街コン一人参加は危険!ぼっちにならないおすすめ方法を紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

「街コンに一人で参加しても浮かない?」「一人でもしっかり出会える?」など、街コンのお一人様事情が気になりますよね。

街コンに一人で言っても大丈夫という意見もありますが、それはあくまで「容姿に自信のある人」「コミュ力が高く積極的な人」の意見なので注意が必要です

このページでは、過去に30回以上街コンに参加し、過去500人以上の街コン参加者の声をまとめてきた筆者が、街コンのお一人様事情についてを説明していきます。

  1. 軽い気持ちで行くと失敗する!街コン一人参加の注意点
  2. お一人様限定のおすすめ街コンサイト2選
  3. 一人でも活動できるおすすめの出会い手段

このページを読めば、一人で参加することの注意点がわかり、自分にとって何を選択すべきかがすっきり分かるでしょう。

1. 軽い気持ちで行くと失敗する!街コン一人参加の注意点

「出会いがほしい!街コンが気になる!」「でも友達がいない..」そんなとき、勇気を出して街コンに一人で参加しようか迷いますよね。

しかし、「容姿に自信のある人」「コミュ力高く積極的な人」以外は苦行で終わることが多いので注意しましょう。

そんなツラい思いをしないための、街コン一人参加の注意点をお伝えします。

1-1. 街コンに一人で行くデメリット

街コンに一人で行くと苦行になるとはどういうことか?

それは以下のデメリットを目の当たりにする(真に体験することになる)ということです。

  • ⑴ 白い目で見られる
  • ⑵ ペアとの相性が悪いと最悪に終わる
  • ⑶ ペアを組めずにスタートすることもある

具体的にどういうことか説明します。

⑴ 白い目で見られる

お一人様歓迎の街コンでは、なんだかんだペアでくる男女が多いです。

そのため、運営が「歓迎」と言っても、参加者からは「かわいそう」「友達少ない人/コミュ障な人なのかな」と思われることが多いです

もちろん、中には暖かく受け入れてくれる優しい人もゼロではないですが、大半の人は上記の口コミにあるような反応を心で抱いています。

⑵ ペアとの相性が悪いと最悪に終わる

一人で参加すると、別に一人で来ていた同性の方とペアを組むことになります。

気が合えば一緒に楽しい時間を過ごすこともできますが、気が合わなかったりノリが合わなかったりすると、それだけで街コンが失敗に終わります

また、相手が仮にイケメン/美女でかつコミュ力も高い最強の主だったりすると、収穫は全部持って持ってかれてしまいます。

⑶ ペアを組めずにスタートすることもある

また、ペアとなる相手が上手く見つからなかった場合は、本当に1人で参加することになります。(※周りはもちろん2人ペア)

そうなってしまっては、正に苦行の一言です。

1-2. 街コン一人参加のメリット

もちろん、デメリットがあればメリットもあります。

街コン一人参加のメリットは次の4つです

  • ① 自分のスケジュールで参加できる
  • ② 友達の目を気にしなくていい
  • ③ 女性の場合、一人だと逆に声をかけられることもある
  • ④ 同性の友達もできる

ただし、③については「容姿のいい女性」に限ります。容姿が良くないと残念ながらぼっちのままで終わることが多いです。(※男性の場合は、容姿が良くても自ら話しかけないとチャンスは少ないです。)

④は、タッグを組んだ同性の相手と友達になれるという意味ですが、これについては「コミュ力の高い人」に限ります。やはり、一緒にいて楽しいと思ってもらえないと、中々友達にはなってもらえないからです。

そのため、容姿とコミュ力に自信のない人が得られるメリットは、結局①と②だけになります

例えば、以下のような人は参加を控えた方がいいかもしれません。

もし行くならば、以下のような人くらいの覚悟が大切です。

Q. では、一人の場合はどうすればいいの?

私のおすすめは次の2つです。

  • ① お一人様”限定”の街コンに行く
  • ② 一人でも問題ない別の出会いの手段を使う

① お一人様”限定”の街コンに行く

実は「街コン一人参加」と言っても大きく2つのタイプが存在します

それは、

  • お一人様“歓迎”の街コン
  • お一人様“限定”の街コン

です。

お一人様”歓迎”の街コンには、なんだかんだペアでくる男女が多く、一人で行くと苦行となります。

お一人様”限定”の街コンにも友達と来る男女もいますが、基本はみんな一人なのでまだ安心です。

そしてお一人様”限定”の街コンであれば、先ほど紹介したデメリットを気にせず参加することがでるのでおすすめです

  • ⑴ 白い目で見られる
    →みんな一緒だから問題ない
  • ⑵ 即席タッグは運要素多め
    →みんな同じ条件だから理解し合える
  • ⑶ ぼっちのまま行うこともある
    →ぼっちになることはほぼない

以下の章でお一人様限定街コンの情報をお伝えするので参考にして下さい。

2. お一人様限定のおすすめ街コンサイト2選

ただし、お一人様限定の街コンはイベント数もすくなく、また開催エリアも限られているので、基本は方法②を使い、並行して利用できるときに使うのがおすすめです

② 一人でも問題ない別の出会いの手段を使う

出会いが見つかるサービスは、なにも街コンだけではありません。

恋活・婚活ブームの今、この世には様々な出会いのサービスがあります。

以下の章でおすすめの出会いのサービスを紹介するので参考にして下さい。

3. 一人でも活動できるおすすめの出会い手段

2. お一人様限定のおすすめ街コンサイト2選

それでは、「お一人様”限定”」をテーマに、おすすめの街コンサイトを紹介していきます。

ここでまず知ってもらいたいことは、街コンサイトによってお一人様”限定”のイベントを載せているところ、載せていないところがあるということです。

←スマホの方はスクロールできます→

  街コン掲載数 うち、お一人様限定
の街コン数
街コンジャパン 20,000以上 0
街コンポータル 9,486 1426
街コンまとめ 4,177 437
Rooters 798 383
街コンMAP 500~1,000(※推定) 0

ご覧の通り、大手町コンサイトでお一人参加限定の街コンを掲載しているのは「街コンポータル」「街コンまとめ」「Rooters」の3つです。

この3つの中でも特に私がおすすめなのは、イベントのクオリティの高さと、イベント掲載数の観点から「Rooters」「街コンポータル」です

ここでは、この2つについて詳しく紹介していきます。

2-1. スタッフのサービス力は一押し!「Rooters」

Rooters」は自ら街コンの企画・運営を行う人気の街コンサイトで、街コン企画・運営の専門というだけあって、そのイベントのクオリティは他と比べても高いです

街コンサイトの中には情報を掲載しているだけのところも多いですが、Rootersの最大の特徴は掲載されている多くの街コン情報が自社運営のもの、という点です。

とくにRootersの良さが出るのが、お一人様限定のイベントで、スタッフが話のきっかけを作ってくれたり、上手く席替えをしてくれたりするので、一人で参加しても街コンを楽むことができます。

Rootersの注意点

ただし、自社運営のイベントがメインとだけあって、掲載されている街コン数は少なく、またイベントのほとんどが東京、大阪周辺に偏っています

まずは「Rooters」を調べてみて、自分のエリアにイベントがなさそうなら「街コンポータル」を調べる、というのがいいでしょう。

Rootersのイベント情報

北海道 0
東北地方 0
関東地方 511
中部地方 11
関西地方 259
中国・四国地方 0
九州地方 17

(※2018年9月時点)

なお、お一人様限定街コンは、トップページの「キーワードから探す」の「1人限定参加」で調べることができます。

Rootersの公式ページ:
https://www.team-rooters.com

2-2. お一人様限定イベント掲載数No.1!「街コンポータル」

街コンポータル」は、街コンジャパンに次ぐイベント掲載数を誇る大手の街コンサイトです。

街コンポータルに掲載されているイベント情報の多くは他社主催のものですが、お一人様限定のイベントを数多く紹介してくれるのが最大のメリットです

イベント内容も様々で、「20代/30代限定」や「アニメコン」「ビギナーコン」など、企画の種類も豊富です。

地方によっては、お一人様限定のイベントが0件のところもありますが、Rooters」に比べたら広い地域でイベントが紹介されています

Rootersで見つけられなかった時は、「街コンポータル」も調べてみて下さい。

街コンポータルのイベント情報

北海道 221
東北地方 603
関東地方 3201
中部地方 2220
関西地方 1900
中国・四国地方 604
九州地方 737

(※2018年9月時点)

なお、お一人様限定街コンは、トップページの「カテゴリーから街コンを探す」の「一人限定参加」で調べることができます。

街コンポータルの公式ページ:
https://www.machicom.jp

3. 一人でも活動できるおすすめの出会い手段

出会いの手段は相席屋に限ったことではありません。

今では多くの出会いのサービスが世の中に溢れていて、一人で気兼ねなく活動できる手段も多いです

その中でも特に私がおすすめなのは、「マッチングアプリ」です。

マッチングアプリは以下のメリットがあるためおすすめです。

マッチングアプリのメリット

  • 利用者はみんな「異性との出会い目的」で登録している
  • 10万人以上の中から好きな異性にアプローチできる
  • スマホさえあればいつでもどこでも一人で活動できる
  • 女性は無料、男性は月額3,000~4,000円とコストが安い

とくにポイントなのは以上の1つ目と2つ目で、要は「難易度が低く出会いも豊富」ということです。

実際に、女性は登録すると毎日5~10人近くの男性からオファーをもらえ、モテ期状態となります

男性も、コツさえつかめれば非モテな方でも月に2~3人と出会うことができるようになります(※コツ情報についてもここで紹介しますね。)

おすすめマッチングアプリ2選

そんなマッチングアプリの中でも、私がおすすめするのは「with」と「ペアーズ」です。

2つは、「会員数」「安全性」「評判」「出会いやすさ」の観点で、総合的に評価が高いためおすすめです。

  • with』人気上昇中!評判通りに出会いやすい
  • ペアーズ』総合力No.1!どの年代、エリアにもおすすめ

ここではこの2つについて紹介していきます。

※マッチングアプリ試したけど出会えなかったという人へ

マッチングアプリには、出会うための”コツ”が存在します。このコツを知っているか知っていないかで、出会える可能性は大きく変わってきます。

それぞれの紹介の中で男性向けには「攻略法」として、女性向けには「婚活OLの体験談」として”コツ”をまとめた記事も紹介するので参考にして下さい。

3-1. 人気上昇中!評判通りに出会いやすい「with」

with』はDaigoが監修していることでも有名で、使いやすいと一気に人気が広がりました。(Daigoサポートの機能もあり初心者にもおすすめです!)

withには心理テストを使った相性のいい女性を見つけやすい仕組みがあり、またそうした相性のいい女性に多くのアプローチができるようになっているため、チャンスが豊富で出会いやすくなっています

恋人探し目的で利用する人が多く、積極的に活動する女性が多いのも特徴で、彼女づくりに最適なマッチングアプリと言えます。

withの会員分布図

男女共に20代が中心で他のアプリと比べて若いです。

恋活目的で利用する人が圧倒的に多く、結婚を考えている人でも「いい人がいれば」というガチ婚活手前の人が多いです。

withの基本データ

←スマートフォンの方はスクロールできます→

運営会社 株式会社イグニス(※上場企業)
登録人数 約60万人
料金 3,400円~(1ヶ月プラン)/1,800円~(12ヶ月プラン)
無料情報 女性は無料/男性は登録・相手検索・マッチングまで無料
その他 Facebook登録、または電話番号登録も可能
対応OS iOS(iPhone), android, Web
with(ウィズ)をやりこみ作成した記事

3-2. 総合力No.1!どの年代、エリアにもおすすめ「ペアーズ」

ペアーズ』は国内で今最も利用者の多いマッチングアプリです。

また、いわゆる”出会い系”から現在の”クリーンなイメージ”をつけたのがペアーズとも言われていて、マッチングアプリブームの火付け役となったアプリです。

ペアーズが人気であり続ける理由はの圧倒的な総合力で、会員数はもちろん、安全性、評判どれをとっても評価が高く文句なしのアプリです。

全国どこでも会員数がトップクラスに多いので、特に人口の少ない地方の方は迷わずペアーズを選びましょう

ペアーズの会員分布図

ペアーズの中心は20代後半の恋活目的で利用する人たちです。

しかし圧倒的な会員数の多さから、20代に限らず30代、40代にも国内最大級の会員数を誇っていて、また利用目的も遊びから婚活まで様々な人目的利用する人が存在します。

ペアーズの基本データ

←スマートフォンの方はスクロールできます→

運営会社 株式会社エウレカ
登録人数 約250万人
料金 3,480円~(1ヶ月プラン)/1,480円~(12ヶ月プラン)
無料情報 女性は無料/男性は登録・相手検索・マッチングまで無料
その他 Facebook登録、または電話番号登録も可能
対応OS iOS(iPhone), android, Web
ペアーズをやりこみ作成した記事

【参考】マッチングアプリは安全?

中にはネットの出会いは不安..という人もいると思います。

でも実は、数年前に法が整備されてからマッチングアプリはかなり安全なものとなりました

そのことについて、マッチングアプリの出会い方や、どんな異性がいるかという基本情報も含めて以下で解説しているので、気になる方は参考にして下さい。

4. まとめ

以上、街コンのお一人様事情についてお伝えしてきましたがいかがでしたか?

街コンに一人で言っても大丈夫という意見もありますが、実際はお一人様”歓迎”の街コンに行くと苦行を味わうことになります

そのため、一人で活動するには次の2つの方法から選ぶことをおすすめします

  • ① お一人様”限定”の街コンに行く
  • ② 一人でも問題ない別の出会いの手段を使う

なお、①のお一人様限定の街コンはイベント数も少なく、また開催エリアも限られているので、基本は方法②を使い、並行して利用できるときに使うのがおすすめです

① おすすめのお一人様限定街コン2選

  • スタッフのサービス力は一押し!「Rooters」
  • お一人様限定イベント掲載数No.1!「街コンポータル」

② おすすめな別の手段

手段としては「マッチングアプリ」がおすすめで、中でも次の2つがおすすめです。

  • with』人気上昇中!評判通りに出会いやすい
  • ペアーズ』総合力No.1!どの年代、エリアにもおすすめ

このページが参考となり、あなたに素敵な出会いが見つかることを心から願っています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket