世界一わかりやすいEDとは|原因から対処法までまるわかり

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

「EDってなんだろう?」と、EDについて疑問をお持ちでしょうか?

結論から言うとEDとは、「満足な性交ができないほど勃起力が低下した状態」のことで現代の日本では2〜3人の男性が当てはまるというほど一般的なもです。

しかし、予防法や改善法はあるのでこれらを知っておくと、予防ができたり、自分がなった時に慌てずに済みます。

この記事は、セックスカウンセラーとして100人以上の相談に乗ってきた私が、EDについて解説したものです。

  1. 花粉症以上に身近なEDとは
  2. あなたがEDか分かる1分間テスト
  3. 3種類に分けられるED
  4. EDを引き起こす生活習慣と予防・改善法
  5. EDの治療法の2つのポイント

これを知っておけば、EDになったとしてもあわてる必要はありませんので、ぜひご覧ください。

1. 花粉症以上に身近なEDとは

最初にEDとは何か、それに、どれくらいの男性がEDと推定されるのかを見ていきます。

1-1. EDとは

ED(イーディー)とは、Erectile Dysfunctionの頭文字を取ったもので、直訳すると「勃起の機能障害」ということになりますが、まさにその通りで、「満足な性交ができないほど勃起力が低下した状態」のことを指します。

一昔前は、EDのことをインポテンツ(略してインポ)と言っていましたが、侮辱的な意味合いを感じられるということで、現在では、EDと呼ばれることが多いです。

EDは、日本語で勃起不全と訳されますので、ぜひ知っておいてください。(「勃起障害」と言われることもありますが、こちらは直接的すぎるので、一般的とは言えません)

1-2. EDの症状とはどんな感じ?

EDの症状はさまざまですが、次のような症状がEDに当たります。

  • 挿入できるほど固くならない
  • セックスできるが中折れしてしまう
  • コンドームをつけるとしぼんでしまう
  • セックスしようよする気が起きない
  • オナニー(マスターベーション)はできるが、完全にかたくならない

EDの定義が「セックスに支障が出るほど勃起力が低下すること」なので、ちゃんとセックスできるかどうかが判断基準になります。

EDにも軽度から重度までありますし、治療法もいろいろありますので「俺ってEDだ」と思っても焦らないでくださいね。

1-3. なぜEDは起こる?

勃起は、性的刺激を受けて、中枢神経を通って勃起神経へ伝わり、一酸化窒素を放出してペニスの海綿体が拡張し、血液が流れ込むことで起こりますが、この過程の中で問題が起こると、勃起が弱くなったり、勃起できなくったりして、EDになります。

メンタル(心)の問題、それに、神経障害や血管障害がEDにつながりますが、詳しい原因については3章で解説します。

1-4. EDはどれくらいいる?

2009年、バイアグラの製薬会社であるファイザーが成人男性7,710人に性生活や勃起機能に関して行った調査によると、「今までにED(勃起不全)かもしれないと思ったことはあるか?」という質問に、YESと答えた人が3,494人(45.3%)もいました。

半数の男性がYESと回答しましたが、下の図が表しているように、「20代は4人に1人、30代は3人に1人」もいるなど、若い人でも多いのです。

ちなみに花粉症は5人に1人と言われていますから、花粉症よりもEDの方が男性にとっては身近と言えるわけです。

EDになって勃起力低下に悩むのは情けないと思う人が多いですが、実は勃起力に不安に思う人はこんなに多いので、悩むのは当たり前とさえ言えるのです。

2. あなたがEDか分かる1分間テスト

EDの定義が分かったところで、あなたがEDかどうかをチェックする簡単なテストがあります。

国際勃起機能スコア(IIEF=International Index of Erectile Function)は、ED(勃起不全)の進行具合をチェックするテストで、実際に泌尿器科やEDクリニックで使われています。

EDの進み具合を計るために次の5つの質問に答えるだけで判定できます。

①勃起を維持する自信の程度は どのくらい ありましたか?
1点.非常に低い 2点.低い 3点.普通 4点.高い 5点.非常に高い
②性的刺激による勃起の場合、何回挿入可能な勃起の硬さになりましたか?
1点.全く無しか、ほとんどなし 2点.たまに(半分よりかなり下回る) 3点.時々(半分位) 4点.おおかた毎回(半分よりかなり上回る) 5点.毎回か、ほぼ毎回
③性交中、挿入後何回勃起を維持することができましたか?
1点.全く無しか、ほとんどなし 2点.たまに(半分よりかなり下回る) 3点.時々(半分位) 4点.おおかた毎回(半分よりかなり上回る) 5点.毎回か、ほぼ毎回
④性交中に性交を終了するまで勃起を維持するのはどれくらい困難でしたか?
1点.極めて困難 2点.かなり困難 3点.困難 4点.やや困難 5点.困難でない
⑤性交を 試みた時に 何回 満足できましたか?
1点.全く無しか、ほとんどなし 2点.たまに(半分よりかなり下回る) 3点.時々(半分位) 4点.おおかた毎回(半分よりかなり上回る) 5点.毎回か、ほぼ毎回

スマートホンの方は、スクロールして全体を見ることができます。

点数が低いほどEDが重症になっていきます。

22点~25点 正常
17点~21点 軽度のED(勃起不全)
12点~16点 軽~中等度のED
 8点~11点 中等度のED
 5点~ 7点 重度のED

21点以下ならEDと判定されてしまいますが、私的には17点以上なら病院へ行かないでストレス解消や疲労回復につとめて様子を見るのが良いと思います。

16点以下の場合は一度病院で診断してもらい、ED治療薬をもらうことをお勧めします。(5章で解説しますので、このままご覧ください)

テストでは分からない童貞EDとは

最近では性交未経験で勃起力低下に悩む方を「童貞ED」と呼ぶことがありますが、セックスしたことがないための不安が原因の大半を占めます。

「深く悩まなくて大丈夫です」と言っても、不安をぬぐいきれないと思いますので、そういう方は、こちらの記事「【保存版】勃起力を上げる世界一最強のトレーニングメニュー」をご覧ください。

勃起力低下を改善するためにトレーニングをしていれば、いつの間にかEDで悩んでいたことを忘れてしまうはずです。

3. 3種類に分けられるED

EDは、心の問題(心因性・器質性)と体の問題(器質性)、それに常用剤の問題(薬剤性)に分けることができます。

原因と対策についてまとめましたので、下の図をご覧ください。

原因 内容 対策
心因性・機能性
(精神的な問題)
・ストレス
・セックス失敗のトラウマ
・うつ病などの精神疾患
・ED治療薬
・イメージトレーニング
・ストレス解消
・カウンセリング
器質性
(肉体的な問題)
・事故による損傷
・加齢による男性ホルモン減少
・生活習慣病
・ケガの治療
・ED治療薬
・ホルモン補充療法
・ICI療法など
薬剤性 ・使用している薬剤の副作用 ・病院で相談

※これに加えて、心因性と器質性の両方が合わさった「混合性」というのもありますが、その場合はどちらの治療も必要になってきます。

ここでは、3つに分けて解説していきます。

3-1. 心因性ED

体には問題が無いが、精神の問題で起こるEDで機能性EDとも言います。

心因性EDは、現実心因と深層心因の2つに大きく分かれます。

  • 現実心因・・・職場のストレス、経済的不安、失恋、離婚など日常生活が原因となるもの
  • 深層心因・・・セックスへのトラウマ、ホモセクシュアルなど心の奥深くに原因があるもの

現実心因は、ED治療薬やストレス解消で好転する可能性がありますが、深層心因は精神科で本格的な心理療法(サイコ・セラピー)を受ける必要が出てきます。

また、下のようEDも心因性のEDとみなされます。

原因 内容 対策
童貞ED ・セックス経験が無くて心配になる ・セックスする
・勃起力トレーニング
ヤングED  ・セックス経験が少なくて起こる ・セックスに慣れる
・ED治療薬
バーチャルED ・AV(アダルトビデオ)やアニメで
オナニーばかりしていると起こる
・セックスに慣れる
・正しい方法でオナニー
コンドームED ・前戯では勃起しているのに、コンドームを付けると萎える ・コンドームでオナニー
妻だけED ・特定の相手だけ勃たなくなる ・場所を変えるなどマンネリ化打破
・会話を大切にする

3-2. 器質性ED

器質性の勃起障害とは、ケガや病気などの肉体的原因で起こるもので、さらに、血管性、神経性、内分泌性などに分かれます。

年齢を重ね、男性ホルモン(テストステロン)が減少して起こる更年期障害や、糖尿病などの生活習慣病なども器質性です。

病気やケガの治療、それに、生活習慣病の改善や精力サプリの摂取が対策になります。このページをしっかり読んで、生活習慣などを改善していきましょう。

3-3. 薬剤性ED

高血圧治療に使われる降圧剤、抗うつ剤や睡眠薬、男性ホルモン抑制剤など、常用剤が勃起不全の原因になっている場合です。

少数と思われるかもしれませんが、ED治療に訪れる男性の4割が薬剤の影響によるものだそうです。

下の図は、EDにつながる薬品についてまとめたものです。

分類 代表的な薬
降圧剤 フルイトラン、ラシックス、アルダクトンA、アルドメットなど
抗うつ薬 トフラニール、パキシルなど
抗精神病薬 べゲタミンAなど
抗てんかん薬 テグレトールなど
睡眠剤 フェノバールなど
抗潰瘍剤 タガメット、ドグマチールなど
抗男性ホルモン剤 プロスタール、リュープリンなど
脂質異常症治療剤  リピトール、ビノグラックなど

これ以外でも常用剤があれば、「薬品名 ED」で調べてみましょう。

もし、EDになる恐れがある薬を服用していることに気づいた場合、勝手に服用を止めるのではなく、一度医師に相談してからにしてください。

4. EDを引き起こす生活習慣と予防・改善法

EDの原因は分かっていただけたと思いますが、では、なぜEDになってしまうのかというと、加齢による筋力低下や男性ホルモンの低下、それに悪い生活習慣の影響が挙げられます。

ここで、原因と対策を見ていきますので、ED予防、ED改善に役立ててください。

4-1. 加齢が原因で起こるED

年齢を重ねていくと、だれしもが男性ホルモン(テストステロン)が減少し、筋力が低下していきます。

テストステロンは勃起する際に必要な一酸化炭素を放出させるだけでなく、精子の造成にも関わっている重要なものです。

男性ホルモンが減ると、勃起力が低下するばかりではなく、集中力不足や無気力、不眠といった更年期障害(LOH症候群)にもつながってきますので、ホルモン補充療法が必要になる場合も出てきます。

4-2. EDにつながる悪い生活習慣

不健康な日常生活を送っていると、男性ホルモンが減少したり、栄養不足でEDになりやすくなってしまいます。

ここで紹介する悪習を回避することが、そのままED改善策になりますので、ぜひ、自分の生活を振り返ってみてください。


どういう風に悪影響が出るか、そしてどうすれば改善に向かえるのかを見ていきましょう。

不健康な食事

インスタント食品や、牛丼やハンバーグなどのファーストフードばかり食べていると、勃起力低下だけでなく、健康を害してしまう可能性があります。

コンビニや外食ばかりしていると、ミネラル不足となると最近話題になりましたが、その他にも添加物や着色料、防腐剤の問題もあり、毎日避けるのは避けたいところです。

コンビニや外食をよく利用する方は、ミネラルのサプリを飲んだりというような対策をしっかり行いましょう。

勃起力をアップする食事について詳しく知りたい方は、こちらの記事「【保存版】勃起力を上げる食べ物|精力みなぎる最強食事メニュー」をご覧ください。

運動不足

運動する習慣がないと、男性ホルモン(テストステロン)の減少、血行不良になり、勃起力が落ちていってしまいます。

年をとるごとに筋肉が減っていくように、勃起力も低下していきます。

スクワットの方法をご紹介しておきますので、勃起力低下に取り組んでみてください。

激しい運動は必要ないので、スクワットやウォーキングなど、できる範囲でやっていきましょう。

勃起力アップトレーニングについて詳しく知りたい方は、こちらの記事「【保存版】勃起力を上げる世界一最強のトレーニングメニュー」をご覧ください。

睡眠不足

睡眠不足も、運動不足と同様に、テストステロンの減少につながります。

20代中盤の男性の睡眠時間を1週間5時間にしたところ、テストステロンが10〜15%下がったという調査結果があります。

睡眠時間を7〜8時間とるのが理想ですが、睡眠時間を確保できない場合は、「寝る前にスマホを使わない」「リラックスできるアロマを寝室に入れる」など、睡眠の質を上げるようにしましょう。

タバコ

タバコはEDにも大きく関わっており、喫煙者の4割がED患者というデータがあります。

タバコを吸うとビタミンやミネラルという栄養を消費してしまうので、やはり禁煙することをお勧めします。

禁煙が難しいならビタミンCなどのサプリを取るようにしてください。

アルコールの飲み過ぎ

セックス前にアルコールを飲むと勃起がしづらくなるのは皆さんご存知でしょうが、毎日お酒を飲んでいると精子が減り、精力減退やEDにつながってしまいます。

アルコール健康医学協会によると、1日ビール500ml、日本酒1合程度が理想だそうです。

これ以上飲む場合は、週2日程度休肝日を設けるなどして、肝臓を休めてあげてください。

悪質なオナニー

「毎回同じオカズでオナニー」というようなことをして、フル勃起せずに射精していると勃起力を落としてしまいます。

また、手に力を入れすぎると、膣内でいけなくなる膣内射精障害になる恐れがあるので、TENGAなどのオナホールを使うのがお勧めです。

勃起力を落とさないオナニー方法を6条にまとめました。

ちなみに、私はオナ禁はEDに好影響を与えないと思います。使わないでいる部分が強くなるわけはありませんし、オナニーを毎日する方が、精子の健康には良いそうです。

「1日3回やってゲッソリ」というのはやりすぎですが、精力減退しない範囲でオナニーしてください。

5. EDの治療法の2つのポイント

EDの治療は、次のようにおさえておくのが分かりやすいです。

多くのED患者にED治療薬が有効ですが。ED治療薬が効かない、飲めないなどの事態になった場合には、ED治療薬以外の治療を行います。

ED治療でおさえておくべき2つのポイント

  • ED治療薬(勃起薬・勃起剤)
  • ED治療薬以外の治療法

1つずつ見てきましょう。

5-1. 8割の人に効くED治療薬

ED治療薬とは、バイアグラ、レビトラ、シアリスのことで、病院で処方してもらいます。

下の図は勃起薬(ED治療薬)の働きを表わしたものです。

勃起をしずめるPDE5という酵素の働きを阻害して勃起を強めるので、PDE5 阻害薬とも言われます。

種類のED治療薬を比較をした表をご紹介しておきますので、参考にしてください。

バイアグラ レビトラ シアリス
薬品の形
有効成分 シルデナフィル バルデナフィル タダラフィル
勃起力 ★★✩ ★★★ ★✩✩
即効性 ★★✩ ★★★ ★✩✩
持続時間 5〜6時間 10時間 30〜36時間
副作用の軽さ ★✩✩ ★★✩ ★★★
食事の影響度 ★✩✩ ★★✩ ★★★
服用タイミング 性行為の1時間前 性行為の1時間前 性行為の3時間前
価格の目安 25mg 1,300円~
50mg 1,500円~
5mg   1,000円~
10mg 1,500円~
20mg 1,800円~
5mg   1,500円~
10mg 1,700円~
20mg 2,000円~

※スマートホンの方は、スクロールで全体を見ることができます。
名前をクリックスすると、詳細ページへ飛びます。

実績ナンバーワンのバイアグラ、勃起力を一番強めるレビトラ、副作用が少なく持続時間が長いのがシアリスです。

私的にはシアリスが一番お勧めですが、個人個人で効き方に差が出るので全て試してみることをお勧めします。

ED治療薬について詳しいことを知りたい方は、こちらの記事「」をご覧ください。

ED治療薬って副作用が怖いの?

ED治療薬は血管拡張作用があり、目の充血や頭痛などの副作用が起きてしまうのですが、病院の医師の処方に従って飲んでいれば大きな問題にはまずなりません。

ED治療薬は安全だからこそ、世界中で使われているのです。

むしろ、「ED治療薬は怖いからこっちの精力剤飲みなよ」と得体のしれないサイトが勧める精力剤を飲む方が危険です。

ED治療薬について知りたい方は、こちらの記事「ED治療薬の副作用|健康被害を出さないための全ポイント集」をご覧ください。

ED治療薬を飲んでもEDは治らない?

ED治療薬にはウソが多いですが、こんなことを書いてあるサイトがありました。

口コミ・評判

U さん
ED薬は、根本の症状が全く改善されないし、薬への耐性が出来てしまい、効果は徐々に鈍化していくだけでなく、服用前よりも症状が悪化する場合もあり、麻薬のようなものである。

これはデタラメです。ED治療薬は耐性ができる性質のものではありませんし、心因性のEDならED治療薬でセックスに慣れることで、完治することもあります。

ED治療薬には依存性はありませんし、使用者は「ED治療薬に頼らなくてもセックスしてやるぜ」という気持ちを持って生活習慣を改善していけば大丈夫です。

 知っておくべきED治療薬と精力剤の違い

EDになると「精力剤の方が良いの?」と、多くの方が疑問に思うので、ED治療薬(勃起薬)と精力剤(精力サプリ)の違いについて解説しておきます。

ED治療薬と精力サプリの違いは即効性があるかどうかで、ED治療薬は飲んで1時間もすると効果が出てきますが、精力サプリは体を元気にすることで勃起力の回復を図るもので、効果が出るまで長い時間がかかります。

勃起薬と精力サプリ、強精剤の違いをまとめたのが下の図です。

種類 特徴 主な品名 副作用
ED知力薬
(勃起薬、勃起剤)
・即効性あり
・効果は一時的
・バイアグラ
・シアリス
・レビトラ
有り
精力サプリ
(精力剤・滋養強壮剤)
・即効性なし
・効果は持続的
・ユンケル
・マカ
・エビオス錠
ほぼ無し

※精力剤の中の1つに勃起薬を入れる分け方もあります。

「今日の夜のデートは外せない」という時は、勃起薬をしっかり飲んでください。

しかし、体を健康にして、根本から勃起力をアップさせたい場合はサプリメントを飲みましょう。

30代当たりから飲むべきですが、20代の方も、毎日疲れが溜まっていたり、精力が減退している場合は、服用をお勧めします。

私が最もおすすめするのは『クラチャイダムゴールド』です。

クラチャイダムゴールド

クラチャイダムゴールド』は、数ある精力剤ランキングの中で必ず上位を占める人気サプリです。

精力剤として名高いマカよりも栄養豊富なクラチャイダムを、素材100%でカプセルに閉じ込めています。

「サプリにちょっと抵抗がある方」「自然なもので勃起不全を解消したいという方」にもお勧めです。

価格 9,180円(1日分約300円)
有効成分 クラチャイダム
お得情報 公式ページで初回半額で購入できます

5-2. ED治療薬以外の治療法

ED治療薬以外の治療法をまとめたのが下の図です。

ED治療薬が効かない場合は、器具を使って勃起させたり、注射で勃起させるといった方法が必要になってきます。

方法 費用 治療を受ける場所
陰圧式勃起補助器具 1セット約3万円 通販、EDクリニックなど
ICI療法 1回約1万円 泌尿器科、ICIクリニックなど
心理療法 1回2,000〜3,000円 精神科、心療内科など
ホルモン補充療法 症状による 内科、泌尿器科など
外科手術 症状による 泌尿器科など
ED1000 全12回で約40万円 EDクリニックなど
陰茎プロステーシス手術 全部で60~90万円 東邦大学医療センターなど

詳しいことが知りたい方は、こちらの記事「勃起不全の8つの治療法と病院選びに失敗しない全ポイント」をご覧ください。

ただ、「ED治療薬よりかは高くつくんだな」ということは知っておくと良いでしょう。

6. さいごに

EDについてご説明してきましたが、いかがでしたでしょうか?

EDは花粉症以上にありふれた男性の病気の1つであり、もちろん改善もできます。

日頃から健康に気を使った生活をしていれば、勃起力を落とすことはありませんから自信を持ってください。

この記事が、皆さまのセックスライフにお役に立てば幸いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket