マッチングアプリ「with」を使えば可愛い子と付き合えるのか?検証レビュー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
 

「withって実際どうなの?」「可愛い子と出会える?」など、マッチングアプリのwithが気になっていませんか?

というわけで今回は、LoveHacks編集部で実態調査をおこないました。

「彼女がほしい」と切に思っている26歳の編集部ライターが、実際にwithを3ヶ月間使用し、その結果をレポート形式でまとめています。

まず結論からお伝えすると、恋愛経験少なめのフツメンのライターの私でも、登録して2か月経った頃に彼女をつくることができました。同い年、見た目・性格の両方がタイプの人で、withの感想としては大満足。正直「なぜもっと早くwithを使わなかったんだ…」とさえ思います。

今回は編集部の調査ということで、他のマッチングアプリも並行してデータ収集していたので、それらと比較しながら、男性目線でwithの実体験レビューをお届けしていきます。

これを読めば、男性がwithを使うメリット・デメリットがわかり、利用する価値があるのかが判断できるはずです。

人気記事
withの評判は良い?悪い?200人口コミから本当に出会えるマッチングアプリか検証

【結論】マジメに彼女を作るならwithは超おすすめ!

withのトップ画面

今回、withを実際に3ヶ月使ってみましたが、結論としては、withは真剣に彼女を作るなら最有力候補のアプリです。

具体的に「どこがどう良かったのか?」については順を追って書いていきますが、他のアプリと比べて良かった点は以下の通り。

高評価の理由

  • 可愛くてマジメな女の子が多い
  • 無料で送れるいいねが多く、コスパ的に最強
  • プロフや検索機能が充実していて相手を探しやすい
  • ペアーズやタップルよりも競争率が低くマッチングしやすい

withはとにかく女性ユーザーの質が良くて、マジメで可愛い子が多い印象です。「アプリで男に会いすぎてスレてしまった」感じの子が少なく、実際に会ったのも、純粋な子ばかりでした。

また、診断テストや好みカードのような機能が充実しているのもwithの特徴です。心理テストに興味のない男性からするとちょっと面倒くさく感じるかもしれませんが、実際に使ってみると会話のネタや出会いのきっかけになってかなり便利です。

期間限定の診断テストを受けると、1日10人まで無料でいいね(しかもメッセージ付き!)を送れるのも、いいねが不足しがちな男性側としてはかなりメリットです。正直なところ、これだけでwithを使う理由になります。

withの年齢層は20代が中心

今回は実態調査ということなので、編集部女性スタッフに協力してもらい、withの会員年齢層をカウントしてみました。

すると結果は以下の通り、会員の7割近くが20代という結果になりました。

withの年齢層

会員層を見ると、20代向けアプリと言える。30代後半になるとちょっと厳しいかも…

デザインもピンク基調で華やか。診断テストなどのエンタメコンテンツが豊富です。最近ではとして「東京リベンジャーズ」とのコラボなど若者向けのプロモーションを積極的におこなっています。

こういった背景から、withは20代(~30代前半まで)の恋人探しに適しているアプリと言えます。

withを他の大手アプリと比較!

筆者は今回の調査を通して、ペアーズやタップルなど、有名どころのアプリは一通り使用しました。

そこで、今回withを使ってみて「他の大手アプリとどこが違ったか?」という点について触れておきます。

ペアーズと比較すると?結婚意識の度合いが違う

ペアーズwith
形式検索型検索型
メインの年齢層25~34歳20~29歳
利用目的恋活~婚活恋活
利用者層(将来を見据えて)恋愛したい恋愛したい
マッチングで重視される点総合力(年収など)趣味や価値観などの共通点

ペアーズとwithはどちらも20代の恋活によく使われているアプリです。どちらも「条件・趣味から出会う」タイプの機能が充実しており、使用感自体はとても似ています。検索機能の充実度もペアーズとwithの二強といった具合です。

両アプリを比較して、withに軍配が上がるのは「可愛い子とマッチングしやすい」という点です。これは結構明確な差だと思います。

ペアーズも基本的には良いアプリなのですが、とにかく利用者が多すぎて、競争が激しすぎます。遊び目的のイケメン・高収入がゴロゴロいますし、運よくマッチングできても、すぐに他の男性に持って行かれてフェードアウト、というのもよくある話です。

ですが、withは一度マッチングしたらやり取りも続きやすく、とんとん拍子にデートにつながることも多々ありました。

また、両者は「どれだけ結婚を意識しているか」も違いが出ます。マッチングした女性に話を聞いたところ、ペアーズは将来の旦那さん探し、withはひとまず彼氏探しといった温度感でした。(withは大学生や社会人2〜3年目くらいの人も多く、結婚をハッキリ意識して登録している人は少なめです)

個人的には、ガチ婚活というわけではなかったので、ちょうど良い雰囲気でした。

タップルと比較すると?withの方が断然真剣な人が多い

タップルwith
形式スワイプ型検索型
メインの年齢層20代20代
利用目的友達探し~恋活恋活
客層気軽に会って遊びたいマジメに恋愛したい
マッチングで重視される点ぱっと見の印象趣味や価値観などの共通点

タップルも人気のアプリですが、withに比べると全体的にノリが軽く、ライトな出会い向けです。年齢的にも20代前半の若い人がメインで、withと近いです。

両アプリを比較して、withに軍配が上がるのは「真剣に使っている女性が多い」という点です。

冒頭で「アプリで男に会いすぎてスレてしまった」感じの子が少ないとお伝えしましたが、withに登録している女性は割と「すぐに彼氏ができてやめる」というパターンが多いようです。性格を軸にしたマッチングができる上に、男女ともに真剣なので、一度フィーリングが合う人と出会えれば、交際に発展しやすいというわけです。

一方、タップルは良く言えばカジュアル、悪く言えば遊び感が強いアプリです。

マッチング自体はたくさんしますが、その分真剣な出会いにはつながりにくく、女性側も「とりあえずダウンロードして暇な時に開く」「彼氏と別れたし、とりあえず登録」「友達とノリで始めた」といった人が多いです。

また、タップルはアプリの仕組み的にルックスが最重要視されるため、最低でも雰囲気イケメンじゃないと可愛い子とはマッチングしません。

今回、筆者はマジメに長続きする彼女を作りたかったので、ノリ軽めのタップルよりも、真面目な女の子が多いwithの方が合っていると感じました。

Omiaiと比較すると?|結婚の意識が違う

Omiaiwith
形式検索型検索型
年齢層20代~30代20代
利用目的ほぼ婚活恋活
客層結婚前提で付き合いたいマジメに恋愛したい
マッチングで重視される点年収などのスペック趣味や価値観などの共通点

Omiaiは利用者の大多数が結婚を強く意識していて「真剣婚活」向きです。withのような恋愛寄りのアプリと比べると、Omiaiは結婚に対するモチベーションが高めです。

利用者層も違いますが、明らかな差異は「検索機能の充実さ」で、withの方が断トツで検索しやすいです。

with

  • 検索条件が細かい
  • 共通の趣味・価値観という切り口で検索できる
  • 性格診断をベースにした並び替えができる(相性の良い順に表示されるので便利)

Omiai

  • 検索条件が少ない
  • 趣味の設定項目が粗い
  • 並び替えの変更がほとんどできない(意外と不便)

両者を比較した時に、「相性の良い人の見つけやすさ」という点では明らかにwithが優れています。

Omiaiは結婚前提の相手選びになる婚活向けアプリで、襟を正して将来のパートナーを探すといったイメージです。とはいえ、それならペアーズの方が検索機能が充実していて探しやすいでしょう。

Omiaiは「ペアーズを使ってみたけど微妙だった」という人向けです。

withの良い評判・悪い評判をチェック

with』はオリコン満足度調査でマッチングアプリ総合ランキング第1位を獲得している実績のあるアプリです。(参考「恋活・婚活マッチングアプリランキング・比較」,2021)

マッチングのしやすさ、満足度、使いやすさなどの項目別にみてもトップの評価を受けており、利用者の視点からしっかりと評価されています。

まずはwithを実際に使った人の口コミを抜粋して紹介します。

withの良い口コミ評判

口コミ・評判

マッチングしやすい
評価:★★★★★5
withって良いアプリだと思う。ペアーズとマリッシュじゃ全然ダメだったのにどんどんマッチングするしちゃんと話できる女の子ばかり。

出典:twitter

口コミ・評判

価値観の近い相手と会える
評価:★★★★☆4
マッチングアプリ始めた感想だけど、個人的にはwithが使いやすいかな。
心理テストができて相性がわかったり、好みカードという物を選んでおけば趣味や考え方が合う人がわかりやすい。

出典:twitter

口コミ・評判

真面目な男性が多い
評価:★★★★☆4
withが1番まともな人多かった気がします。ペアーズは人数多いわりにいい人全然いないですね。タップルはイケメン多いけどチャラい人多かったです。

出典:twitter

口コミ・評判

可愛い子が多く返信率も高い
評価:★★★★★5
彼女真剣に欲しい人はwithが本当におすすめ。かわいい女の子からの返信率がタップルやペアーズと比にならないくらい高い。

出典:twitter

評判は肯定的な口コミが大多数を占めていました。

withの口コミで特に評判が良かったのは、「真面目な会員が多い」「価値観や考え方が近い相手とマッチングしやすい」の2点です。そのため、真面目な恋愛を望んでいて、内面重視・価値観重視で相手を選びたいという人からは高く評価されています。

withの悪い口コミ評判

口コミ・評判

婚活向けかというとちょっと微妙
評価:★★★☆☆3
withは、20代前半から半ばが多くて年齢層低め。婚活といより恋活。女性は無料で活動できるが、恋愛求めてないから、私には向いてなかった。

出典:twitter

口コミ・評判

ペアーズよりは人が少なめかも
評価:★★★☆☆3
地方都市に住んでますが、withはやってる人少ない。ペアーズの方が効率的という感じです。。

出典:twitter

withは高評価が多数を占めていた一方、今すぐにでも結婚したいという人からの「ちょっとカジュアル過ぎるかも」という口コミが見当たりました。

withはこんな人におすすめ

おすすめな人
  • 20代~30代前半で、真剣に付き合える相手を探したい!
  • 見た目より性格が大事!価値観や考え方が近い人と出会いたい
  • コスパよく使えるアプリがいい!

無料会員のままでも、異性を検索したりいいねを送ったりすることができます。登録してアプリを触ってみれば、アプリの雰囲気なども分かるのでぜひチェックしてみてください。

withを使ってみる

【withを体験】登録・プロフ作成がスムーズ

では実際にwithを使ってみるとどんな感じなんでしょうか。というわけで本章から、実際の使用感をレビューしていきます。

早速withに登録していきましょう。

登録は超簡単!所要時間3分でサクッと完了

まずはアプリをインストールし、以下のいずれかを使って会員登録します。

  • LINE
  • Facebook
  • 電話番号
  • Appleアカウント
withの登録画面

筆者はLINEアカウントでサクッと登録しました

ログイン時の個人認証に使われるだけなので、正直どれを選んでもOKです。勝手にどこかに登録されることもないので、身バレの心配も不要です。

その後、簡単な会員情報を入力したら登録完了です。アプリインストールから3分もかからずに登録が完了します。

チュートリアルがすごく丁寧!

会員登録が終わると、簡単なチュートリアルが始まります。

このチュートリアルがものすごく丁寧に作られていて、画面の指示通りに進めるだけでアプリの使い方が一通りマスターできるという、かなりの親切設計です。

この丁寧なガイドがあれば、マッチングアプリ初心者の人でも、迷うことなくすぐにアプリを使い始められると思います。

withが「初心者にやさしい」と言われるのも、こういった工夫が随所にされているからでしょう。

自動プロフィール作成機能がかなり使える

もう一つ、withでいいなと思ったのが「プロフィールの自動作成」機能です。

これはかなりの優れもので、いくつかの質問に答えて選択肢をぽちぽち選んでいくだけで、自動でプロフィール文を作ってくれるというもの。

実際に使ってみると、想像以上にちゃんとしたプロフィール文が出来上がって感動ものでした!

with_自己紹介自動作成

文字を打つ必要がないので楽

「仕事」と「休日の過ごし方」の部分は自分で具体的な内容を入力するようになっているため、ちゃんとテンプレ感薄めで、自分専用のプロフィール文が出来上がります。所要時間もたったの3分くらいです。

マッチングアプリのプロフィール文って、ある程度の正解が決まっているものの、実際に自分で一から書くとなるとかなり面倒だったりします…。

withの自動プロフィール作成機能を使えば、アプリ初心者の人とかでもちゃんとマッチングするプロフィール文が作れるので、かなり役立つ機能でした。

【男性目線】いざwithの女性会員を検索

ではいざお相手を探していきましょう。

清楚系で大人しめ女子が多め。可愛い子も多い!

まずは条件を設定せずに会員検索してみます。ざっと見た感じ、写真掲載率はかなり高めですね!10人中9人くらいは顔がハッキリわかる写真を載せています。

女性のタイプとしては、清楚系・OLっぽい雰囲気の女性が多い印象です。

with_会員イメージ

withの会員イメージ

全体的に黒髪率高めで、落ち着いた雰囲気の美人系女子が多いですね。カフェ巡りとかが好きそうな感じ。

逆に、Tinderにいるようなギラギラ肉食系女子とか、タップルにいるようなフッ軽でフェス大好き!みたいな陽キャ女子とか、そういった感じの子は少なめに感じます。

個人的に、彼女にするなら「やや大人しめの清楚系タイプ」がいいなと思っているので、withの客層はバッチリでした。

口コミにもありましたが、withは全体的に可愛い子が多い気がします。

体感ですが、3人に1人くらいは普通に可愛くて、「こんな彼女がいたら毎日楽しいだろうなぁ」と妄想してしまうレベル。清楚系で落ち着いた感じの彼女がほしい男性は、withかなりいいですよ!

女性会員の約7割が20代、30代以降は少なめ

年齢的には、20代女性が圧倒的に多いです。withは数あるマッチングアプリでも年齢層がかなり若く、20代が7割を占めています。

デザインもピンク基調で華やか。診断テストなどのエンタメコンテンツが豊富です。最近ではとして「東京リベンジャーズ」とのコラボなど若者向けのプロモーションを積極的におこなっています。

withの年齢層

会員層を見ると、20代向けアプリと言える

女性会員の約7割が20代なので、20代女性と出会いたい男性にはベストマッチな年齢分布になっています。

20代の内訳としても、20過ぎたくらいの若い子から、30手前のギリ20代まで、満遍なくいる感じでした。

一方、30代以降になると会員の数が減ってきます。30ちょい過ぎくらいまではそれなりに見かけますが、それ以上となるとあまり見かけなくなります。

30代半ば以降の女性と出会いたいなら、もう少し年齢層の高いアプリを使った方が出会いやすいでしょう。

基本的にwithは20代女性と出会いたい人向けですね!

会員数はかなり多い

あと検索してみて思ったのは「withは使っている人多い」ということ。

スクロールしても、出てくる出てくる…。条件を厳しめに設定してみても、まだ多すぎるくらい出てきます。

試しに検索

次の条件で検索をかけてみました。

  • 居住地:東京都
  • 年齢:25~29歳

結果:10,832人!!

しかも画面を更新する度に顔ぶれが入れ替わっているので、現在進行形で活動している会員が非常に多いんですね。

「入会1週間以内」の表示がある人も結構多くて、新規ユーザーもどんどん入ってきているのがわかります。

それもそのはずで、現在withは国内アプリの中で4番目に利用者が多いんです。累計会員数も600万人を突破しており、ペアーズやタップルに次ぐ、定番アプリとなっています。

累計会員数(万人)
ペアーズ2,000
タップル1,400
omiai800
with600
Match250
ユーブライド220
ゼクシィ縁結び150
マリッシュ100

2023年1月時点、公式サイトにて開示されている累計会員数

※Omiaiのみ2022年3月時点の累計会員数

試しにエリアを変えて検索してみましたが、東京や大阪などの大都市圏だけでなく、たいていの都道府県では会員不足を心配する必要はなさそうでした。

ただ、特別人口の少ない県とか、ド田舎で出会うとかになると、withよりも会員数の多いペアーズを使った方が相手が見つかりやすいかもしれません。

もし地方住みで会員数が心配な場合は、とりあえず登録だけしてみて、どのくらいのユーザー数がいるのかをチェックしてから有料会員になるかどうかを決めるのがおすすめです。

検索機能はマッチングアプリの中で圧倒的に優れている

withの検索機能は、正直かなり良いです。割と使いやすいペアーズなどと比べても、以下のような「withの検索の方が優れている」と思える部分があります。

  • 居住地を「市区町村」単位で絞り込める
  • 相性の良い人を優先的に探せる機能

何が便利なのか、簡単に紹介します。

居住地を「市区町村」単位で絞り込める

居住地を「市区町村」単位で絞り込めるのは、withの素晴らしい点です。

with_市区町村で絞り込み

細かく絞り込み可能

同じ都道府県に住んでいる相手でも、いざマッチングしてみたら距離が遠かった…なんてことがよくあります。

特に恋人探しが目的の場合は、ある程度気軽に会いに行ける距離じゃないと、ちょっと続きませんよね。

実は大手アプリの中で「市区町村」で絞り込めるのは、withだけです。ペアーズは代わりに「距離で検索」機能がありますが、これは位置情報をオンにしている相手にしか使えませんし、10km、30kmなど割と広範囲に渡るため、検索性は微妙です。

自分のように「近場で会える彼女がほしい!」という人にとっては、withはかなり使いやすいアプリになっています。

相性の良い人を優先的に探せる機能

たいていのマッチングアプリは「条件」からしか相手を探せません。でも恋人を探すなら、条件よりフィーリングとか性格の相性の方がよっぽど大事ですよね。

その点、withは独自の性格診断をもとに、「25タイプの中で相性が良い人だけを表示する」「性格の相性順で並べ替える」など、相性重視で相手を探す機能があります。

with_超性格診断

超性格診断を受けると性格の相性で絞り込みができるようになる

つまり、多すぎるほどの会員の中から、フィーリングが合いそうな人をダイレクトに見つけられるのです。

相手を探すのって最初は楽しいんですけど、だんだん面倒くさくなってくるんですよね…。「気の合いそうな子だけ見せて~」ってよく思うので、withのこの機能はかなりGoodでした。

ちなみに、性格や価値観が合いそうな順に並べ替えもできるようになっています。

withの並び替え

相性が良い順に検索表示

これもwithならではの仕様です。

withの診断テストとは?実際にやってみた

withのセールスポイントになっている診断テスト。アプリでよくあるただの性格診断では?と思っていましたが、実際に使ってみると、非常によくできていました。

少々ややこしいですが、診断テストには以下の種類があります。

  • 期間限定の診断テスト
  • 超性格分析マッチング
  • 常設の性格診断

それぞれ簡単に説明をしていきます。

期間限定の診断テスト

withで絶対にこれだけはやっておけ!というのが期間限定の診断テスト。2週に1度くらいのペースで新しい診断が更新されます。

この記事の執筆時には「理想の恋愛診断」というものが実施されていました。

with_診断画面

2週間ごとのペースで新しい企画が登場する

理想の恋愛スタイルを明らかにして相性が良い人を探そう!というコンセプトみたいです。実施時点で、なんと23万人の人が参加しているようでした。

診断は超簡単で、いくつかの質問に答えていくだけです。

with_診断画面

二択で回答

診断結果は「落ち着いたスマートな恋愛を好むタイプ」というものでした。

with_診断画面

確かに当たってる気がします!

この期間限定診断のすごいところは、診断結果をもとに相性が良い会員に対して、1日に10人まで無料でいいねを送れるようになることです。

1日10人へ無料いいねは圧倒的なコスパの良さ

いいねは本来、月30いいねのような制限があります。そしていいねが尽きてしまったら、追加課金するか、ログインボーナスでコツコツ貯めるか、月が変わるのを待つか…とにかく苦労します。

しかしwithなら、定期診断さえ受けていれば、毎日無料でいいねが送れて全然いいねに困らないんですね。「いいねがたくさん送れる=マッチングのチャンスが増える」ですから、男性側にとってはめちゃくちゃ神仕様です。

withを使う最大のメリットと言っても過言ではないので、期間限定の診断は必ず受けておきましょう。

超性格分析マッチング

「超性格分析」はwithのもっとも基本となる性格診断です。プロフィールの一部みたいなものなので、withに登録したら最初に受けますが、後回しにしてもOKです。

ビッグファイブという理論に基づいており、心理学的に見てかなり信憑性の高い性格診断とのこと。質問は全部で10問くらい。頑張って答えてみました!

with_性格診断画面

単純な二択ではなく、かなり本格的

結果は、消防士タイプとのこと。

with_性格診断画面

診断結果は、かなり詳細まで分析してもらえます。

with_性格診断画面

詳細な分析結果も

これはかなり当たっている実感があります。診断結果は25タイプに分類されるみたいなので、適当な簡易テストみたいなのとは全然違いますね!

こういうの「くだらないな」と思う男性も多いと思いますが、マッチングのきっかけになったりするので、受けておいた方が得です。実際、「性格分析の結果が○○だったから~」みたいな感じでマッチングしてくれた女の子も数人いましたよ!

女の子の心理テストや血液型診断好きは馬鹿にできません。労せずして人柄をアピールできるので、withに登録したら真っ先にやっておきましょう!

常設の性格診断

常時参加できる性格診断もあります。以下はその一例です。

  • 「コミュニケーションのとり方」診断
  • 「恋愛スタイル」診断
  • 「デートの仕方」診断
  • 「メールの仕方」診断

これら常設の診断もプロフィール上に結果が載るので、暇なときにやってみると良いと思います。診断に参加するほど、アクティブなユーザーとして相手画面に表示されやすくなるのも期待できますよ。

プロフィールはマッチングアプリ随一の充実度

withはプロフィールがとても充実してます。実はこれ、すごく大事なことです。

たとえば、Omiaiなんかはプロフィールがすごくシンプルで、相手の趣味とか人柄とかはあんまりわからないんですよね。条件重視の婚活ならまだしも、恋人探しだとけっこう使いづらかったです。

その点、withはプロフィールの情報量が盛りだくさんで、気の合う相手をホントに探しやすいです。

具体的に良かった点をいくつか挙げてみます。

神機能の好みカードは趣味や価値観が一覧で分かる

withには「好みカード」という機能があります。

自分の趣味・好きなもの・価値観などをカード形式で登録することで、自分の趣味嗜好をアピールできる仕組みです。

with好みカードベスト

自分は基本の趣味などに加えて、「東京卍リベンジャーズ」「スプラ3」とか、そのときどきでハマっているものとかを登録していました。

好みカードをいろいろ登録しておくと、同じものにハマっている女子からいいねがもらえたりします。

もちろん、自分からアプローチする場合も好みカードはとても役に立ちます。好きな漫画が被りまくっていたり、同じゲームをやっていたりすると、思わずいいねを押しちゃってました。

ちなみに、相手と好みカードが被っている場合は、「あなたとの共通点」として表示されるので一目でわかります

「好きなものを一緒に楽しめる彼女がほしい!」みたいな人には、神機能だと思います。

ちなみにペアーズにも同じような機能がありますが、withの方はコメントまで付けられる「好みカードベスト」があったりして、より自分をアピールしやすい仕様になっています。

個人的には、withはペアーズ以上に趣味とかから出会いやすいなという印象でした!

好みカードの登録傾向もかなり便利

好みカード関連でもう一つ「これは便利だ!」と思ったのが、好みカードの登録傾向が見られる点です。

好みカードは「音楽」「グルメ」のようにジャンル分けがされていて、その人がどんなジャンルの好みカードをより多く登録しているのか、パーセントで見られるようになっています。

たとえば、こんな感じです。

A子さんの登録傾向

  • 音楽:10%
  • 趣味嗜好:22%
  • ファッション:14%
  • グルメ:10%
  • アニメ/マンガ:30%
  • その他:14%

これ、地味にすごく便利です。というのも、この割合を見れば「その人がどういう系の人なのか?」がなんとなく想像できるからです。

たとえば、「音楽」と「ファッション」寄りの子はノリが良くてフェスとか好きそうだなーとか、「趣味嗜好」と「アニメ/マンガ」寄りの子はちょっとオタク入ってる子かな?とか、そういう感じですね。

他のアプリだと相手がどういう系統の人間なのかってなかなか判断できませんから、withのこの仕組みはかなり良いなと思いました。

診断テストの結果もチェックできる

withのプロフィールでは、その人が受けた診断の結果も一覧で出てきます。

with_性格診断の結果

結果はプロフィールに表示

診断テストなのですべて鵜呑みにするわけにはいきませんが、その人の性格などを知る上でヒントにはなります。

実際に使っていて、診断タイプが近い人ほどマッチングしやすいと感じることもあったので、意外と役に立つかも。

このように、withのプロフィールはかなり充実度が高いです。「マッチングしたけど話が合わない」って結構ストレスだったりするので、withみたいに事前に相手のことがよくわかるのは、かなりストレスフリーでした。

withでいいねを送ってみる。送れるいいねがかなり多くて、むしろ余るかも

それでは、さっそく良さげな女性を探していいねを送ったレビューです。

期間限定の診断テストで1日10人無料

上でも書きましたが、withは期間限定の診断テストを受けると、同じ診断結果が出た会員に対して無料で毎日10人分いいねが送れます。

これは男性にとっては超メリットです。ペアーズと似たようなアプリと思われているかもしれませんが、ここが全然違います。

しかもこれ、よくある「アプリ側が選んだおすすめ会員に無料でいいねできるよ」みたいなものと違って、ちゃんと自分で相手を選べるんです。

たとえば、今回の自分の場合なら、診断結果が同じだった女性会員は6万人以上いて、その中から好きな相手を選んでいいねを送れます。条件で絞り込んだりなども普通にできるので、通常の持ちいいねとほとんど同じ感覚で使えます。

いいねって課金で買おうとすると「1いいね=100円」くらいしますから、毎日10いいねが無料で使えるのはお得すぎです。

実際、「診断から送れる無料いいねのためにwithを使っている」という男性は相当多いんじゃないかと思います。

普通に付与されるいいねも多い

withの通常の持ちいいねについては、毎月30いいね付与が基本です(VIPオプション加入の場合は50いいね)。このあたりはペアーズと同じですね。

ログインボーナスで毎日1〜3いいね分のポイントがもらえますし、「forYou」枠で毎日6人まで無料でいいねが送れます。このように、withは使えるいいねがとにかく多いです。

「ForYou」はあなたにおすすめの会員という意味。全員に無料でいいねが送れる

というわけで「いいねが尽きたらどうしよう…」と心配している男性がいたら、絶対にwithをおすすめしますよ!

いいねも返ってきやすい!ペアーズより競争率低め

いいねをぽちぽち送っていると、マッチング成立の通知が届き始めました。

そこで感じたのは、「withはペアーズよりもいいねが返って来やすい」ということ。

ペアーズも良いアプリだとは思うんですが、ライバルの数がとにかく多すぎるんですよね。前に使ったときも、「お!可愛い!」と思うような子とはめったにマッチングできず…。

でもそれがwithだと、けっこう可愛い子とも割と普通にマッチングが成立します。

アイドルみたいな子とはさすがにマッチングしませんが、学生時代クラスにいたら4〜5番目くらいに可愛いかな?みたいな子とはぼちぼちマッチングできる感じです。

withは基本的に「相性の良い人」「共通点の多い人」とマッチングするようにアプリが設計されているので、いいねが良い感じに分散されるんでしょうね。ライバルの数自体も少ないです。

自分みたいなフツメン・並スペックの人は、ペアーズよりwithの方が断然可愛い子とマッチングできる気がします。

100日間withを使ってみた検証結果

筆者は次の条件で、withを100日間利用してみて、どのくらいマッチングできるのか検証しました。

条件

  • 相手からのいいねは全て返す
  • 期間限定診断の1日10いいねは全て使う
  • ForYouで表示される相手には全員いいねを送る

要するに、できる範囲のことは全力でやってみて、真剣に相手を探そうという姿勢です。その結果、128人とマッチングできました。

マッチング数に関して、25日ごとに調べると下のようになりました。

マッチング数の推移

最初の7日間は新規登録すると、下の写真のように新規入会マークが付き優先的に表示されマッチングしやすい状態になり、始めて最初の25日はマッチング数が多くなりました。

withの新規会員が有利なわけ

新規会員はとにかく目立つ

いいねを一番集めやすいのは入会したはじめの1週間です。理由は次の3つです。

  • 検索のおすすめ順で上位表示されやすいから
  • 「今週入会」というマークで目立つから
  • いいねが少なくても気にされないから

こちらから積極的にアプローチを仕掛ければ普段より簡単に「いいね/ありがとう」をもらうことができます。

withはメッセージが弾みやすくて話題に困らない

withは年齢確認と有料会員登録を済ませれば、マッチングした相手とメッセージができるようになります。

好みカードと診断テストの話から始めるとGOOD

プロフィールの情報量が少ないアプリだと、会話を盛り上げるのにけっこう苦労したりしますが、withの場合はまったく心配無用です。

というのも、「好みカード」をもとに「○○好きなんですね!自分も好きです~!」のように話題を振っていけば、すぐに打ち解けられるからです

診断テストの結果もアレコレ言い合ったりできるので、会話の糸口としてめっちゃ便利でした!女の子はやっぱり占いとかそういうの好きみたいですね。

ちなみに診断テストは、恋愛に関係する診断が多いので、過去の恋愛とかに絡めて質問したりすると、かなりノリノリで話してくれたりします。

ペアーズも相手の趣味とかがわかって便利でしたが、withはそれ以上に会話のきっかけがいくらでもあって、男性はかなり楽できますね。

メッセージが面倒な人には不向きかも

ただ、withは内面重視のアプリなだけあって、「メッセージを重ねてから会いたい」派の人が多いです。

返信はポンポン返ってきますし、話も盛り上がりやすいですが、それゆえに「メッセージが面倒くさい」「サクッと会いたい」という人にはあまり合わないかも。

もし「すぐ会える」系のアプリが希望なら、同じ恋活アプリでも「タップル」がおすすめです。ノリが良くてフットワーク軽めの女子が集まっていて、早めに会えることが多いです。ただ、客層はちょっとチャラめなので一長一短ですね。

個人的には、メッセージである程度仲良くなってから会う方が気が楽なので、withくらいのスピード感がちょうど良かったです。

通話も無料で使えて便利

withには通話機能もついていて、メッセージで打ち解けてきたら気軽に通話もできるようになっています。もちろん無料です。

1回の通話で30分まで話せて、1日に合計2時間まで通話可能。(ビデオ通話にも対応していますが、画面をオンにする人はほとんどいません)

メッセージが盛り上がっているタイミングで「よかったら通話してみませんか?」と誘うと割とOKしてもらえます。声でやりとりすると一気に距離が縮まって仲良くなれるので、自分は積極的に通話に誘っていました。

withの有料プランは月3,600円から!超コスパ良し

withの男性料金は次の通りで、長期プランほど単価が安くお得になります。女性は無料です。

プランWEB
(クレジットカード決済)
Apple ID決済Google Play決済
1か月3,600円4,200円4,200円
3か月8,000円
(2,667円/月)
9,800円
(3,267円/月)
9,200円
(3,067円/月)
6か月14,100円
(2,350円/月)
17,800円
(2,967円/月)
17,200円
(2,867円/月)
12か月22,000円
(1,833円/月)
26,800円
(2,333円/月 )
24,500円
(2,042円/月)

大手のマッチングアプリの中でも、withの料金はかなり安い方でで、大手アプリで比較すると、3か月プランでは最安値です。無料で送れるいいねの数が多いこともあり、コスパ評価もペアーズに次いで高いという結果となりました。

  料金(※1) 
アプリコスパ評価年代利用目的1か月プラン (円)3か月プラン (円) 6か月プラン (円) 12か月プラン (円) 女性料金
ペアーズのアプリロゴペアーズ 4.2120~45歳恋活 婚活 3,7009,900 13,800 19,800無料
withのアイコンwith 4.1020~35歳恋活 3,600 8,000 14,100 22,000無料
タップルタップル 3.9818~29歳恋活 3,700 9,60016,80026,800無料
マリッシュのアプリのロゴマリッシュ3.8040歳~恋活 3,400 8,800 14,800 19,800無料
ゼクシィ縁結びのアイコンゼクシィ縁結び3.7225歳~39歳婚活4,37811,88021,78031,6804,378
YahooパートナーのアイコンYahoo!パートナー3.5135歳~婚活3,80010,80016,80027,800無料
OmiaiのアイコンOmiai3.4925歳~35歳恋活 婚活4,80012,80014,80024,800無料
ユーブライドのアイコンユーブライド3.4735歳~婚活4,30010,80017,80028,8004,300
カップリンクのアプリロゴカップリンク3.4135歳~婚活3,80010,80017,80024,800無料
ブライダルネットのアイコンブライダルネット3.4040歳~婚活3,980--24,0003,980
Match3.3335歳~婚活4,49011,97016,74020,2804,490
東カレデートのアイコン東カレデート2.8930歳~恋活6,50014,80024,800-実質無料(※2)
dineのアイコンDine2.8030歳~恋活6,50014,40022,80034,800実質無料(※2)
いきなりデートのアプリのアイコン いきなりデート2.7830歳~恋活4,80012,00019,80029,800無料
バチェラーデートバチェラーデート2.2130歳~恋活9,80026,40046,80081,600無料

※1.いずれも各アプリにおける最安の決済手段を用いた場合の金額(主にクレジットカード決済) ※2.相手が有料会員なら無料という料金システム。男性はほぼ全員有料会員なので、女性は実質無料で使える ※3.OmiaiはAppleID・GooglePlay決済

コスパ重視でなるべくお金をかけずに多くの異性と出会うなら、withは非常におすすめです。

→withの詳しい料金プランをチェック

ペアーズとほぼ同じで、タップルやOmiaiよりも安いです。

しかも、withは無料で送れるいいねが多いので、総合コスパとしては人気アプリの中で一番なんじゃないかと思います。

withなら追加課金も全然必要ないですし、「出会いにあんまりお金をかけたくないよ~」という男性はwithがおすすめです。

withって安全なの?運営会社や安全対策について

withを使うにあたって「安全性の面が気になる」という人もいるかもしれません。自分もそういうの気にするタチなので、登録前に調べた内容を簡単にまとめておきます。

運営会社は信頼できる

現在、withは「株式会社with(with inc.)」によって運営されています。

以前はさまざまなアプリをリリースしている「株式会社イグニス」が運営していましたが、withが超人気アプリになったことで会社として独立した形になります。

イグニス自体もリリースしたアプリが累計1億DLを超えているような会社ですし、独立した株式会社withも資本金2億6,500万という力の入れようです。

非常に信頼できる会社によって開発・運営されているので、withのアプリとしての安全性はまったく心配いらないでしょう。

24時間365日の監視体制&カスタマーサポート

マッチングアプリでしばしば問題になるのが、業者や勧誘など迷惑ユーザーの存在です。

withでは24時間体制でアプリ内の監視を行っており、迷惑ユーザーを厳しく取り締まっています。

また、通報システムとかもちゃんとあって、怪しげなユーザーと出会ったときもすぐに対応してもらえます。

実際、withは他の大手アプリと比べても業者との遭遇率がかなり低く、マッチングアプリに慣れていない人でも安心です。

(ちなみにwithの運営体制はかなり厳しく、例えばメッセージで「ホテル」のような言葉を使うと、一瞬で検知されます。遊び目的で使っていると、おそらく速攻でアカウントを停止されるはずです。)

カスタマーサポートも24時間体制で対応しているので、アプリ内で困ったことがあってもすぐに解決してもらえますよ。

最初が肝心!withの攻略情報6個

マッチングアプリにおいて、アプリをただ使用しているだけではなかなか理想の相手に出会うことができません。

それはwithでも同じで、テクニックやコツなどを知っているかどうかで、理想の人に出会えるかが大きく左右します。

そこでここではwithを使用する上で出会いやすくなる攻略情報を男女別、男女共通で6個紹介します。

【男性向け】withを最短で攻略する方法

with』は、withはやり方さえ知っていれば1ヶ月でも攻略できてしまうという点でもかなりおすすめです。

withは良くも悪くも「いいね数が多い人」=「素敵な人/モテる人」と評価される傾向があるので、いいねを集めることができれば「モテスパイラル」に作れることができるのです。

フツメンの私でも31人のワンランク上の女性とデートすることができた理由は、このモテスパイラルにあったのです。

このモテスパイラルの作り方を含めた攻略法については、以下にまとめているので参考にして下さい。

【女性向け】withの男性の年収情報

女性の中には男性の年収情報が気になる人も多いと思います。

そこで、男性の年収情報をまとめてみました!

年齢が若いので年収は低い方なと思いきや、他のアプリと比べても意外と大差ありませんでした

←スマートフォンの方はスクロールできます→

_with_ withのアイコンペアーズ ペアーズのアイコン
400万円未満42%38%
400万円~38%37%
600万円~13%14%
800万円~4%6%
1000万円~3%5%

ちなみに25~29歳で見たとき、世の中の25~29歳の男性平均年収が383万円なのに対し、withは年収400万以上の25~29歳が半分以上(53%)となっていました。

つまり、世の中の平均より年収の高い有望男子と出会いやすくなっていると言えます。

【男女共通】毎日ログインをする

いいね数を増やすのに第一に重要なことは毎日ログインすることです。

理由は次の通りです。

  • ログインボーナスでいいねに使えるポイントがもらえる
  • ログインすることで相手の検索にヒットしやすくなる
  • ログインすることで上位表示されやすくなる

withでは3日連続でログインすると計5つのポイントをもらうことができ、このポイントは「1ポイント=1いいね」として使うことができます。

いいねを送ることが、一番いいね(ありがとう)を集めやすいので少しでもポイントはもらいましょう。

また、多くの人は検索条件で「最終ログイン日:24時間以内/3日以内」で検索します。そして、多くログインしていると「おすすめ順」で上位表示されやすい傾向にあります。

つまり、毎日ログインすることで相手に発見してもらいやすくなるため、それによりいいねをもらえる確率が高まります。

【男女共通】本日のオススメは全員にいいねを送る

お伝えしたように、withを攻略したいならまずいいねを集めることです。そして一番いいねを集めやすいのはいいねを送って「ありがとう」をもらうことです。

そのため、無料でいいねを送れる本日のピックアップでは、相手にかからわず全員にいいねを送りましょう

メッセージをする気もないのに申し訳ない…という気持ちもありますが、モテスパイラルに入るまではこれを徹底しましょう。

【男女共通】診断イベントから毎日10人に無料いいねを送る

診断イベントでは、診断結果で相性のいい女性最大10人に毎日いいねを無料で送ることができます。

本日のピックアップと同じように、この無料いいねは必ず毎日使い切りましょう!

ありがとう返信率をより高めるために

また、診断イベントからのいいねは無料で「メッセージ付きいいね」を送ることができます

メッセージ付きの方がもちろんありがとう返信率は高まるので、可能な限りメッセージ付きでいいねを送るようにしましょう。

もしそこまでの時間がないという場合は「理由付きいいね」を送るようにしましょう。

【男女共通】少しでも多く足跡を残す

また、足跡を残すと自分のプロフィールを見てもらいやすくなります。すると思わぬいいねをもらえることがあります。

そのため、空いた時間があればひたすら足跡を残しましょう。

とくに足跡を残すべき女性

それは次の2つの女性を優先に足跡を残すといいです。

  • 1. 足跡をくれた女性
  • 2. 「最終ログイン:24時間以内」×「いいね数:50以下」の女性

足跡をくれた女性はもともと興味を持ってくれている可能性が高いので、足跡を残し返すといいねをくれる場合があります。

人気会員になるほど自分からいいねをすることはないので、逆にまだいいねをもらえていない穴場の女性を狙うと思わぬところでいいねをもらえたりします。

まとめ

最後に、今回withを使ってみて良かった点と微妙だった点をまとめます!

Goodだった点

  • 無料で送れるいいねが多い
  • 可愛い子が多かった!
  • プロフィールが超充実している
  • 検索機能が優秀(市区町村で絞れるの便利!)
  • ペアーズよりマッチングしやすい

正直微妙だった点

  • 診断テストがちょっと面倒くさいかも
  • じっくり派が多くて会うまでに時間がかかりがち
  • (自分は20代狙いなのでいいけど)30代以降は人が少なそう

個人的にはアプリも使いやすいし、無料いいねも多いし、可愛い子とマッチングしやすいしで、大満足のアプリでした!

欠点を探すのが難しいくらいですが、アプリ側の工夫というかコンテンツが多い分だけ、画面がちょっとこちゃこちゃしていて、最初は「何がどうなってるの?」ってなるかもですね。まあ、使い始めたらすぐ慣れますが…。

会員数はペアーズよりも減りますが、それ以外の部分ではwithの方が使いやすい部分が多かったです。会員数も多ければいいってもんじゃないので、恋人探し目的なら現状with一択かなと。

特に以下のような人には自信を持っておすすめできます!

withがおすすめな人

  • 真剣に付き合える彼女がほしい!
  • チャラめより真面目な女性の方が好き
  • 同じ趣味を楽しめるような相手がほしい
  • 追加課金なしでいいねをたくさん送りたい
  • ペアーズを使ったけど全然マッチングしなかった

とにかく、真剣に彼女がほしい男性にとっては間違いなく最強アプリの一つだと思います。

自分としては特に「マッチングのしやすさ」に感動したので、「ペアーズを使ったけど可愛い子と全然マッチングできなかった…」みたいな人にいちばん使ってみてほしいですね!

withが気になった方は、まずは無料登録してどんな女性たちが相手を探しているのか、チェックしてみてください。

あなたが自分にぴったりのアプリで、素敵な相手が見つかることを心から願っています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket