世界一わかりやすいバイアグラが効かない原因と対策の全て

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

「バイアグラを飲んだけど効かない」と悩んでいませんか?

バイアグラが効かない原因のほとんどが飲み方にありますが、年齢や体質、ストレスや病気で効かない場合もあるので、早めに原因を突き止めて解決することをおすすめします。

この記事では、セックスカウンセラーとして100人以上の相談に乗ってきた私が、バイアグラが効かなかった場合にするべき対応を5ステップに分けて解説します。

  1. バイアグラが効かない人の共通点と対策
  2. バイアグラが偽物ではないか確認する
  3. バイアグラの飲み方が正しいか確認する
  4. 他のED治療薬を試してみる
  5. 病院で診断・治療してもらう
  6. 生活習慣を改善する

これを読めば、バイアグラが効かなかった場合の解決法が完璧に分かるので、ぜひご覧ください。

1. バイアグラが効かない人の共通点と対策

「油っこいものを食べた」「ワインを1本開けた」など、バイアグラの効果が出ない原因の8割以上が飲み方にあると言われたりします。

これは逆に言えば、飲み方さえ正しければ、ほとんどの人に効くということです。

口コミ・評判

K さん
バイアグラ効かなかったからもうわりと諦めてる

出典:Twitter

一回飲んで「体質が合わない」とか、「もう年だから無理」と諦めないでください。

もちろん、飲み方だけでなく、高血圧や糖尿病などの生活習慣病で効かないという場合もありますので、次のようにステップを踏むことで、あらゆる可能性に対処できます。 5step

「昔は効いていたけど今は効かない」という方にも有効なので、ぜひ試してみてください。

2. バイアグラが偽物ではないか確認する

バイアグラを通販で購入した場合、偽物の可能性があるので服用を一度止めましょう。

通販のバイアグラは海外からの輸入品で約4割の可能性で偽物です。

ネットのED治療薬偽物には成分比が若干異なっているものや、色だけ同じで全く違う成分が含まれているものなど、さまざまです。

当然、効果がでないだけでなく、健康被害を出してしまう可能性もあります。

中国のバイアグラ闇工場

飲んで効果が出なかったのはラッキーなのかもしれません。

病院やクリニックでバイアグラを処方してもらって飲みましょう。

ED-info」でファイザー社製の正規品バイアグラを扱っている病院を探すことができます。

最初にバイアグラを服用する際は、必ず病院で処方してもらうようにしてください。持病や常用剤がバイアグラと合わない場合、健康をくずしてしまう恐れがあるためです。

3.バイアグラの飲み方が正しいか確認する

バイアグラはセックスの1時間前、空腹時に飲むのが一番効果的です。

水で飲むのが普通ですが、お茶やアルコール、清涼飲料水でも問題ありません。

そして、次の4つに注意してください。

バイアグラ服用時に注意するべき4つのポイント

  • 食前は30分前、食後は2時間開ける
  • 油っこい物は食べない
  • アルコールを飲みすぎない
  • 牛乳やグレープフルーツジュースで飲まない

食前は30分前、食後は2時間あける

バイアグラは食事の影響を受けやすいので、食事の時間に注意が必要です。

食前なら30分前に飲むと先に有効成分を吸収できます。

食後に飲む場合は、油っこい食べ物を避け、腹6〜8分目におさえ、2時間開けるようにしましょう。

服用前に脂っこいものを食べない

バイアグラの服用前に脂っこいものを食べると、胃や腸を油でコーティングしてしまい、バイアグラの有効成分を吸収できなくなります。

油のコーティングは6、7時間は取れませんので、これが原因でバイアグラが効かないということがあるのです。

バイアグラの服用前は、ステーキやとんかつなど油分の多い料理は避けるようにしましょう。

アルコールを飲みすぎない

アルコールが回ると神経の伝達が悪くなるので勃起しづらくなり、バイアグラの効果も落ちます。

セックス前のアルコールはビール1杯までで、多くても2杯までにしておきましょう。

お酒を飲む時はバイアグラではなく、レビトラがおすすめです。

牛乳やグレープフルーツで飲まない

牛乳など脂肪分がある飲み物でバイアグラを飲むと、バイアグラの吸収を阻害してしまうので控えましょう。

また、グレープフルーツジュースは逆に血中濃度が高まり、副作用が出てしまう可能性があるので控えるのが無難です。

4. 他のED治療薬を試してみる

バイアグラを正しい方法で飲んでも効果がない場合は、体質に合っていない可能性があるので、他のED治療薬を服用してみましょう。

バイアグラ以外に、ED(勃起不全)治療薬にはレビトラやシアリスがあり、それぞれ成分が異なります。

飲み方はバイアグラと同じで大丈夫です。

バイアグラには25mgと50mg、レビトラとシアリスには10mg、20mgがありますが、最初は少量で試すことをおすすめします。

効果がない場合に、量の多い方を服用してください。

口コミ・評判

Jさん
EDの薬は三種類今販売されていますがどれも成分は違い、自分はバイアグラ以外は効かなかったわ。

 出典:Twitter

Jさんのように、逆にバイアグラしか効かないという場合もあります。

体質で全く効かないというのはあまりいないと思いますが、3つのED治療薬の効果が異なるのは大いにあることなので、一度試してみることをおすすめします。

ちなみに、私はバイアグラよりもシアリスの方が体質に合っている感じたので、いざというときのために財布に入れています。

5. 病院で診断・治療してもらう

どのED治療薬でも効果がないとなれば一度病院で診断してもらいましょう。

EDの原因は、大きく心の問題(心因性)と身体の問題(器質性)に分けることができますが、ED治療薬を飲んでも効かないという場合は、どちらかに何かしらの原因があると考えられます。

原因 概要 ED治療薬が効かない場合
心の問題 ・ストレスや緊張、うつ
・トラウマ
・精神安定剤の併用
・メンタルカウンセリング
身体の問題 ・加齢による男性ホルモン減少
・病気
・栄養不足、体調不良
・強精剤
・病気の治療
・強壮剤、生活改善

5-1. 心の問題でED治療薬が効きにくい場合

バイアグラを飲んでも、セックスの時に極度に緊張したり、セックスにトラウマ(心的外傷)があって性的欲求を感じられないなどの場合、効果はありません。

通常は心因性のEDに有効なのがED治療薬ですが、性的欲求がなければ勃ちません。

こういう場合、バイアグラと一緒に精神安定剤を服用したり、トラウマを解消するためのカウンセリングを受けるなどの対策が必要になってきます。

5-2. 身体の問題でED治療薬が聞きにくい場合

加齢によって男性ホルモンが減り、勃起を促す一酸化窒素が減少していたり、糖尿病や動脈硬化で血管が拡張しづらくなっていると、ED治療薬の効果が小さくなります。

男性ホルモン(テストステロン)が減っている場合は強精剤を服用し、男性ホルモンの分泌を増やします。

糖尿病や動脈硬化は、薬で治療するよりも生活習慣の改善が大切になってきますので、次の章で紹介します。

6. 生活習慣を改善する

勃起力の改善で大切なのは、健康的な食事、運動、睡眠を取ることです。

新宿ライフクリニックがバイアグラを飲んでも効果がない人の多くが糖尿病や高血圧、肥満などの生活習慣病だったと発表しています。

生活習慣を改善すれば、バイアグラに頼らないようにもできますので、ぜひ次の6つのポイントを大事にしてください。

勃起力アップ習慣

6-1. バランスの良い食事

バランスの良い食事を摂るために大切にしたいのが「主食・主菜・副菜」という考えで、ご飯とお肉(魚)、野菜をしっかり摂るようにします。

外食でも、ハンバーグとライスなら、「サラダを頼もうかな」という感じでバランスを調整してください。

バランスの良い食事

インスタント食品やコンビニフードに頼りっきりの生活はEDにつながりますので、改めましょう。

6-2. 運動・筋トレ

運動や筋トレは、男性ホルモンであるテストステロンの分泌を活発にして、精力向上、勃起力アップにつながります。

特に、足の筋肉(大臀筋・大腿四頭筋・大腿二頭筋)を鍛えると勃起力をアップすることができるのでおすすめです。

ウォーキングやランニングも有効で、運動する習慣を作ることが大切です。

6-3. 7~8時間の睡眠

睡眠は疲労回復だけでなく、男性ホルモンであるテストステロンの分泌にとても重要で、7〜8時間の睡眠時間を取りたいところです。

テストステロンは勃起を引き起こす一酸化窒素を供給しますが、テストステロンが減るということは一酸化窒素を減らし、勃起力の低下を招きます。

アメリカの研究で1週間の睡眠を5時間にした場合、テストステロンが15%減少したという研究結果がありますので、日々の睡眠を大切にしましょう。

6-4. 禁煙

タバコを吸っている人は将来的にEDになる確率が1.5倍高くなると言われています。

タバコに含まれているニコチンは血管を収縮させ、ペニスに血液を送ることを阻害しますのでEDにつながります。

また、タールは、ストレス解消に役立つビタミンC、精子を増やす働きをするビタミンEを減らしてしまいますので、こちらもEDの原因になるのです。

タバコとED

タバコを止められない場合は、ビタミンCとビタミンEをサプリなどで摂取するようにしましょう。

6-5. アルコールを控える

アルコールはセックス前に控えるのは当然ですが、毎日飲んでいると精子の量が減り、精力減退につながるので注意したいところです。

下の表が、アルコール健康医学協会が提唱している1日あたりのおすすめ摂取量です。

alcohol

多く飲んだら、休肝日をしっかり取りましょう。

1週間に2日は飲まない日を設けて、肝臓をいたわってあげてください。

6-6. ストレス解消

心の不調が原因でED(勃起障害)になることはよくあることなので、日頃からストレスをためこまないようにしましょう。

テレビや音楽鑑賞など、身体を動かさない趣味ではなく、バスケットボールやゴルフなど体を動かす趣味がおすすめです。

運動不足とストレス解消を一気にできて一石二鳥なのです。

7. さいごに

バイアグラの効果が出ない場合の対処法について見てきましたがいかがでしたか?

バイアグラが効かない原因の多くが食事にありますので、空腹時に服用してみてください。

また、バイアグラを始めとするED治療薬が効かない場合は何かの病気の可能性もあるので、放っておくのではなく、病院の診断を受けましょう。

この記事が、皆さまの充実したセックスライフに役立つことを心より祈っております。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket