【例文つき】成功率が上がる!マッチングアプリを使ったデートへの誘い方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
 

マッチングアプリを使っていてマッチングしたはいいものの、その後どうすればデートにまでこぎつけることができるかわからない…そんな人もいますよね。

今回の記事ではそんな悩みを解決すべく、マッチング後〜デートに誘うまでの手順を、以下の流れで解説します。

  1. マッチング後からデートに誘うまでの流れ
  2. 【例文つき】マッチングアプリでデートに誘う3つの方法
  3. 2回目以降のデートに誘うまでの3つのポイント
  4. 2回目以降もデートOKをもらうための誘い方

誘う上でのNG例や、女性を喜ばせるデートのポイント、2回目のデートが中々決まらない方へのアドバイスについてもご紹介します。

この記事を読めば、あなたもたくさんの女性と出会えるコツがわかるようになります!

1. マッチング後からデートに誘うまでの流れ

はじめに、マッチングしてからデートに誘うまでのメッセージの流れについて解説します。

基本的な流れは以下の通りです。

  • 初回のメッセージ
  • 趣味・休日の過ごし方について話す
  • 話の流れでデートに誘う

この章では、上記の一連の流れとデートに誘うタイミングについて詳しく説明します。

1-1. 初回のメッセージは丁寧に

「マッチングして最初のメッセージを送ったのに、返信が来ない…」そう悩む人も少なくありません。

いきなり馴れ馴れしい態度でメッセージを送ってしまっては、相手が警戒心を持ってしまい、返信が来ない可能性があります。

マッチング後の1通目のメッセージは、いかに相手に良い印象を持たせるかが重要となってきます。

以下の3つのポイントをおさえてメッセージを送ることが大切です!

  • 挨拶・お礼を言う
  • 共通点や惹かれた部分について言う
  • 質問する

それぞれ順に詳しく説明します。

1-1-1. 挨拶・お礼を言う

挨拶例

「はじめまして。○○と申します。マッチングありがとうございます!」

挨拶を入れるだけでも、信頼度は上がります。基本的なことではありますが、こうして誠実な態度を表しましょう。

1-1-2. 共通点や惹かれた部分について言う

具体例

「僕も○○県出身です」「私もカフェ巡りが好きです」

相手のプロフィールを読み、共通点についての話題を入れましょう。

具体例

「○○さんの価値観に共感していいねしました」

といったように、相手に興味を持っていることがわかる文章を入れるのも良いです。

1-1-3. 質問する

上記の2点だけ入れたメッセージを送っても、相手からしたらどう返せばいいのかわからない場合もあります。

質問例

「○枚目の写真の料理、美味しそうですね。何というお店ですか?」

返信率を上げるためにも、相手の負担にならない程度に質問を入れましょう。プロフィール画像に設定している写真についての話題に触れるのがオススメです。

1-2. 趣味や休日の過ごし方について話を掘り下げる

趣味や休日の過ごし方についての話題は、話していくうちにお互いの共通点が見つかることもあり、会話を続けやすいです。

具体例

「プロフィール見ました、音楽が好きなんですね!何をよく聴かれるのですか?」「休日は何をして過ごされることが多いですか?」

相手に興味を持っていることを示しつつも、不自然にならない程度に話をふりましょう。

1-3. 誘うタイミング

初回のメッセージ後1週間程度で誘うのが自然なタイミング。早すぎると警戒されてしまい、一方で遅すぎると冷められる可能性が高くなります。

もちろん連絡のペースは人それぞれなので、話が盛り上がってきた時に誘うのがベストでしょう。

2. 【例文つき】マッチングアプリでデートに誘う3つの方法

それでは実際に、例文とともにデートの誘い方を3つ紹介します。

  • 共通の趣味と絡めて誘う
  • 好きな食べ物・お店の話題から誘う
  • よく行く場所の話題から誘う

それぞれ順に詳しく説明します。

2-1. 共通の趣味と絡めて誘う

プロフィールに書いてあるような趣味から、共通のものを話題に出しましょう。

例えば「映画好き」とあれば、最新の映画を見に誘うこともオススメです。

会話例

「僕も映画好きなんですけど、最近気になってる映画とかありますか?」
「そうですね、昨日公開された○○が気になっています!」
「本当ですか!自分もちょうど気になっていたんですけど一緒に行く人がいなくて…良かったら観に行きませんか?」

その他にも「カフェ巡り」や「古着屋巡り」といった、初対面でも長時間かからないようなことがオススメです。

2-2. 好きな食べ物・お店の話題から誘う

プロフィール画像に設定されている写真に食べ物の写真があれば、それを話題に出すのもオススメです。

他にも、好きな食べ物について質問するのも良いです。

会話例

「プロフィールの○枚目の焼肉、美味しそうですね!」
「美味しかったです!焼肉好きなんですよ」
「本当ですか!オススメの焼肉屋があるんですけど、良かったら一緒に行きませんか?」

といったように、自然な流れでデートに誘うことができます。

2-3. よく行く場所の話題から誘う

趣味や食べ物の話題以外でオススメなのは、職場や学校の場所、相手がよく遊びに行く場所を聞くことです。

会話例

「普段はどういった場所で遊んだりしますか?」
「そうですね、渋谷や新宿が多いです!」
「なるほど!渋谷にお気に入りのカフェがあるんですけど、良かったらお茶でもしませんか?」

お互いに行き慣れた場所なら、短時間でも会いやすいですよね。

2-4. 誘い方のNG例

マッチングアプリを使っている人の中には、「積極的に誘っているのになかなかOKがもらえない」という人もいると思います。

そんな人は、女性が引いてしまうような誘い方をしている可能性があるかもしれません。

ここでは間違ったデートの誘い方を4つ紹介します。

  • デートの場所が自宅
  • 夜遅くからの時間に設定する
  • 相手の都合を考えない
  • 誰かの埋め合わせのような誘い方

順に解説します。

2-4-1.デートの場所が自宅

明るい時間帯にしたとしても、「体目的なのではないか」と思われてしまう可能性があります。

お互いが親密な関係ならまだしも、1回目のデートの場所をいきなり自宅にすることは控えておきましょう。

2-4-2.夜遅くからの時間に設定する

デートの場所を自宅にする時と同じく、「体目的なのではないか」と思われる可能性が高いです。

また、事前に時間を決めたとしても、「終電を逃させる気なのではないか」と警戒する女性は少なくありません。よほどの理由がない限り、1回目のデートは明るい時間帯にしましょう。

2-4-3.相手の都合を考えない

相手の意見も聞かずに店の予約をしてしまったり、自分の都合でスケジュールを決めてしまったり。

そういった自分勝手な行動は、相手からの印象が悪くなります。デートに誘うときは、相手のこともしっかり考えて、焦らず慎重に行動しましょう。

2-4-4.誰かの埋め合わせのような誘い方

「友達が行けなくなっちゃったから、代わりに一緒に行ける子を探してたんだ」など、言い訳として使いたくなる気持ちもわかりますが、できれば内緒にしておきましょう。

「所詮誰かの埋め合わせなんだ」と相手が思ってしまう可能性があります。

2-5. 誘うまでの流れが苦手な人にオススメのアプリ「dine」

「デートに誘うまでの流れはわかったけれど、時間がかかるし面倒くさい」と感じる人にオススメのアプリは「dine」です。

Dine トップ画面

dine」は2016年にアメリカ・カナダでリリースされたデーティングアプリで、その人気の高さから2017年11月に日本でもリリースされた新しいアプリです。

「100通のメッセージより1回のデート」というコンセプトで、デートにコミットした今注目のアプリです。

他のアプリと違い「いいね=〇〇なお店にごはんに行きましょう!」「いいね返信=いいですね、行きましょう!」という仕組みになっているため、マッチングがデートに直結します。

他のアプリと比べて料金が高いですが(6,500円/月)、実際にマッチング後のデート率は40%と驚異の高さを誇っています。

マッチングからデートまでが早い、デート実施率が高いというのがdineのメリットです。

dine」登録が簡単で、異性と出会うまでの面倒が他のアプリよりもはるかに手軽なことから利用者がどんどん増えてきています。

それゆえに、特に若い女性が多く登録しています。

以下は、「dine」の女性会員データのイメージです。

dine 女性会員データ

女性の雰囲気は、美人が多く集まる「東カレデート」にそっくりで、かわいい系よりも綺麗系が多く、実際に併用している女性もちらほら見かけました。

そんな女性たちとも、メッセージ不要で即デートに誘えるので「綺麗な人とデートしたい!」という男性にはおすすめです。

以上をふまえ、「dine」は次のような男性におすすめです。

dineをおすすめする人

  • メッセージのやりとりが面倒!まずは気軽にごはんデートに行きたい男性
  • チェーンとかでなく、ちゃんとしたお店に行く男性と食事したい女性
  • 綺麗な女性とデートしたい男性

以上に当てはまる方で気になる方はぜひ試してみて下さい。

※紹介コードjp5vbGPFを入力すれば有料会員プランが1週間無料で使えます。

【参考】女性を喜ばすデートのポイント

楽しい会話ができるようになるだけでも彼女はできやすくなりますが、さらに早くに女性に好きになってもらうためにのデートのテクニックも紹介します。

これらを使えばデートで相手をキュンキュンさせることができるので1つずつコツを身につけていきましょう。

  • ① 初回は基本的に手を出さない
  • ② デート中は相手にだけに集中する
  • ③ さりげない気配りをする
  • ④ デート中はとにかく楽しむ
  • ⑤ 適度に奢る
  • ⑥ デート後はかならず「家着いた?」メールを送る

それぞれ順に紹介します。

① 初回は基本的に手を出さない

ついにデート!「このチャンスで行けるとこまで距離を縮めるぞ」と張り切るそこのあなた、それは間違いです。失敗への道まっしぐらです。

女性が初回デートで見ているのは「この人のこと好きになれるかな?」ではなく「この人遊び目的かな?怖い人じゃないかな?」です。

いくら初回から仲良くなったからといって肩に手を回したり、ともかくボディタッチをしたら女性は警戒心を高めます。

すると例え好感であったとしても「この人どうせ遊びだから」と次回会ってもらえなくなります。

1回目はとにかく紳士的に誠実に。攻めるなら様子を見ながら2回目以降と覚えておきましょう。

モテる男は、1回目のデートは手にも触れない。2回目以降で攻める。

② デート中は相手にだけに集中する

デート中に相手の女性が道ゆく男性を見ていたり、常にケータイをいじっていたり、「あ、ごめん今聞いてなかった」と言ってきたらどうでしょう。

答えは当然「印象は悪い!!」です。

その反対も同じ。あなたがデート中相手の女性以外のことを見ていたり、ケータイを気にしたりしていたら印象は悪く、女性は楽しい気分にはなりません。

逆にあなたが周りやケータイを一切気にせず、目の前の女性のことだけを気にかけていたら「私に集中してくれている」「この人といるとなんだかいい気分♩」となり、好感を抱き始めてくれます

モテる男は、デート中は目の前の女性のことしか考えない。

③ さりげない気配りをする

女性は誰しもいつの年齢になってもお姫様扱いに憧れるものです。

お姫様扱いというとイメージが難しいですが、要は「守ってほしい/優先してほしい/特別扱いしてほしい」ということです。

具体的には、たとえば次のようなさりげない気配りができると女性は喜びます。

(お店行くまで)

  • 歩道では道路側を歩く
  • エスカレーターでは上りは後、下りは先に乗る(男性が常に下にいる状態)
  • エレベーターは先に入り、最後に降りる(開くボタンを押す係になる)
  • 「段差あるよ」と教えてあげる

(お店で)

  • お店などのドアを開けてあげる
  • 奥の席、ソファ席を女性に譲る
  • メニューは何がいいと聞く、相手の希望を優先させる
  • メニューを見るとき相手の方に向ける
  • 飲み物がなくなったら次のオーダーを聞いてあげる/お水を入れてあげる
  • 店員さんを呼ぶのは常に自分

(その他/帰り)

  • 外のベンチに座るときは女性が座る場所の落ち葉やホコリを軽く手で払う
  • 見送りは必ず行う、本当に見えなくなる最後まで改札前に立っている  etc.

要はレディファーストで、できることをあげたらキリがないのですが、何をやればいいのか分からないという人はまずは上の12つを徹底するようにしましょう。

一気に覚えるのは大変なので、1回のデートで3つは絶対クリアする!という気持ちでちょっとずつ確実にできるようにしていきましょう。

モテる男は、さりげない気配りで女性心をくすぐる。

④ デート中はとにかく楽しむ

笑顔や感情は伝染します。あたなが楽しいと思えば相手もなんだか楽しく思えてきますし、つまらない思えば相手もつまらなく感じてしまします。

そのため、デートは全力で楽しみましょう!すると相手の女性も「今日のデートはなんだか楽しい気がした」と思ってくれます。

予定のデートが雨で台無しになったり、どうしても会話が盛り上がらないというときは、「でも君といれてこの時間が嬉しい」感を伝えましょう。

モテる男は、デートを楽しむ。

⑤ 適度に奢る

初回は奢る、2回目は3~4割もらう。これが私の経験上もっとも関係の上手くいく奢り方のポイントです

女性は女の子扱いを嬉しがります。そのため君のこと女の子として見てるよ!と伝える意味でも1度目は奢った方がいいです。

「いやいや、流石に悪いです」と言ってきたら次のように言い返しましょう。

  • 今日ははじめてなのに会ってくれたらそのお礼で!次回は普通にもらうから今日だけ感謝を込めて俺に奢らせて!
  • ありがと、でも初回だからいいよ!それじゃあそんなに言ってくれるなら後でアイス奢ってもらおうかな!
  • (お茶目バージョン。お店の外で。)しーっ!違うんだ、今日は食い逃げなんだ。だからバレないうちに早く離れよう!※言っている最中は真顔で言うのがポイント

奢るときのポイントはいかに「申し訳ない」でなく「ありがとう」と思わせるかです。

上記のような言い方をすれば、相手も奢られやすいですし、好印象で好感をもってもらえます。また、2回目以降に自然にお金をもらうことができます。

2回目以降は奢らない方がなぜか上手くいく

なお2回目以降は奢らない方がその後の関係がなぜか上手くことがほとんどです。

女性は一定のお金を使うと「この人との時間にお金を使ってきたから、ここで別れるのはもったいない」と男性に執着するようになるようです。

そのため2回目以降は一定お金を使ってもらった方が、関係が長く続くのです。

かといって割り勘は印象が悪いので、3~4割のお金をもらう(要は男性が少し多めに払う)ようにしましょう。

モテる男は、2回目以降はしっかりお金をもらう。

⑥ デート後はかならず「家着いた?」メールを送る

楽しいデートも無事終了、とここで忘れてはいけないのが「家着いた?」メールです。

女性は女の子扱い、特別扱いが大好きです。家着いた?の一言は、「私のこと心配してくれている」「離れても私のこと気にしてくれている♩」と女心をくすぐります

ポイントは、別れ際に「どこまで?」と最寄り駅を聞き、「駅から家までは遠いの?」と家までかかる時間を確認し、相手の到着時間を予想しておくことです。

到着時間の5分ほど前(理想は帰宅直後だが、帰宅後時間がたってからよりは帰り途中で聞いた方が印象がいい)に「家着いた?」と送れば任務完了です。

モテる男は、相手が帰宅するまで女の子扱いを徹底する。

3. 2回目以降のデートに誘うための2つのポイント

1回目のデートが無事終わったとしても、油断は禁物。ここでは2回目のデートにうまく繋ぐためのポイントを2つ紹介します。

  • 2回目デートまでは何回か電話するようにする
  • 女性からの誘ってサインを見逃さない

それでは順に説明します。

3-1. 2回目デートまでは何回か電話するようにする

2回目のデートが決まった後も、相手からの興味が薄まらないように、相手のペースにうまく合わせて連絡を取りましょう。

メッセージが盛り上がっている時
「電話の方が話しやすいから電話しない?」

相談や聞きたいことを作る
「話したいことがあるんだけど、メッセージだと伝わりづらいから電話してもいい?」

もし相手側がOKしてくれれば、電話をすることがオススメ。
お互いの声も聞くことができ、メッセージでのやりとりよりも距離が縮まりやすいです。

1回目のデートで出た話題について掘り下げて話したり、お互いの共通点をさらに探して2回目のデートの話題作りに役立てることもできます!

3-2. 女性からの誘ってサインを見逃さない

男性から誘って欲しいと思う女性も少なくありません。1回目のデートやその後に連絡を取っている時、以下に挙げるような発言をすることは、女性からのさりげない「誘って欲しい」サインです。

  • 「最近暇なんですよね」と時間があることをアピール
  • 「このお店が気になっている」といった発言
  • イベントなどの情報を共有してくる
  • 次の休みの日の予定を聞いてくる

こういった発言があったら、デートに誘ってもOKされる可能性が高いです。

4. 2回目以降もデートOKをもらうための誘い方

2回目以降のデートは、デート中/もしくはデート直後すぐに次のデートに誘うのが成功のための鉄則。

以下のタイミングに合わせて誘い方のポイントを伝えていきます。

  • デート中に次のデートに誘う
  • デート直後に次のデートに誘う
  • デート後日に次のデートに誘う

それでは順にお伝えします。

4-1. デート中に2回目デートに誘う

理想の流れとしては、「1回目のデートで話が盛り上がり」→「その場で2回目デートの約束をしてしまう」ことです。

デート中に趣味や休日の過ごし方の話、行ってみたいところ/やってみたいことなどの話が上がると思います。その際にすかさず2回目デートに誘ってみましょう!

誘い方のイメージは次の通りです。

「〇〇ちゃんって趣味は何なの?」
「んー、映画、旅行、あとは趣味ってほどではないけど美味しいご飯行くのとか好きかな?」
「へー映画好きなんだ!俺も好きなんだー。ジャンルは何系が好きなの?」
「アクションも好きだけど感動系とかかな^^」
「お!俺も感動系が好きー。ショーシャンクの空にとか、最強のふたりとかが特に!」
「えーわかるー!」
「映画の趣味合いそうだね^^じゃあ次は一緒に映画観に行こうよ!」
「いいね!」
「最近だと観たい映画とかある?」・・・

まずはこのように、デート中に次のデートの約束をとってしまうことを目指しましょう!

4-2. デート直後に2回目デートに誘う

デート直後には、「家着いた?メール」を必ずするようにしましょう。
(※メール/ラインは解散してから1時間以内に!)

そして、そのメール/ラインの流れの中でそのままデートに誘いましょう。

「今日はありがとう!無事家着いた?」
「こちらこそありがとう!あと5分くらい^^」
「もうすぐだね^^今日は楽しかったねー!いっぱい笑った😂」
「そうだね😂私も楽しかったー!ほんとありがとうね^^」
「うん、またごはん行こー!〇〇ちゃんが今日言ってたお店が気になってる😋」
「いいねー!行こー^^」
「来週の土日とか空いているー?」・・・

4-3. デート後日に2回目デートに誘う

後日デートに誘う場合、「そういえば〜」とか「〇〇日って空いてる?」など、ある程度いきなり本題に入っても問題ありません。

そこからの流れは基本的に今までと同じです。

「お疲れー^^〇〇ちゃん〇〇日って空いている?」
「ごめんその日は予定が><どうして?」
「そっか!うん、この前アキちゃんが行きたいって言ってたお店に一緒に行ければと思って^^」
「いいねー!ぜひー😄〇〇日なら空いてるよ^^」
「お、俺も!じゃあ決まりだね😁」

ただし、後日といってもデートから2日以内に誘うようにしましょう!

そうしないと他の男性に取られたり、相手が「脈なしかなぁ..」と勘違いして気持ちを冷ましてしまいます。

【参考】2回目のデートが中々決まらない方へ

「マッチングアプリで2回目デートに繋がらない…」「告白まで至らない…」など、付き合うまでに辿り着かず悩むことってありますよね。

マッチングアプリで2回目、3回目のデートに繋がらないのは、よくある6つの理由のどれかに引っかかってしまっていることがほとんど。

デートが続かない6つの理由

  • 写真を盛り過ぎていた
  • デートの服装が個性的すぎた
  • デートプランに問題があった
  • デート中の対応が悪かった
  • 脈ありと勘違いして馴れ馴れしく接してしまっていた
  • デートは良かったけど、誘い方が良くなかった

逆に言えば、それさえ解決できれば告白までトントン拍子に進むことができます!

2回目以降のデートに繋げるコツは「2回目デートにつながらない!マッチングアプリで次につなぐためのコツ」の記事で紹介しているので、参考にしてみてください。

まとめ

以上、成功率が上がるマッチングアプリを使ったデートへの誘い方についてお伝えしました。

マッチングしてからデートに誘うまでの基本的な流れは以下の通りです。

  • 初回のメッセージ
  • 趣味・休日の過ごし方について話す
  • 話の流れでデートに誘う

また、具体的なデートの誘い方を3つ紹介しました。

  • 共通の趣味と絡めて誘う
  • 好きな食べ物・お店の話題から誘う
  • よく行く場所の話題から誘う

この3つのうち、自分のやりやすい誘い方で誘うと良いです。

この記事があなたの素敵な出会いの役に立つことを願っています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket