【保存版】プロが伝授!勃起力に一生困らないための全知識

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

勃起力についてお悩みでしょうか?

勃起力をアップするための方法はいろいろ紹介されていますが、世の中には間違った知識があふれていて、真似してしまうことで心身に悪影響を与える恐れがあります。

この記事は、セックスカウンセラーとして100人以上の相談に乗ってきた私が、勃起力について悩んだ時に役立つ知識を全てまとめたものです。

  1. 日本で勃起力に悩む人の驚くべき割合
  2. 1分でできる病院へ行くべきか判定するテスト
  3. 勃起力低下に対処するための最も賢い方法
  4. 勃起力が落ちる4つの原因と今日から始められる改善法
  5. 精力サプリの効果とおすすめサプリ3選

この記事を読めば、勃起力に悩んだ時の対処法が全て分かりますので、ぜひご覧ください。

1. 日本で勃起力に悩む人の驚くべき割合

2009年、製薬会社のファイザーが20歳以上の成人男性7,710人に性生活や勃起機能に関して行った調査によると、「今までにED(勃起不全)かもしれないと思ったことはあるか?」という質問に、YESと答えた人が3,494人(45.3%)もいました。

年代別 YES NO YESの割合
20代 518人 1,417人 26.8%
30代 864人 1,440人 37.5%
40代 948人 850人 52.7%
50代 641人 325人 66.4%
60歳以上 523人 184人 74.0%
全体 3,494人 4,216人 45.3%

参照:ED-info

この調査から分かることは、2人に1人は勃起力に悩みや気になることがあるということです。

勃起力に悩むのは情けないと思う人も多いですが、勃起力に不安を持つのは当たり前と言えるのです。

決してあなただけではないのです。

そして、勃起力はメンタルに大きく左右されますから、まずは「俺の勃起力は凄い」という楽観的な気持ちでいることが大切です。

旦那様や彼氏がEDであることを気にされている女性も多いですが、こんなにEDの男性が多いわけですから、自信喪失したり、深く悩まれる必要はありません。

2人で一緒にEDクリニックへ行くカップルや夫婦も多いですから、一緒に足を運んでも良いかもしれませんよ。

2. 1分でできる病院へ行くべきか判定するテスト

勃起力低下が気になる方は、病院へ行くべきか判断するためのテストをしてみましょう。

悩んでいる方の中には、病院やEDクリニックへ行く必要がない方もいるので、余計なお金と時間を費やしてしまう可能性があります。

ここで、2つのテストをご紹介しますが、性交未経験者には基本的に当てはまりませんので、2-3をご覧ください。

2-1.国際勃起機能スコア

国際勃起機能スコア(IIEF=International Index of Erectile Function)は、ED(勃起不全)の進行具合をチェックするテストで、実際に泌尿器科やEDクリニックで使われています。

EDの進み具合を計るために次の5つの質問に答えるだけで判定できます。

①勃起を維持する自信の程度は どのくらい ありましたか?
1点.非常に低い 2点.低い 3点.普通 4点.高い 5点.非常に高い
②性的刺激による勃起の場合、何回挿入可能な勃起の硬さになりましたか?
1点.全く無しか、ほとんどなし 2点.たまに(半分よりかなり下回る) 3点.時々(半分位) 4点.おおかた毎回(半分よりかなり上回る) 5点.毎回か、ほぼ毎回
③性交中、挿入後何回勃起を維持することができましたか?
1点.全く無しか、ほとんどなし 2点.たまに(半分よりかなり下回る) 3点.時々(半分位) 4点.おおかた毎回(半分よりかなり上回る) 5点.毎回か、ほぼ毎回
④性交中に性交を終了するまで勃起を維持するのはどれくらい困難でしたか?
1点.極めて困難 2点.かなり困難 3点.困難 4点.やや困難 5点.困難でない
⑤性交を 試みた時に 何回 満足できましたか?
1点.全く無しか、ほとんどなし 2点.たまに(半分よりかなり下回る) 3点.時々(半分位) 4点.おおかた毎回(半分よりかなり上回る) 5点.毎回か、ほぼ毎回

スマートホンの方は、スクロールして全体を見ることができます。

点数が低いほどEDが重症になっていきます。

22点~25点 正常
17点~21点 軽度のED(勃起不全)
12点~16点 軽~中等度のED
 8点~11点 中等度のED
 5点~ 7点 重度のED

21点以下ならEDと判定されてしまいますが、私的には17点以上なら病院へ行かないでストレス解消や疲労回復につとめて様子を見るのが良いと思います。

16点以下の場合は一度病院で診断してもらい、ED治療薬をもらうことをおすすめします。

2-2. スタンプ・ジェクスメーターテスト

「最近セックスレスだけど、朝立ちも無いし、勃起力が心配・・・」という方は、スタンプ(切手)かジェクスメーターを使ったテストを行いましょう。

ED(勃起不全)には、心の問題(心因性)と体の問題(器質性)に分けることができますが、このテストではどちらなのかを確かめることができます。

ちなみに、心因性の場合は病院で行かなくても改善できますが、器質性の場合は一度病院へいって診てもらうことをおすすめします。

心因性なら病院へ行かないで済ませることもできますが、器質性の場合は、糖尿病や動脈硬化など、別の病気があってEDになっている可能性があるので、一度病院へ行くことをおすすめします。

スタンプテスト

4~5枚つながった切手をペニスに巻きつけておいて、朝に剥がれていたら勃起していた(器質性のEDではなく、心因性のEDである)と判定する方法です。

1日ではわかりかねるので、最低3日間行い、1日でも切れていればOKです。

写真では勃起したペニスに貼っていますが、実際に行う際は勃起していない状態でまいてください。

私は郵便局で52円切手を買ってきましたが、コンビニで1円切手や5円切手があるらしいので、そちらを買うと節約できます。

ジェクスメーター

ジェクスメーターとは、夜間勃起を計測するための巻き尺です。

寝る前に巻きつけておいて、朝に20mm以上大きくなってたら、器質性のEDではなく、心因性のEDということになります。

これも3日間実施して1日でも大きくなればOKです。

ジェクスメーター』は楽天で1,000円ちょっとで購入できます。(amazonには無いようです)

2-3. 性交未経験者がするべき勃起力アップトレーニング

童貞ED、それに10代〜20代のいわゆるヤングEDなど、セックス経験が少ないために起こるEDですが、原因はほとんどがメンタルにあります。

「あまり深く悩まないでください」と言っても、不安はぬぐいきれないと思いますので、そういう方は、こちらの記事「【保存版】勃起力を上げる世界一最強のトレーニングメニュー」をご覧ください。

勃起力低下を改善するためにトレーニングをしていれば、いつの間にかEDで悩んでいたことを忘れてしまいますから、自信を持ってください。

3. 勃起力低下に対処するための最も賢い方法

勃起力が低下した時に行うべき最も賢い対処法は、「ED治療薬・生活習慣の改善・メンタルケア」を組み合わせることです。

これらを組み合わせて行うことで、勃起力の改善に効果を期待できるため、1つずつ見ていきましょう。

3-1. 必要な時は勃起薬

バイアグラなどのED治療薬(勃起薬)は、セックスに自信が無いほどに勃起力が落ちてしまった場合に服用します。

「ED治療薬を使いたくない」という男性が多いですが、それでセックスできなくなっては意味がありませんので、避けるべきではありません。

むしろ、「勃起力に自信がない→セックスが怖い→勃起力がさらに低下」というような負のスパイラルにはまらないために、積極的に使うことが大切です。

バイアグラ、レビトラ、シアリスなど、勃起薬について詳しく知りたい方は、こちらの記事「勃起薬の完全ガイド|薬に頼らない勃起力を手に入れる賢い使用法」をご覧ください。

3-2. 健康の基盤を作る生活習慣の改善

「薬に頼りたくない」「今は薬を使っているけど薬に頼らずセックスしたい」と考える方が大切にするべきなのが、生活習慣の改善です。

勃起薬は副作用がありますし、何より、毎回セックスのたびに飲むのは面倒くさいですよね。

次章で紹介するように、生活習慣を改善することで、「薬なしに生涯現役」を目指してください。

3-3. メンタルケア

勃起力はメンタルが大きく関わってきますが、勃起力に不安にならないメンタル作りをしていきましょう。

ただ、難しいことは何もなく、「俺の勃起力は凄い、無敵だ」というように常日頃から、自信を持っていれば良いだけです。

それに、ストレスをためないような趣味を持って、日々すこやかに生活すれば完璧です。

次の章では明日から自宅でもできる「生活習慣」の改善や「メンタルケア」を中心にポイントを解説していきます。

4. 勃起力が落ちる4つの原因と今日から始められる改善法

勃起力を低下させないために、低下する原因を知って、生活習慣を改善しましょう。

勃起力低下は、勃起するプロセスの間に問題が出て起こりますが、大きく4つに分けることができます。

原因を理解した上でないと適切な対策ができないので、原因と対策を順番に解説してきます。

4-1. ストレス・うつ

勃起はリラックス状態でこそ強くなりますが、ストレスがたまるとイライラしてリラックスできず、勃起しにくくなってしまいます。

また、うつ病は、何事もやる気がわかず、性的興奮が起こりづらくなっていまいます。

日頃からストレス解消することが大切です。

ストレス解消できる趣味を作る

ストレス解消する方法は何でも良いですが、体を動かす趣味がおすすめで、運動すると男性ホルモンであるテストステロンの分泌が増えるので一石二鳥です。

※男性ホルモンが分泌されると一酸化窒素の分泌が増え、勃起力がアップします。

勃起力アップや不妊症改善におすすめなのがトレッキング(山歩き)です。有酸素運動になり、下半身強化にもなります。

きれいな風景も見れますので、夫婦やカップルの共通の趣味としてもおすすめです。

ソロ(単独)で山を登る場合は、ケガに注意してくださいね。

勃起力に自信を持つためのメンタルトレーニング

万国共通、誰にでもできる簡単で強力なイメージトレーニング法を紹介しますので、勃起力アップしたい方は取り組んでみてください。

「メンタルが弱いから勃起力が弱い」と自覚している方には特におすすめです。

人間は意識が10%、潜在意識が90%を占めていると言われており、潜在意識下に「自分の勃起力は完璧だ」というイメージを刷り込むのです。

毎日、寝る前と起きた後にやるのがおすすめです。

もっと詳しくイメージトレーニングについて知りたい方は、こちらの本をご覧ください。

眠りながら成功する』は、健康やお金持ちになるためのイメージトレーニングについて書かれている古典的名著です。

「私が勃起力について悩んでいる方に一番おすすめする本」ですから、ぜひ読んでみてください。

4-2. 血行不良

勃起は陰茎(ペニス)の海綿体に血液が流れて起こりますが、動脈硬化、高血圧、低血圧などの症状を持っていると、勃起がしづらくなります。

また、運動不足やインスタント食品ばかり食べていると肥満につながり、血行を害してしまいます。

インスタント食品やコンビニ食品に頼りすぎているなら、ちょっとずつ変えていきましょう。

健康的な食事

勃起力を下げないための食事で一番大切なのはバランスで、主食、主菜、副菜を考えて食事をしましょう。

外食では、牛丼、天丼、ハンバーグのように主食と主菜の他に、サラダを取るなどして副菜を付け加えましょう。

このバランスを考えながら、精力や勃起力のつく食べ物を入れていくと効果的です。

勃起力をアップする食べ物について知りたい方は、こちらの記事「【保存版】勃起力を上げる食べ物|精力みなぎる最強食事メニュー」をご覧ください。亜鉛やアルギニンなどの勃起力改善に役立つ成分や食べ物について紹介しています。

禁煙

ED(勃起不全)の80%以上は喫煙者と言われており、タバコは血管を収縮させ、血流を悪くするので勃起力低下につながります。

また、タバコ一本吸うごとに、ストレス軽減や血圧を下げるビタミンCが25~100mg消費されます。

タバコはガンや動脈硬化、うつ病や心筋梗塞など、さまざまな病気の原因になりますので、勃起力低下に悩んでいるなら、止めるようにしましょう。

4-3. テストステロン減少

下の図は、勃起の仕組みと勃起に大切なポイントをまとめたものですが、テストステロンは勃起を促す一酸化窒素の分泌を増やすという重要な役割を果たしています。

また、テストステロンは精子を作るのを促すホルモンでもあり、テストステロンを増やすことは妊活にも役立ちます。

テストステロンを増やすためには、睡眠や運動が大切になってきます。

適度な睡眠

睡眠中は勃起を促す男性ホルモンであるテストステロンが分泌されますが、睡眠不足になると減少し、精力減退、勃起不全につながってしまいます。。

テストステロンは、勃起をするために必要な一酸化窒素の放出や精子の製造を促すホルモンで、勃起力回復に欠かせないものです!

シカゴ大学の研究で、20代中盤の男性の睡眠時間を1週間5時間にしたところ、テストステロンが10〜15%下がったという報告があります。

勃起力を改善するためには7〜8時間の睡眠を取るべきで、特に22時〜翌2時はテストステロンが分泌されやすい時間帯なのでしっかり眠りたいところです。

睡眠時間の確保が難しい場合

「仕事場が遠くて睡眠時間をあまりとれない」など、睡眠時間の確保が難しい場合は睡眠の質にこだわりましょう。

質の良い睡眠を確保する3つのポイント

  • 寝る前にスマホを使わない
  • 寝る1時間前までに40度程度の風呂に10分入る
  • 寝る前にホットミルクやストレッチ、アロマなど落ち着ける工夫をする

これは例ですが、質の高い睡眠を確保するための工夫をしてください。

4-4. 筋力の減少

勃起はペニスへの血液流入で起こりますが、その血液を外に出ていかないように止める役割を果たすのがPC筋で、これが衰えると、勃起力低下だけでなく、尿もれなども起こっていまします。

デスクワークばかりしているとPC筋が落ちやすいので、注意が必要です。

下にPC筋についてまとめたので、参考にしてください。

PC筋トレーニングは会社でしても良いし、女性とレストランで話しながらもできるので、日常生活に取り入れましょう。

スクワット

勃起力アップの定番となるエクササイズがスクワットです。

大臀筋(だいでんきん=お尻の筋肉)や大腿四頭筋(だいたいしとうきん=ふとももの筋肉)を鍛えると、勃起力アップが期待できます。

どのように、スクワットするべきか、AV男優のしみけんさんのスクワット解説動画をご紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

スクワットにはいろいろありますが、10秒でできるのは良いですよね。

ジムに通うことなくトレーニングできます。

有酸素運動

普段あまり運動していない方は、ウォーキングやランニングなどの有酸素運動から入りましょう。

有酸素運動を行うと次のようなメリットがあります。

  • 血管の改善
  • 心肺機能の改善
  • 脂肪燃焼
  • ストレス解消

どれも勃起力改善に役立ちます。

20分以上すると効果が出てくると言われていますので、まずは20分から始めて時間を伸ばしていきましょう。

5. 精力サプリの効果とおすすめサプリ3選

勃起薬(ED治療薬)と精力サプリ(精力剤・メンズサプリ)は、即効性と効果の持続性が違います。

勃起薬は一時的に勃起力をグンと高めますが、効果が切れればおさまってしまうのに対し、精力サプリは即効性がないものの、継続的に服用することで、薬に頼らない健康な肉体作りに役立ちます。

「今日の夜のデートは外せない」という時は勃起薬を飲むべきで、市販や通販で売っている精力剤を飲んでも即効性がないのということに注意してください。

勃起薬と精力サプリの効果をまとめたのが下の図です。

種類 特徴 主な品名 副作用
勃起薬
(ED治療薬、勃起剤)
・即効性あり
・効果は一時的
・バイアグラ
・シアリス
・レビトラ
有り
精力サプリ
(精力剤・滋養強壮剤)
・即効性なし
・効果は持続的
・ユンケル
・マカ
・エビオス錠
ほぼ無し

※この2つをまとめて精力剤ということもあります。

この違いから、セックスがある時は勃起薬、セックスしない時は精力サプリを服用するというのが一番おすすめなのです。

勃起薬の弱点は副作用があることで、飲むと動悸や顔のほてり、目の充血を起こす場合があります。副作用について詳しく知りたい方は、こちらの記事「バイアグラの5つの主な副作用とリスクを最小限にするポイント集」をご覧ください。

勃起薬の副作用が怖い方は、精力サプリの服用がおすすめです。

勃起不全解消に役立つサプリを3つご紹介しますので、この中から始めて見ることをおすすめします。

5-1. クラチャイダムゴールド

クラチャイダムゴールド』は、数ある精力剤ランキングの中で必ず上位を占める人気サプリです。

精力剤として名高いマカよりも栄養豊富なクラチャイダムを、素材100%でカプセルに閉じ込めています。

「サプリにちょっと抵抗がある方」「自然なもので勃起不全を解消したいという方」にもおすすめです。

価格 9,180円(1日分約300円)
有効成分 クラチャイダム
お得情報 公式ページで初回半額で購入できます

5-2. レッドドラゴン

レッドドラゴン』は、勃起力アップに役立つマカ、ランペップ、亜鉛という成分を配合させた特許取得品です。

成分量の分からない精力サプリが多い中、特許を取得して成分量を明らかにしており、さらに、GMPという品質管理基準を満たしているので信頼性抜群です。

リピート率94%という高い支持率がありながら、90日間の返金保証もついているので、本気で勃起力をアップしたい方におすすめします。

価格 10,800円(1日分約360円)
有効成分 マカ・ランペップ・亜鉛
お得情報 公式ページで初回4,900円で購入できます

5-3. マカEX

マカEX』は、製薬会社である小林製薬が造っている人気精力サプリです。

1日わずか60円という破格のコストパフォーマンスで、精力サプリの入門としておすすめです。

お金を掛けたくないけど試したいという方は、こちらからどうぞ。

価格 1,760円(1日分約60円)
有効成分 マカ、エゾウコギ、高麗人参など
お得情報 定期購入だと1,200円で購入できます

6. さいごに

勃起力についてご説明してきましたが、いかがでしたでしょうか?

セックスできないほど勃起力が低下してしまったら、勃起薬を服用し、生活習慣の改善をはかり、薬に頼らない肉体づくりをすることを心がけてください。

また、それほど勃起力が落ちていない人も、日々の生活習慣を大切にして、勃起力を落とさないようにすることが大切です。

この記事が、読者の皆さまのセックスライフにお役に立てましたら幸いです。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket