婚活の年収事情をデータで解説!男性平均年収から女性の希望年収まで

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

「年収どれくらいないと婚活は厳しい?(男性)」「年収600万円希望って高望み?(女性)」と婚活における年収事情が気になりますよね。

男性の全国の平均年収は532万円(平均年齢45.9歳)ですが、年齢によっても地域によってもバラバラですまた、婚活においては年収500万円が一つのモテ水準となっています

このページでは、結婚相談所のアドバイザーとして働いた経験を持ち、1,000人以上カウンセリングしてきた筆者が、婚活における年収事情についてお伝えします。

  1. 男性の平均年収と、婚活における年収事情
  2. 年収の高い男性と結婚したい!女子のための婚活対策
  3. 年収が低くても結婚はできる!男子のための婚活対策

これを読めば世の中の男性の平均年収や、婚活で求められる水準が分かり、理想の結婚のために何が必要かヒントを見つけることができるでしょう。

1. 男性の平均年収と、婚活における年収事情

「自分の年収って低い?」と気になる婚活男性、「自分の希望年収は高望みすぎ?」と男性の平均年収が気になる婚活女性は多いと思います。

「女性は年齢」と言われるのに対し、「男性は年収」と言われることが多いですが、一体どれくらいあれば男性の年収は高いと言えるのでしょう

そこで、世の中の男性の平均年収から、婚活で有利になる年収目安までをまずは解説していきます!

1-1. 年齢別にみる平均年収

「年収が気になる!」という人は、まずは参考までに世の男性の平均年収を知っておきましょう。

国税庁のデータによると、全国の男性の平均年収は532万円(平均年齢45.9歳)で、年代別では以下の通りです。

年齢別平均年収データ

  • 20代前半……279万円
  • 20代後半……393万円
  • 30代前半……461万円
  • 30代後半……517万円
  • 40代前半……569万円
  • 40代後半……630万円
  • 50代前半……677万円
  • 50代後半……669万円

※国税庁「民間給与実態統計調査」平成29年度データより

結婚適齢期と言われる20代後半~30代前半でみると、400~450万円ほどが平均と言えます

年収600万円以上の男性の割合

なお、特に婚活を始めたばかりの女性には「年収600万円以上が希望」という人が多いですが、その年収600万円以上の男性は世の中の29.5%となっています

しかしこれは、収入を得ている男性全て(平均45.9歳)の値なので、20代、30代ではそれよりも全然少ないということが容易に想像できます

つまり、女性で「20代/30代、かつ年収600万円以上」を男性に希望する人は、自分自身も相当な魅力ある女性でないと、それは高望みとなってしまうということです。

年齢別高所得者の割合

では実際、高所得者は年齢別にみるとどれくらいいるのか、気になりますよね?

国税庁や厚生労働省やなど、行政機関が発表する公式的なデータはありませんが、求人・転職サイトの「doda(デューダ)」の29万人データが参考になるので紹介しておきます。

※以下データは、dodaに登録した「正社員として就業している(※つまりパートや契約社員、自営業などを除く)」20~59歳までの男女の情報がまとめられたものです。

20代30代40代50代(※)

  • 500万円以上の男性‥‥10.6%(約10人に1人)
  • 600万円以上の男性‥‥3.7%(約25人に1人)
  • 800万円以上の男性‥‥0.7%(約140人に1人)
  • 1,000万円以上の男性‥0.3%(約330人に1人)

※引用:doda「平均年収ランキング【年齢別】

  • 500万円以上の男性‥‥35.3%(約3人に1人)
  • 600万円以上の男性‥‥19.2%(約5人に1人)
  • 800万円以上の男性‥‥5.1%(約20人に1人)
  • 1,000万円以上の男性‥1.6%(約60人に1人)

※引用:doda「平均年収ランキング【年齢別】

  • 500万円以上の男性‥‥ 51.7%(約2人に1人)
  • 600万円以上の男性‥‥35.3%(約3人に1人)
  • 800万円以上の男性‥‥14.4%(約7人に1人)
  • 1,000万円以上の男性‥5.6%(約20人に1人)

※引用:doda「平均年収ランキング【年齢別】

  • 500万円以上の男性‥‥ 64.7%(約3人に2人)
  • 600万円以上の男性‥‥ 51.8%(約2人に1人)
  • 800万円以上の男性‥‥30.3%(約3人に1人)
  • 1,000万円以上の男性‥16.9%(約6人に1人)

※引用:doda「平均年収ランキング【年齢別】

※dodaの50代男性平均年収データ(707万円)は、国税庁の男性平均年収データ(50代前半677万円、後半669万円)からかけ離れて高くなっています。

おそらく、50代で転職する人は会社役員クラスの人が多くなることが原因ですが(実際1,000万円以上の割合が異常に高くなっている..!)、その点をふまえてこのデータを参考にするようにしましょう。

女性で、例えば20代年収1,000万円以上の男性(20代の0.3%、約330人に1人)を狙う場合は、

あなたも330人中1位(例:1学年女子100人ほど高校だったとして、全学年で1位)となれるほどの魅力が必要ということなので、肝に命じておきましょう。

1-2. 都内と地方の平均年収の差

以上の年齢別年収データは全国で見たときのデータです。年収は、地域によっても大きく異なるので注意しましょう

以下にエリア別の男性平均年収をまとめておくので、参考にして下さい。

←スマホの方はスクロールできます→

都市 男性の平均年収 全国平均差 全国平均比
首都圏 東京 601万円 +69万円 +13%
大阪 534万円 +2万円 +0%
名古屋 533万円 +1万円 +0%
大都市 福岡 468万円 −64万円 −12%
札幌 458万円 −74万円 −14%
仙台 436万円 −96万円 −18%
その他 高松 454万円 −78万円 −15%
熊本 445万円 −87万円 −16%
沖縄 420万円 −112万円 −21%
全国平均 532万円 ±0円 ±0%

※国税庁「民間給与実態統計調査」国税局別の給与所得者数・給与額より

ご覧の通り、東京が断トツに高いことが分かります。同じ首都圏の大阪、名古屋と比べても歴然の差です。

また、沖縄と比べるとその差は180万円にもなります。

このように都市によって年収は様々なので、上記の表の中で、自分のエリアと近いであろう都市の年収データを参考にして下さい。

【応用編】

なお、「年齢別」×「都道府県別」に見たいという人もいると思いますが、残念ながら国税庁や厚生労働省やなど、行政機関が発表する公式的なデータはありません。

なので、少しでも正確に知りたいという人は、上の表の一番右の「全国平均比」に注目して「1-1」で紹介した年齢別データに掛け合わせ、参考とするようにして下さい。

1-3. 共働きの率

なお、婚活において知っておくべきデータがあります。それが「共働き率」です。

最近は生活費やら養育費やらが高騰し、男性一人では家族を養っていくことが厳しい時代になってきました。

そのため共働きをする家庭が増えてきていて、今では65%(3組に2組)が共働き夫婦です

引用:「厚生労働省

結婚したら絶対専業主婦がいい!という女性もまだまだ多いですが、それを絶対と考えていると結婚できる可能性がかなり低くなるので、パートでもいいので共働きも覚悟しておきましょう。

1-4. 婚活における年収事情

以上はあくまで世の中全般的な男性の年収データでした。

でも一番知りたいのは婚活市場において、どれくらいの年収が理想的か(どれくらいあるとモテるか(男性)/周りのみんなはどれくらいを希望しているか(女性))ですよね。

以下は人気な結婚相談所「IBJメンバーズ」のデータですが、それによると男性は年収500万円以上からモテると言われています

※男性の、女性への申し込み数(赤線)に対し、”女性から”の申し受け数(青線)が年収500万円以上から一気に増えることを示したデータです。

※引用:IBJ「婚活総研

そのため男性は自分が婚活に有利な年収であるかどうかは、500万円を一つの基準して考えてみるといいでしょう

実際に、婚活をする女性の半分以上が男性に年収500万円以上を求めているというデータもあります。

※引用:「ANNIVERSAIRE」より

なお、「1-1」で紹介した「doda(デューダ)」のデータを参考にしてみると、年収500万円以上の男性は年代別に以下の割合となっています。

  • 20代‥‥10.6%(約10人に1人)
  • 30代‥‥35.3%(約3人に1人)
  • 40代‥‥51.7%(約2人に1人)
  • 50代‥‥64.7%(約3人に2人)

※引用:doda「平均年収ランキング【年齢別】

年代の前半か後半か、また地域によっても異なってきますが、

男性は自分の年収と比べて、女性は自分の希望年収と比べて、どれくらいの差があるか(つまり、どれくらい自分磨きを努力する必要があるか)を考える際の1つの参考として下さい。

次の章からは男女別に婚活対策をお伝えします!

以上、婚活における年収事情について解説してきましたが、大事なのはこれらをふまえどのように婚活していくべきかということです。

そこで、次の章からは男性/女性別に、年収情報をふまえた婚活対策を紹介していきます。

ご自分の性別に合わせて記事を読み進めて下さい。

2. 年収の高い男性と結婚したい!女子のための婚活対策

高望みは厳禁ですが、男性の年収が高いのに越したことはないですよね。

そこで、年収の高い男性と結婚しやすくなるための婚活対策について見ていきましょう!

まず大切なのは年収の高い男性に出会うこと。普段の生活では中々出会えませんが、以下の婚活サービスを利用すればかなり出会いやすくなります。

  • 婚活サイト
  • 婚活パーティー
  • 結婚相談所

どのように出会いやすいのか、それぞれ順に説明します。

2-1. 実は高収入男性多数!そして女性は無料の「婚活サイト」

今や人気の婚活手段の1つとなった婚活サイトには、何十万人、何百万人という規模の人が登録しています。

そんな婚活サイトには以下のメリットがあるため、婚活しやすくなっています。

婚活サイトのメリット

  • (安い!)女性は多くのサイトを無料で使える
  • (出会いが豊富!)10万人を超える登録者から好きな相手にアプローチできる
  • (出会いやすい!)登録者はみな「異性との出会い目的」で利用している
  • (効率的!)スマホさえあればいつでもどこでも活動できる

そして、こうした人気の婚活サイトには実は高収入な男性が数多く登録しています。

中でも「東カレデート」と「ペアーズ」には高収入な男性が多いです。

年収1,000万円以上がゴロゴロ「東カレデート」

東カレデート」はハイスペックな男性と、そんな男性に出会いたいハイレベルな女性のための高級志向なデーティングアプリです。

東カレデートにイケメンハイスペック男性が多くが集まる理由は次の2つです。

  • 男性料金が圧倒的に高く、お金に余裕のある人しか利用は難しい
  • 登録に審査があって、イケメン/ハイスペックでないと合格できない(使えない)

実際に、年収1000万越えの男性が4割以上もいるそうです。

※引用:「東カレデート

また、給料明細などを使った年収証明の機能もついているので、「年収証明済み」の人を狙えば、年収を嘘つかれることもありません。

ただし、登録審査は女性側にもあって通過しないといけません。合格できるかどうかはあなた次第ですが、試してみる価値ありなサイトです。(※女性は基本無料で使える)

※東カレデートは審査に24時間かかります。すぐに使える訳ではないいので注意しましょう。

東カレデートをやりこみ作成した記事

会員数No.1!高収入男性も多い「ペアーズ」

ペアーズ』はおそらく国内で今最も利用者の多い婚活サイトです。

また、いわゆる”出会い系”から現在の”クリーンなイメージ”をつけたのがペアーズとも言われていて、婚活や恋活を早くからアピールしていました。

そのため婚活目的で利用しする人、また真剣に恋人探しをする人が今でも多く集まります

そんなペアーズには、会員数が多いこともあって高収入な男性が非常に多く登録しています。

20~30代の年収別合計人数

  • 年収600万円以上‥‥163,600人
  • 年収800万円以上‥‥63,500人
  • 年収1,000万円以上‥30,600人
  • 年収3,000万円以上‥4,100人

(※2018年11月調べ)

これだけいれば十分に高収入男性に出会うチャンスがあります。

本当?と思う人は、ぜひチェックしてみて下さい。(※女性は無料)

ペアーズをやりこみ作成した記事

2-2. 実は高収入者限定の企画が多数「婚活パーティー」

婚活ブームということもあってか、ここ数年婚活パーティーがとても人気になってきました。

例えば人気の「PARTY☆PARTY」では、毎月5,000件近くのパーティーが開催され、6万人以上の婚活男女がパーティーに参加するほどです。

そんな婚活パーティーには以下のメリットがあります。

婚活パーティーのメリット

  • 実際に対面で話せる
  • 様々な企画のパーティーが開催されている
  • ライバルのレベルは意外と高くない

中でも婚活に真剣な人が集まりやすく、高収入男性の集まる企画を数多く開催しているのが「PARTY☆PARTY」です。

真剣な人にほど人気「PARTY☆PARTY」

PARTY☆PARTY』は毎月5000件近いパーティーが開催されている国内最大級の婚活パーティーで、年々参加者は増加し、今では毎月6万人を超える男女が参加するようになっています。

自社の個室ラウンジを利用し1対1で対話できるのが特徴で、男女8:8と婚活パーティーにしては小規模ですが「その分1人と話せる時間が長くて安心」と人気が高いです

また、高収入な男性の集まるパーティーも数多く開催しているので、素敵な相手に巡り会えるチャンスがあります。

対面で出会いたいという人は、一度参加してみて下さい。(※女性は2,000~4,000円/回ほど)

PARTY☆PARTY公式ページ:
https://www.partyparty.jp/

2-3. 結婚相談所

結婚相談所は料金がかなり高いですが、その分最も結婚しやすい婚活手段と言えます。

というのも、以下のようなメリットがあるからです。

結婚相談所のメリット

  • 会員は身元のわかる独身の男女だけ
  • 結婚に対して真剣な人しかいない
  • 収入・学歴が比較的高めな人が多い
  • 担当のカウンセラーが付き婚活をサポートしてくれる

なお、有名な大手結婚相談所の男性年収データを比較すると以下の通りです。

(※「★」はおすすめできる相談所のマーク)

以上を踏まえ、高所得者を探すなら「IBJメンバーズ」または「楽天オーネット」がおすすめです。

※2番目の「エン婚活」は、おすすめの2つに比べ会員数が少ない上、新宿にしか店舗がなく、入会から活動中の相談まで全て基本メール・電話対応のみなので積極的におすすめしません。

なお、結婚相談所に関する詳しい説明は以下にまとまっているのでそちらを参考にして下さい。(※結婚相談所の料金相場は20~60万円/年ほどです。)

【参考】年収の高い男性と結婚するために

年収の高い男性に振り向いてもらうためには、相手に見合う女性となれるよう、日々自分磨きを努力する必要があります

また、年収の高い男性には遊び目的の人も多く、長期間付き合ったのに捨てられてしまう..というリスクもあります

そのため、年収の高い男性との結婚を実現するためには以下のようなことが大切になってきます。

  • 身だしなみに気を使う
  • 聞き上手のコツを覚える
  • 付き合うまで絶対にエッチしない
  • 家庭的なことをする
  • 金銭感覚に注意する
  • ありがとうの気持ちを大切にする
  • 付き合う前に結婚の考え方について話し合っておく

これらを含めた結婚のための具体的なポイントが、以下の記事にまとまっています。

年収の高い男性と結婚するためのヒントが見つかるので、ぜひ一度目を通しておいて下さい。

3. 年収が低くても結婚はできる!男子のための婚活対策

「年収が低いと結婚できないんじゃないか..?」と心配する男性は多いと思います。

確かに年収が低いと婚活は不利になります。でもだからと言って結婚できないわけではありません!

以下は1章で紹介した「女性の希望年収」のデータですが、これは違う角度から見たら「300万円以上でOK」「好きになったら関係ない」という女性が半数近くもいるということを表しています!

※引用:「ANNIVERSAIRE」より

このように、年収が低くても十分にチャンスはあります!実際に以下のような口コミもありました。

口コミ・評判
【年収300万円でもOK!】
300万でも何か正しい目標持って働いてくれれば、私は結婚できるよ~♪ 。

※引用:Yahoo知恵袋

口コミ・評判
【年収300万円でもOK!】
2人で働けばやっていけるので私なら良いですよ。結婚してますがこだわる人もいるでしょうがこだわらない人もあるのでは。

※引用:Yahoo知恵袋

年収はすぐに上がるものではありません。無いものは無いので、行動力、中身や清潔感、思いやりの気持ちなど別の部分でカバーしていきましょう

ということで、年収が低い男性の婚活対策は以下になります。

  • 「婚活サイト」で攻略法を駆使して徹底的に活動する
  • お金と時間に余裕があれば「婚活パーティー」にも参加する
  • 自分磨きを徹底する

それでは順に説明します。

3-1.「婚活サイト」で攻略法を駆使して徹底的に活動する

今や人気の婚活手段の1つとなった婚活サイトには、何十万人、何百万人という規模の人が登録しています。

そんな婚活サイトには以下のメリットがあるため、婚活しやすくなっています。

婚活サイトのメリット

  • (安い!)男性は2,000~4,000円/月ほどで使える
  • (出会いが豊富!)10万人を超える登録者から好きな相手にアプローチできる
  • (出会いやすい!)登録者はみな「異性との出会い目的」で利用している
  • (効率的!)スマホさえあればいつでもどこでも活動できる
  • (戦略的!)婚活サイトには攻略法がある

とくに大きなメリットが5つ目の「攻略法がある」ことです

各サイトの攻略法を徹底すれば、年収が低くても素敵な女性と結婚できるチャンスが十分に出てきます。

なお、攻略法を含めおすすめの婚活サイトは「ペアーズ」「Omiai」です。

会員数No.1!だからチャンスが豊富な『ペアーズ』

ペアーズ』はおそらく国内で今最も利用者の多い婚活サイトですそのため、年収が低くても好きになれればOKという人に巡り会えるチャンスが大きいです

また、いわゆる”出会い系”から現在の”クリーンなイメージ”をつけたのがペアーズとも言われていて、婚活や恋活を早くからアピールしていました。

そのため婚活目的で利用しする人、また真剣に恋人探しをする人が今でも多く集まります。

こうしたことから、結婚につながるチャンスをペアーズで得ることができます。

ペアーズをやりこみ作成した記事

安定の人気!ペアーズが合わなかったら『Omiai』

Omiai』はペアーズとほぼ同時期にリリースされた、今の婚活サイト人気を支えてきた老舗アプリの1つで常に高い人気を誇っています。

そのためペアーズと同じOmiaiも会員数が多く、年収が低くても好きになれればOKという女性に巡り会いやすいです

しかし、ペアーズの方が会員数が多く出会いのチャンスが豊富でまた料金も安いため、まずはペアーズを使ってみることをおすすめします。

←スマホの方はスクロールできます→

ペアーズ Omiai
累計人数 800万人以上 350万人以上
アクティブ
会員数
50万人以上 約20~25万人(※推定)
ペアーズ Omiai
1ヶ月プラン 3,480円~/月 3,980円~/月
3ヶ月プラン 2,280円~/月 3,780円~/月

迷ったら、両方とも登録・相手検索までは無料なので、それぞれ試してみていいなと思う方を選んでみると失敗が少ないです。

Omiai をやりこみ作成した記事

3-2. お金と時間に余裕があれば「婚活パーティー」にも参加する

基本的にはコスパがよく出会いの豊富な「婚活サイト」がほすすめですが、年収が低い人はとにかく行動力、会う人数を増やして勝負をしてくことが結婚への近道です

そこで、以下のメリットのある婚活パーティーも使って出会いのチャンスを増やすようにしましょう。

婚活パーティーのメリット

  • 実際に対面で話せる
  • 様々な企画のパーティーが開催されている
  • ライバルのレベルは意外と高くない

中でも真剣度重視でおすすめなのが「PARTY☆PARTY」、スペックより容姿やトーク力で勝負しやすいのが「シャンクレール」です。

真剣な人にほど人気「PARTY☆PARTY」

PARTY☆PARTY』は毎月5000件近いパーティーが開催されている国内最大級の婚活パーティーで、年々参加者は増加し、今では毎月6万人を超える男女が参加するようになっています。

自社の個室ラウンジを利用し1対1で対話できるのが特徴で、男女8:8と婚活パーティーにしては小規模ですが「その分1人と話せる時間が長くて安心」と人気が高いです

また、「旅行好き」「アニメ好き」「高身長男性」など様々な企画が用意されています。

自分に合ったパーティーを選ぶと成功しやすいので、そんなパーティーを探して参加してみて下さい。(※4,000~6,000円/回ほど)

PARTY☆PARTY公式ページ:
https://www.partyparty.jp/

一度に多くの人に出会える「シャンクレール」

シャンクレール』は、大手の婚活パーティーで全国最大のイベント数を誇るのが特徴で、20対20の中規模型の婚活パーティーをメインに全国各地で開催しています(1人と会話できるのは2~3分)。

3分という会話の手軽さと、1回で20人の相手と出会えることから、良くも悪くも「出会えたらラッキー、とりあえず企画を楽しもう」くらいに気軽に参加する人が多い印象です

そのため婚活(結婚を見据えた恋人探し)というより恋活(単なる恋人探し)向きです。

ただ、20対20の中規模パーティー(いわゆる回転寿司式パーティー)の中では断トツにおすすめなので、中規模パーティーが気になる人はシャンクレールを選ぶといいでしょう。(※3,500~5,500円/回ほど)

シャンクレール公式ページ:
https://www.2400.co.jp

【参考】婚活パーティー成功のコツ

なお、婚活パーティー成功のコツについて以下の記事にまとまっています。

参加する際は、予習としてぜひチェックしていって下さい。

3-3. 自分磨きを徹底する

以上の「婚活サイト」「婚活パーティー」を使って、1つでも多くの出会いを増やしていって下さい。

また結婚に向け、せっかくの出会いをしっかりと恋愛に発展させられるように、日々自分磨きを努力することも大切です

そこで、出会いを交際に繋げるための自分磨きのポイントも徹底していきましょう!とくに意識すべきは次の3つです。

  • ①「清潔感」
  • ②「会話力」
  • ③「デートテクニック」

この3つを意識するだけで結婚を見据えて付き合える確率はぐんと上がります

それでは順に説明します。

① 付き合うための最低条件「清潔感」

清潔感がないと女性から異性として見てもらえません。つまり、付き合うための最低条件となっているのがこの「清潔感」です。

清潔感は、歯が磨かれている、爪がキレイにされている、体系にも気を使うなど色々ありますが、とに大事なのは次の4つです。

  • 「髪」が整っている
  • 「肌」がキレイ
  • 「服装」に気を使っている
  • 「靴/靴下」にも気を使っている

もし1つでもギクッと思うことがある人、またそもそも清潔感とは何かよく分からないという人は以下を参考にして下さい。

誰でも簡単に清潔感を整えるためのほう方法をまとめています。

② 一緒にいて楽しいと思ってもらうための「会話力」

付き合うためには「一緒にいて楽しい、もっと一緒にいたい!」と思ってもらうことが大切です(結婚したいと思ってもらうためにも大切!)

そのために必要なのが「楽しく会話すること」で、コツは以下になります。

  • 「共感」を意識する
  • 「面白い話」と「楽しい会話」の違いを理解する
  • 「自慢話」は絶対にしない
  • 「質問」を繰り返す
  • 「聞き上手」のコツをマスターする

そんな女性と楽しく会話を延々と続けるポイントを以下にまとめています。気になる人は参考にして下さい。

③ 相手を好きにさせる「デートテクニック」

そして最後に好きになってもらうためには、デートのテクニックが大切になります

テクニックは、「デートに誘う」「初デート」「2回目以降のデート」「告白」など、場面に合わせて様々ありますが、特に大切なのは次の5つです。

  • デートに誘うときは「デート」という言葉は使わない
  • 初デートは1~2時間で終える
  • デート中はさりげない気配りをする
  • とにかく「笑顔」を大切にする
  • 告白OKか見極める「脈ありサイン」を知る

以上のポイントの具体的な内容や、その他のデートテクニックが知りたい人は以下を参考にして下さい。

マッチングアプリで出会った前提で記事をまとめていますが、「婚活サイト」「婚活パーティー」の出会いでも使えるものとなっています。

また、これらのデートテクニックは交際後のデートでも使えるので、覚えておくと結婚しやすくもなります。

4. まとめ

以上、婚活における年収事情についてお伝えしましたがいかがでしたか?

男性の全国の平均年収は532万円(平均年齢45.9歳)で、婚活においては年収500万円が一つのモテ水準となっています

しかし、年齢によっても地域によっても基礎年収は大きく変わってくるので、それを踏まえて以上のデータを参考するようにしましょう。

このページが参考となり、あなたの婚活に少しでも役に立てれば幸いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket