ペアーズエンゲージをおすすめする7つの理由と3つの注意点

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
 

「ペアーズエンゲージってどう?」「コスパは?」「ほかの結婚相談所よりも結婚しやすい?」など、ペアーズエンゲージについて気になっていませんか?

ペアーズエンゲージ』は、マッチングアプリで人気の高い『ペアーズ』が作ったオンライン結婚相談所です。

一年分の総額が10万円を切るコスパの良さ、さらに、コンシェルジュがチャットで24時間サポートをするなど、魅力的なサービスと言えますが、押さえておきたいポイントもいくつかあります。

このページでは結婚相談所のアドバイザーとして働いた経験を持ち、今までに167社の相談所を調査してきた筆者が『ペアーズエンゲージ』の特徴について以下の流れで説明していきます。

  1. 婚活でペアーズエンゲージをおすすめする7つの理由
  2. ペアーズエンゲージの3つの注意点
  3. 【地方向け】低コストオンライン結婚相談所2選
  4. 結婚相談所を120%使いこなす4つのコツ

このページを最後まで読めば、『ペアーズエンゲージ』のメリットやデメリットがわかるだけでなく、ペアーズエンゲージに登録すべきかどうかもスッキリと判断できるでしょう!

1. 婚活でペアーズエンゲージをおすすめする7つの理由

ペアーズエンゲージ』は、累計会員数1,000万人を超えるNO.1マッチングアプリ『ペアーズ』が2019年にサービスを開始したオンライン結婚相談所です。

オンライン結婚相談所とは、一般的な結婚相談所のサービスとマッチングアプリの機能を併せ持った、その中間的な存在と考えればわかりやすいかもしれません。

ここでは、少しでも早く結婚したい人のために生まれた、この新しい婚活サービスの魅力について以下の順に紹介していきます。

  • 料金の安さが業界トップクラス
  • 紹介人数が業界トップクラス
  • 証明書提出で既婚者ゼロ
  • 24時間いつでもプロに相談できる
  • 使いやすいデザイン
  • アプリ内でビデオ通話が可能
  • 返金保証があるから安心

それでは、上記の7つについて説明していきます!

1-1. 料金の安さが業界トップクラス

ペアーズエンゲージ』は、“1年間の総額が99,600円だけ”という、結婚相談所のサービスの中では最もリーズナブルな料金で利用することができます。

そのため、いま結婚がしたいと考えているすべての人にとって、“はじめやすく、続けやすいサービス”と言えます。

ここでは、手厚いサポートが人気の『IBJメンバーズ』と、コスパの良いサービスが特徴の『オーネット』との料金を比較してみましょう。

ペアーズエンゲージと人気の結婚相談所の料金

←スマートフォンの方はスクロールできます→

料金ペアーズエンゲージのロゴ
ペアーズエンゲージ
IBJのロゴIBJメンバーズオーネットロゴオーネット
料金体系入会費・月会費入会金・初期費用
月会費・成婚料
入会金・初期費用
月会費
1年間の総額99,600円
(6カ月プラン×2)
655,500円
(アシストプラスコース)
272,800円
(プレミアムプラン)

※こちらの料金は12ヶ月で成婚した場合の料金です。すべて税抜価格です。

表のように、『ペアーズエンゲージ』を1年間利用した場合、『IBJメンバーズ』の1/5以下、『オーネット』の1/3ほどの料金で利用できることがわかります。

また、『ペアーズエンゲージ』の料金は、入会金の9,800円と月会費の9,800円のみです。

1ヶ月プラン・3ヶ月プラン・6カ月プランがあり、6ヶ月プランで入会すれば、入会金も無料となります。

1-2. 紹介人数が業界トップクラス

ペアーズエンゲージ』は、1年以内に結婚したい人のためにサービスを提供しており、“お相手の紹介数も業界トップクラス”です。

婚活では、出会える人数が結婚へと直結しています。『ペアーズエンゲージ』では、毎日1人ずつ、毎月30人のお相手紹介を通じてより効率的な出会いをサポートしています。

ここでも人気の結婚相談所との比較をしてみましょう。

ペアーズエンゲージと人気の結婚相談所の紹介数

←スマートフォンの方はスクロールできます→

出会いペアーズエンゲージのロゴ
ペアーズエンゲージ
IBJのロゴIBJメンバーズオーネットロゴオーネット
紹介数30人/月3人/月
(アシストプラスコース)
6人/月
(プレミアムプラン)
出会いの種類紹介のみ7種類5種類
検索できる人数0人/月40人/月8人/月+30人/年

こうしてみると、結婚相談所から毎月紹介してもらえる異性の数は『ペアーズエンゲージ』が圧倒的に多いことがわかります。

ただし、自分で検索できる人数なども合わせて考えると、『IBJメンバーズ』や『オーネット』の方が出会える数は上と考えることもできるため、好みは分かれます。

1-3. 証明書提出で既婚者ゼロ

ペアーズエンゲージ』では、登録時に自治体が発行する「独身証明書」の提出が必須です。

そのため、プラン申し込み後に、サイトから「独身証明書」の郵送取得申請をする必要があります。

「独身証明書」が届いたら、「本人確認書類(免許証など)」と「独身証明書」を撮影し、アプリからアップロードすると、お相手が紹介されるシステムです。

会員登録に必要な書類

  • 本人確認書類(免許証など)
  • 独身証明書
  • 収入証明書(任意)
  • 学歴証明書(任意)
  • 国家資格証明書(一部の職業のみ/ 任意)

このように入会へのハードルを高くすることで、真剣に結婚したい人だけが集まる安心・安全なコミュニティの形成を図っています。

1-4. 24時間いつでもプロに相談できる

オンライン結婚相談所である『ペアーズエンゲージ』の大きな特徴のひとつが“プロのコンシェルジュによる24時間のチャットサポート”です。

ペアーズエンゲージのコンシェルジュ出典:「ペアーズエンゲージ」より

業界経験が平均4年以上の専属コンシェルジュたちに、24時間365日相談できるから、仕事が遅く終わった日でも、ふっと疑問が浮かんだときにも、いつでもすぐに問題を解決することができます。

ファーストコンタクト(初顔合わせ)の際などに「どんなファッションが似合うか?」「おすすめのお店があるか?」など、気軽に相談に乗ってくれます。

1-5. 使いやすいデザイン

ペアーズエンゲージの使いやすいイメージ

出典:「ペアーズエンゲージ」より

ペアーズエンゲージ』は、結婚を真剣に考える誰にとっても使いやすく効率的なデザインとなっています。

『ペアーズエンゲージ』は、WEBから登録した後に、アプリダウンロードしてから、紹介を受けたり、お相手とのやり取りを進めていきます。

こうしたWEBサイト・アプリの使いやすさに加えて、コンシェルジュによるチャットサポートやアプリ内でできるビデオ通話、毎月30人の異性を1人ずつ紹介するなど、結婚への効率的なシステムも魅力のひとつと言えます。

1-6. アプリ内でビデオ通話が可能

ペアーズエンゲージ』のコミュニケーションツールは、メールだけでなくビデオ通話機能も備えています。

ペアーズエンゲージのビデオ通話出典:「ペアーズエンゲージ」より

例えば『ペアーズエンゲージ』では、毎日紹介されるおすすめの異性に対して、お互いが「いいね」を送り合った場合にのみ「ファーストコンタクト(初顔合わせ)」に進むことができます。

ファーストコンタクトは1時間程度会ってお茶をするのが基本ですが、この初顔合わせをアプリ内のビデオ通話機能を使って行うことも可能です。

さらに、お互いがまた会いたいと思ったらカップリングが成立。3カ月間のやり取りがはじまります。

ここでも、直接会うだけでなく、メールやビデオ通話を使って、関係性を築いていくことができます。

1-7. 返金保証があるから安心

ペアーズエンゲージ』では、婚活を安心してスタートできるように、返金制度が用意されています。

ペアーズエンゲージの返金制度出典:「ペアーズエンゲージ」より

具体的には、紹介開始から3ヶ月(90日間)利用してもマッチングしなかった場合に、入会金と月額を全額返金するというものです。

ただし、返金にはいくつかの条件もあります。

  • 登録から30日以内に必要書類の提出が完了している
  • 期間中、30日ごとに最低10人に対し「いいね」か「スキップ」をしている
  • 期間中、30日ごとに最低1人に対し「いいね」をしている

※また、返金の代わりに、購入したプランと同じサービスを無料で利用することも可能です。

ここまで『ペアーズエンゲージ』のおすすめポイントについて見てきましたが、“とても魅力的な婚活サービス”だということがわかりました。

しかし、いくつか知っておきたい注意点もあるので、次章で詳しく紹介していきます。

2. ペアーズエンゲージの3つの注意点

結婚相談所サービスとして、とてもリーズナブルで、良質なサービスを提供している『ペアーズエンゲージ』ですが、ただそれだけで使ってしまうと、あなたの婚活がうまくいかない可能性もあります。

この章では、『ペアーズエンゲージ』に登録する前に知っておきたい3つの注意点について紹介していきます。

  • 結婚相談所自体が向いていない可能性がある
  • 会員数が公開されていない
  • 対象エリアが限定されている

それでは順に説明していきます。

2-1. 結婚相談所自体が向いていない可能性がある

結婚相談所のサービスは、効率的に婚活ができる最適な手段と言えますが、そもそも結婚相談所を利用するかどうか迷っているという方も多いと思います。

ここでは、結婚相談所の費用やサービスといった特徴も踏まえて、結婚相談所のサービス自体をおすすめできない人について考えてみたいと思います。

  • 自ら積極的に婚活をしたい人
  • 出会いの手段にお金をかけたくない人
  • そもそも婚活だけが目的ではない人

どれか1つでも当てはまる人は、「婚活アプリ/サイト」や「婚活パーティー」からはじめてみることをおすすめします。

婚活アプリで特におすすめなのは、『マッチドットコム』や『ユーブライド』ですが、詳しくは「騙されるな!102個比較して分かったおすすめの婚活アプリ・サイト6選」にまとめているので、ぜひ参考にしてみてください。

2-2. 会員数が公開されていない

ペアーズエンゲージ』の公式サイトでは、サービスを利用している会員数が公開されていません。

そのため、『ペアーズエンゲージ』で実際にどれほどの出会いが期待できるのか、計ることはできません。

ここでは参考程度ですが、大手結婚相談所の会員数についても紹介しておきます。

←スマートフォンの方はスクロールできます→

結婚相談所会員数
zwei(ツヴァイ)
ツヴァイのロゴ
9.1万人
IBJメンバーズ
IBJのロゴ
6.5万人
オーネット
オーネットロゴ
5万人
NOZZE(ノッツェ)
ノッツェのロゴ
4万人
ゼクシィ縁結びエージェント
ゼクシィ縁結びエージェントのロゴ
3万人
エン婚活エージェント
ロゴエン婚活エージェント
3万人
サンマリエ
サンマリエのロゴ
約2万人
パートナーエージェント
パートナーエージェントのロゴ
1.2万人

これは私の主観になりますが、会員数が4万人を超えている結婚相談所は、出会いも豊富で、成婚退会者の数も多いです。

ただし、以下のような場合、“おすすめの異性の紹介人数ではトップクラスのペアーズエンゲージ”は、他のサービスよりも使いやすいと言えます。

  • 自分に合いそうな異性を検索するのが面倒
  • 自分にどんな人が合うのかわからないので紹介してほしい

また、『ペアーズエンゲージ』は結婚相談所の中では非常にリーズナブルであり、返金保証もあるので、利用しやすいのも事実です。

2-3. 対象エリアが限定されている

ペアーズエンゲージ』は、2019年8月にはじまったサービスで、当初の利用対象エリアは東京・千葉・埼玉・神奈川の4県のみでした。

さらに、2020年5月からは関西・東海エリアのサービスも開始され、徐々に対象エリアを増やしていますが、現在のところ全国14都府県に利用は限られています。

そのため、対象エリア以外にお住いの方にはおすすめすることはできません。

ペアーズエンゲージのサービス対象エリア

←スマートフォンの方はスクロールできます→

エリア都府県
関東東京都・埼玉県・千葉県・神奈川県
東海愛知県・岐阜県・三重県・静岡県
関西大阪府・京都府・奈良県
兵庫県・和歌山県・滋賀県

また、公式サイトには、東京23区内・名古屋市内主要駅・神戸・大阪・京都周辺でのファーストコンタクト(初顔合わせ)が可能な方も対象と記されています。

以上が『ペアーズエンゲージ』の注意点になります。

ここまで紹介してきた、のおすすめポイントや注意点を踏まえて、『ペアーズエンゲージ』の利用を検討してみてください。

また、次章ではペアーズエンゲージの対象エリア外となっている地方でも利用可能でコスパもいい結婚相談所を紹介しているので、参考にしてみてください。

3. 【地方向け】低コストオンライン結婚相談所2選

ここからは『ペアーズエンゲージ』だけでなく、コスパ良く出会えて、地方の方でも婚活がはじめやすい結婚相談所を紹介していきたいと思います。

以下の2つの結婚相談所は、1年間の総額が10万円台で地方展開もしています。ぜひ参考にしてみてください。

それでは順に説明します!

3-1. 独自のマッチングで毎月6名以上紹介:エン婚活エージェント

エン婚活エージェント』は、転職などの人材サービスを展開するエン・ジャパンが2016年にはじめた結婚相談所サービスです。

1年間の総額は 153,800円(税抜)で、成婚料やお見合い料なども必要ありません。

毎月、コンピュータがおすすめの相手を6名選んでくれる「紹介」と、気になる人を自分で探す「検索(10名/月)」の2つの方法で出会うことができます。

また、入会時に「本人証明書」「独身証明書」「年収証明書」「学歴証明書といった各種書類の提出が必須なため、安心できる婚活サービスと言えます。

エン婚活エージェントの基本データ

←スマートフォンの方はスクロールできます→

会社名会員数対象エリア
エン婚活エージェント
株式会社
3万人21都府県
1年間の総額(初期費用)(月活動費)(成婚料)
153,800円9,800円12,000円0円
1年間の出会いの数(仲人紹介)(データ紹介)(検索)
192人0人72人120人

ただし、『エン婚活エージェント』は料金が安いため、手厚いサポートは受けられません。専属のコンシェルジュによる電話やメールでの対応となります。

つまり、コンシェルジュをうまく使って、自分主体で婚活できる人にはメリットの大きなサービスです。

エン婚活エージェントのサービス対象エリア

←スマートフォンの方はスクロールできます→

エリア都府県
関東東京都・埼玉県・千葉県・神奈川県
東海愛知県・岐阜県・三重県
関西大阪府・京都府・奈良県
兵庫県・和歌山県・滋賀県
その他群馬県・茨城県・栃木県・福岡県
熊本県・佐賀県・広島県・岡山県

3-2. 全国対応!アドバイザーがしっかりサポートする:スマリッジ

スマリッジのトップ画面

スマリッジ』は、アドバイザーの婚活サポートがありながらも、低価格で利用できる優良なオンライン結婚相談所です。

一年間の総額は114,000円(税抜)と、かなりリーズナブルで、成婚料やお見合い料も必要ありません。

また、独身証明書を提出した全国52,000人の中から、アドバイザーがあなたにおすすめの異性を紹介してくれます。紹介数は毎月最大7名、年間で最大84名です。

さらに、自分で検索した気になる異性に、アドバイザーを通じて月に20名までコンタクト(お見合い)を申し込むこともできます。

スマリッジの基本データ

←スマートフォンの方はスクロールできます→

会社名会員数対象エリア
SEモバイル・アンド・オンライン株式会社5.2万人全国対応
1年間の総額(初期費用)(月活動費)(成婚料)
114,000円6,000円9,000円0円
1年間の出会いの数(仲人紹介)(データ紹介)(検索)
324人84人0人240人

また、『スマリッジ』ではオンラインによるお見合いにも対応しており、パソコンやスマートフォンから簡単にお相手と出会うことができます。

そのほか、3ヶ月間お見合いができなかった場合には全額返金保証制度も設けています。

なお、結婚相談所の詳しい探し方については「結婚相談所11社を徹底比較!料金や会員数、サポートでわかるおすすめランキング」も参考にしてみてください。

4. 結婚相談所を120%使いこなす4つのコツ

「結婚相談所に申し込みしたからもう安心」…、残念ながらそういうわけにはいきません。申し込みをしてからが本格的なスタートです!

結婚相談所は任せるものではなく「使うもの」です。結婚相談所のリソース(データ、お見合いセッティング、アドバイスやノウハウ、心のサポートなど)を使いながら、あくまで自分主体で動いていきましょう

ここでは結婚相談所を使いこなすために知っておきたい4つのコツを紹介しておきます。

  • 担当者とはなるべく親しくしておくこと
  • 写真にはなるべくこだわること
  • 高望みをしすぎないこと
  • 相談所の掛け持ちも検討すること

上記、おすすめの結婚相談所に入会後はこの4つのポイントを意識しましょう。

4-1. 担当者とはなるべく親しくしておくこと

担当者とはなるべく親しく接しておくことをおすすめします。

担当者と仲良くなるために

  • 紹介してもらったら、イマイチでも感謝の気持ちを表す
  • アドバイスに反発せずにいったんは受け止める
  • 紹介された人にはなるべく積極的に会うようにする

親密でないと相談してもらえない、ということにはなりませんが、プロとはいえ人間ですから、担当者の中でも優先順位がつくことがあります。

例えば、あなた好みの異性が入会してきたときに、あなたの印象が強く残っていれば、あなたに真っ先に紹介してくれるかもしれません。

合わなければ我慢せずに!

ただし、担当者と合わなければ我慢することは禁物です

スタッフが多数いるところであれば変更してもらうことも可能ですので、「相談したいのに、しにくい…」ということがあれば我慢せずに担当変更を依頼しましょう。(※地場の相談所の場合は担当変更は難しいので注意)

過去には以下のような理由で担当変更する方がいらっしゃいました。

  • 異性のアドバイザーだと少しやりにくい
  • 自分よりキラキラした方だとやりにくい
  • 結婚を急かしてくるようでやりにくい

高いお金を払っているわけですから、以上のように気になるところがあれば遠慮せずに担当変更を検討しましょう。

直接店舗の責任者などに電話をしてもいいですし、以下のようなメールを送ってもいいでしょう。

いつも大変お世話になっております。

会員の◯◯と申します。

現在、ご担当の◯◯様には非常に熱心にご支援をいただいていますが、
正直なところ、同世代の方に結婚の相談をすることに少し抵抗を感じております。

そのため、私より一回り世代が上のアドバイザーの方にもお話を聞きたいと考えております。

大変お手数をおかけしますが、よろしくお願いいたします。

こういった依頼をしても結婚相談所は一生懸命あなたの婚活成功に向けて動いてくれるので、気軽に相談しましょう。

4-2. 写真にはなるべくこだわること

結婚相談所で「写真の良し悪しが成功を左右する」といっても過言ではありません

写真が悪いせいで実際にお見合いの申し込みがほとんど来ない方もいらっしゃいます。

口コミ・評判

【いい写真は確かにチャンスを広げる】
スタジオ写真を使用しました。仕上がった写真は綺麗でしたが、「私らしさ」という感じはあまりしませんでした。それでもお見合いの申込みはけっこうな数いただいたので、結果的には正解だったと思います
ちなみに、「写真は写真でよかったけど、笑顔とか写真よりもずっといいですね。」と言っていただいたことがあります。「らしさ」もきっと会ってみて伝わるものだと思うので、まずは会うチャンスを増やすためにスタジオ写真を使用してみたらどうですか?

※引用:「YOMIURI ONLINE 発言小町

結婚相談所の中には、綺麗な写真を撮ってくれるサービスがついているところもありますが、メイクをプロにお願いするなど、写真にもライバルと差つけるためにとことんこだわっていきましょう。

4-3. 高望みをしすぎないこと

正直、結婚相談所ではたくさんの方から選べますがそれは異性も同じ状態です。

そのため、高望みばかりしているとなかなか相手にしてもらえず、結婚のチャンスを逃すことだってあります

例えば、中年の男性が容姿の綺麗な若い女性ばかりを狙うという作戦をとってしまうと、成功率はガクッと下がります。

自分を客観的に見つめ、高望みをしすぎないことが成功への秘訣です。(ただし、その分自分磨きを努力すればもちろんOK!努力なしに理想はつかめないということです。)

4-4. 相談所のかけ持ちも検討すること

どうしても早くに結婚したい!という人の中には相談所を掛け持ちする人も多いです。

いきなり掛け持つ必要はありませんが、2つ登録すれば出会いのチャンスが倍になるのは事実。お金に余裕がある方は掛け持ちを検討してみるのも1つの手です。

ただし、地場の相談所で掛け持ちする場合は同じ連盟加盟店にならない様に注意しましょう。(例:IBJ加盟店A社と、IBJ加盟店B社とならないように!)

入会金、月額が低めの相談所であれば2つ掛け持っても負担になりにくいので、かけ持つ際はその2つが低めのところを選びましょう。

大手ですと『ペアーズエンゲージ』や『エン婚活エージェント』が入会金、月額が安く掛け持ちとしてもおすすめです。

5. まとめ

ここまで、『ペアーズエンゲージ』のおすすめポイントや注意すべき点などについて紹介してきましたが、いかがでしたか?

『ペアーズエンゲージ』は、結婚相談所の中では最もリーズナブルな料金で利用できるサービスです。

また、1日に1人ずつ月30人の異性を紹介するシステムや、24時間対応のチャットサービスなど、魅力的な機能も備えています。

ペアーズエンゲージの7つのメリット

  • 料金の安さが業界トップクラス
  • 紹介人数が業界トップクラス
  • 証明書提出で既婚者ゼロ
  • 24時間いつでもプロに相談できる
  • 使いやすいデザイン
  • アプリ内でビデオ通話が可能
  • 返金保証があるから安心

ただし、公式サイトで会員数を公開していない点や、対応エリアがまだ限られている点がネックでもあります。

ペアーズエンゲージの3つの注意点

  • 結婚相談所自体が向いていない可能性がある
  • 会員数が公開されていない
  • 対象エリアが限定されている

これらの点を踏まえて、『ペアーズエンゲージ』を利用すべきかどうか判断することをおすすめします。

ペアーズエンゲージの基本データ

←スマートフォンの方はスクロールできます→

会社名会員数対象エリア
株式会社ペアーズ
ブランシュール
非公開14都府県
1年間の総額(初期費用)(月活動費)(成婚料)
99,600円
(6カ月プラン×2)
9,800円9,800円0円
1年間の出会いの数(仲人紹介)(データ紹介)(検索)
360人360人0人0人

あなたにぴったりの婚活サービスに出会い、理想の結婚が叶ことを心から願っています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket