女子ウケを狙う男性が今すぐ始めるべきモテる趣味13選|35の趣味を比較

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

「モテる趣味ってある?」「趣味を作るなら女子ウケがいいのにしたい!」など、モテる趣味が気になりますよね。

そこで、35個の趣味をデートした62人の女性に徹底的にヒアリングし、「女子ウケの良さ」「デートへの誘いやすさ」の2つの観点で徹底比較しました!

  1. モテやすい趣味はどれ?35個を徹底比較
  2. 【モテる趣味ベスト4】
  3. 【女子にカッコいいと思われる趣味4選】
  4. 【デートに誘いやすい趣味5選】

これを読めばどんな趣味がモテやすいかランキング形式で分かり、女子ウケのいい新しい趣味を見つけることができるでしょう。

1. モテやすい趣味はどれ?35個を徹底比較

「モテたい」「彼女もほしいしエッチもしたい!」そう強く願った私は、人生を変えるべく全力でモテる方法を研究することに決めました。

ネットやモテる本を読み漁る、身近にいたモテる友達/先輩などに聞きまくるなど、6年間以上モテることについて追求してきました

例えば読んだモテる本は50冊以上!(私の本棚の一部)

その結果、23歳まで童貞だった私ですがモテるコツを掴み、今までにデートした女性の数は200人を超えました。

※なお6年間の研究と実体験を元にした「モテるためのコツ」を以下にまとめています。きになる方はご参考下さい。

そんな私が実体験を含めて感じるのは「趣味を語れる男はモテる!」ということです。

というのも以下の3つのメリットがあるからです。

  • 会話が盛り上がりやすい
  • 趣味の話題からデートに誘いやすい
  • さらにその趣味がガチなら尊敬されやすい

女子ウケのいい趣味や共通の趣味であればそれを話題に会話はかなり弾みますし、趣味の話の流れでデートにも誘いやすいです。

また「賞を受賞した/学生時代全国大会に出場した」「今も週一で続けている」など、その趣味への熟練度や本気度が伝わると女性から尊敬の目で見られモテやすいです。

そのため、女性にモテやすくなるためにも、人生を豊かにするためにも趣味を見つけることをおすすめします。

趣味探しに最適!35個を一覧で比較

趣味の好みは人それぞれですが、それでもモテやすい趣味/そうでない趣味ってありますよね

スポーツ男子はモテますし、ギャンブル好きな人は嫌われます。

では一体どれがモテやすい?ということで、以下の観点で代表的な35個の趣味を徹底比較しました!

  • 女子ウケの良さ:女性に好印象か?興味を持ってもらえるか?
  • デートへの誘いやすさ:今度〇〇しようとデートに誘いやすいか?

なお趣味は「一緒にしやすい」「相手も同じ趣味なら一緒にできる」「一緒にするのは難しい」の3つに分かれると考えています。

今回は35個の趣味をその3つに分けてお伝えします。

それではいよいよモテる趣味を発表します!趣味選びの参考にしてください。

一緒にしやすい(16個)

相手も同じ趣味なら一緒にできる(11個)

一緒にするのは難しい(8個)

  • ※「総合」の得点はあくまで私の感想で、モテ活動への使いやすさを点数化しています。
  • ※「女子ウケ」はデートした200人以上の女性の反応と、デートから友達関係になった62人の感想をもとに評価しています。
  • ※なお「女子ウケ」「誘いやすさ」の評価は相手が同じ趣味か/違う趣味かによっても変わります。詳細が知りたい人は「こちら」を参考にして下さい。

いかがでしたでしょうか?

ここで、以上をふまえモテ活動に使いやすい趣味ベスト4は次のとおりです。

女子ウケ・誘いやすさを総じて、最もモテる趣味ベスト4
  • スポーツ(全般)
  • ドライブ
  • グルメ/食べ歩き
  • 旅行

ベスト4は王道のこの4つです。圧倒的に女子ウケがいいか、デートにも誘いやすくバランスがいいのが高評価のポイントです。

詳細は以下で説明します。

※「2. モテる趣味ベスト4

女子にカッコいいと思われる趣味4選

以上の4つ以外で、カッコいいと思われ女子ウケがよくおすすめなのは次の4つです。

  • スノーボード/スキー
  • スキューバーダイビング
  • ランニング
  • ゴルフ

これらは特別デートに誘いやすいわけでは何ですが、好印象を与えることができるので女性に興味を持ってもらいやすいです。

詳細は以下で説明します。

※「3. 女子にカッコいいと思われる趣味4選

デートに誘いやすい趣味5選

また、デートに誘いやすくおすすめなのは次の5つです。

  • アウトドア
  • 映画鑑賞
  • ダーツ
  • 動物好き(動物園/水族館好き)
  • カフェ巡り

これらは趣味の話題から「それじゃあ今度〇〇しようよ!」とデートに誘いやすいのでモテ活動に使えます。

詳細は以下で説明します。

※「4. デートに誘いやすい趣味5選

2. モテる趣味ベスト4

200人以上の女性とデートし、「これはモテる!」と感じた趣味べスト4は次の通りです。

  • スポーツ全般
  • ドライブ
  • グルメ/食べ歩き
  • 旅行

この4つから1つは趣味にできると好印象を与えられたり、会話の話題を作りやすかったり、モテることに有利になります。

それでは順に説明します。

2-1. スポーツ全般

総合得点:97点

  • 女子ウケ・・・★★★★★+
  • 誘いやすさ・・★★☆☆☆

スポーツはイメージがが良く、圧倒的に女子ウケがいいのでおすすめです。

サッカー、野球、バスケ、ラグビーなどのチームプレーの球技が「ザ・スポーツ」という印象でとくに好感を持たれますが、

陸上、水泳、剣道、柔道などの個人スポーツも十分にモテます。

モテるポイントとしては以下で、いずれかに当てはまるとよりモテやすいです。

  • 県大会ベスト4/全国出場などの高い実績がある
  • 中高で部活動を一生懸命やっていた
  • 今でも月1ペースで活動している

「ガチでやっていた」「好きで今でも続けている」ということが大切です。

スポーツはデートに誘うことは難しいですが、「頼もしい」「爽やか」「体系がいい」「健康的」というイメージがあるので、スポーツしていた/していない女性にかかわらず好印象でモテやすいです。

2-2. ドライブ

総合得点:95点

  • 女子ウケ・・・★★★★★
  • 誘いやすさ・・★★★★☆

ドライブが嫌いな女子はいない。それは200人以上の女性と会ってきた私が自信を持って言えることです。

また運転が上手いというのは1つのモテ要素で、「趣味ドライブ」=「運転がうまい」ということをさりげなくアピールできるので女性に好印象です。

(ただ会話の時にはあくまでドライブの楽しさについて語りましょう。運転の上手さをアピールすると「自慢か」と逆に印象を悪くします。)

モテるポイントは以下です。

  • ドライブの思い出を3つ以上語れる
  • 少なくとも3ヶ月に1回はドライブに行っている

ドライブの話をすると必ず「どこ行くの?/どこがおすすめ?」「よく行くの?」と聞かれます。

そのときに「〇〇がよかった」などと思い出を楽しく語れると女性は興味を持ち行ってみたいと思ってくれます

またドライブによく行くほど「運転が上手そう」「いいスポットを知ってそう」という印象で、女性が一緒にドライブに行ってみたいなという気になります。

なお車を持っていなくても、レンタやカーシェアで十分です。行く頻度が大切です。(もちろん車を持っていたらよりモテますが。)

2-3. グルメ/食べ歩き

総合得点:92点

  • 女子ウケ・・・★★★★☆
  • 誘いやすさ・・★★★★★

グルメが好きな女性は多いです。美味しいお店などを多く知っている人がモテやすいのはそのためです。

また、「趣味:グルメ/食べ歩き」の最大のメリットはデートに誘いやすいことです。

普通の人と行くご飯デートよりも、美味しいお店を知っている人と行くご飯デートの方がワクワクするのは当然ですよね。

なおモテるポイントは以下です。

  • テーマごと(お肉/お魚/野菜など)の美味しいお店を知っている
  • 美味しいご飯の写真をケータイに保存している
  • お金は男性が多めに出す男気がある

相手の女性の好みに合わせてお店を紹介できるとデートに繋げやすいです。また、実際に行ったお店の写真を見せると会話がより盛り上がります。

なおいいお店に女性を誘う際はしっかりと男性が多めに出しましょう。すると次回のデートも実現しやすいですし、女性があなたのことを異性として見てくれるようになります。

2-4. 旅行

総合得点:91点

  • 女子ウケ・・・★★★★★
  • 誘いやすさ・・★☆☆☆☆

旅行好きの女性はかなり多いです。またそうした女性は「いつか恋人と旅行に行きたい」と願っています

そのため「旅行が趣味」と答えると、女性は「もし付き合ったら楽しそう」と好印象を抱きやすいです。

行き先は海外でも国内でもいいですが、海外の方がモテる傾向にあります。

単純に海外好きの女性の方が多いから、また「海外旅行が好き」=「グローバル/頼もしい」「それなりに裕福」という印象があるからです。

モテポイントは以下です。

  • 旅行の思い出を3つ以上語れる
  • 海外なら年に1回ほど、国内なら年に2回ほどは旅行に行っている

「趣味:旅行」は1~2回以上行けば誰でも言えてしまうことでもあるため、本当に好きか信じてもらえるように話せることがポイントです。

そのため必ずある「どこがおすすめ?」という話題ですぐに話せること、しっかりと定期的に旅行に行っているという事実が大切になります。

楽しい旅行の思い出話は誰もが好きなので、とくにおすすめの趣味の1つです。

3. 女子にカッコいいと思われる趣味4選

紹介したベスト4以外で、カッコいいと思われ女子ウケのいい趣味があります。それが次の4つです。

  • スノーボード/スキー
  • スキューバーダイビング
  • ランニング
  • ゴルフ

とにくスノーボード/スキーはシーズン中はデートにも誘いやすいのでおすすめです。

それぞれ順に説明します。

3-1. スノーボード/スキー

総合得点:88点

  • 女子ウケ・・・★★★★★
  • 誘いやすさ・・★★★☆☆

スノーボード/スキーはとくに同じ趣味を持った女性から好印象ですが、そうじゃない女性にも「やってみたい!」という人が多いため好かれることが多いです。

とくにシーズン中は「一緒に行こうよ」「俺が教えるよ!」と誘いやすく、モテ活動に使いやすいです。

なお最近はスキーよりスノーボードの方が興味を持っている女性が多いので、2つを比べるならスノボードの方が有利です。

モテポイントは以下です。

  • 教えられるスキルがある
  • 毎シーズン少なくとも1度は行っている
  • スノーボード/スキーのデートプランを組める

相手が初心者の場合、教えられるスキルがあると相手も行きやすいですし、実際に教える中でゲレンデマジックを狙えます

また毎シーズン行くことで「本当に趣味なんだ」と信じてもらいやすく、さらにデートプランまで組めると一緒に行く女性は「頼もしい」とキュンとします。

3-2. スキューバーダイビング

総合得点:87点

  • 女子ウケ・・・★★★★★
  • 誘いやすさ・・★☆☆☆☆

女子ウケのいい趣味といえば「スキューバーダイビング」と自信を持って言えるほどスキューバーダイビングは女性に好印象の趣味の1つです。

やってみたいと憧れる女性は多く、強い興味を持ってもらえます。

しかも「趣味:スキューバーダイビング」=「アクティブ/人生の楽しみ方を知ってそう」+「それなりにお金に余裕もある」というイメージがあるため、好感をもたれやすいです。

モテポイントは以下です。

  • ライセンスを取得している(初級のOWDで十分)
  • スキューバーダイビングの魅力を語れる
  • 今までに2~3回以上はダイビングに行っている

ライセンスを取得していることが何よりのポイントです。体験ダイブでは趣味としていうにはアピールが弱いです。

また相手にスキューバーダイビングしてみたいと思われる様に魅力を語れると話が盛り上がります。

具体的な体験を語れるとより強いので、最低でも2回以上(ライセン取得の際のダイブも含めてOK)行くといいです。

3-3. ランニング

総合得点:81点

  • 女子ウケ・・・★★★★★
  • 誘いやすさ・・★★☆☆☆

「趣味:ランニング」=「健康的/体型が維持される」というイメージがあるため女性にいい印象を与えることができます。

デートにランニングを誘うのは難しいですが、女子ウケの良さがとにかくいいためおすすめです。

モテポイントは以下です。

  • 最低でも月1でランニングしている
  • 10km走るのは余裕
  • (マラソンを一度走ったことがある)

一番のポイントは「今も定期的に続けている」ということです。3ヶ月に1回とかだと趣味として相手に認めてもらえないことが多いです。

また「10km走るのは余裕」と自信を持って答えられると信憑性がまします。(※毎回10km以上走れということではないです。)

さらに、必須ではないですがマラソン(42.195km)を走ったことがあると「おー」となって話題が盛り上がることが多いです。

3-4. ゴルフ

総合得点:78点

  • 女子ウケ・・・★★★★☆
  • 誘いやすさ・・★★★☆☆

ゴルフは「大人/紳士」のイメージがあるので好印象の場合が多いです。

また仕事の付き合いで行くことが多いため「仕事デキる人」と思われたり、決して安くない趣味なので「それなりにお金に余裕がある人」と思われやすいです。

また「やってみたい!」という女性も多いので、仲良くなったら打ちっ放しなどへデートに誘いやすいです。

モテポイントは以下です。

  • スコアが110前後以下(100切っていれば完璧)
  • 教えられるスキルがある

ゴルフ趣味なのにスコアが悪いのはやはり印象は良くないです。少なくとも110台であることが望ましいです。

また教えられればデートにも誘いやすくなるので使いやすい趣味となります。

4. デートに誘いやすい趣味5選

一緒に〇〇しようとデートに誘いやすくておすすめの趣味は次の5つです。

  • アウトドア
  • 映画鑑賞
  • ダーツ
  • 動物好き(動物園/水族館好き)
  • カフェ巡り

これらは趣味でない人も一緒に参加しやすいのが共通点です。

それぞれ順に説明します。

4-1. アウトドア

総合得点:86点

  • 女子ウケ・・・★★★★★
  • 誘いやすさ・・★★★★☆

「アウトドアが好き」「楽しそう!」という女性は多くデートに誘いやすいです。

キャンプは流石にハードルが高いですが、BBQや川遊びをしたいという女性は大勢います。

また、アウトドアのいいところは「男らしい」イメージがあるため印象もいいことです。

そんなアウトドアのモテポイントは以下です。

  • アウトドアの思い出を3つ以上語れる
  • アウトドア仲間がいる
  • アウトドアのデートプランを考えられる
  • アウトドアの手際がいい

BBQ、川遊び、キャンプ、何でもいいので思い出やおすすめのアウトドアスポットを語れることが大切です。

また、アウトドアをいきなり2人きりで行うのはハードルが高いため、複数人で行けるようにアウトドア仲間がいるとデートにより誘いやすいです。

またデートプランを考えられたり、火起こし、食材づくり/BBQの手際がいいと女性はよりキュンとします。

4-2. 映画鑑賞

総合得点:84点

  • 女子ウケ・・・★★★★☆
  • 誘いやすさ・・★★★★★

映画はデートの鉄板です。そのため映画鑑賞が趣味だとデートに誘う口実として非常に役立ちます

趣味としては無難なので女子ウケが特別いいわけではないですが、デートの誘いやすさはピカイチなのでおすすめです。

モテポイントは以下です。

  • 好きな映画ベスト3を語れる
  • 一人映画にも行く

ちょと映画好きなら誰もが「趣味:映画鑑賞」と言えてしまうため、本当に好きかどうか信じてもらえるように語れるのがポイントです。

そのため「ベスト3は?/おすすめは?」という質問に理由付きで答えられることが大切です。

また「一人映画に行く」=「本物の映画好き」と思われます。

ちなみに映画好きの女性は一人映画に行く人が多いです。そのため「俺一人映画にも行っちゃうんだ」「え、私も!笑」と話が盛り上がることが多いです。

4-3. ダーツ

総合得点:77点

  • 女子ウケ・・・★★★☆☆
  • 誘いやすさ・・★★★★★

チャラいイメージも0ではないため特別女子ウケがいいわけではありませんが、圧倒的にデートの二次会に誘いやすいのがダーツです。

ただ「ダーツに行こうよ」だけでは弱いですが、「俺けっこう得意なんだ」「教えてあげるよ!」と言えると二次会成立率は格段に上がります。

またダーツバーは実は隠れナンパスポットでもあり、ダーツが上手いと「一緒にダーツやろうよ」と誘いやすくなります。

モテポイントは以下です。

  • 1ゲームに2回はブル(中心)に当てられる
  • 複数あるダーツのゲームルールが分かる

分かりやすくブルに当てられるかが「上手い」と思ってもらえるかを分けます

またダーツには複数のゲームルールがあり、それぞれどう違うか分かっていないと「この人ただの誘い目的だな」と思われてしまうのでしっかり把握しておくことが大切です。

4-4. 動物が好き(動物園/水族館好き)

総合得点:75点

  • 女子ウケ・・・★★★★☆
  • 誘いやすさ・・★★★★☆

これを趣味としてしまうと印象は特別いいわけではなくなりますが、ともかく「動物好き」は女性からモテます。「優しい」イメージがあるからです

また、動物好きという話題から「動物園」や「水族館」のデートに誘いやすいのは大きなメリットです。

そういった意味でおすすめの趣味の1つです。

なお、モテポイントは以下です。

  • 動物を見ると目が輝く
  • 動物に触れるのが好き
  • 好きな/行ってみたい動物園や水族館が複数ある

本当に動物好きだと信じてもらうことが一番のポイントで、そのために動物を見るとテンションが上がる、触れてみたいと思うことが大切です。

また好きな動物園や水族館、または行ってみたいところがあるとデートに誘いやすくモテる趣味としてより使いやすくなります。

4-5. カフェ巡り

総合得点:75点

  • 女子ウケ・・・★★★☆☆
  • 誘いやすさ・・★★★★★

カフェ巡りは男らしいイメージがないため特別女子ウケがいいわけではないですが、カフェ好きな女性は多いのでとにかくデートに誘いやすいです。

そういった意味でおすすめの趣味の1つです。

モテポイントは以下です。

  • チェーン店以外の好きなカフェを3つ以上言える
  • オシャレなランチのできるカフェを3つ以上言える
  • チェーン店でも楽しく飲める

趣味として言うためにチェーン以外のお店を紹介できることが大切です。

また好きなカフェと被ってOKですが、ランチにいいオシャレなカフェも紹介できることが女子ウケのポイントです。

そして絶対やってはいけないのがチェーン店のカフェをバカにすることです。すると逆に面倒臭い人と印象を持たれてしまうので、どこでも楽しめる気構えが大切です。

5. 趣味選びの注意点

以上おすすめのモテる趣味についてお伝えしてきましたが、趣味選びの注意点もあるので最後にお伝えします。

5-1. 好きになれないものを無理やり選ばないこと

趣味選びの際はモテやすさを考えることも大切ですが、以下の点を無視して選ぶと失敗してしまうので注意しましょう。

  • 本当に興味を持てるものから選ぶ
  • しっかりと続けられるものを選ぶ

本当に興味を持てるものから選ぶ

「モテやすいから始めた/続けている」と言うと女性は引きます

モテるためには「この人本当にこの趣味が好きなんだなぁ」と思ってもらえることが重要なので、無理して始めるのはやめましょう。

しっかりと続けられるものを選ぶ

趣味は続けなれば上達しないし、話にも深みは出ません

また趣味がコロコロ変わると「辛抱がない人」「気変わりしやすい人(浮気もしやすい!?)」と女性にマイナスの印象を与えてしまいます。

頻度は高くなくてもいいいのでスポーツ系なら2ヶ月に1回、旅行なら年に1回でも、しっかり続けられるものを選びましょう。

5-2. 女性に嫌われるNGな趣味を選ばないこと

今までに紹介した35個の趣味であれば大丈夫ですが、以下の趣味は女性に嫌われがちなので、できれば避けるか、たとえ趣味であっても内緒にしておくことをおすすめします。

  • ギャンブル
  • 美少女アニメ系
  • フィギュア集め
  • アイドルの追っかけ
  • コレクション系

それぞれ簡単に説明します。

ギャンブル

パチンコ、スロット、麻雀、競馬/競輪/競艇、などのギャンブルは女性に最も嫌われる趣味の1つです。

ギャンブルはやはり社会的なイメージが悪いです。また、単純にお金を浪費する(または将来的に浪費する可能性が高い)ため危険という考えを持つ女子が多いです。

たとえ同じギャンブルの趣味を持つ女性からも決してイメージはよくはないので避けたほうがいいです。

美少女アニメ系

オタクの系の趣味は残念ながら世間一般的にはマイナスイメージを与えることが多いです。

その代表例が「美少女アニメ系」の趣味です。「美少女アニメ系にハマる人」=「モテない人/女性の扱いが下手な人」との印象を与えるからです。

ただし、中には同じ趣味の女性もいてその場合は話が盛り上がることがるので(ただしごく少数派)、相手が同じ趣味とわかったら打ち明けるのがいいでしょう。

アイドルの追っかけ

「美少女アニメ系」ほどではないですが、「アイドル追っかけ」もモテない/女性の扱いが下手という印象を与えるため好かれないことが多いです。

特に地下アイドルの追っかけは女性からマイナスのイメージを持たれる可能性が高いので避けることをおすすめします。

フィギュア集め

フィギュア集めも「オタク系趣味」の代表例と言えます。

ただしガンダムなどの男っぽいフィギュア(一言で言えば「美少女系以外」)でれば大きなマイナスのイメージはないため比較的に大丈夫です。

「フィギュア集め」と聞くと世間一般の女性は勝手に美少女系のフィギュアをイメージしてしまうので、その場合「”ガンダムなど”のフィギュア集め」と具体的に伝えるようにしましょう。

コレクション系

時計、アクセサリー、キャラクターグッズなどの「コレクション系」の趣味もいいイメージを与えないことが多いです。

理由は「お金がかかるイメージがある」からです。すると「長期で付き合うのは(とくに結婚でもしたら)苦労しそうだなぁ」と女性は思うのです。

【参考】相手の反応は同じ趣味かどうかでも違う

なお、趣味に対する女性の反応は、相手も同じ趣味であるか/もしくは違う趣味であるかによっても変わってきます

35個の趣味それぞれの詳細を表にまとめましたので詳しく知りたい人は参考にして下さい。

なお「女子ウケ」「誘いやすさ」に加え、同じ趣味の人がどれだけいるかの観点も含めてお伝えします。

  • 女子ウケの良さ:好感をもたれるか?興味を持ってもらえるか?
  • デートへの誘いやすさ:今度〇〇しようとデートに誘いやすいか?
  • 共通の趣味の女性の探しやすさ:同じ趣味の女性がどれだけいるか?
※表の見方

一緒にしやすい(16個)

相手も同じ趣味なら一緒にできる(11個)

一緒にするのは難しい(8個)

6. まとめ

以上、モテる趣味についてお伝えしてきましたがいかがでしたか?

35個の趣味の中でもとくにおすすめなのは次の13個です。

これらを参考に趣味探しをしてみて下さい。

ただし、以上のおすすめ計13個の中に興味をもてる趣味がない場合は、それ以外の22個の趣味の中から選ぶようにしましょう。

好きにもなれないものを無理やり選んでしまうと失敗してしまうからです。第一条件として大切なことは「モテやすい趣味」ではなく「好きになれる趣味」から選ぶことです。

さいごに

なおモテやすい趣味についてをお伝えしてきましたが、趣味はモテ要素のほんの1部分に過ぎません。

本気でモテたいと考える人は同時に、自分を磨くこと、モテるテックニックを身につけることも大切です。

以下にそのポイントをまとめているので参考にして下さい。

このページが参考となり、あなたの明日が今より輝くことを心から願っています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket