OKもらえる告白の言葉|相手に合わせて選べるセリフ5パターン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

「OKをもらいやすい告白のセリフってある?」「他にはどんな言葉がある?」など告白をどんなセリフにしようか迷いますよね。

セリフにこだわると成功率がアップするのはもちろん、女子は喜びいいスタートを切ることができるのでぜひこだわっていきましょう

このページでは、今までに1,000人以上の女性とデートをし2桁以上の女性と付き合ってきた筆者が、ベストな告白のセリフ例についてを紹介していきます。

  1. 最高の告白にするための伝え方4つのポイント
  2. 迷ったらこれ!最強の告白の言葉5選
  3. 告白の切り出し方3例
  4. これをやっては幻滅!NGな告白のセリフ

私はモテるためにモテる本などを読んでは実践し、その成果もあり過去4年間は一度も告白でフラれたことはないので、きっと皆さんにも参考になるはずです。

1. 最高の告白にするための伝え方4つのポイント

「あの子/あの人とデートを重ねいい感じ!」「次で決めに行きたい!」そんな時、どんな言葉で告白しようか誰もが迷うもの。

せっかくの告白、より相手に感動してもらうためには次の4つのポイントを意識して告白に臨みましょう

  • 好きな気持ちをストレートに伝える
  • 面と向かって伝える
  • 何してほしいかをしっかりと伝える
  • 名前を呼んであげる

この4つのポイントは男性からの告白であろうと、女性からの告白であろうと同じです。

大切なことなので、具体的なセリフの紹介に入る前にサクッと確認しておきましょう!

1-1. 好きな気持ちをストレートに伝える

告白にポエムのようなロマンチックな言葉も、長々しい言葉もいりません!

むしろ相手が喜ぶのは「好きな気持ちがストレートに伝わる言葉」です。(これは女子も男子も同じ!)

一番のポイントははっきりと「好き」と言うこと。「ずっと一緒にいたい」「一緒にもっと思い出を作りたい」とかでもいいですが、「好き」が一番女性に刺さります。

🙅‍♀️NGな伝え方:回りくどい遠回しな言い方/ポエムのような甘い言葉
🙋‍♀️Goodな伝え方:ストレートに「好き!」

1-2. 面と向かって伝える

メール/LINEで告白するのは一番避けるべき方法です。本気度が伝わらないですし、男らしくないため女子から非常に不評だからです

どれだけ恥ずかしくても、面と向かってあなたの口からしっかり気持ちを伝えましょう。

なお遠距離でどうしても会うのが難しいという場合は、せめて電話で伝えましょう。

🙅‍♀️NGな伝え方:メール/LINEなどで伝える
🙋‍♀️Goodな伝え方:面と向かってあなたの口から伝える

1-3. 何してほしいかをしっかりと伝える

ただ好きと伝えるだけではダメです。「それで、どうすればいい?」と相手が困ってしまうからです。

しっかりと、

  • 付き合ってほしい
  • 彼女/彼氏になってほしい

などのゴールを明確にするようにしましょう

そうすれば相手も「はい、お願いします。」と返事しやすいです。

🙅‍♀️NGな伝え方:気持ちだけ伝えて終わってしまう
🙋‍♀️Goodな伝え方:何してほしいか、ゴールを明確に伝える

1-4. 名前を呼んであげる

〇〇に自分の名前を入れて考えてみて下さい。

  • A. 「好きです!付き合ってください!」
  • B. 「〇〇ちゃんのことが好きです!付き合ってください!」

どっちが言われて嬉しい?と聞いて、おそらく多くの人がBと答えるはずです。

名前を呼ばなきゃマイナスという訳ではわりませんが、それだけで特別感が増すので是非〇〇ちゃん/くんと添えてあげて下さい。

🙋‍♀️Goodな伝え方:名前を呼んで告白する

2. 迷ったらこれ!最強の告白の言葉5選

以上をふまえ、具体的な告白の言葉を5つ厳選してお伝えします。

これらは男女問わず気持ちが相手に伝わりやすく、結局のところ成功率が高いのでおすすめです。

  • 「〇〇ちゃんのことが好きです。付き合ってください!」
  • 「好きです。こらからも〇〇ちゃんとずっと一緒にいたい!だから、僕と付き合って下さい。」
  • 「〇〇ちゃんのことが好きです。僕の彼女になってください。よろしくお願いします!」
  • 「会う度に〇〇ちゃんのことどんどん好きになってた。これからもっと一緒に思い出を作っていきたい。だから、僕と付き合って下さい。」
  • 「〇〇ちゃんのこと、出会った時から好きでした!幸せにします!付き合ってください!」

※女性の場合は「僕→私/ちゃん→くん」に直して下さい。

それではおすすめの最強のセリフ5つについて解説します。

なお、全ては私が実際に使って何度も成功している言葉なので安心して下さい。

2-1. 迷ったらこれ!

「〇〇ちゃんのことが好きです。付き合ってください!」

最もストレートな告白がこの言葉です。

とくに女子から「まっすぐな気持ちが嬉しい」「男らしくていい」と好評です。

男性はセリフに迷ったらこの言葉にすることをおすすめします。

2-2. 真剣さを強調したいならこれ!

「好きです。こらからも〇〇ちゃんとずっと一緒にいたい!だから、僕と付き合って下さい」

“ずっと”がついているので、長く居たいという気持ちが伝わりやすいです

そのためより真剣さを伝えたいとき、相手に結婚願望があるときにおすすめです。

逆にまだ結婚は意識していないという女性からは「ちょっと重い」と思われてしまうこともあるので注意しましょう。

2-3. 自尊心の高い彼/彼女へ

「〇〇ちゃんのことが好きです。僕の彼女になってください。よろしくお願いします!」

この言葉はどちらかというと対等というより、相手を立てた言い方になります

そのため、プライドの高い相手、自分のことをモテると思っている相手に響きやすいです。

2-4. デートを重ねた相手に

「会う度に〇〇ちゃんのことどんどん好きになってた。これからもっと一緒に思い出を作っていきたい。だから、僕と付き合って下さい。」

会うたびにどんどん好きなっていたことを強調することで、案にその人の中身/存在が好きということを伝えることのできる言葉です。

このセリフはこんな人に特におすすめです。

  • 相手の中身や存在が好きなことを強調したい人
  • 出会ってから告白までに会う回数を重ねたという人
  • 告白までに一緒に色んな場所に出かけたという人

もしデートを重ねているのであれば、相手も告白の言葉を待っているはずなので勇気を持ってぜひ想いを伝えてあげて下さい。

2-5. 一目惚れの相手に

「〇〇ちゃんのこと、出会った時から好きでした!幸せにします!付き合ってください!」

一目惚れを強調するこの言葉は、相手も同じく一目惚れしてくれていたとわかっているときに特に有効です。「実は私も!」と共感できて相手は嬉しいからです。

また展開が早くに進み、出会ってから告白するまであまり日が経っていない時にも有効です。

ただし出会ってからの期間が短い場合は「見た目で好きになられた?」「軽い人かも?」と疑われてしまいがちなので、「幸せにします!」と真剣さをアピールしましょう。

【参考】自分で言葉考えたいという人へ

中には告白の言葉を自分で考えたいという人もいるでしょう。そんな方のために言葉を考えるコツをお伝えします。

実は告白の言葉は「好きという気持ち」「希望や提案」「お願い」の3つの要素に分解することができます。

(例)

  • 好きという気持ち・・「好きです。」
  • 希望や提案・・・・・「一緒にいたい!」
  • お願い・・・・・・・「付き合って下さい!」

最低限必要なのは「好きという気持ち」と「お願い」の2つで、これらを組み合わせることで言葉無限に作れることができます

オリジナルの言葉で彼女/彼に伝えたいというときは参考にしてみて下さい。(ただし、くれぐれも長くならないように!)

3. 告白の切り出し方3例

セリフは決まった!けどここで迷ってしまうのが、「どう切り出せばいい?」ということ。

そこで、リアルな告白のシーンをイメージできるようになるために、告白の切り出し方の例を3つお伝えします

3-1. 「今日は伝えたいことがある」

これはいつでも使えるとっておきの切り出し方なので覚えておくと便利です。

ここでは夜景の見える場所で告白するというていで紹介します。

一緒にご飯を食べる
_
夜景の見える場所に移動する
_
しばらく話して、少し会話が途絶えたら..

ねえ実はさ、今日は伝えたいことがあるんだけど、聞いてくれる?
うん、なあに?←脈ありの場合は大体こんな感じの反応、告白されるとここで気付く
(一呼吸おいて、相手の方に体を向けて)
〇〇ちゃんのことが好きです。付き合ってください!
嬉しい。はい、お願いします。

男性の場合は、「今日は伝えると心に決めていたことがある」というとより男らしさが増します。

なお、切り出しの言葉の後にいきなり告白の言葉を伝えるのは緊張するという人は、「今日のデート楽しかった」「〇〇ちゃんといるといつも楽しい」など、一言挟むのはありです。

でもここの言葉が長くなってしまうとだれてしまうので、挟むにしても一言にしましょう。

3-2. 「ずっと言いたかったことがある」

これは出会ってから日が経ってしまった相手や、友達関係や幼馴染などの相手に告白するときに言いやすい切り出し方です。

例えば、ドライブデートで告白するというていで紹介します。

ドライブデートに行く
_
帰り道の途中で、「もうちょっとだけ話そう」「もう一ついい場所がある」などと言って静かなスポットに立ち寄る
_
車の中で少し話して..

ドライブってやっぱいいね、〇〇と一緒だと余計楽しい
ね、私も〇〇とだと楽しいよ^^
ありがと^^ねえ、実はずっと言いたかったことがあるんだけど、聞いてくれる?
え!なに?←仲が良く友達っぽくなっているほどとぼけたフリをすることが多い
会う度に〇〇のことどんどん好きになってた。これからもっと一緒に思い出を作っていきたい。だから、僕と付き合って下さい。
ありがとう。私もです。よろしくお願いします。

もし本当に友達・幼馴染の関係の場合は、告白の言葉の前に「ここ最近2人で遊ぶようになって」と一言前置きを入れてもOKです。

また関係をはっきりさせるために「友達関係はもうやめたい。これからは恋人として俺の側にいて下さい。」というのもありです。

3-3. 「待って!やっぱり伝えたいことがある」

帰り道で使える切り出し方です。狙って使うというより、気持ちが高まってというときの切り出し方ですが、覚えておくといざという時に使えます。

帰り道で相手を送る/送られる
_
いつも通り「じゃあね」と言って分かれる
_
10秒後くらいに振り向いて..

待って!やっぱり今日伝えたいことがある!
え?なに?←大きな声で呼びかけらえれてちょっとびっくりしてる
(走って相手のところに駆け寄って)
好きです。こらからも〇〇ちゃんとずっと一緒にいたい!だから、僕と付き合って下さい。
え、嬉しい。それを伝えに?
うん
ありがとう。よろしくお願いします。

駆け寄っていきなり告白の言葉伝えるのは緊張するという場合は「呼び止めてごめん、でもやっぱり今日どうしても伝えたくて」とか「待たせてごめん!」とか一言挟むのはありです。

なお、帰り道でも駅前など人目のつくところでの告白は避けましょう。相手は恥ずかしくて素直に「YES」と答えられないことがあります。

4. これをやっては幻滅!NGな告白のセリフ

おすすめの告白の言葉をお伝えしてきましたが、ここではNGな告白の言葉をお伝えします。

  • 「”じゃあ”付き合おうか」
  • 「付き合ってって言ったらどうする?」
  • 「〇〇も俺のこと好きでしょ?」
  • 「〇〇のこと好き”かも”」
  • ネガティブワード+告白

具体的になぜダメか解説していきます。

4-1. 「じゃあ付き合おうか」

「じゃあ」という言葉は投げやりな感じがあって告白として適切でないです

また軽い感じがあるため「私大事にされていないかも..」と女子を不安にさせてしまいがちなので避けましょう。

「”なら”付き合おう」「”だったら”付き合おう」とかこれと同じです。真剣さに欠けるので避けましょう。

4-2. 「付き合ってって言ったらどうする?」

これは告白しているようで、相手に告白しているも同然の言葉です。

卑怯な感じがするので男女ともに非常に不評です。

相手の気持ちは言葉で確認せずに感じ取るようにし、最後は覚悟を持って思い切って告白しましょう!その方が気持ちが伝わり恋人としてのいいスタートが切れます。

「好きなタイプは?」「じゃあ今気になっている人はいないの?」「それって身近にいる人?」「俺が知っている人?」..

などなど、告白前に相手の気持ちを探るのは印象がわるいので避けましょう。

4-3. 「〇〇も俺のこと好きでしょ?」

このセリフは上からな感じがするため女性から非常に不評です

唯一オラオラ系が好きという女性には刺さるかもしれませんが、世の中の95%の女性には引かれてしまうので避けましょう。

女性が「私のこと好きでしょ?」というのも同じです。相手が草食系男子であろうと上からな言い方は避けたほうがいいです。

4-4. 「〇〇のこと好き”かも”」

この言葉は好きなことを断定していないため「本当に好きなの?」と相手は不安になります(「かもって何?」となります。)

また「弱々しい/頼りない」というイメージも付いてしまうため、とくに男性がこれを言ったしまった場合に不評で、女性の恋心はたちまちに冷めてしまう恐れもあるので注意しましょう。

「〇〇のことすき”みたい”」も同じこと。「好き!」とはっきり伝えましょう。

4-5. ネガティブワード+告白

ネガティブワードとは例えば次のような言葉です。

  • 中々会えないかもしれないけど..
  • 毎日連絡するのは苦手だけど..
  • 幸せにできるかは分からないけど..

不安な気持ちも分かりますが、告白にネガティブな言葉はいりません!

相手からすると予防線を張られている気がしていい気分ではないからです

告白は勇気を持って、堂々と気持ちを伝えましょう!

5. 最高の告白に磨きあげる3つの徹底ポイント

告白のセリフについて説明してきましたが、最高の告白に仕上げるためには「場所」「タイミング」も考えておくこと、「デートテクニック」を磨くことも大切です。

5-1. 告白の「場所」「タイミング」のポイント

以下にそれぞれのポイントをまとめているので徹底したい方は参考にして下さい。

告白の「場所」のポイント

告白の「タイミング」のポイント

5-2. 脈ありの状態を作る「デートテクニック」のポイント

また、告白を成功させるためには事前のデートで「脈ありの状態を作る」ことが大切ですが、そのためのデートテクニックというものがあります

例えば女性をに以下のさりげない気遣いをするなど、彼女の満足度をあげるデートのコツはいくつかあるので覚えておきましょう。

(お店行くまで)

  • 歩道では道路側を歩く
  • エスカレーターでは上りは後、下りは先に乗る(男性が常に下にいる状態)

(お店で)

  • お店などのドアを開けてあげる
  • 奥の席、ソファ席を女性に譲る
  • メニューは何がいいと聞く、相手の希望を優先させる
  • 飲み物がなくなったら次のオーダーを聞いてあげる/お水を入れてあげる
  • 店員さんを呼ぶのは常に自分

(その他/帰り)

  • 見送りは必ず行う、本当に見えなくなる最後まで改札前に立っている  etc.

なおこれらのデート成功のコツを以下の記事でまとめています。

徹底したい人は是非デート前に確認してみて下さい。

(※デートのコツは記事中のSTEP3-4でまとめています。)

6. まとめ

以上、ベストな告白のセリフ例についてをお伝えしきましたがいかがでしたか?

100%絶対に成功するという言葉はありませんが、以下の4つのポイントを意識して言葉を考えると成功しやすく、相手により響いていいスタートを切ることができます。

  • 好きな気持ちをストレートに伝える
  • 面と向かって伝える
  • 何してほしいかをしっかりと伝える
  • 名前を呼んであげる

これらを参考に告白のセリフを考えてみて下さい!

告白が無事成功し、あなたとお相手が素敵なカップルになることを心から願っています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket