誰でも明日からモテる方法!女性を惚れさせる4つのモテ要素

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

突然ですが、こんな状況を夢見たことはないでしょうか?

  • 毎週のように女性とのデートの予定が入っている
  • ランクの高い女性と付き合える
  • 恋愛において常に主導権を握れている

そう、男なら誰もが憧れるモテるという状況。

実は、イケメン度に関係なくこのような状況に作り出すモテる方法というものがあります

これは23歳まで童貞で「モテたい!」とあらゆるモテテクを研究し、その結果200人以上の女性とのデート成功してきた男のストーリーであり、モテたい男のバイブルとなり得るものです。

これを読めばモテるためにすべきことが何かわかり、今よりポジティブな人生を送れるようになるでしょう。

0. フツメンがモテる男になるまでの道のり

23歳まで童貞だった私は、「どうしてもモテたい」「彼女もほしいしエッチもしたい!」と願い、人生を変えるべく全力でモテる方法を研究することに決めました。

そこで私が取った方法はこの2つ。

  • モテる本を10冊購入!
  • 身近にいたモテる男友達/先輩2人に弟子入り!

まずは「モテる本」を10冊購入し、「いつ」「何を」「どうすればいいか」のテクニックを徹底研究しました。

読んでみると誰でもできるようなことばかりで、今までの自分がいかにただやっていなかっただけかを思い知らせれました

さらにモテる男の行動を見て学ぶため、また自分が失敗した時の反省の質を上げるために、身近にいたモテる友達と先輩2人に、恥を承知で「モテたい!教えて下さい!」とお願いしました。

そうして読んでは試し、見て盗んではチャレンジし、何度も何度も試行錯誤を繰り返した末、ついに使えるモテテクを自分のものにできました!

その結果、童貞卒業はもちろん、今では週2以上の女性とデート、月2~3人のペースでエッチできるようにまでなったのです

23歳まで童貞の男がセフレを作れるまでに!

さらには、ついには憧れのセフレまでを作れるようにまでなりました

以下はある1人のセフレとの、ある日のLINEやりとりの一部です。(※許可をもらって掲載)

この女の子は21歳女子大生で、可愛さとしては以下のイメージです。(中の上くらいのFカップ。)

モテるゴールを「彼女がほしい」「多くの女性とエッチしたい」「魅力的な男と評価されたい」など何におくかは人それぞれですが、

今回はそんな23歳まで童貞だった中の下フツメンの私が、女心を理解し毎週のように女性とデートできるようになれたそのテクニックをお伝えします。

【モテたい人必見】モテるための4つの要素

では実際モテるためには何をすればいいのか?

それはモテるための以下の4つの要素を身につけることです。

1. 清潔感を磨く

「清潔感」はモテるための最低条件です。というのも、清潔感がないとそもそも女性から異性として見られないからです。

徹底すれば雰囲気イケメンにもなれるのでばっちりチェックしましょう。

2. 内面を磨く

決してイケメンでないのにモテる人ってモテますよね?それは内面が魅力的で頼もしく、女性が思わず尽くしたいと思うからです。

そのような内面イケメンとなり、モテる男に一歩近づきましょう

3. 「楽しい会話」のテクニックを身につける

楽しく女性と話せる人はモテるのは誰もが想像つくはず。実はそんな女性との楽しい会話はちょっとのコツで誰にでもできるようになります。

女性と楽しい会話を延々と続けられる方法を紹介します

4. 「メール/LINE、デート」の実践テクニックを身につける

モテる男は女性をキュンキュンさせるのが上手いですが、実はこれらはテクニックを知っていれば誰でも真似することができます。

女性をドキドキさせる実践的なテクニックを紹介します

早速モテる方法へ!

以上の4つをお伝えしていくので、明るい未来に向けて是非頑張ってみて下さい!

それでは、早速お伝えしていきます。

1. モテるための最低条件「清潔感」を磨く

ブサイクなのになぜか女性から嫌われない人、そこそこのイケメンなのになぜか女性から嫌がられる人、その差は何か。

それこそがモテるための最低条件である「清潔感」です。

これができていないとそもそも女性に異性としてみてもらえないので、しっかり身につけましょう!

1-1. そもそも清潔感とは?

なお「清潔感」とは、実は単なる「清潔」のことではなく、どちらかというと「好感」に近いものです。

考えてみて下さい。以下は清潔感があると言えるでしょうか。

  • 毎日シャンプーはしているが寝癖ボサボサ
  • 洗顔を毎朝しているが鼻毛が出ている
  • 服は洗濯しているがヨレていたり色褪せている
  • 清潔であることには確かに完璧だが人前で平気で鼻をほじる

もちろんこんな人からは清潔感を感じることはできません!

この清潔感がないと、たとえ友達だとしても女性に嫌な顔をされてしまうので注意しましょう

1-2. 清潔感チェックリスト

では具体的に何をすればいいのか?それらをチェックリストにまとめたのでぜひ確認してみて下さい!

最低限必要なこと

できるとプラスなこと

太字の部分が、5つの各観点でもとくに大事な項目になります。

最低限必要なこと14つは全て合格していることが必須ですが、全て説明すると長くなってしまうので、太字の4つだけここで詳しく説明します。

もし、他の項目も含めて詳しく知りたい!という場合は以下の記事にまとめているので参考にしてください。

また、「なんだ、結構当たり前のことだな」と思えた方はOKです。ここは飛ばして次へ読み進めましょう。

2. 女性が心から惚れる男になるために「内面」を磨く

1-3. 「最低限必要なこと」でも特に重要な4つ

最低限必要なこと14つのうち、とくに重要なのは次の4つです。

  • ①「髪」が整っている
  • ②「肌」が綺麗
  • ③「服装」に気を使う
  • ④「靴/靴下」にも気を使う

それぞれ順に説明します。

①「髪」が整っている

シャンプーするだけで終わってはダメです!髪はきちんと整えるところまでが清潔感(好感を与えるため)の条件です。

では具体的に整えるというはどういうことか?まずは次の写真を見てみてください。

どちらが好印象でしょうか?

答えはBです。もしかしたらAという人もいるかもですが、女性50人に同じ質問をしたところ50人全員がBと答えました。

清潔感があるか/ないかを決めるのは自分でなく他人なので、ここでの答えは紛れもなくBです。

ではBはどうしてAより清潔感があるのか、それは次の3つがあるからです。

  • 好印象な髪型である(眉毛、耳が出ている)
  • 整髪剤つけられていてまとまっている
  • ハゲ感がない

好印象な髪型とは必ずしも短髪という訳ではないですが、「眉毛」「耳」が出ているということは絶対条件です。そのためショートヘアであれば間違いはありません

また例え好印象な髪型であっても寝癖がついていたり、パサパサな毛が散らかっていたら清潔感を演出できません。そこでしっかりワックスもつけるようにしましょう

また、薄毛な人はハゲ感が出ないこともポイントです。ハゲ感は髪型・整髪剤の使い方次第で大分カバーできます

好印象な髪型も整髪剤の使い方もわからない!

そんなときの一番の解決方法は「美容室に行く」ことです。(※1000円カットなどの床屋でなく美容室です。)

美容師さんに「清潔感のある/さわやかな/女性ウケのいいショートヘアにして下さい」と言えば好印象な髪型をゲットすることができます。

また「ワックス普段つけることがなく、付け方も教えて欲しいです」と言えば手順を丁寧に教えてくれます。

なお薄毛な人には、薄毛を隠すためのワックスの付け方も教えてくれます。

※美容室ってどうやって探せばいいの?

ホットペッパービューティー」で良さそうな美容室を探し、「口コミ:30件以上(※都内の場合)」かつ「評価4~5がほとんど」であれば間違いないです。

ちなみにここなら間違いないと私が自信を持って紹介できるのは「dejavu(デジャヴュ)※武蔵小杉」です。

強面だけどなぜかモテる美容師さん(男)が女心の解説と共に、クセ毛、薄毛にも見事に対応し女性に好印象な髪型にいつも仕上げてくれます。

髪の清潔感を保つために

髪の清潔感を保つために美容室に定期的に通うことが一番簡単な方法です。

人によりますが(※髪の毛の量、髪の伸びる早さによる)、目安としては1~1.5ヶ月に1回です(2ヶ月だと維持が難しい)。

美容師さんに聞けば、髪の毛の量や髪の伸びる早さも他の人と比べてどうか教えてくれるので、通う頻度は美容師さんと相談しましょう。(ちなみに髪の量が多い私は月1で通うようにしています。)

「髪」のポイント

  • 美容室に行こう
  • ショートヘアなら間違いがない
  • 整髪剤の使い方も美容師に教わろう
  • できれば1~1.5ヶ月に1回美容室に通うようにしよう

②「肌」が綺麗

「髪」のポイントを抑えられたら「肌」に注目していきます。「髪」と「肌」この2つが抑えられれば8割がた外見(身体)の清潔感は整います

清潔感のある「肌」にするため、まずは次の2つを抑えましょう。

  • ギトギトしていない
  • カサついていない
ギトギトしがちなアブラ肌な人へ

汗をかきやすかったり、おでこや鼻がテカテカしがちなアブラ体質な人は①しっかり毎日洗顔すること、②あぶらとり紙やフェイシャルペーパーを常備することを心がけましょう。

これらは迷ったら全て「ギャズビー」に頼れば大丈夫です。

※引用「ギャズビー(mandom)」公式ページ

上記は全てコンビニで購入できるので、本気でモテたいなら今すぐ取り揃えましょう。

カサカサしがちな乾燥肌な人へ

カサつきがちな人は化粧水(肌の水分補給効果)を、さらにできれば乳液(保湿効果)も日々使うようにしましょう。

おすすめはコスパの抜群な肌ラボです(600~750円/本ほど、1本で3ヶ月ほど使える)。

※引用:「肌ラボ(ロート製薬)」公式ページ

最近はコンビニでも購入することができます。

「肌」のポイント

  • アブラ肌な人・・・洗顔、フェイスペーパーを使おう
  • 乾燥肌な人・・・・化粧水、乳液を使おう

③「服装」に気を使う

「服装」は「顔」「肌」と共に、外見の7割を決める重要なポイントです。

でもどんな服がモテるか分からない!という人、そもそも服でモテようとするのは間違いです。

というのも、女性がキュンとくる120点の服装とは結局のところ女性一人ひとりバラバラで、Aさんにはモテても、Bさんには逆効果ということが多々あるからです。

 「服装」の清潔感演出のポイントは意外とシンプル!

大切なのは服装でモテることではなく、今回のテーマでもある「清潔感」を演出することです

清潔感を出すために最も大切なポイントは次の3つです。

「服装」のポイント

  • サイズ感の合った服を着る
  • ヨレていない、色あせていない服を着る
  • シワのない服を着る

そうです、実はたったこれだけです!これなら誰でもできますよね。

実際にこれだけでも印象はガラリと変わります。

なお、サイズ感は大きすぎても小さすぎてもダメです。

ほどいいサイズ感が分からない!と言う人は、ショップの定員さんに相談すると失敗がないです。

目指すべきは120点ではなく70点のファッション

そうは言ってもどれにすればいいか迷う、という時におすすめのファッションはこれです。

  • シャツにパンツ

(※インする必要はありません。むしろ初心者はインしない方がいいです。)

シャツの色は迷ったら白/水色/ネイビー、パンツは黒/ベージュ/または色の濃いジーンズがおすすめです。(※おすすめ色は上の写真の色とは別です。)

ようは、ハズレのない無難なものを選べ!ということです。

ファッションは奥深いので慣れていない人がここで勝負して120点を目指そうとすると失敗します。(またそもそも何が120点の服装かは女性一人ひとりバラバラです。)

そこで服装で大切な心構えは、「まずは誰にでも70点な服装を目指す」ことです。

それに最適なのが「シャツにパンツ」なのです。

迷った時はプロに聞こう!

なおどうしても自分で服を選ぶのが不安という方は、プロ(お店の定員さん)に聞くのが1番の方法です。

「女性ウケのいい服を選びたいのですが/どこにでも着れる無難な服を選びたいのですが」と相談すればあなたのスタイルに合わせて服をコーディネートしてくれます

たまに適当なことを言う店員もいるので、不安な方は2人以上に相談すると失敗がないです。

お店は迷ったら「ユナイテッドアローズグループ」のいずれかのお店にいくことをおすすめします。

ただちょっと高いので、その場合は「GAP」もおすすめです。

④「靴/靴下」にも気を使う

あるアンケート調査によると、女性の6~7割が男性と会ったときに靴を見ているそうです。それだけに靴にまで気を使うことが重要なのです。

では実際にどのようなポイントを女性はチェックしているのか?それは次の点です。

「靴」のポイント

  • 汚れていないか、ボロボロでないか

そうです、たったこれだけです。要は、きちんと足元まで清潔感ある気を使っているか、そこを見ているのです。

というのも、デキる男は足元まで気を使うと言われていることもあり、女性の中には「汚い靴を履いている人」=「デキない男」と判断する人が多いです。

常に新品である必要はありませんが、気付いた時に磨いたり、踵がすり減ったら修理に出すか買い換えるようにして、靴の清潔感も保ちましょう。

【ワンポイント】一流は靴下にまで気を使う

また、清潔感ある一流の男性は靴だけでなく靴下にまで気を使います。

靴下のポイントは以下です。

「靴下」のポイント

  • ヨレていない、色あせていない
  • 靴またはパンツと色が合っている(どちらかと色が同じ)

私の経験上、美意識の高いキレイな女性ほど靴下にまで目をやっているので、意識できる人はぜひ靴下にまで気を使ってみてください。

2. 女性が心から惚れる男になるために「内面」を磨く

ブサイクなのにそこらのイケメンよりモテる。そんな男性は内面がイケメンなことが多いです。

この内面イケメンはモテる/モテないの差をつけるものであり、そして誰でもちょっと意識したり努力すれば身につけられるのが特徴です!

そんな内面イケメンのポイントを、次の2つの観点に分けてお伝えします。

  • 対自分:自分に対しての考え方や態度
  • 対相手:女性/周囲の人に対しての考え方や態度

それでは順に説明します。

2-1. 対自分:自分に対しての考え方や態度

「対自分」における、女性が好きになるポイントとは次のようなことです。

  • 考えを持って決めれている
  • 何かに頑張っている
  • 夢を語れる

これらはいわゆる「尊敬できる要素」であって、女性は「頼もしい/応援したい」という気持ちで好きになります。

具体的にどういうことがそれぞれ順に説明します。

考えを持って決めれている

「決断力」や「頼もしさ」は男の象徴とも言うべき性格で、モテる男にはこうした性格を持っている人が多いです。

僕は優柔不断だしダメだ..と考えたあなた、まだ諦めるのは早いです!

というのも、この「考えを持って決めれている」は訓練することができるからです。

★訓練方法

訓練方法はシンプルで、普段の何気ない選択にしっかりと理由をつけていく、それだけです。

「この本は”今の仕事の〇〇な部分に役立ちそうだから”読もう」「”最近健康が足りてないから”今日はサラダも頼もう」や、

(モテ恋愛で言えば「この子は”おっぱいが大きいから”じっくりでも確実に攻めよう」「この子は”会えてないときに費やす時間が長いから”切ろう」など、)

ともかく”なんとなく”で決めずに、何事にも何でもいいから理由をつけるクセをつければ、大きな決断を迫られたときにもしっかりと理由をもって決めることができます。

モテる男は、日頃から考えを持って行動できている。

何かに頑張っている

Q. あなたは友達Aくん、Bくんと久しぶりに会いました。「最近何してる?」の話題に対しあなたが尊敬できるのはどちらでしょう?

  • A. 普通だよ、いつも通り。仕事も相変わらずだし、特に趣味があるわけでもないしね。特に何も〜。
  • B. 最近料理教室に通い始めたよ笑、いや実は前からいつか店開きたいと思っててさ。実際本当に店持つかは別として、ちょっと本気で頑張ってる!

おそらく多くの人がBと答えるはずです。なぜか?理由は料理という1つのテーマに本気で頑張っているからです。

人は頑張っている人を自然と応援したくなる生き物で、とにく女性はその性質が強いです。そのため恋愛においてもBくんの方が好感があり確実にモテます。

頑張る対象は何でもいいです。仕事でも、勉強でも、趣味でも、とにかく何かに頑張る姿が好きになれる要素になるのです。

モテる男は、仕事も趣味も本気で取り組む。

夢を語れる

女性は、結婚を経ていずれは男性に将来を委ねることになります。(※女性進出で考え方は変わりつつまりますが、一般論として)

そのためか、本当に好きになっても大丈夫かどうかを判断するために8割がたの女性が「将来の夢は何?」と付き合う前に聞いてきます

ここで問題です!この手の質問で女性が一番期待しているのは何でしょう?

  • A. アメリカンドリームのようなビックな夢の話
  • B. 君との将来を語るロマンチックな夢の話
  • C. 具体的で実現性のある夢の話
  • D. 将来のこともしっかり考えれる人かどうか知れること

Dです!即答でDです!もう一度言う、Dです!

何を言いたいかというと、みなさんが想像するような「将来の夢」は決して必要ではないということです。

そのため、

「ん〜、夢って言うのはないんだけど、今の仕事をしっかりこなして、少なくとも平均くらいには出世して、家庭を大事に、幸せと思えるようにはなりたいなあ。とは思ってる」

でOKなのです。

すると大体「ううん、十分立派だよ/将来のことしっかり考えてて偉いね(微笑ましい眼差しと共に)」となります。

もちろん、その将来の考えが具体的であることにこしたことはありません。

そのため、決してビックな将来設計でなくてもいいので、日頃から将来どうしたいかも考えるクセをつけておきましょう。

モテる男は、将来のことを日頃から考えている。

2-2. 対相手:女性/周囲の人に対しての考え方や態度

「対相手」における、女性が好きになるポイントとは次のようなことです。

  • 褒め上手である(いいところを見つけるのがうまい)
  • ありがとうを多く言う
  • 思いやりがある
  • 弱みを見せられる
  • 余裕がある

これらはいわゆる「されて嬉しい要素」であって、女性は「私のことわかってくれている/優しい/でも私がいないと」という気持ちで好きになります。

具体的にどういうことがそれぞれ順に説明します。

褒め上手である(いいところを見つけるのがうまい)

たとえお世辞でも褒められて嬉しくない人はいない。それは女性も男性も同じです。

だから褒めれる男はモテます

ただし、ここで注意が必要です。ただ褒めるとお世辞を並べる人だな、注意しようと相手の警戒心を高めてしまう可能性があるので、以下を意識しましょう。

  • 褒めるときは具体的に褒める
  • まずは内面的な内容を褒める
  • 表面的な内容を褒めるなら最後にさらっとのみにする

たとえば「オシャレだね」ではなく「そのネイルかわいいね」「キレイ目な服がすごい似合うね」など、できる限り具体的に褒めた方が本気で褒めてくれていると思ってもらいやすいです。

また、特に美人な女性は「かわいい/キレイ」とか言われ慣れているので、「しっかりと人に気を遣えていい子だよね」「責任感がつよくて優しいんだね」などと内面を褒めた方が刺さります

その上で「それにかわいいし」とだけ添えれば、単なるかわいいも下心でなく本気で言ってくれていると思ってもらいやすいです。

モテる男は、いいところを見つけて具体的に褒めるのが上手い。

ありがとうを多く言う

人間誰しも「ありがとう」を言われると気持ちいいものです。そしてありがとうを言われると「またしてあげよう♩」と思うものです。

そのため「ありがとう」を言うほど、相手は嬉しくなりますし、あなたに尽くそうとします

どんな小さなことでも「ありがとう」を言うようにすると、恋が成就することが多いです。

モテる男は、何にでも「ありがとう」と言う。

思いやりがある

思いやりとは「相手のことを本気で思い、相手にとっていいと思われる行動をすること」です。

そのため優しくしたり喜ばせたりするだけでなく、ときには怒るということもします。

なんにせよ大切なことは「相手のことを本気で思う」ことで、そうして出た答え/行動は相手の心に響きます

相手が「この人私のこと本気で思ってくれている」と気付いたら、あなたはたちまち「私のことを真剣に考えてくれる人認定」をしてもらえます。

モテる男は、相手のことを本気で想い行動する。

弱みを見せられる

人は誰もが自分の存在価値を見出せたとき、その場所で頑張ろうとする生き物です

好きな相手ができたとき、相手が完璧だと次第に「自分は必要ないのでは..」と心配になってきます。

一方、好きな相手の弱い部分を見つけたときは「ここは私が助けてあげなきゃ」「私がいないと!」と、相手に対しての自分の存在価値を見出すことができます。

だから弱みをみせられる人の方が、長く愛されやすいのです。

弱みを見せることのもう1つの利点

それは相手も弱みを見せてくれる/打ち明けてくれるということです。

弱みは普通隠したいものなので、普段人に見せることはありません。

けれどそんな弱みを打ち明けたことによって、あなたはたちまち「本当の私を知っている貴重な存在」となり、一気に親密度が深まるのです。

ちなみに一度打ち明けるとお互い素直に甘えられるようになり、一段違うねっとりなイチャイチャエッチを体験できるようになります。

モテる男は、完璧な人などいないことを理解し自ら弱みをさらけ出す。

ただし、はじめから弱みを見せるのは危険です。

相手が好意を持ってくれた段階で、最後落とすための必殺技というイメージで使うのが効果的と覚えておきましょう。

余裕がある

Q. 楽しみにしていたあの子とのデート、そこに来た上記の連絡。さて、これに対する返信として女性からモテるのはどちらでしょう?

  • A. 「まじか!会えると思ってたのにー😭予定は何時から何時まで?その前後では会えないかな?もしくは来週の日曜は?ごめんね、すごい楽しみにしてたからー><」
  • B. 「なんと!そっかー、それは残念過ぎる😭また今度ね、約束だよ!」

答えはBです。なぜなら余裕が見えるからです。

逆の立場で考えてみましょう。もしあなたが女の子からAのような返信がきたらどうでしょう?おそらく感じることは「重い/返信しづらい」です。

女性はよく言われるように余裕のある男性を好みます。こうした要所要所で余裕を見せられるかどうかでモテる/モテないに差がついてきます。

モテる男は、常に余裕を持ち女性に振り回されない。

【参考】どうしてモテ男は余裕を持てるの?

実はモテる男性に余裕があるのは性格の問題ではなく、複数の女性と同時並行でやりとりしているからです。

(言い方は悪いですが)つまりはいつでも替えがいるということです。

そのためたとえ一人の女性がダメになったとしても余裕を保つことができている、それだけなのです。

この同時並行を実現させるためには出会いの数を常に増やしておくことが大切です。

でもそもそも出会いがそんなにない!と言う人は以下を参考にしてみて下さい。

女性との出会いの数を増やすあなたにぴったりの場所を探せるようになっています。

3. 女性が一緒にいたくなる「楽しい会話」のテクニック

モテるために女性を笑わせることが必要、そのために面白い話が必要と考える人が意外と多いですが、

実は女性が求めているのは「面白い話」ではなく「楽しい会話」であるということを知っているでしょうか?

確かに面白い話までできた方がモテやすいですが、あくまでモテ”やすい”であって必須ではないのです。

では、女性が本当に求めている「楽しい会話」を行うためにはどうすればいいのか?そのポイントは以下です。

  • まずは女心の基本「共感」を理解する
  • 延々と会話の続く「話を広げるコツ」を身につける
  • 女性の心を掴む「聞き上手のコツ」を身につける

それぞれ順に説明します。

3-1. まずは女心の基本「共感」を理解する

いきなりですが問題です。

Q. 女性からこんなLINEをもらいました。さて、次のうち一通目の返答として正解なのはどれでしょう。

  • A. 「熱は?薬はある?」
  • B. 「あらま、どうして風邪ひいちゃったの?」
  • C. 「お見舞いにいってあげようか?」
  • D. 「大丈夫?」

正解はDの「大丈夫?」です。

というのも、女性は常に「第一に共感」を求める生き物だからです。(※付き合ってもないのにCを答えるのはやめましょう。下心丸出てます。)

具体的な状況確認や、原因解明、解決などはさておき、まず共感してあげることが大切なのです。

実はこれは古来からの習慣に関係している!?

古来、男性は狩りをする一方で、女性は集落に残り育児や家事などの役割を担当してきました。

それぞれのコミュニケーションとして、男性は動物を狩るための「最善の策を話し合うこと(時に相手も批判する)」が重要でしたが、

一方女性は、集落の共同作業で仲間外れにされないために「お互いに共感し合うこと」が重要でした。(※仲間外れは生活の困難を意味したため)

こうした背景もあってか女性は共感を大切にするのです

この点を理解し、女性とのコミュニケーションの基本は何よりもまず「共感」なのだ、と考えることが女性との会話をうまくするための大前提なのです。

共感力を上げるために

では具体的にどうすれば共感したことになるのでしょう?

それは実はとても簡単で、次の4つの共感ポイントを意識するだけで大丈夫です!

  • 心配:大丈夫?/心配だよ。
  • 同情:大変だったね/辛かったね。
  • 称賛:すごいね/頑張ったんだね/偉いね!
  • 賛同:わかる〜/俺もそう思う!

まずは「大丈夫?」「大変だったね」「すごいね!」「わかる〜!」の4つをマスターすることを目指しましょう。この4つがあればどんな会話にも大体対応できます。

とくに「大変だったね」は最強ともいえる共感言葉で、私の愛用書である「LOVE理論(水野敬也著)」にも女性が勝手に話したがる一言として取り上げられているほどです。

ちなみに、共感を意識すると次のような会話例になります。

具体例

どうしよ、風邪引いたみたい(>_<)
え、大丈夫?
うん、なんとか大丈夫なんだけど熱もあるっぽくて..
え、やばいじゃん!本当に大丈夫なの?
でも明日までに終わらせなきゃいけない仕事があるから頑張らないと..
す、すごい。偉すぎる(T ^ T)。でも無理しちゃだめだよ!薬は飲んだ?
ありがとう^^、薬は一応飲んだよ!
よかった!でもほんと無理しないでね、心配だよ俺(>_<)
ありがとう^^、話したらちょっと元気になったから頑張る😊
ならいいけど、何かできることあったらいつでも言ってね!
わかった😳元気になったらまた連絡するね

なんの解決にもなってないですが、共感されるだけで女性はこのように嬉しい気分になるのです。

3-2. 延々と会話の続く「話を広げるコツ」を身につける

基本の共感を理解できたらここからはテクニックです。

まずは「話を広げるコツ」から!

みなさん疑問に思ったことはありませんか?女性は女子会などで延々と話を続けていますが、一体どうしてそんなことができるのかと

それは以下の3つを自然とやっているからです。

  • 1. 話のきっかけを作る
  • 2. 質問を繰り返す
  • 3. 連想して別の話題の質問をする

これらを図に表すと次の通りになります。

延々と会話が続くのはこのように質問を繰り返しているからなのです!

そして連想して別の話題に移るから質問が尽きず、もし終了したとしてもまた新たなきっかけを作るから延々と話が続くのです。

それではそれぞれの具体的なポイントをお伝えします。

1. 話のきっかけを作る

話のきっかけとは「今日暑いねー」とか「わーこの料理美味しそう」「そういえば昨日ね」など、すごく簡単に考えると「日々の感想や出来事を言葉にすること」です。

このきっかけを作る際のコツは次の3つです。

  • (1) 目の前のことに対する感想を述べる
  • (2) 相手をピンポイントで褒める
  • (3) 最近の出来事を伝える
(1) 目の前のことに対する感想を述べる

歩く人、目の前のお店、出てきた料理、聞こえてきた音、天気に気温など、五感で感じるもの全てが話のきっかけの対象になります。

  • 「あの人オシャレじゃない」
  • 「あの店入ったらなんか楽しそー」
  • 「うわ、この肉すごいジュシー」
  • 「なんか音楽が聞こえる」
  • 「雨降っちゃったねー」 etc.

言葉にすると相手も反応をしてくれて、それに対しての感想や、それに関連した質問をしてきてくれます。

相手が感想だけの場合は、そこから改めて質問をすれば会話がスタートします。

  • あの人オシャレじゃない?
    →「ってかユミちゃんもオシャレだよね、服とかどこで買うの?」
  • あの店入ったらなんか楽しそー
    →「雑貨屋とか好きだったりする?」
  • うわ、この肉すごいジュシー
    →「俺肉すごい好きなんだよね、ユミちゃんは?」
  • なんか音楽が聞こえる
    →「ほら聞こえない?どこからだろう?」
  • 雨降っちゃったねー
    →「そういえば雨の日とかはユミちゃん何してることが多い?」

このようにどんな感想でも会話のきっかけになります

大切なのはしっかり言葉にすること

これを覚えておくだけでも会話を無限に再開することができるようになります。

(2) 相手をピンポイントで褒める

女性は自分のことを褒められると嬉しくてついつい色々と話してしまいます。

いいなと思ったことは言葉にしてしっかり褒めてあげましょう!ポイントは以下のように具体的に褒めてあげることです。

  • 「ネイル素敵だね!」
  • 「その服オシャレだね!なんか大人っぽい」
  • 「そのカバンの色いいね、好き」

褒めると大体「ありがとう^^実はこれはね~」と色々と女性の方から話してくれます。

話してくれない場合でも「どこで買ったの?」「おしゃれにこだわりはある?」などと続けて質問すれば会話がスタートします。

(3) 最近の出来事を伝える

「昨日行ったお店すごい美味しかった」「この前久しぶりに走ったら筋肉痛がひどくてさ、もう歳だね笑」など、最近の出来事はいい話のきっかけになります。

ポイントは始めから出来事の全てを話さないこと。そうすると女性が「何食べたの?」「何したの?」など色々と質問をしてくれます。

そこから女性の質問に合わせて少しずつ出来事を伝えれば会話が途切れることなく続きます

2. 質問を繰り返す

実は会話とは質問の繰り返しです。

今日は暑いねー
そうだねー
暑いのはちょっと苦手だなー、ユミちゃんは?
私もかな
あ、じゃあユミちゃんも夏より冬派?
いや私は秋派
いやそれはずるい!俺だってそれでいえば春派ですわ
そっか笑
じゃあ今年の秋は何したいとかある?
そうだなーBBQとか
紅葉狩ではなく!?
確かに秋といえばそれだよね笑、紅葉狩りもしたい
ってか秋BBQってあるの?
うん、キノコ焼くと美味しいんだよ!
じゃあ秋になったら紅葉狩りもBBQも一緒にやる?
えーどうかなー?笑
えーだめなのー?
私ってよりたかしさん次第なんじゃないですかー?笑

このように質問を延々と繰り返しているから会話が続くのです。

でもそんな延々と質問なんて思いつかないよ!という人も多いと思います。

そんなときは次の3つを意識してみて下さい。

  • (1) 相手に興味を持つ
  • (2) 困った時の一言「〇〇さんは?」
  • (3) 5W1Hという質問テクニック

これを日々意識してちょっぴり特訓するだけで、1週間もしないうちに質問が延々と出てくるようになるはずです!(※特訓は男性との会話でもOKです。)

それぞれのポイントをお伝えします。

(1) 相手に興味を持つ

質問において最も大切なことは「相手に興味を持つ」という姿勢です。

この「もっと〇〇さんのこと知りたい!」という姿勢さえあれば質問は自然と後から後から出てきます。

  • 「何が好きなのかな?(夏/冬?)」
  • 「どんな時楽しいと思うのかな?(BBQ/紅葉狩り/その他?)」
  • 「どんな人が好きなのかな?(俺のことはどう思ってる?/秋も一緒にいれるかな?)」

などなど、

不思議と質問が溢れてくれるので、ぜひ騙されたと思ってやってみて下さい。

(2) 困った時の一言「〇〇さんは?」

そうはいっても中々質問が思い浮かばない..というときはこの一言を添えて見ましょう。

困った時の最強一言:「〇〇さんは?」

自分の感想や意見を伝え、その上で「〇〇さんは?」と相手の感想や意見を求めれば自然と質問になります。

(3) 5W1Hという質問テクニック

みなさん中学校の英語の授業で習った「5W1H」を覚えているでしょうか?

実はこれはビジネスでも使われるほどの質問テクニックなのです。

  • What(何を?)
  • Who(誰が?)
  • When(いつ?)
  • Where(どこで?)
  • Why(なぜ?)
  • How(どのように?)

これらを意識すると、質問を広げることができるようになります。

例えば以下のように。

女性「昨日軽井沢に行ってきたんだー^^」

  • 何したの?(何を?)
  • 誰と行ったの?(誰が?)
  • いつ帰ってきたの?渋滞で疲れてない?(いつ?)
  • 軽井沢のどこに行ってきたの?(どこで?)
  • どうして軽井沢に行ったのー?(なぜ?)
  • どうやって行ったの?車?(どのように?)

このように話をいろんな方向に広げることができます。

これはいきなりやれ!と言っても一気にできるようになることではないので、日々の生活の中で意識して、少しずつ訓練していきましょう

3. 連想して別の話題の質問をする

1つの話題ばかりで会話をしているとさすがに質問が尽きるということがあります。

そんなときのポイントが「連想して別の話題の質問をする」です。

実はこの連想は特に意識すべきものではなく、すでにみんな自然にできていることではあります。以下の具合に。

「今日暑いねー」

  • (連想:暑いといえば夏)→「もう夏だけど、ユミちゃんは夏好き?」
  • (連想:夏のイベント)→「夏は何することが多い?」
  • (連想:夏のイベントといえば海)→「海にはいかないの?」
  • (連想:自分が好きなこと)→「俺は海でBBQするの好きだな、ユミちゃんは?」

この連想のコツは話の情景を頭で浮かべることです。

するとそれに関するイメージや自分の経験/思い出から色々なものが思い浮かびます。

それに対して思いついたものを質問していけばいいだけなのです。

ちなみに具体的なパターンを整理すると、たとえば以下の6つがあります。

  • 大きいものへ(例:野球→スポーツ、海→夏)
  • 具体的なものへ(例:スポーツ→サッカー、夏→祭り)
  • 同じグループの他のもの(例:サッカー→バスケ/卓球/バレー..)
  • 相手の話(例:〇〇ちゃんは?)
  • 自分の話(例:俺は▲▲かな。)
  • 他人の話(例:そういえば□□のやつはこう言ってたな。)

とりあえずこの6つを覚えておけばいざ同じ話題で質問が浮かばない時も話を続けることができます

それでもどうしても話題が思い浮かばないときは、また「1. 話のきっかけを作る」ところから話を仕切り直せばいいのです。

このようにすれば、話を延々と続けることができます。

【参考】いざというときの話題

以上の3つをマスターすれば会話を延々と続けることができます。なので安心して女性と積極的に話してみて下さい!

といっても、いざ一歩を踏み出そうとするとまだ不安なところがありますよね。

そこで、いざという時のために話のきっかけを作れる話題を用意しておきましょう!以下を参考に常に3つほど用意しておくと安心して臨むことができます。

←スマートフォンの方はスクロールできます→

テーマ _質問例
趣味 ・趣味はなんですか?(相手の趣味の話題へ)
・僕旅行が趣味なんですが、〇〇さんは旅行行ったりします?(自分の趣味の話へ)
仕事 ・そういえば仕事は何されてるんですか?(どんな仕事かの話題へ)
・そうなんですね、大変じゃないんですか?(どんな内容かの話題へ)
休日の
過ごし方
・休日は何してることが多いんですか?(相手の休日の話題へ)
・僕休みは今日みたいにカフェ来ることが多いんですが、〇〇さんもカフェとかよく行ったりします?(自分の休日の話題へ)
やりたい
こと
・僕スキューバダイビングとか一度やってみたいんですよね、〇〇さんは何かやってみたいこととかあります?(相手のやりたいことの話題へ)
・逆に過去にこれを実現した!みたいなことってあります?(過去の達成したやりたいことの話題へ)
食べ物 ・このお肉美味しいですね!そういえば〇〇さん食べ物では何が好きなんですか?(好き/嫌いな食べ物の話題へ)
・よく行くお店とかあるんですか?(お店の話題へ)

なおこれらの質問は全て「相手に聞いてみたいこと」になっています。

なのでこれ以外にも聞きたいことがあればそれをいざという時の話題として用意しておけばOKです。

また、話し出すときは「そういえば」を頭につける、それだけでOKです。

そういえばユミちゃん趣味って何なの?」という感じでいきなり切り出せばOKです👍

3-3. 女性の心を掴む「聞き上手のコツ」を身につける

モテる男性は、女性が「相手のことを知る(相手が話す)」より「自分のことを知ってもらう(自分が話す)」ことを好むということを知っています。

だから会話では基本聞き上手になり、それで女性を気持ちよくさせているのです。

そんな聞き上手のためのポイントは以下です。

  • ①「あいづち」を打つ
  • ②「リアクション」を大きくとる
  • ③「おうむ返し」をするのもあり
  • ④ そして何より楽しそうにする

それでは順にお伝えします。

①「あいづち」を打つ

あいづちとは「うんうん」とか「へー」とか、相手の会話の間で反応を示すことですが、

ずっと「うんうん/へー」としか言わなかったら、相手は「この人本当に聞いているのか」と感じてしまいます。

そこで、ぜひ「さしすせその相槌」を覚えておいてください。

さしすせその相槌
さすが〜
知らなかった
すごい!!
センスいいね
そうなんだ

以上の5つを中心に、自分なりにレパートリーを増やしていただければ、相槌のバリエーションは増やせます。

すると女性の共感されて嬉しいという女心をより満たせるようになります。

②「リアクション」を大きくとる

いきなりですが質問です。

Q. あなたがとある話をしました。そのときの相手の反応としてあなたが嬉しいのはどちらですか?

  • A. ドリンクのストローをくわえながらの「へー(ゴクッ)。そうなんだー」
  • B. 体を引き目を丸くしての「へー!そうなんだ!!」

おそらく大半の人がBと答えるはずです。

そうなのです。男性女性にかかわらず、誰もが自分の話に対していリアクションを少し大げさくらいに取ってくれた方が嬉しいものなのです

「そうなんだ!」「すごいね!」「え、どういうこと?気になる!」など、相手の話にしっかり反応すると相手は気分良くその続きを話してくれます。

なお、リアクションのポイントは次の2つです。

  • 少し大げさくらいにリアクションをとる
  • ボディランゲージも加える

マンガなどで「!」マークがつくイメージで少し大げさにリアクションをとりましょう。

また、その際に身振りや手ぶりでボディランゲージをとると、相手は「しっかり話を聞いてくれてる」とより嬉しくなります。

③「おうむ返し」をするのもあり

オウム返しとは、会話の中で相手の言葉を繰り返すことです。

これも聞き上手になるための1つのテクニックです。

オウム返しの例を紹介します。

最近仕事忙しくって大変なんだよね
そっか〜それは大変だね
そうなのー!上司が厳しくて、毎日残業させられるの
厳しい上司だね毎日の残業はキツイよね
そうなの!先週もね・・・・・

と女性の話をオウム返ししてあげるだけでも、女性がどんどん話してくれます。

ただしやりすぎると「この人本当に話聞いてるのかな?」となるので注意しましょう。目安連続では2回までにおさえましょう。

④ そして何より楽しそうにする

そして聞上手になる最大のポイントは「楽しそうにする」こと、実はこれが一番です。

自分が話しているとき相手がつまらなそうにしていたら、誰でも話す気はなくなってしまいますよね。逆に楽しそうだったらついつい続きを話してしまいますよね?

だから楽しそうにすることはシンプルですがとても重要なことなのです。

楽しそうに見せるための秘訣

そしてこの楽しそうにするためのとっておきの秘策が「笑顔」でいることです。

また、笑顔でいることにはもう1つメリットがあります。それは笑顔は伝染するということです。

自分が笑顔でいれば相手もついついニコニコしてしまいます。するとさらに女性は「楽しい会話だった」と思うようになるので正に笑顔は良いこと尽くしです。

4. 女心をくすぐる「メール/LINE、デート」のテクニック

女性を一番キュンキュンさせられるときはどんなときか。それは実際に会っているデート中です

モテる男はそのことを知っているため、以下のようにパワー配分をして活動します。

モテる男のモテ力のパワー配分
モテる男 モテない男性
メール/LINE 30% 100%
デート 120%解放!! 100%

モテない男性はつい「メール/LINE」から全力でアタックしてしまうのですが、モテる男はメール/LINEは実力の半分も出しません。

メール/LINEで惚れさせるのは難易度が高いこと、たとえ惚れさせることができてもデートで印象が悪ければ後がないことを知っているからです。

メール/LINEは「会うこと」を第一のゴールに、「惚れさせる」のはデートでというのがモテる男の極意です。

以上をふまえ、以下の流れで実践テクニックをお伝えします。

  • メール/LINEで会えるようになるためのコツ
  • メール/LINEデートに誘う方法
  • デートで女心をくすぐる7つのテクニック

それぞれ順に説明します。

4-1. メール/LINEで会えるようになるためのコツ

ではメール/LINEで会えるようにするためには何が大切か?それは「会っても大丈夫な人だという安心感」を与えることです。

女性は会うまでに「怖い人じゃないかな?」「遊ばれないかな?」などと男性を警戒します。

そのため大切なことは喜ばせることでもなく、惚れさせることでもなく、まず安心感を与えることなのです。

ということで、安心感を与えるためのメール/LINEのコツを5つお伝えします。

  • メール/LINEの「間隔」と「長さ」は相手に合わせる
  • チャンスがあれば相手を褒める
  • 最初のうちは質問で締める
  • 必ず丁寧語は続ける
  • 下心は隠すこと

ぜひこの機会に覚えちゃいましょう!

メール/LINEの「間隔」と「長さ」は相手に合わせる

「返信は早い方がいい?」「文は長い方が本気度が伝わる?」などメール/LINEの間隔や長さに悩む人も多いと思いますが、それを見事に解決する方法があります。

それは、「相手に合わせる」という方法です。

  • 相手が3時間で返信→こちらも3時間くらい
  • 相手が5分で返信→こちらも5分くらい
  • 相手が3行で返信→こちらも3行前後
  • 相手が10行で返信→こちらも10行前後 etc.

好意を持たれていないのにがっついても引かれますし、追いかけなさ過ぎるのも女性はドキドキしません。

どうすべきか迷ったら相手に合わせるのが、結果出会える確率が一番高いです。

チャンスがあれば相手を褒める

人は褒められるとお世辞でもついつい嬉しくなってしまいますよね。

相手を適度に褒めて気持ちよくしてあげることも、好意を持ってもらうポイントです。

そこで、褒められそうなポイントに対しては常にアンテナを張り、見つけたらすぐに褒めることを意識しましょう。

例えば、
今度の休みは何するんですか?
髪切りに行ってきます^^
おー!さらにキレイになってくるわけですね✨」
のように、自然な流れで褒められればベストです。

最初のうちは質問で締める

話があまり盛り上がっていない最初のうちは、必ずメッセージは質問で締めくくりましょう。

理由はシンプルで、相手が返信しやすいからです。

しかし、1回のメールで複数「?」をつけるとガツガツした印象になってしまうため、1通のメール/LINEに1つの質問を目安にしましょう。

必ず丁寧語は続ける

相手が友達や同僚でない場合、女性は会うまでに「遊ばれないかな」「怖い人だったらどうしよう」と色々と心配をします。

そのため、まずはとにかく「信用できる男性」になることが重要です。そのための最善の策が丁寧語を続けることなのです。

具体的には以下を意識しましょう!

  • 勝手に距離を縮めすぎない(仲良くないのに、なれなれしく話すなど)
  • 呼び捨てはしない(相手が〇〇って読んでと言ってくるか、会って仲良くなるまでは厳禁)
  • 絵文字を使いすぎない(目安として女性使う量の半分以下)

かといってメッセージが固くなってしまうのは盛り上がらないので、イメージ仲のいい先輩に話しかけるような口調で接するのがベストです。

なお上記の3つのルールは、たとえ相手が5歳も10歳も年下であろうと変わらないので覚えておいて下さい。

下心は隠すこと

お伝えしたように、女性は会うまでに「遊ばれないかな」「怖い人だったらどうしよう」と色々と心配をします。

そのため下心が見えてしまうと女性の警戒心はたちまちMAXとなり連絡が途絶えてしまいます

以下は女性に下心があると疑われてしまう内容なので、避けるよにしましょう。

  • 表面的なことばかり褒める(かわいい/美人/スタイルいい/足細いなどの連発)
  • 下ネタを使う(1回でもダメ!女性から言ってきたとしても興奮せずに大人の対応で)
  • すぐに会いたがる(連絡交換をした経緯にもよりますが、少なくとも3~5日間は誘わない)

なお下心は実際に会った時も隠すのがポイントです。ベッドインの直前まで下心は隠しましょう。

4-2. メール/LINEデートに誘う方法

「会っても大丈夫だ」と思ってもらえたら早速デートに誘いましょう!

と言ってもどうやって?という人も多いと思うのでデートの上手い誘い方を3つお伝えします。

  • 好きな食べ物/お店の話題からデートに誘う
  • よく遊ぶ場所の話からデートに誘う
  • ストレートに誘う

それぞれ順に紹介します。

誘い方①:好きな食べ物/お店の話題からデートに誘う

このようにご飯の話題からデートに誘うという王道のパターンです。

ご飯の話題はふつうに「好きな食べ物は?」などと質問すれば話を振ることができます。

また、誘うときは例文のように写真を出すのも効果的です。写真は食べログURLやトップページのスクショでもOKです。

◆デートに繋げるポイント1:絶対に「知っている!」ということ

なお、もし実際にいいお店を知っていなくても(たとえば例文でいうとイタリアンのお店を知らなくても)知っています!と言いましょう。

そうしないとせっかくの会話の流れもデートに誘えなくなってしまいます。

知っていますと答える前に食べログで検索し、お題に合った3.5以上のお店を見つければ解決できるので自信をもって知っていますと答えましょう(食べログは3.5以上であればハズレることはほぼありません!)

◆デートに繋げるポイント2:昼か夜か、時間は女性の意見を優先すること

例文のような会話の後に具体的な日時の話になりますが、そのときにランチの時間でなくてもいいか確認をすると誠実さをアピールすることができます

もし女性がはじめはランチがいいという場合は、迷わずランチを選びましょう。そうした場合に無理やり夜で設定すると警戒してドタキャンされる可能性が高いです。

誘い方②:よく遊ぶ場所の話からデートに誘う


このようによく遊ぶ場所の話から、カフェやランチ、ご飯に誘うパターンです。

私はすでにご飯の話題を会話してしまっていたときなどにこれを使います。

知っておくと、ネタがなくなったときでもいつでも使えるので便利な誘い方です。

誘い方③:ストレートに誘う


実は私が一番使うのはこのストレートに誘う方法です。顔が中の下の私は誠実さアピールを一番の武器としていて、その誠実さが最も活きる誘い方だからです。

しっかりと会話と日数を重ねてから伝えるとOKをもらえることが多いです。(目安メッセージ10通ほど、日数3~5日ほど)

ただし、これを使うときは「ご飯や飲み」でなく「カフェ・ランチ」に誘うことをおすすめします

ご飯や飲みでは「実は誠実を装った遊びの人?」と警戒されてしまい、せっかくの誠実さアピールも水の泡となってしまうおそれがあるからです。

4-3. デートで女心をくすぐる7つのテクニック

さあ、無事に信用してもらい会うことができるようになったらいよいよモテる男の本領発揮です!

女性を落とすにはやはり会うのが一番です。様々なキュンキュンポイントを演出して女性に好意を持ってもらいましょう!

そんなデートで女性をときめかせる7つのテクニックとは以下です。

  • ① 初回は基本的に手を出さない
  • ② デート中は相手にだけに集中する
  • ③ さりげない気配りをする
  • ④ デート中はとにかく楽しむ
  • ⑤ 相手の話にはリアクションをとる
  • ⑥ 適度に奢る
  • ⑦ デート後はかならず「家着いた?」メールを送る

それぞれ順に紹介します。

① 初回は基本的に手を出さない

ついにデート!「このチャンスで行けるとこまで距離を縮めるぞ」と張り切るそこのあなた、それは間違いです。失敗への道まっしぐらです。

女性が初回デートで見ているのは「この人のこと好きになれるかな?」ではなく「この人遊び目的かな?怖い人じゃないかな?」です。

いくら初回から仲良くなったからといって肩に手を回したり、ともかくボディタッチをしたら女性は警戒心を高めます。

すると例え好感であったとしても「この人どうせ遊びだから」と次回会ってもらえなくなります。

1回目はとにかく紳士的に誠実に。攻めるなら様子を見ながら2回目以降と覚えておきましょう。

モテる男は、1回目のデートは手にも触れない。2回目以降で攻める。

② デート中は相手にだけに集中する

デート中に相手の女性が道ゆく男性を見ていたり、常にケータイをいじっていたり、「あ、ごめん今聞いてなかった」と言ってきたらどうでしょう。

答えは当然「印象は悪い!!」です。

その反対も同じ。あなたがデート中相手の女性以外のことを見ていたり、ケータイを気にしたりしていたら印象は悪く、女性は楽しい気分にはなりません。

逆にあなたが周りやケータイを一切気にせず、目の前の女性のことだけを気にかけていたら「私に集中してくれている」「この人といるとなんだかいい気分♩」となり、好感を抱き始めてくれます

モテる男は、デート中は目の前の女性のことしか考えない。

③ さりげない気配りをする

女性は誰しもいつの年齢になってもお姫様扱いに憧れるものです。

お姫様扱いというとイメージが難しいですが、要は「守ってほしい/優先してほしい/特別扱いしてほしい」ということです。

具体的には、たとえば次のようなさりげない気配りができると女性は喜びます。

(お店行くまで)

  • 歩道では道路側を歩く
  • エスカレーターでは上りは後、下りは先に乗る(男性が常に下にいる状態)
  • エレベーターは先に入り、最後に降りる(開くボタンを押す係になる)
  • 「段差あるよ」と教えてあげる

(お店で)

  • お店などのドアを開けてあげる
  • 奥の席、ソファ席を女性に譲る
  • メニューは何がいいと聞く、相手の希望を優先させる
  • メニューを見るとき相手の方に向ける
  • 飲み物がなくなったら次のオーダーを聞いてあげる/お水を入れてあげる
  • 店員さんを呼ぶのは常に自分

(その他/帰り)

  • 外のベンチに座るときは女性が座る場所の落ち葉やホコリを軽く手で払う
  • 見送りは必ず行う、本当に見えなくなる最後まで改札前に立っている  etc.

要はレディファーストで、できることをあげたらキリがないのですが、何をやればいいのか分からないという人はまずは上の12つを徹底するようにしましょう。

一気に覚えるのは大変なので、1回のデートで3つは絶対クリアする!という気持ちでちょっとずつ確実にできるようにしていきましょう。

モテる男は、さりげない気配りで女性心をくすぐる。

④ デート中はとにかく楽しむ

笑顔や感情は伝染します。あたなが楽しいと思えば相手もなんだか楽しく思えてきますし、つまらない思えば相手もつまらなく感じてしまします。

そのため、デートは全力で楽しみましょう!すると相手の女性も「今日のデートはなんだか楽しい気がした」と思ってくれます。

予定のデートが雨で台無しになったり、どうしても会話が盛り上がらないというときは、「でも君といれてこの時間が嬉しい」感を伝えましょう。

モテる男は、デートを楽しむ。

⑤ 相手の話にはリアクションをとる

Q. あなたがとある話をしました。そのときの相手の反応としてあなたが嬉しいのはどちらですか?

  • A. ドリンクのストローをくわえながらの「へー(ゴクッ)。そうなんだー」
  • B. 体を引き目を丸くしての「へー!そうなんだ!!」

おそらく大半の人がBと答えるはずです。

そうなのです、誰もが自分の話に対していリアクションを少し大げさくらいに取ってくれた方が嬉しいのです

「そうなんだ!」「すごいね!」「え、どういうこと?気になる!」など、相手の話にしっかり反応すると相手は気分良くその続きを話してくれます。

するとスッキリしたり、デートそのものが楽しかったと思ってくれます。

モテる男は、リアクションを大きくとる。

ちなみに真面目な話や悲しい話の時は、それに合わせて真剣に悩んだり、悲しそうにしたり、話題に合わせたリアクションを取るようにしましょう。

⑥ 適度に奢る

初回は奢る、2回目は3~4割もらう。これが私の経験上もっとも関係の上手くいく奢り方のポイントです

女性は女の子扱いを嬉しがります。そのため君のこと女の子として見てるよ!と伝える意味でも1度目は奢った方がいいです。

「いやいや、流石に悪いです」と言ってきたら次のように言い返しましょう。

  • 今日ははじめてなのに会ってくれたらそのお礼で!次回は普通にもらうから今日だけ感謝を込めて俺に奢らせて!
  • ありがと、でも初回だからいいよ!それじゃあそんなに言ってくれるなら後でアイス奢ってもらおうかな!
  • (お茶目バージョン。お店の外で。)しーっ!違うんだ、今日は食い逃げなんだ。だからバレないうちに早く離れよう!※言っている最中は真顔で言うのがポイント

奢るときのポイントはいかに「申し訳ない」でなく「ありがとう」と思わせるかです。

上記のような言い方をすれば、相手も奢られやすいですし、好印象で好感をもってもらえます。また、2回目以降に自然にお金をもらうことができます。

2回目以降は奢らない方がなぜか上手くいく

なお2回目以降は奢らない方がその後の関係がなぜか上手くことがほとんどです。

女性は一定のお金を使うと「この人との時間にお金を使ってきたから、ここで別れるのはもったいない」と男性に執着するようになるようです。

そのため2回目以降は一定お金を使ってもらった方が、関係が長く続くのです。

かといって割り勘は印象が悪いので、3~4割のお金をもらう(要は男性が少し多めに払う)ようにしましょう。

モテる男は、2回目以降はしっかりお金をもらう。

⑦ デート後はかならず「家着いた?」メールを送る

楽しいデートも無事終了、とここで忘れてはいけないのが「家着いた?」メールです。

女性は女の子扱い、特別扱いが大好きです。家着いた?の一言は、「私のこと心配してくれている」「離れても私のこと気にしてくれている♩」と女心をくすぐります

ポイントは、別れ際に「どこまで?」と最寄り駅を聞き、「駅から家までは遠いの?」と家までかかる時間を確認し、相手の到着時間を予想しておくことです。

到着時間の5分ほど前(理想は帰宅直後だが、帰宅後時間がたってからよりは帰り途中で聞いた方が印象がいい)に「家着いた?」と送れば任務完了です。

モテる男は、相手が帰宅するまで女の子扱いを徹底する。

5. まとめ

以上、モテる方法をお伝えしてきましたがいかがでしたか?

モテるためには次の4つの要素を身につけることが大切でした。

これらからの人生をより楽しくするためにぜひ意識してみてください!

さいごに

実は、モテる男性はこの4つの要素を身につけることと並行して、もう1つ行なっていることがあります

それは出会いの数を増やす活動です。

モテる男性が女の子を切らさないのは、女の子から絶えず連絡先を聞かれるからではなく、実は自ら女の子にアプローチしているからなのです。

また、このように出会いの数を増やすことで多くの女性との経験を積み、4つのモテ要素をさらに磨いているのです。

だからますます出会えるようになり、女の子に困らない状況を自ら作っているのです

ではそうしたモテる男性はどこで女性に出会っているのか?

以下の男性18人に聞いた歴代彼女との出会いのきっかけをまとめた記事がそのヒントになるかもしれないのでよろしければ参考にしてみて下さい。

このページを参考に、あなたの明日が今より輝くものとなることを心から願っています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket