女性29.4歳・男性31.1歳|統計データを元に結婚年齢情報を総まとめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

「結婚の平均年齢っていつ?」「何歳で結婚するのが理想?」など、結婚年齢について気になりますよね。

日本の平均結婚年齢は女性29.4歳、男性31.1歳です(※「厚生労働省データ」より)。また、20代のうちに結婚する人は女性で66%(約3人に2人)、男性で53%(約2人に1人)となっています

このページでは、結婚相談所のアドバイザーとして働いた経験を持ち、1,000人以上カウンセリングしてきた筆者が、日本の結婚年齢事情についてお伝えします。

  1. 日本の結婚年齢事情|20代の結婚は早い?30代は遅い?
  2. 結婚可能性はこれで高まる!婚活成功の7つのコツ
  3. 代表的な婚活の出会いの場10個と本当のおすすめ

これを読めば一般的な結婚年齢や、年の差が分かり、あなたの疑問がスッキリ解消されるでしょう。

1. 日本の結婚年齢事情|20代の結婚は早い?30代は遅い?

「結婚っていつまでにすべき?」「親や周りからプレッシャーをかけられるけど、現代では一般的にはいつ結婚するのが普通?」と、結婚年齢がふと気になることありますよね。

日本では法律上、結婚は女性は16歳以上、18歳以上からすることができますが(※)、果たして一般的な結婚年齢はいくつぐらいなのでしょうか?

そのことについて、男女別のデータを踏まえお伝えしてきます。

  • ※ただし未成年(20歳未満)の場合は結婚に親の承諾が必要。
  • ※2022年からは男女ともに結婚は18歳以上からとなる。

1-1. 結婚年齢データ

平均初婚年齢

まずは平均初婚年齢からお伝えします。

厚生労働省」の統計データによると、2016年の平均初婚年齢は女性29.4歳、男性31.1歳でした。

30年前と比較すると男女ともに平均初婚年齢が、年々上昇しているのが分かります

※参考:「厚生労働省データ

結婚カップルの平均年齢差

気になる年の差については、30年前と比べて縮まってきてはいますがほぼ横ばいです

※参考:厚生労働省「婚姻に関する統計

結婚カップルの年齢差については、時代の推移で見るより、初婚か再婚で見ていった方が変化が表れます

以下のように、男性「再婚」×女性「初婚」のケースが一番年齢差が大きく、その逆の男性「初婚」×女性「再婚」のケースが一番年齢差が小さいです。

一般的に、結婚カップルは「年上男性と年下女性」をイメージする人が多いですが、初婚同士では平均年齢差は1.7歳と、想像以上に近い年齢同士で結婚する人が多いようです

【参考】首都圏と地方の平均初婚年齢の比較

首都圏と地方で比べてみると、やはり地方の方が結婚が早い傾向にあります

最も平均初婚年齢の高い「東京」と、最も平均初婚年齢の低い「福島」で比較すると、その差は女性・男性共に2.3歳の差があります。

←スマホの方はスクロールできます→

東京 福島
女性 30.1歳 27.8歳 -2.3歳
男性 31.9歳 29.6歳 -2.3歳

1-2. 女性の結婚年齢

それでは、ここからは男女別に結婚年齢について見ていきましょう!まずは女性のデータからです。

「晩婚化社会」と言われる今日ですが、そうは言ってもまだまだ20代のうちに結婚する人が大半です。

厚生労働省の「国勢調査」によると、30代前半(30~34歳)の未婚率は女性34%で、つまりその逆の66%は20代のうちに結婚していることになります

20代女性は「若さ」という武器で20代、30代、時には40代などあらゆる年代の男性から声がかかります(多少顔に自信がなくても「若さ」でカバーできるのが20代!)

20代の女性本人には自覚はないことが多いですが、そのため最も男性を選べる立場にあるのが20代です。

30代になると結婚率は一気に下がる!

そして30代になると女性は一気に婚活中男性から声がかからなくなります。

結婚願望のある男性のほとんどは子供がほしいと思っているので、交際、新婚、妊娠期間のことを考えて、結婚相手として29歳以下の女性を探すからです

実際に、データで見ても20代と比べ、30過ぎの結婚率は低いのがわかります。

以下は年代別の未婚率で、30代前半と30代後半の値を比べてみると、34%から23%(シンプルに考えて34人いたうち、23人は未婚のまま)となっています。(結婚できるのはなんと3人に1人!)

※参考:厚生労働省「国勢調査

30代前半であれば、頑張れば理想通りの結婚を手に入れることもまだ可能ですが、35歳を過ぎてくるといよいよ話が変わってきます。

実際に、さきほどと同じ考え方で上のグラフの30代後半の結婚率を見てみると、結婚できるのは約5人に1人の割合となっています..。

35歳を過ぎるとほとんど男性を選べない現実..

35歳を過ぎると結婚率が一気に下がるのは、妊娠適齢期が関係しています。

「女性は35歳過ぎたら妊娠できない可能性が高い(もしくは莫大な不妊治療がかかる)」と考える男性は数多く

たとえ50代の婚活男性でも34歳以下/ギリギリ35歳以下で女性を探す人は少なくありません。

当然35歳を過ぎた女性は声をかけられることがほとんどなく..、10個、15個上の男性に自分から声をかけてやっと結婚できるという女性も少なくないのです。(厳しいことを言いますが、やはりこれが現実です。)

(参考:実際の妊娠率について)

ちなみに、あるデータによると、30代後半で結婚した人の30%(約3人に1人)は子供ができなかったそうです

※引用「国立成育医療研究センター資料

もちろん最近は不妊治療の技術も発達しているので、妊娠できる可能性はこれより高まってきてはいますが、

遅くなればなるほど生涯不妊率が上がることは心に留めておきましょう。

【結論】アラサーの内に結婚できる計画で動こう!

いずれは結婚したいと考えているなら、できれば相手を選べる20代のうちに、少なくとも30代前半、つまりアラサーのうちに結婚できる計画で行動していきましょう

もし婚活に疲れてしまったという人は1ヶ月だけ休んで、その後全力でまた続けることをおすすめします。(なお婚活が上手くいかないのはやり方が間違っているからかもしれないです。このページを参考に婚活を進めてみて下さい!)

とにかく、以上の結婚のリアルを踏まえてぜひ後悔のないように行動していって下さい!

※早く結婚したいと思った方へ

以下に結婚するための婚活の成功法を、4つのステップで分かりやすくまとめています。早く結婚したいという人はぜひチェックして下さい。

(参考)Q. 女性の結婚適齢期っていつ?

結婚適齢期とは、その名の通り結婚に適した年齢のことを言いますが、

結婚情報サービス「ゼクシィ」のアンケート調査によると、女性自身の意見、また男性の意見として、女性の結婚適齢期は以下のように考えられているそうです。

←スマホの方はスクロールできます→

女性自身の意見 (男性の意見)
1位 27歳 30歳
2位 28歳 28歳
3位 25歳 27歳

総合的に見て、世の中の意見として女性の結婚適齢期は「27~28歳」と言えそうです

やはり女性は、20代のうちに婚活しておくのが良さそうです。

1-3. 男性の結婚年齢

次に男性のデータを見ていきましょう!

厚生労働省の「国勢調査」によると、30代前半(30~34歳)の未婚率は女性47%で、つまりその逆の53%は20代のうちに結婚していることになります

なんだかんだ言って、男性も半分以上の人が20代のうちに結婚しているようです。

男性も30代になると結婚率は下がる!

そして30代になると結婚率が下がるのは男性も同じです。

理由の1つとして、多くの男性が理想とする若い女性と結婚しづらくなることが挙げられます。

結婚市場では、多くの女性が年上の男性というより、同世代の男性を探して婚活しています。そのため理想の20代女性に中々振り向いてもらえず、婚活に苦戦するのです。(お伝えしたように、初婚同士の平均年齢差は1.7歳!)

実際に、データで見ても20代と比べ、30過ぎの結婚率は低いのがわかります

以下は年代別の未婚率で、30代前半と30代後半の値を比べてみると、47%から35%(シンプルに考えて47人いたうち、35人は未婚のまま)となっています。(結婚できるのはなんと4人に1人!)

※参考:厚生労働省「国勢調査

また35歳を過ぎるとさらに結婚率は下がり、さきほどと同じ考え方で上のグラフを見てみると30代後半で結婚できるのは約5人に1人の割合となっています..。

【結論】若い子と結婚したいなら早い方がいい!

晩婚化と言えど、男性も年齢を重ねる毎に結婚は難易度が上がります。

とくに、20代の若い女の子と結婚したいと考えている人は早めに、計画的に活動をしていった方がいいです。

初婚同士の平均結婚年齢はしょせん1.7歳しかないので、30代前半、ましてや30代後半で20代女性との結婚は、確率的に夢の話でしかないからです。

※早く結婚したいと思った方へ

以下に結婚するための婚活の成功法を、4つのステップで分かりやすくまとめています。早く結婚したいという人はぜひチェックして下さい。

(参考)Q. 男性の結婚適齢期っていつ?

結婚情報サービス「ゼクシィ」のアンケート調査によると、女性の意見、また男性自身の意見として、男性の結婚適齢期は以下のように考えられているそうです。

←スマホの方はスクロールできます→

(女性の意見) 男性自身の意見
1位 30歳 30歳
2位 28歳 28歳
3位 27歳 35歳

総合的に見て、世の中の意見として男性の結婚適齢期は「28~30歳」と言えそうです

男性には35歳くらいで結婚したいと考える人も増えていますが、あくまでそれは男性都合の意見であって、女性の意見を無視すると理想の結婚のチャンスを逃すことになるかもしれないので気をつけましょう。

1-4. 今はまだ結婚したくないという人へ

中には親や周りからの結婚へのプレッシャーが嫌で、一般的な結婚年齢が気になっていた人もいると思います。

以上をふまえて「やっぱり私/僕はまだ結婚はいいや」という人向けに、周りからのプレッシャーを上手くかわすためのとっておきの言い訳をお伝えします

  • 「平均年齢って29歳/31歳なんだって。今はもう少し一人でいたいから、◯歳くらいから婚活始めるよ。」
  • 「ありがとう。ゆるく婚活始めているから大丈夫だよ」
  • 「ありがとう。でも今は結婚より〇〇を優先したいから、△△になるまで待ってて」
  • 「そろそろ私も/僕もそんな歳だよね。そういえばお母さんは結婚の決め手はなんだった?やっぱり結婚してよかった?」
  • 「そうなんだよー、でもいい人いなくて。誰か紹介して!」

ポイントは「ありがとう」とか「そうだよね」など、一旦相手の心配する気持ちを受け止めることです。そうすると相手もこちら言い訳を受け入れてくれやすくなります。

その上で自分の考えを伝えて相手を安心させるか、話をそらすかすれば、ほとんどの場合この結婚プレシャーを上手くかわすことができます。

※ただし、お伝えしたように女性は30歳、そして35歳から一気に相手選びで不利になり、男性も歳を取るほど理想の結婚からは遠のくので、

いずれ結婚したいと考えている人は、しっかりと計画的に進めることを忘れないようにしましょう。

【参考】やりたいことと並行してゆるく婚活するのも手

なお結婚以外にやりたいことがある人も、ゆるく婚活しておくと以下のメリットがあるのでおすすめです。

  • 思わぬ運命の出会いに巡り合えることがある
  • いざ本格的に婚活を開始するときに、勝手が分かっているのでスムーズに婚活できる

本格的に婚活したとしても、結婚したいと思える相手はそう簡単に見つかることはありません。婚活を2年、3年続ける人は大勢います。

「婚活って意外と難しい..」「もっと早くからやっておけばよかった..」と後々で後悔しないよう、できる範囲で活動をすすめておくといいです。

1-5. 結婚したいのにできないという人へ

また中には、中々結婚ができずに一般的な結婚年齢が気になっていた人もいると思います。

そんな方のために、次の章で婚活成功のためのコツを紹介するのでぜひ参考にしてみて下さい。

2. 結婚可能性はこれで高まる!婚活成功の7つのコツ

「結婚したいのに中々結婚できない..」「いい人に出会えない..」と悩んでいる人もいると思います。

そこで、幸せな結婚を掴みやすくするために、婚活成功者に共通する7つのポイントを紹介します。

  • 2~3人に会っただけで諦めない
  • 理想の相手像をはっきりイメージしておく
  • 高望みをしない
  • 加点方式で相手に会う
  • 清潔感や身だしなみに気を使う
  • 結婚する気のない人とは付き合わない
  • 交際はじめの3ヶ月間はがっつかず自分から結婚の話はしない

これらを意識すれば、確実に結婚できる可能性はぐんと上がるのでぜひ徹底してみて下さい!

それでは順にお伝えします。

2-1. 2~3人に会っただけで諦めない

今まで結婚したいと思う相手が中々現れなかったよう、または現れても結ばれなかったよう、結婚相手は簡単に見つかることはありません。

婚活において10人、20人と会うことはザラです。2人、3人会っただけで「いい人がいない..」と諦めるのではなく、とにかくまずは多くの人に出会いましょう!

まずは10人に会うことを覚悟し、それでもダメならもう10人と、10人単位で会う目標人数を定めていくのがおすすめです。

【参考】複数人と同時並行するのは婚活では当たり前

10人、20人と会うなんて何年もかかってしまいそう!と思う人もいると思いますが、実際に婚活していくと半年もしない内に10人とデートすることができてしまいます。

というのも、婚活では複数人と同時並行で連絡を取り合う/デートするのが当たり前だからです

また、この同時並行には以下のメリットがあります。

  • 1人にフラれても他の異性がいるので、心に余裕を持って婚活できる
  • 多くの人とデートする度に、理想の結婚相手像がはっきりしてくる
  • 多くの人とデートすることで、恋愛経験値が高まる

その結果、自身の魅力が増したり、前向きに婚活できるようになったりするので、圧倒的に結婚しやすくなります(例えば結婚の早い結婚相談所では、相談所からこの方法をすすめてくるほどです。)

「並行して連絡を取り合ったりデートするのは不誠実な気がする..」という人もいると思いますが、交際前であれば不誠実なことはありません。

それに、お茶/またはごはんをしながら会話するだけなので、やましいことは全くないです。

口コミ・評判
【同時並行で複数人を見極め、最終的に今の彼と交際】
私は、オミアイとペアーズを同時にしていて、ペアーズで付き合ったかれと今1年三か月目です。正直ラインのやり取りでは一人に決めず、会うのも何人とも同時進行で見極めて今の彼になりました。3か月15人くらいで、4回会った彼と4回目でおつきあいにいたりました。

※引用:Yahoo知恵袋

早くに結婚したい人は、遠慮せずにこの同時並行を使って婚活を進めていきましょう。

2-2. 理想の相手像をはっきりイメージしておく

婚活を成功させる人の共通点として、ここだけは譲れないというポイントがはっきりしているという点があります

理想の相手像がはっきりしている人は会う相手選びや、会ってからの見極めも上手いので、交際・結婚とトントン拍子に進んでいきます。

また譲れないポイントがはっきりしていると、それ以外の多少のことは我慢できるようになるので、それも結婚が早い理由の1つです。

※なお、譲れないポイントは3つ以内に絞りましょう。多過ぎると単なる高望みになってしまいます。

また「年収1,000万円以上!」など高すぎる条件は出会いを狭めることになるので避けましょう。

2-3. 高望みをしない

「高望み」とは、努力なしに理想的な人を追い続けることです。

この場合、お相手から自分が相手にされることはほぼないので、奇跡のない限りいつまでたっても結婚はできません(気づいたら50代突入..なんてことも!)

「妥協」する必要はありませんが、理想に近づくために努力する必要はあります。それこそが「本当の婚活」で、これが恋愛して結婚するための唯一の道です。

2-4. 加点方式で相手に会う

婚活者には「減点方式(相手に欠点がないか確認しようとする接し方)」で出会う人も少なくありません

結婚を考えると、つい完璧な相手を求めてしまったりすることが多いからです。

しかし減点方式で婚活していたらいつまでたって結婚できません!というのも完璧な人などこの世にいないからです。(何かしら欠点があるのはあなたも同じ!)

大事なのは「加点方式(相手のいいところを見つけようとする接し方)」で会うことで、これをすると、

  • 相手のことを好きになりやすい
  • 相手の魅力に見合う人になろうと、自然と自分磨きの努力ができる
  • 理想に近い人と結婚しやすい

というメリットがあるので、「加点方式」を意識して出会いましょう。

※譲れないポイントは貫いていいので、それ以外の点を加点方式で見るようにしましょう。

2-5.  清潔感や身だしなみに気を使う

婚活に限らず、普段の生活でもビジネスでも、出会いにおいて第一印象はとても重要です。

その好印象な第一印象のために大切なのが、「清潔感」や「身だしなみ」で、婚活成功者の99%はこれらにしっかりと気を使っています。

♂「清潔感」のポイント

男性は清潔感がないと女性から異性として見てもらえません。つまり、付き合うための最低条件となっているのがこの「清潔感」です。

清潔感は、歯が磨かれている、爪がキレイにされている、体系にも気を使うなど色々ありますが、とに大事なのは次の4つです。

  • 「髪」が整っている
  • 「肌」がキレイ
  • 「服装」に気を使っている
  • 「靴/靴下」にも気を使っている

もし1つでもギクッと思うことがある人、またそもそも清潔感とは何かよく分からないという人は以下を参考にして下さい。

誰でも簡単に清潔感を整えるためのほう方法をまとめています。

♀「男ウケな身だしなみ」のポイント

男性は良くも悪くも、初めは見た目から女性を好きになります。そのため、男ウケな身だしなみが整っているかどうかで、付き合える確率が大きく変わってきます

男ウケな身だしなみと聞くと「なんだかあざとい」「なんか難しそう..」と思う人もいるかもしれませんが、実はやることはシンプルですし簡単です。

例えば大切なことは以下のようなことです。

  • 「肌」を大切に「メイク」はほんのり
  • 個性的な「髪型」を避ける
  • ほどいい「体型」を心がける
  • 「服装」はシンプルキレイ目を意識する

女子ウケな身だしなみの多くは、男性にとっては実は不評だったりします

そのため結婚したいなら、男ウケを正しく理解し、男性目線で身だしなみを整えることがとても大切です。

これらのポイントを以下にまとめているので、何が男ウケがいいのか分からない/身だしなみが気になるという方は必ず参考にして下さい。

2-6. 結婚する気のない人とは付き合わない

そもそも結婚願望のない人と付き合っても、結婚できる可能性は当然低いです。

そこで、デートを2~3回し相手を好きにさせることができたら、付き合う前にしっかり結婚についての考え方を話し合うようにしましょう。

もし相手が結婚願望がない人であった場合、付き合っても時間の無駄になるだけです。

また相手に結婚願望があり無事付き合えることになった場合、交際前に結婚について話しておくことで、交際中も結婚についての話題を振りやすくなるので、そういう意味でも付き合う前に必ず話し合いをしておきましょう

結婚について確認しておくべきこと

なお具体的には以下の点について話し合い、お互いの考えを確認しておきましょう。

  • 次付き合う人とは結婚を考えたいと思っているが問題ないか
  • 子供が欲しいかどうか
  • 理想の出産時期はいつで、逆算するといつ妊娠、いつ結婚するのが理想で、付き合っていいなと思ってくれた際にはそれに協力してもらえるか

この3点は、結婚時期に関係してくることなのでとても重要です

また、これら3つを話し合うことは相手の男性に結婚を覚悟させることにも繋がるので、ぜひやっておきましょう。

なお初デートでこれをやってしまうとただ重いだけなので、交際目前のときや、女性は告白されたとき(YESと言う前に)にするのがいいです。

2-7. 交際はじめの3ヶ月間はがっつかず自分から結婚の話はしない

結婚を意識すると「早く安心したい/確実を作りたい」気持ちからついつい結婚話を先に進めようとしてしまいますがそれは厳禁です。

とくに女性にありがちなことですが、「結婚、結婚」と言っていると相手も始めはその気があったのに、あまりのプレッシャーから怖さを感じ気持ちが冷めてしまう..なんてことはよくあります

そこで、交際開始3ヶ月は結婚に関係することは一切自分からは話さないようにし、とにかくがっつり相手を惚れさせることに全力を注ぎましょう!(だってそんな時期に結婚のプレッシャーはただの邪魔でしかありませんから!)

Q. 3ヶ月経ったらどうすればいいの?

その時は改めて結婚したい気持ちを伝えてみましょう。

ポイントはさらっと聞くのではなく、改まって真剣に伝えることです

付き合って3ヶ月たったね。

あまり話すとプレッシャーになると思ってたから、なるべく黙ってきたけど、3ヶ月付き合ってみて、〇〇くんと付き合ったのはやっぱり間違いじゃなかったって思う。

〇〇くんと結婚したい気持ちは変わらなかったし、むしろいつまでも一緒に入れたら幸せだなって気持ちは強くなっていった。

だから真剣に、結婚に向けてこれからも付き合っていきたいなって思うけど、〇〇くんは3ヶ月付き合ってみてどうだった?

この方が相手に真剣さが伝わって、男性も結婚への覚悟を改めて固めてくれます

ちょっと重い感じもしますが、結婚の話が重いのは当たり前のことなので、それらなら冗談っぽく言うより真剣に伝えた方が効果があります。

これに男性がビビってしまうようならあと半年、1年と付き合っても結婚できる可能性は低いですし、相手の結婚への本気度見極めるためにも、3ヶ月を節にぜひ話してみましょう。

【参考】最後に忘れてはならないのは「笑顔」

そして、最後に忘れてはならないとっておきのポイントは「笑顔」です。

笑顔は人を幸せにします。笑顔で相手に話しかけられたり、自分が話しているとき相手が笑顔だったりすると嬉しいように、あなたが笑顔だと相手も同じように喜びます。

「笑顔に勝る武器はなし!」とよく言うように、笑顔はいくつになっても変わらない何よりも最強なモテテクニックであるので、男性も女性もいつも笑顔を心がけるようにしましょう!

3. 代表的な婚活の出会いの場10個と本当のおすすめ

婚活の基本は「まずは多くの人に会ってみること」です。でも、どこに行けば出会いがあるの?と疑問に思う人も多いと思います。

そこで!婚活で代表的な10個の出会いの場を紹介し、中でもおすすめな方法はどれかお伝えしていきます。

代表的な出会いの場10個をまとめると以下の通りです。

総合的に見ておすすめなのは、表で黄色のかかった4つの出会いの場ですが、比較のためにまずは10個それぞれの特徴を見ていきましょう。

気になるものから読み進めて下さい。

A. 職場

←スマートフォンの方はスクロールできます→

職場
メリット ・お互いに素を知っているから安心
・近い関係のため裏切られること、嘘をつかれることがほぼない
(そのため、相手の結婚意識を確認して付き合えば安心)
デメリット ・出会いが限られている
・関係が近すぎて面倒なことも多い
おすすめ度 ★★★☆☆
コスト 男性:無料
女性:無料

一番の理想は身近な出会いから相手を見つけることです。一般論として出会い方がキレイですし、何より相手の信頼性(まともな人かどうかの評価)が高いからです

中でも学校・職場の出会いは、全ての出会いの基本となります。

ただし、職場で結婚を見据えた出会いを見つけることができていたら、そもそも出会いに困っていないですよね

そのため、出会いに困っている人は他の手段に目を向け、視野を広く持って出会いを探すことが大切です。

B. 友達の紹介

←スマートフォンの方はスクロールできます→

友達の紹介
メリット ・友達が間に入っていれば、下手な人は紹介してこないので安心
・交際中に、友達が応援してくれるので結婚に繋がりやすい
デメリット ・紹介してもらうには、自分自身魅力的な人物である必要がある
・出会いはかなり少ない
おすすめ度 ★★★★★
コスト 男性:無料
女性:無料

友達の紹介でも、見落としがちだけど特におすすめの出会いが「友達の”恋人”からの紹介」です

友達の友達だと関係が近すぎてしまいますが、友達の恋人の友達だと絶妙な距離感で、お互いに気軽に会うことができますし、紹介する側も気軽に紹介することができます

そのため、異性の友達に誰かを紹介してもらうよりも成功率が高いです。

また、友達や友達の恋人に自分の婚活真剣度をしっかりと伝えれば、結婚意識の低い人は紹介されることはないので安心です

ただし、紹介してもらうためには自分自身、「誰かに紹介したい人」として魅力的な自分物である必要があるので、日頃からの自分磨きは怠らないようにしましょう。

おすすめする理由

友達の紹介は「信頼できる相手(下手な相手は紹介されない)」であることが何よりのメリットです。また、交際に至った際は友達の応援もあってトントン拍子に話が進みやすいです。

出会いの数が少ないのがネックですが、可能性があるのなら一番におすすめしたい方法です。

C. 習い事

←スマートフォンの方はスクロールできます→

習い事
メリット ・同じ趣味や関心事をもった相手を見つけやすい
・自分磨きもできる
デメリット ・出会い目的で参加している人は少ない
・授業料は意外とかかる
おすすめ度 ★★☆☆
コスト 男性:7,000~30,000円/月
女性:7,000~30,000円/月

習い事も出会いの場としてよく名が挙がりますが、1講座で出会える人数は限られていますし、決して狙って出会えるものであはりません

確かに、同じ思考の人同士が集まっているので会話も弾みやすいですが、付き合えたとしてもそれはたまたまです。

本当にその習い事をしたいなら、ついでにそこでの出会いも期待するのはいいですが、出会い目的に参加すると高い授業料だけを払って大損した気持ちになるので止めましょう

習い事の例

  • 料理教室
  • 英会話教室
  • ワイン教室
  • ゴルフ教室
  • ダンス
  • ジム
  • 乗馬 etc.

【参考】習い事の出会いの例

習い事の出会いの例として、「料理教室」「ジム」の出会い事情について以下にまとめています。

気になる人は参考にして下さい。

D. サークル(社会人サークル/ボランティア etc.)

←スマートフォンの方はスクロールできます→

サークル
メリット ・同じ趣味や関心事をもった相手を見つけやすい
・自分磨きもできる
デメリット ・出会い目的で参加している人は少ない
・授業料は意外とかかる
おすすめ度 ★★☆☆
コスト 男性:0~3,000円/月(※会費/施設代としてお金がかかる場合あり)
女性:0~3,000円/月(※会費/施設代としてお金がかかる場合あり)

「社会人サークル」や「ボランティア」などの男女の集う場所は友達を作りやすく、友人関係から恋人に発展するケースがあります。

趣味や考え方も合い、お互いをちゃんと知った上で付き合うことが多いので、居心地のいい恋人関係を築けやすいです

ただし、そもそも自分に居心地のいいコミュニティを見つけるのは相当難しいですし、月2~3回は参加するなど、かなりのコミットが求められます。

また、1コミュニティでの出会いは限られているのでチャンスも少なく、出会い目的で参加してしまうと不完全燃焼で終わることが多いです

E. バー/居酒屋

←スマートフォンの方はスクロールできます→

バー/居酒屋
メリット ・お店相応の人と会うことができる
(高級バー→ハイスペック多めなど)
デメリット ・出会うまでに何回も通う必要がある
・お店によっては声をかけづらい/かけられづらい
・ハイスペな相手を狙うほど高級店に通う必要があるのでお金がかかる
おすすめ度
コスト 男性:3,000~10,000円/回
女性:2,000~5,000円/月

バー/居酒屋の出会いはなんだか運命的な感じもしますが、言ってしまえばこれは「ナンパ/ナンパ待ち」です

そのため男性も女性も”いい人”に巡り会える可能性は低く、本当に運任せになります(そもそもナンパ目的で来る人はごくわずか!)

通う度にお金もかかるので、賢い選択とは言い難いです。

【参考】相席屋も婚活には向かない

相席系の居酒屋でも出会いはありますが、多くの男性はヤリモクか、せいぜい単なる恋人探しで(結婚願望はまだないので)、結婚したい人には向きません。

詳しく知りたい人は、以下に相席屋についての情報がまとまっているので参考にして下さい。

F. 合コン

←スマートフォンの方はスクロールできます→

合コン
メリット ・友達が間に入っているので相手のことを一定信頼できる
・ハイスペな友達にお願いすれば、ハイスペな相手が集まりやすい
(類は類を呼ぶ方式)
デメリット ・参加するには必ず仲間が必要
・予定を合わせづらい
・遊び目的の男性/既婚者も多い
おすすめ度 ★★
コスト 男性:6,000~10,000円/回
女性:2,000~5,000円/月

合コンは代表的な出会いの場ですが、友達にお願いしたり/誘ったり、相手幹事との日程調整もあるため開催までに手間がかかります

また男性メンバーに既婚者や彼女持ちが混ざってくることも多く、将来を考えられる出会いは見つかりづらいです

もちろん合コンで出会って結婚というカップルも中にはいるので、お誘いがあったら参加してみるのはいいことですが、合コンをメインに婚活することはおすすめしません。

G. 街コン

←スマートフォンの方はスクロールできます→

街コン
メリット ・参加者には真剣に恋人探しをするも多い(ただし結婚願望は低め)
・異性と会話できるチャンスが多い
デメリット ・軽いノリの人も多い
・スペック(容姿、学歴、年収)の高さはあまり期待できない
・お一人様限定イベントもあるが、開催数は少ない
おすすめ度 ★★★
コスト 男性:6,000~10,000円/回
女性:1,500~5,000円/月

街コンの参加者は20代が中心で、婚活というより恋活(結婚願望はないが恋人はほしい)の男女が多く集まります

基本は2人組での参加となりますが、最近はお一人様限定の企画も増えているので参加しやすくなっています。

街コンの良さは複数の異性と対面で会話できるチャンスがあることですが、積極的にいかないとそのチャンスも無駄に終わってしまうので注意しましょう

お相手のスペックの高さはあまり期待できないですが、通い続けていればいい出会いに巡り会える可能性もあります。

【参考】より詳しく知りたい人へ

街コンが気になる人は、以下におすすめ情報がまとまっているので参考にして下さい。

H. 婚活サイト・婚活アプリ

←スマートフォンの方はスクロールできます→

婚活サイト・婚活アプリ
メリット ・出会いが豊富(50,000人以上の中から異性を選べる)
・結婚を意識して活動している人が多い
・スマホ1つでいつでもどこでも活動できる
デメリット ・毎日コツコツ活動する必要がある
・会うまでには時間がかかる
・中にはプロフィール情報に嘘をついている人も
おすすめ度 ★★★★★
コスト 男性:2,000~4,000円/月
女性:0~4,000円/月

婚活サイト/アプリは「婚活中の男女を結びつけるネットサービス」のことで、今人気が非常に高まっています。

人気が高まっている理由は単純で、それをきかっけに付き合ったり、結婚するカップルが急増しているからです

口コミ・評判
【友人が結婚、自分も結婚間近】
1年前にペアーズで出会い、ちょうど1年後に結婚した友人がいます私自身も現在ペアーズで出会った男性と交際中ですが、このままいけば結婚するかなといったところです。今やネットやアプリの出会いで結婚に至る方って少なくない時代なのですね。

※引用:Yahoo知恵袋

なお、ネットの出会いと聞くと「トラブルに巻き込まれないか心配」という人もいると思いますが、数年前に法が整備されてからかなり安全になっています

こうしたこともあり、利用者が年々増え、日を追うごとに結婚しやすくなっています。

ただし、中にはプロフィールを偽っていたり、ヤリモクの男性など不誠実な人もいるので注意が必要です

おすすめする理由

婚活サイト/アプリの最大のメリットは「とにかく出会いの数が多いこと」です

結婚となると「共働きがいい/専業主婦がいい」「子供は絶対ほしい/子供なし希望」など、人により将来の考え方がはっきり分かれてきますが、数万人が登録する婚活サイトなら同じ考えの人を容易に見つけることができます

また「なんでこの人が?」というハイスペック(年収、容姿的に etc.)な人にも巡り会えます。

中にはヤリモクなど不誠実な人もいますが、慣れてくると簡単に見分けられるようになるので安心です。

【参考】そもそもどうやって出会うの?

婚活サイト・アプリでの出会い方は意外とシンプルで、以下のような流れで異性と出会うことができます。

このように「いいねを送る」→「マッチング」→「メッセージのやり取り」で仲を深め、実際に会う約束をしていきます。

なお、私のおすすめは婚活専門のアプリとして人気の高い「ゼクシィ縁結び」と、最も利用者の多い「ペアーズ」とです。この2つが真剣な人が多く婚活しやすいです。

より詳しく知りたい人は以下を参考にして下さい。

I. 婚活パーティ

←スマートフォンの方はスクロールできます→

婚活パーティ
メリット ・結婚を意識した男女が多い
・ライバルが意外と強くない
デメリット ・男女ともに、容姿は中の上くらいまでの人しかいない
・ヤリモクの男性もいる
おすすめ度 ★★★★
コスト 男性:4,500~6,000円/回
女性:1,500~3,000円/回

婚活パーティは1回20対20で行う中規模型のものか、8対8ほどで行う小規模型のものが主流です。

それぞれ男性が女性テーブルを回るという方法で、ほぼ第一印象で決まる仕組みです。(例えば20対20の場合は1人と話せるのはたった2~3分ほど。)

しかし、意外にもライバルが強くないので、一定のトーク力があり、顔が中の上くらいのちょいイケメン/ちょい美人さんであれば、ほぼ毎回誰かしらとカップリングします。

ただし、カップリングしたとしても付き合えるかどうかはまた別の話です。意外にも、デートする前に音信不通になってしまうケースも多いのでその点は注意しましょう

【参考】より詳しく知りたい人へ

婚活パーティが気になる人は、以下に情報がまとまっているので参考にして下さい。

なお、私のおすすめは8対8の半個室パーティをメインとし、真剣な人が多いと人気の「PARTY☆PARTY」です。

J. 結婚相談所

←スマートフォンの方はスクロールできます→

結婚相談所
メリット ・結婚を考えている男女しかいない
・本人/学歴/収入/独身証明書の提出が必須なので、情報に嘘がない
・専任カウンセラーがつきサポートしてくれる
デメリット ・料金がとにかく高い
・条件面を厳しく見られることが多い
・専任カウンセラーはいるからと、他人任せにすると失敗する
おすすめ度 ★★★★
コスト 男性:20~60万円/年間
女性:15~60万円/年間

結婚相談所は入会するのに独身証明書や収入証明書が必要で、本当に結婚したい独身の男女しかいない婚活に適した方法です

サポートも充実しているので、最も結婚しやすいサービスと言えます

ただしその分コストは高く、年間でかかる費用は20~60万円にもなります。

本気で結婚したい人、かつ相談所任せにせず自分自身でしっかり活動を進められる人にはおすすめです。

おすすめする理由

結婚相談所は以下を理由に最も結婚しやすいサービスとなっています。

  • 会員は身元のわかる独身の男女だけ
  • 結婚に対して真剣な人しかいない
  • 収入・学歴が比較的高めな人が多い
  • 担当のカウンセラーが付き婚活をサポートしてくれる

そのため、できる限り早く結婚したいという人にほどおすすめです

ただしコストはかなり高いので、相談所任せにせず、やるならば本気で活動しましょう!

(※ちなみに相手の見た目レベルでいうと世の中とほぼ変わらないで、10人に1人くらいがカッコいい人/美人というイメージです。)

【参考】より詳しく知りたい人へ

結婚相談所が気になる人は、以下に情報がまとまっているので参考にして下さい。

なお私のおすすめはコスパ重視で選ぶなら先ほど名前の挙がった「楽天オーネット」、サポート重視で選ぶなら「IBJメンバーズ」です。

結婚したい人におすすめの出会いの探し方

改めて、婚活の代表的な出会いの場10個の評価をまとめると次の通りです。

とくにおすすめなのは上の表で黄色のかかった4つで、おすすめの出会いの探し方は以下になります。

おすすめの出会いの探し方

  • ① まずは「友達の紹介」を考える
  • ② 並行して「婚活サイト・アプリ」で活動する
  • ③ すぐにでも結婚したいという場合は「結婚相談所」も検討する
  • ④ 時間とお金に余裕があれば「婚活パーティ」にも参加してみる

まずは無料だし信頼のおける「友達の紹介」を考え、友達に相談してみましょう。

ただし友達の紹介は出会いの数がかなり少ないので、出会いが豊富でコスパのいい「婚活サイト・アプリ」を並行して活動をしていきましょう。

そして1年以内にすぐにでも結婚したいという人は、より確実な「結婚相談所」も検討するため、複数の相談所の無料体験に行って話を聞いてみるのがいいです。

これらの中で、もし時間とお金に余裕があるならば、さらに出会いを広げるために「婚活パーティ」も利用してみる、という考え方です。

なお、それぞれの具体的なおすすめサービスは以下です。

婚活サイト・アプリのおすすめ

  • 大手リクルート運営!人気の婚活専門サイト「ゼクシィ縁結び
  • 会員数No.1!どの年代/どのエリアにもおすすめ「ペアーズ

婚活パーティのおすすめ

結婚相談所のおすすめ

4. まとめ

以上、日本の結婚年齢事情についてお伝えしてきましたがいかがでしたか?

日本の平均初婚年齢は女性29.4歳、男性31.1歳で、平均年齢差は2.2歳(初婚同士の場合は1.7歳)となっています。

また「ゼクシィ」のアンケート調査結果から総合的に考察すると、結婚適齢期は女性27~28歳、男性は28~30歳と言えます。

なお、女性は30歳、そして妊娠適齢期を過ぎた35歳から一気に婚活市場で不利になり、男性も歳を取るほど理想の結婚からは遠のくので、いずれ結婚したいと考える人は計画的に婚活を進めていくことをおすすめします。

このページが、あなたの結婚計画を考える参考になれば幸いです。

※早く結婚したいと思った方へ

以下に結婚するための婚活の成功法を、4つのステップで分かりやすくまとめています。早く結婚したいという人はぜひチェックして下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket