッセージや、特訓手段で得た経験値を元に3週目から攻めの姿勢で活動すれば、きっとデートを取り付けることができるでしょう。

3-3. 2週間前から活動する方へ

私の経験上、2週間前であれば会える可能性はまだ十分にあります

ただし、時間はないのですぐに行動を開始するようにしましょう。

私だったら次の様に活動します。

メイン手段:マッチングアプリ

マッチングアプリは最低2つ、できれば3つ登録するようにしましょう。

写真、プロフィールは全てのアプリで同じでいいので、必ずしっかり登録するようにしましょう。プロフィールを作成したらすぐに行動開始です。

新規会員の女性のみを狙って、いいなと思ったら迷わず攻めましょう!そしてはじめの3日で、マッチングした女性がどの様な女性かを振り返り、それを目安にマッチングしやすそうな新規会員の女性を残りの期間も狙っていきましょう

ポイントがなくなったら購入する、くらいの気持ちで2週間積極的に活動することがポイントです。

また、マッチングアプリの女性は「すぐに会いたい」という男性を嫌う傾向があるので、その点も踏まえて紳士的に誠実に対応するようにしましょう。

返信スピードは相手に合わせつつ(ただ相手より遅いのはだめ!今さら駆け引きは不要!)、5通目あたりでクリスマスの話題、6~8通目で相手を誘いましょう。

特訓手段:街コン/婚活パーティ

合コンは日程的に流石に厳しいので諦めましょう。

街コンは、「1人参加限定」でなく、「1人参加可」の街コンまで対象を広げればまだ見つけることができるはずです。

婚活パーティは、休日参加は厳しいですが、平日参加ならまだ席が空いている可能性があります。空席があれば、特訓のためにぜひ参加しましょう。

予備手段

友達へのメールは、2週間前からだと会う約束を取り付けるのは厳しく惨めな思いをするだけなので、基本的にはおすすめしません。

ここ1、2ヶ月以内に連絡していた女性であれば可能性はあるかもしれませんが、それであればマッチングアプリに専念した方がよいと考えます。

3-4. 1週間前から活動する方へ

私の経験と感覚として、1週間前から活動は正直一か八かです。

私は実質1週間でデートに取り付けられはしましたが、それはそれまでの失敗があったからであるとも感じています。

ただし可能性は0ではありません。また、たとえクリスマス当日は会えなくても、クリスマス以降で会えるかもしれないですし、来年につながるよい経験を得られることは間違いないので、本気度が高いならば是非今からでも挑戦してみましょう!

私だったら次の様に活動します。

メイン手段:マッチングアプリ

とにかくマッチングアプリにチャンスを賭けましょう!

1週間前でも新規で入会する女性は多いのでチャンスはあるはずです。ただし、時間はないので、少しでも可能性を広げるためにアプリは3つは登録することをおすすめします。

また、「ペアーズ」には「ブースト」といういいね/足跡が飛躍的に増えるオプション機能が付いています。追加料金はかかりますが、これらの様なオプションも使って積極的に活動していきましょう!

なお、焦る気持ちはわかりますが、マッチングアプリの女性は「すぐに会いたい」という男性を嫌う傾向があるので、慌てず、紳士的に誠実に接するようにしましょう。それが最大の近道です。

返信スピードは相手にの間隔よりちょっと早いくらいで、4~5通目あたりでクリスマスの話題、6~8通目で相手を誘いましょう。

誠実さアピールは「敬語を守る」ことでできます。タメ語はダメらしいです(ヲタ語も、顔文字多すぎも)。

3章まとめ

以上の活動を徹底すれば、きっとあなたもデートをとつけることができるでしょう。

また、その可能性を少しでもあげるために、メイン手段であるマッチングアプリの出会いを高めるコツがあります。それらについては、以下にまとめっているのでよろしければそちらを参考にして下さい。

マッチングアプリ入門ガイド|失敗しない出会いアプリの選び方と使い方の総まとめ

  • 10章:マッチングアプリで出会いを増やす「写真」の6つのポイント
  • 11章:マッチング率を高める「プロフィール」の3つのポイント
  • 12章:出会える率を高める「メッセージ」の10つのポイント

また、可能性を信じるあなたに、勇気づくデータを紹介します。

以下は、女性トレンドを研究する「ガールズスタイルLABO(GSL)」のクリスマスぼっちに関する調査結果で、クリスマス限定彼氏はありと考える女性は半分以上(51.8%)いて、実際にクリスマス限定彼氏を持ったことがある女性は10人に1人いる(13.4%)とことが分かりました。

※引用:『ガールズスタイルLABO(GSL)

女性は声に出さずとも、心ではそう思っているということのようです(これは朗報!)。クリスマス前に出会いを広げれば、チャンスは必ずやあるはずです。

あなたのぼっち卒業を、心から応援します。

4. 女性のためのクリぼっち卒業の方法

ここでは、私の経験をふまえて、女性がクリスマスぼっちを卒業する方法をお伝えします。

それはずばり、マッチングアプリに登録することです。

私は、マッチングアプリを通じて、クリスマス1週間前に1人の女性(Sさん)と出会い、クリスマスにデート、そして現在交際に至っています。

そこから考えても、多くの女性にチャンスがあるのではないかと考えます。

4-1. マッチングアプリをおすすめする理由

なぜマッチングアプリをおすすめするかというと理由は2つです。

  • 女性はかなりのいいねをもらえるから
  • 女性は無料で利用できるから

それぞれ順に説明します。

女性はかなりのいいねをもらえる

マッチングアプリは、圧倒的に女性が有利です。

男性は30いいねをもらえたらいい方と言われている中、女性は100いいね以上をもらう人がかなり多く存在します

実際に、現在交際中のSさんもはじめの1週間で以下の状態になっていたそうです。

※退会する際に思い出としてとっていたそう。本人いわく人生最大のモテ期の証拠画像とのこと。

最終的に250いいね近くもらっていたそうですが、これは、250人の男性の中から選べる立場であるということです。

自分の彼女ではありますが、Sさんは世の中的に決して可愛い訳ではありません。世間一般的には中の中〜中の上といったところでしょうか(もちろん私にとっては最高に可愛いのですが!)。

クリスマス前の1週間ということも影響していたのでしょうが、この様にいいねをたくさんもらえるので、あなたにもきっとチャンスがあるはずです。

※なお、チャンスを少しでも上げるためには「写真」のコツがポイントになります。

マッチングアプリ入門ガイド|失敗しない出会いアプリの選び方と使い方の総まとめ」の10章にポイントをまとめているので、ぜひ参考にしてください。

女性は無料で利用できるから

なお、いくつかのマッチングアプリは女性は無料で利用することができます

コスト0でチャンス無限大なので、ぜひ試してみて下さい。

以下、おすすめアプリと無料情報です。

おすすめアプリ 無料 会員数 都内
おすすめ
地方
おすすめ
Facebookアカウント
の必要有無
ペアーズ 無料 (不要)
with 無料 必要
マッチブック 無料 必要
Omiai 20代:無料
30代:3,980円~/月
必要
ゼクシィ恋結び 無料 必要
マッチドットコム 3,980円~/月 (不要)

なお、クリスマスフィバーを起こすには、クリスマスの1~3週間の間に登録してみるのがいいと考えます(あくまで私の考えです)。

1週間前だと流石にギリギリなので、2~3週間前に登録するのが理想的と予測します。

心配な方は、3週間前に1~2つ、2週間前に1~2つと分けてみるのもいいでしょう。無料なので、気軽に試してみて下さい。

4-2. マッチングアプリで注意すべきこと

ただし、マッチングアプリには遊び目的の男性も一定いるので注意が必要です。

クリスマスには出会いたけど、遊び目的の男性には絶対会いたくない、という人は以下を意識するようにしましょう。

真剣に出会い付き合うための3鉄則

  • 付き合うまではキスもNG、身体の関係はもちろんNG
  • 付き合う前に、付き合う時はサイトを一緒に退会することを約束しておく
  • 付き合ったら次のデートで目の前で一緒にサイト卒業式(退会)を行う

真剣に付き合いたいのであれば、クリスマスだからと気を許しすぎないようにしましょう。

でないと、クリスマス以降連絡が途絶えてしまった..なんてことも起こり得てしまいます。

5. 自分を磨くために行った9のこと

以上、「異性との出会いを作る」についてお伝えしてきましたが、クリスマスぼっちを卒業するために私が行ったもう1つのことが「自分を磨く」ことでした。

出会いを作るだけではダメだと恋愛本にも書いてあったので、1ヶ月のぼっち卒業活動を機に自分磨きについても徹底して努力することにしました。

私が行ったことは以下の9つです。

  • 1. 「清潔感」を意識
  • 2. 「ファッション」を見直す
  • 3. 「靴」にも気を使う
  • 4. 「ハンカチ」を持ち歩く
  • 5. 「優しい男になる気持ち」を心がける
  • 6. 「聞く」を意識して会話する
  • 7. 「自慢話はしない」よう注意する
  • 8. まずは「オウム返しから始める」
  • 9. 「体型も意識」して頑張って痩せる

それぞれ順に補足します。

5-1. 「清潔感」を意識した

活動前までに、恋愛本をいくつか読んでいましたが、そのどの本にも書いてあったのが「清潔感の大切さ」でした。

本によって言い方こそは違いますが、まとめると以下のようなポイントで、出かける前、普段の生活の中でこれらは強く意識していましました。

髪の毛 フケがないか
伸びておらず、整えているか
ニキビを放置していないか
髭をきちんと剃っているか
体臭は臭くないか
爪を手入れしているか
立ち振る舞い 食べ方が汚くないか
姿勢が悪くないか、背筋が伸びているか
服装 服がよれていないか、大きすぎ/小さすぎないか
靴が汚れていないか、古くないか

当たり前だろと思っていましたが、改めて注意して自分を見てみるとできていないことがいくつかありました(爪のが伸びていることが多い、背筋が丸いが特に自分の課題でした)。

また、髪が少し伸びていたので、11月18日の週の翌週には切りに行きました。

そして、服装については改善の余地があったのでしっかり見直すことにしました。

5-2. 「ファッション」を見直した

今までファッションはそこまで意識したこともなく決してかっこ良くはありませんでした。かといって世の中の男性と比べて特別ダサい訳でもなく、可もなく不可もなくという具合だったと思います。

女性はファッションを気にする人も多い、とは知っていたので、この際ファッションも見直してみることにしました。

とは言っても雑誌を見てもいまいちピンとこず..、そこで、デパートの店員さんに相談することに決めました。

いざデパートへ

とりあえず、たまに行くマルイに行き、「どんなのを買ったらいいのかわからないのでコーディネイトをお願いしたいです。」と店員さんに相談しました。

お店によっては趣味が合わなかったり、押し付けを感じてしまったのでいくつか店を回り、4店目で一緒に悩んでくれる店員さんと出会い、店員さんのコーディネートに任せました

自分で言うのもなんですがそれがばっちり似合って、なんだか自信を持てました。それもあってか、2回目の街コンでは何人かに「オシャレ」と言ってもらえました(多分人生で初めて)。

5-3. 「靴」にも気を使った

また、服以上に靴に気を使いました。服以上に靴を見ている女性は多いといくつかの恋愛本に書いてあったからです。

服と一緒に、靴も新しいものに買い替えました。

意識して女性の目線を見てると、特に合コンで確かに靴を見られていたなと思います。

5-4. 「ハンカチ」を持ち歩くようにした

ハンカチも、清潔感を保つポイントらしいです。

確かに、仕事の時は社会人のエチケットとしてハンカチを持ち歩き、手を洗った後にズボンで服かずにハンカチで拭きます。

それを普段でもしろと言うことだったので、そのようにしました。

5-5. 「優しい男になる気持ち」を心がけた

ここからは接し方の話になります。

「女性は優しい男が好き」ということはよく聞いていたため、優しい男とは何かを考えるようになりました。そこで出た結論が、優しい男は男女の違いを理解できる男であるということです。

あくまでも一例ですが女性は男性と違って、以下のような特徴があります。

  • 暑い、寒いに敏感
  • 筋肉が少ないため、同じものを持っていても負担が違う
  • ヒールを履いていると歩きにくい
  • スカートを履いているため行動に制限が出る

こういった男女の違いを意識して、「大丈夫?」と声をかけてあげることや、助けてあげることを意識するようになりました。

5-6. 「聞く」を意識して会話した

女性は、聞き上手な男性が好きと言われています。

そこで、自分とは意見が違うなと思っても、正直興味のない話でも、一旦は女性の話を我慢して聞くことを意識しました。

なお、これは恋愛本に書いてあったことですが、女性との会話の際は「共感」を意識するといいそうです。

本に書いてあったいいなと思ったことは、『共感は「分かる!」と「そうなんだ!」をマスターしとけ』です。

  • 分かる!それ同じこと思ったことある
  • 分かる!そういうことよくあるよね
  • そうなんだ!それは大変だったね
  • そうなんだ!それは良かったね

これは私でもすぐに実践することができました。

5-7. 「自慢話はしない」よう注意した

よく聞くことですが、やはり女性は自慢話が嫌いなようです。

私は特に自慢することなどないのですが、それでも自分の話ばかりになっていないか、相手が興味を示していない話を長く語っていないかということを気をつけるようにしていました。

5-8. まずは「オウム返しから始める」を実践してみた

これは合コンの際に友達が教えてくれたことですが、異性との話に慣れていないときはオウム返しから始めてみるといい、とのことでした。

半信半疑で使ってみると、「うんうん」と聞いていただけの時より、びっくりするほど女性が話を続けてくれるようになりました。

女「最近仕事忙しくって大変なんだよね」

男「そっか〜それは大変だね」

女「そうなのー!上司が厳しくて、毎日残業させられるの」

男「厳しい上司だね。毎日の残業はキツイよね」

女「そうなの!先週もね・・・・・」

といった感じです。

また自分自身も「うんうん」以外、しっかりと言葉にすることで自然と緊張が解け、質問をしたり、自分から別の話をしたり、会話を普通にできるようになりました。

5-9. 「体型も意識」して頑張って痩せた(2kg痩せた)

また、そもそもの体型(見た目)も変えることを決意しました

というのも、当時168cmに対して64kgで、決して太ってはなかったのですが、確実に丸みを帯びていて、このままでは好いてもらえる可能性を減らしてしまうかもしれない、と考えたからです。

そこで、とにかく空いた時間にジョギング、腹筋をすることにしました。

週2~3で行った結果、クリスマスまでには2kg落とすことに成功しました!

6. まとめ

以上、クリスマスのひとりの過ごし方とクリスマスぼっちを卒業する方法をお伝えしてきましたがいかがでしたか?

最後に、改めてそれぞれのまとめをしたいと思います。

クリスマスのひとりの過ごし方まとめ

クリスマスのひとりの過ごし方には、実はかなり多くの選択肢があります。ポイントは、自分にあった方法を選ぶこと、そして夜中までしっかり予定を入れる(やることを決める)ことなので、このページのリストを参考に計画を立ててみてください。

なお、参考までに11年ひとりでクリスマスを過ごしてきた私のおすすめBEST3は以下です。

  • BEST1:温泉に行く
  • BEST2:アロママッサージに行く+DVD鑑賞
  • BEST3:教会に行く+DVD鑑賞

クリスマスぼっちには仲間が大勢います。そのことを胸に、自分にぴったりの過ごし方をぜひ見つけてみて下さい。

クリスマスぼっちを卒業する方法

クリスマスぼっちを卒業する方法は、以下の2つを全力で徹底することです。

  • 異性との出会いを作る
  • 自分を磨く

決して楽ではありませんが、本気になれば、私のような人間でも1ヶ月、最短1週間でぼっちを卒業できる可能性は十分にあります

ぼっちだからこそ自分の好きなように充実した時間を送れるメリットもありますが、やはり2人で過ごす夜は違った良さがあります。

たとえ、今年上手くいかなくとも、挑戦したその経験は来年に必ず生きてくるので、数%の可能性でもトライしてみたい!という方はぜひ挑戦してみて下さい!

私でできたのですから、きっとみなさんにもできるはずです!

なお、このページで紹介したおすすめ手段は以下の通りです。

  • マッチングアプリ・・・「ペアーズ」「with
  • 街コン・・・「まちコンポータル
  • 合コン・・・友達にお願い
  • 婚活パーティ・・・「PARTY☆PARTY
  • 過去の女友達にメールする・・・中高までさかのぼる、Facebookの「友達かも」から探すのもあり

さいごに、クリスマスは毎年あるものです。

その年その年に、一人ひとりの違った過ごし方があって、ひとりの年もあれば、ふたりの年も、大勢の年もあり、必ずや毎年が同じではないはずです。

年に一度のクリスマス、あなたの考えた過ごし方でぜひ充実した夜をお過ごし下さい。

あなたに素敵な夜が訪れますように。メリークリスマス。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket