【保存版】勃起力を上げる世界一最強のトレーニングメニュー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

「勃起力をトレーニングで強くしたい」とお考えですか?

勃起力を鍛える方法についてはネットでいろいろ紹介されていますが、間違った方法でトレーニングをすると、時間とお金の無駄になってしまいます。

この記事では、セックスカウンセラーとして100人以上の相談に乗ってきた私が、勃起力を強化する方法とメニューについてご紹介します。

  1. 勃起力トレーニングに大切な3つのポイント
  2. 勃起力を強化する5つのトレーニング
  3. トレーニングを効果的にする5つのポイント
  4. 勃起力トレーニングに役立つ7つの習慣

少し面倒に思うかもしれませんが、絶対におすすめできます。

この記事を読めば、自信を持って勃起力強化トレーニングをすることができるので、ぜひ御覧ください。

1. 勃起力トレーニングに大切な3つのポイント

勃起力アップトレーニングは、筋トレとあまり変わりません。

勃起力トレーニングというと、どうしてもペニスをいじくり回すという感じがしますが、勃起力アップに一番役立つのは筋トレです。

「勃起力トレーニングはしたことはないけど、筋トレはしたことがある」という方が多いと思いますので、勃起力トレーニングと筋トレのどちらにも大切なことから説明します。

勃起力トレーニングに大切な3つのこと

  • イメージ力
  • モチベーションの維持
  • トレーニング、食事、睡眠の3本柱

1-1.  イメージ力

トレーニングで結果を出すために大切なのは、どのような体になりたいかイメージすることです。

筋トレなら、「体脂肪を15%まで落とす」というように数字に目標を持つか、「K-1の山本“KID”徳郁選手みたくなりたい」というように実際の人物に目標をもつことが大切です。

勃起力アップトレーニングなら、「3回戦まで頑張れるようにする」「彼女を満足させる」というような目標を持ってトレーニングをすることが重要になります。

 出典:武田玲奈公式サイト

筋トレで目標の人のポスターを貼っておくとやる気が出ますが、これは勃起力アップトレーニングにも有効です。

彼女や奥さんの写真を飾るか、好きなタレントさんのポスターでも良いですね。

いろいろと想像しながら、勃起力トレーニングに取り組んでいきましょう。

1-2. モチベーションの維持

「筋トレは1日でならず」ですが、勃起力トレーニングも同じで、結果を出すまでに最低3ヶ月は見積もっておきたいところです。

モチベーションを維持するためには、イメージ力の他にイベントを作ることが大切です。

「今週末のデートで力を発揮するぞ」というように、期限を作ったり、イベントを作ったりすると、マンネリ化や飽きがなくなり、続けることができます。

1日で勃起力をアップさせたいなら、バイアグラなどのED治療薬を服用しましょう。バイアグラについて詳しいことが知りたい方は、こちらの記事「図解でわかるバイアグラとは|正しく理解し上手に付き合う全ポイント」をご覧ください。

1-3. トレーニング、食事、休息の3本柱

筋トレ、勃起力トレーニングのどちらでも大切なのが「トレーニングと食事、休息」の3つです。

筋トレならプロテインが大切になってきますが、勃起力ならアルギニンやシトルリン、亜鉛やビタミンB類が役立ちます。

筋トレだと、超回復するための休息が必要ですが、勃起力ならしっかり睡眠をとって男性ホルモンであるテストステロンを分泌させる必要があります。

2章から解説していきますが、この3点をおさえれば必ず結果が出ます。

体質とか年齢とかで諦めないで、コツコツ頑張っていきましょう!

2. 勃起力を強化する5つのトレーニング

勃起力アップで行うべきトレーニングは次の5つです。

勃起力アップで取り組みべき5つのトレーニング

  • 有酸素運動(ウォーキング、ジョギング)
  • スクワット
  • デッドリフト
  • ベンチプレス
  • PC筋トレーニング

筋トレをしたことがある人がこのメニューを見ると、「筋トレビッグスリーね」とすぐに分かると思います。

筋トレBIG3とは、スクワット、デッドリフト、ベンチプレスのことで、大きな筋肉を鍛えられるために呼ばれています。

勃起力アップ、筋肉増強、肥満解消、女性にモテるという一石四鳥のトレーニングなので、ぜひチャレンジしてください。

 2-1.有酸素運動

ウォーキングやジョギングなどの有酸素運動には、多くのメリットがあります。

  • 血管の改善
  • 心肺機能の改善
  • 脂肪燃焼
  • ストレス解消

これら全て勃起力改善に役立ちます。

全く運動をする習慣が無い方や50代以上の方は、まずは有酸素運動から始めることをおすすめします。

有酸素運動は20分以上行うと上記のメリットが期待できますので、自分の体力に合わせて取り組んでみてください。

2-2. スクワット

ED(勃起不全)に最も効く運動といえばスクワットです。

スクワットで大臀筋(だいでんきん=お尻の筋肉)や大腿四頭筋(だいたいしとうきん=ふとももの筋肉)を鍛えると、勃起力アップが期待できます。

さらに、スクワットは太ももの内側になる内転筋(ないてんきん)、骨盤底筋(こつばんていきん)を鍛えることができるので、勃起の持続力アップや早漏防止にも役立ちます。

最初は10回を3セットというようにして、徐々に回数を増やしていきまましょう、

バーベルを使って、パワーアップをしたい方は、こちらの動画を参考にしてください。

分かりやすい解説でおすすめです。

2-3. デッドリフト

デッドリフトは陰茎周辺の筋肉全てを鍛えられる」(週間実話)として、医学博士の志賀貢氏が特におすすめしている運動です。

スクワットで鍛えられる大臀筋や大腿四頭筋だけでなく、背中の筋肉である脊柱起立筋を鍛えることができます。

下の図に、デッドリフトのプロセスをまとめました。

文字だけでは分かりにくいと思いますので、Youtubeの動画をご紹介しておきます。

動画や説明だけでは、自分の誤りに気づきにくいので、やはりジムに行ってプロに教えてもらいながらやりたいところです。

だれにも教わらずに挑戦する場合は、大きな鏡を使って自分のフォームをチェックしてください、

ダンベルはamazonで3,000〜4,000円程度で購入できます。

もし、ダンベルを買うお金も無いし、ジムに行く暇が無いという方は、デッドリフトの代わりにバックエクステンションを自宅でやりましょう。

2-4. ベンチプレス

ベンチプレスは、ベンチに仰向けで寝てバーベルを持ち上げるトレーニングですが、大胸筋や上腕三頭筋を鍛えることができます。

「勃起力に関係あるの?」と思われるでしょうが、「ベンチプレスがテストステロンの分泌に一番効果的だった」という研究結果があり、勃起力アップにつながるのです。

テストステロンは、勃起に必要な一酸化窒素の分泌を促し、精子の製造の促進にも役立っており、勃起力と密接な関係があります。

自宅でトレーニングしたい場合は、プッシュアップ(腕立て伏せ)で対応できます。

筋肉を肥大させたい場合は、10回できる重さで、3セット行います。(インターバルは30秒程度)

まずはフォームを大事にし、それから回数をこなせるようにしましょう。

2-5. PC筋トレーニング

PC筋とは骨盤底筋のことで、ペニスの海綿体に入った血液を逃がさない役割を果たします。

つまり、勃起の維持に役立つのです。

鍛え方は、次の図表を参考にしてください。

肛門に力を入れて抜いたりを繰り返すだけですが、勃起維持力をアップしたい方には本当におすすめできます。

1〜2ヶ月経つと、「あれっ、勃起の持続時間が長くなったな」と気付くはずです。

3.トレーニングを効果的にする5つのポイント

2章で紹介したトレーニングは、無計画にひたすら行っても効果は期待できません。

勃起力を効果的にアップするため、週2日ジムで次のように行ってください。

週2日以外は休息にあててください。休息も勃起力アップに欠かせない大切なものです。

さらに、次に挙げる5つのポイントをしっかりおさえてください。

3-1. トレーニングのやり過ぎに注意する

勃起力をアップするために一番気をつけたいのが、ジム通いして反対に精力減退してしまうことです。

獨協医科大学越谷病院 泌尿器科の岡田弘主任教授が著書「男を維持する『精子力』」で、激しい運動が精子の質を衰えさせると警告しています。

元気があるなら週2日以上行っても構いませんが、「筋トレで疲れが取れない・・・」とならないようにしてください。

3-2. ダイエットをしたいなら有酸素運動をする

肥満は勃起力の大きな的であり、肥満を測る指数BMIの値が高まるほどED(勃起不全)は悪改善しにくい」という研究結果があります。

BMIが25以上の方は、まずはダイエットに力を入れた方が良いでしょう。(BMIを計算するサイトはコチラ

運動習慣が全く無かった方は最初は有酸素運動から入りましょう。ちょっとずつ、体を運動に慣らしていってください。

3-3. PC筋トレーニングは体力に合わせて行う

ビッグ3のトレーニングで疲弊している時は、PC筋トレーニングはお休みしましょう。

もちろん余裕がある日は、トレーニング日でなくても実施するのがおすすめです。

PC筋トレーニングは効果が見えづらいところがありますが、面倒臭がらずに、やっていきましょう。

3-4. 食事を大事にする

勃起力アップに筋トレ以上に大切なのが食事です。

食事で一番心がけたいのはバランスで、主食、主菜、副菜を考えて食事をしましょう。

口コミ・評判

志賀貢氏(医学博士)
精力アップのために食事は欠かせません。実際、亜鉛たんぱく質を多めに摂取することで、男性ホルモンの分泌もよくなります。ただ、一つ注意があります。精力を付けようとして“こだわりすぎない”ことです。

出典:livedoor news

外食では、牛丼、天丼、ハンバーグのように主食と主菜の他に、サラダを取るなどして副菜を付け加えましょう。

筋肉をつけたいならプロテインを取る

筋肉を増強させたい場合は、体重×1~2倍のタンパク質を摂取しましょう。

タンパク質の多いおすすめの食材をご紹介しておきます。

食材 タンパク質(100g当たり) 解説
納豆 17g ネバネバのムチンは精力増強効果あり。
ささみ 23g 鶏肉は全般的におすすめ。
ささみが脂質が少ないのがメリット。
あじ 20g 青魚は、血液をサラサラにするEPA、DHAが豊富に含まれている。
ツナ缶 30g ノンオイルタイプが脂質が少なく一番おすすめ。
するめ 69.2g 低カロリーでタンパク質豊富。
ダイエットにおすすめ。
勃起力+筋力アップにベストなサプリメント

食事だけでタンパク質を摂取するのは難しいので、そこで頼りたいのがサプリメントです。

勃起力と筋力を一気にアップできる最高のサプリメントをご紹介します。

DNS ホエイプロテインスーパープレミアム』はタンパク質に加え、勃起力アップに欠かせないアルギニンとシトルリンが豊富に含まれています。

アルギニンとシトルリンは勃起を起こすために必要な一酸化窒素の分泌を増加させ、さらに、成長ホルモンの分泌を促すので、生殖機能を強くしてくれます。

筋力アップと勃起力アップを一気に期待できる最高のサプリメントなので、ぜひ試してください!

3-5. しっかり休息する

睡眠中は勃起を促す男性ホルモンであるテストステロンが分泌されますが、睡眠不足になると減少してしまいます。

シカゴ大学の研究で、20代中盤の男性の睡眠時間を1週間5時間にしたところ、テストステロンが10〜15%下がったという報告があります。

勃起力を改善するためには7〜8時間の睡眠を取るべきで、特に22時〜翌2時はテストステロンが分泌されやすい時間帯なのでしっかり眠りたいところです。

睡眠時間の確保が難しい場合

「仕事場が遠くて睡眠時間をあまりとれない」など、睡眠時間の確保が難しい場合は睡眠の質にこだわりましょう。

質の良い睡眠を確保する3つのポイント

  • 寝る前にスマホを使わない
  • 寝る1時間前までに40度程度の風呂に10分入る
  • 寝る前にホットミルクやストレッチ、アロマなど落ち着ける工夫をする

これは例ですが、質の高い睡眠を確保するための工夫をしてください。

4. 勃起力トレーニングに役立つ7つの習慣

勃起力トレーニングに合わせて知っておきたい、勃起力アップに役立つポイントを7つご紹介します。

トレーニングをしていても、生活習慣次第では効果が半減してしまいますので、しっかりチェックしてください。

4-1. セックスに備えたオナニーをする

毎日同じオカズでフル勃起せずに射精していると、勃起力低下を招いてしまいます。

勃起力を低下させないたまには、次の6か条を守ってください。

セックスを想定したオナニーをしなければ、膣内で射精できない膣内射精障害になる危険もあります。

また。「オナ禁」も長くやりすぎると勃起力低下につながりますので、1週間に1回は射精しておくことをおすすめします。

4-2. アルコールを控える

アルコールの飲み過ぎは、精力の減退、勃起力低下につながりますので、飲み過ぎに注意しましょう。

アルコール健康医学協会が、1日の適度な飲酒量の目安として次のように紹介しています。

「もっと飲むよ」と思う人も多いと思いますが、その場合は休肝日を設けてください。

アルコール健康医学協会は週2日の休肝日を設けることを推奨しています。

勃起力改善に役立つ赤ワイン

赤ワインにはポリフェノールが豊富に含まれており、血管を広げ、動脈硬化予防になり、勃起力改善にも役立ちます。

赤ワインは、女性の性欲減退を防ぐとも言われていますので、一緒に飲んではいかがでしょうか?

ただし、飲み過ぎには気をつけてくださいね。

4-3. タバコを止める

ED(勃起不全)の80%以上は喫煙者と言われており、タバコは血管を収縮させ、血流を悪くするので勃起力低下につながります。

また、タバコ一本吸うごとに、ストレス軽減や血圧を下げるビタミンCが25~100mg消費されます。

タバコはガンや動脈硬化、うつ病や心筋梗塞など、さまざまな病気の原因になりますので、勃起力低下に悩んでいるなら、止めるようにしましょう。

4-4. 精力減退につながる常用剤がないかチェックする

抗うつ剤や、血圧を下げる降圧剤などの常用剤がある場合は、その影響でED(勃起不全)になっている可能性がありますので、注意が必要です。

下の図は、EDにつながる薬品についてまとめたものです。

分類 代表的な薬
降圧剤 フルイトラン、ラシックス、アルダクトンA、アルドメットなど
抗うつ薬 トフラニール、パキシルなど
抗精神病薬 べゲタミンAなど
抗てんかん薬 テグレトールなど
睡眠剤 フェノバールなど
抗潰瘍剤 タガメット、ドグマチールなど
抗男性ホルモン剤 プロスタール、リュープリンなど
脂質異常症治療剤  リピトール、ビノグラックなど

これ以外でも常用剤があれば、「薬品名 ED」で調べてみてください。

もしEDになる恐れがある薬を服用していることに気づいた場合、勝手に服用を止めるのではなく、一度医師に相談してからにしてください。

4-5. 自転車を控える

自転車は、サドルがペニスの付け根と肛門の間の会陰(えいん)に当たり、血流が悪くなって前立腺が炎症する場合があります。

日本性機能学会が「ED治療のガイドライン」で長時間の乗車がEDにつながるリスクがあることを指摘しています。

1時間以上乗る場合は時々腰を浮かせたり、柔らかいサドルを使うなど、会陰部の血行に気を使ってください。自転車によく乗る方は「ジェル入りのサドルカバー」がおすすめです。

サドルカバー

出典:Amazon

自転車店で相談すると、あなたにぴったりな一品が見つかるはずです。

口コミ・評判

Aさん
評価:★★★★☆4
会陰部へのダメージ、EDや痔への懸念もあるようなのでこちらの商品を購入したが、非常に快適、正解であった。

前傾姿勢になるロードバイクに乗っている方、通勤で毎日自転車に乗る方はサドルにこだわってください。

4-6. デスクワークで勃起力を低下させない工夫をする

デスクワークでは、膝の上にPCを載せて作業しないこと、合間に運動をすることが大切です。

膝の上にノートPCを載せて作業しない

ノートPCを膝に乗せると、熱が陰嚢(いんのう=タマ袋のこと)に行き、精子に悪影響を及ぼします。

また、ノートPCの熱だけでなく、姿勢も悪くなり、それが生殖機能を阻害してしまうわけです。

ちゃんと机の上で作業しましょう。

デスクワークの合間に運動をする

デスクワークは下半身の神経や血流を阻害してしまうので、勃起力低下につながります。

もちろん、この現代社会において「デスクワークをするな」というのは不可能なので、1時間おきに軽くストレッチをするのがおすすめです。

トイレに行くついでに屈伸したり、座りながら腰を浮かせる空気椅子を30秒から1分程度するのがおすすめです。

4-7. 勃起力を低下させない服選びをする

精子は熱に弱いですが、ブリーフやボクサーパンツは熱がこもりやすく、精子の減少につながるので、トランクスやふんどしの方が良いと言われています。

赤フンドシ

出典:Amazon

フンドシは通気性が良くておすすめする医師が多いです。

ちなみに赤色は性欲を刺激するセックスカラーなので、服装に取り入れると良いですよ!

5. さいごに

勃起力アップトレーニングについて見てきましたが、いかがでしたでしょうか?

この記事でご説明した通り、勃起力トレーニングは筋トレと似ていて、イメージを持って継続的に行えば必ず結果が出ます。

体質や遺伝を言い訳にしないで、「自分はどうなりたいか」をイメージしてトレーニングをしてください。

この記事が、皆さまのセックスライフの充実にお役に立てることをお祈りしています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket