危険!twitterでの出会いを検証した結果とおすすめしない理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

「twitterで彼氏・彼女はできる?」「どうすればtwitterで出会える?」など、twitterの出会い事情が気になりますよね。

はじめにお伝えしておくと、twitterで出会えなくはないですが確率はかなり低いです。また、危険な目にあうことも多いので気をつけましょう

どういことか?

このページでは、様々な出会いの手段を試し、非モテでも過去6年間で8人の恋人を作ってきた筆者が、twitterの出会い事情についてお伝えします。

  1. 出会い目的でtwitterを使うことをおすすめしない理由
  2. 自分で挑戦しなきゃ気が済まないという人へ
  3. 64の出会いの場から選ぶとっておき2選

これを読めばtwitterの出会いの確率の低さと、その危険性がわかり、どんな出会いの方法が自分により合っているかヒントを見つけることができるでしょう。

1. 出会い目的でtwitterを使うことをおすすめしない理由

「twitterは出会える」「twitterで彼氏/彼女ができた」という噂を聞き、twitterでの出会い方が気になる人も多いと思います。

そこで、本当に出会えるのかやってみました

しかしその結果は散々なものでした..。

1-1. twitterで裏垢作ってやってみた!出会いの方法

今回やってみたのは以下の方法です。

試したtwitterの出会い方

  • 1. 裏垢を作る
  • 2. プロフ作成/ツイートなどをし、相手からの見え方をよくする(※顔写真公開)
  • 3.「#出会い」「#彼氏募集」な女性10人以上に毎日「ファボ」「リプライ」をする
  • 4. 相手をフォローしてリフォローされる
  • 5. リフォローされたらDMを送って仲を深める
  • 6. 仲良くなったら誘ってみる

※「ファボ」とはtwitter用語で「いいね」のこと

ターゲットは以下のようにいかにも出会いを求めている人たちです。

また、中には「らぶりつ(ファボ/RT)、フォローくれた人には必ず返信😊」という人もいたので、そういう人には要求通り「ファボ/RT」「フォロー」も行いました。

活動の記録(一部)

1-2. twitterで裏垢作ってやってみた!その結果..

結果は以下の通り、なんとも悲しい結末に終わりました。

こちらからのアクション
ファボした人 78人
リプライした人 78人
RT(リツイート)した人 49人
フォローした人 32人
相手からの反応
返信リプライが来た人 3人
フォローしてくれた人 0人
フォローされたエロ垢の数 28人

なおリプライし返してくれた女性のうち、1人とは6通返信が続きましたが7通目を送る際に一緒に「フォロー」したら返信は途絶えました。

また、「らぶりつ(いいね/RT)、フォローくれた人には必ず返信😊」という人に要求通りのこと全て行っても、リプライもリフォローも一度ももらえたことはありませんでした

さらには要らぬ副産物が..

しかも反応をもらえなかったどころか、なぜか恥ずかしいエロ系アカウントからフォローされまくってしまいました

裏垢を作って挑戦してみましたが、会えないどころかエロ系のアカウントにフォローされまくり、はたから見て「出会い絡みだらけの怪しい変態アカウント」と変貌してしまいました

本当に、本垢で挑戦していなくてよかったです。

なお、試しにファローされたいくつかのエロ垢にDMを送ってみたところ、別の怪しい連絡サイトや、動画サイトを紹介されました。

これらの別サイトにアクセスすると、後日高額の請求が届くことになるので注意しましょう。

1-3. twitterでの出会いは危険!

以上のような散々な結果に終わり、見覚えのないエロ垢からフォローされまくるなど危険性すら感じました。

実際に、ちょっと調べてみると、twitterをはじめとしたコミュニティサイトの犯罪件数は年々増加していて、警視庁も問題視しているほどだということが分かりました

※引用:警視庁データ「コミュニティサイト等における事犯の現状と対策について

コミュニティサイト・・・twitterやLINE掲示板、その他チャットアプリと言われるもの。完全無料のものが多く、また年齢確認がないのが特徴。

出会い系サイト・・・「ハッピーメール」や「ペアーズ」のような、インターネット異性紹介事業として国の許可を得てサービスを行なっているもの。安全な管理体制があり、身分証を用いた年齢確認が徹底されているのが特徴。

以上のコミュニティサイトでは、会いに行ったら全然違う人がいて恐喝された..。悪質サイトに誘導されて、登録したら高額請求が届いてしまった..

とか、女性が性犯罪に巻き込まれたり、女子高生が児童ポルノの被害にあったりするということが実際に起きているそうです。

1-4. 口コミからわかるtwitterの出会いの危険性

口コミにはこんな証言もありました。

口コミ・評判
【Q. これは出会い厨ですか?】
先月ネットで繋がってた人にTwitterで、明日遊ばない?と誘われました。 その人はいきなり私にDMで話しかけてきて、私自身初めてその人のことをその時知った程度だったのですが、本当に軽い気持ちでお遊び程度と思い会いました。あっていきなり15分で付き合ってほしいと言われました。これは出会い厨ですか
口コミ・評判
【A. YES。僕の友人も被害にあいました。】
僕の友人はそのような手口で性犯罪に巻き込まれたことがあります。その友人はTwitterで、かっこいいからという理由で何度も会ったりしていたのですが、そんなやさき、わずか1週間で性犯罪に巻き込まれました。

※引用:Yahoo 知恵袋

このように、twitterの出会いをきかっけにリアルに事件が起こっているので、私はtwitterでの出会いをおすすめしません。

また、仮に事件性のない人に出会えたとしても、twitterではまともな人ほど出会いに関する絡みは拒絶するものなので、出会えたその人はまともでない可能性が高いです

結論:twitterで出会うことはおすすめしない

以上のように、twitterで簡単に出会おうとしても出会えないどころかアカウントは見事に汚れ、また事件に巻き込まれる危険性すらあるので、私はtwitterで出会おうとすることはおすすめしません。

特に今は、空前の恋活・婚活ブームで、安全で出会える様々な出会いのサービスがあるので、そちらを使うことをおすすめします。

以下の章でそうしたおすすめの出会いの場について紹介します。

3. 64の出会いの場から選ぶとっておき2選

ただ、中にはそれでもtwitterでの出会いに挑戦したいという人もいると思います。

そこで、本垢を使った比較的安全な出会い方を次の2章で紹介しておきます。

2. 自分で挑戦しなきゃ気が済まないという人へ

twitter(ツイッター)で出会うためには本アカを使うことが必須です。裏アカは結局信用されないためまともな人に出会えることはまずありません。

また「彼氏・彼女募集」とつぶやいている子にはサクラ・業者が多いので、そうした人をターゲットにするのはおすすめしません。(1章でお伝えした通りです。)

結局twitterで出会うためには、本アカを使って以下の方法で地道に出会える人を探していくしかないです。

twitterの出会い方

  • ⑴. プロフ作成/ツイートなどをし、相手からの見え方をよくする
  • ⑵. リフォローしてくれそうな人を探す(共通の趣味があるなど)
  • ⑶. 相手をフォローしてリフォローされる
  • ⑷. リフォローされたらDMを送って仲を深める
  • ⑸. 仲良くなったら誘ってみる

とくに重要なのは「1. 相手からの見え方をよくする」こと、つまり信用してもらえて、かつ会ってみたいと思われるようなアカウントを作ることです。

それができていないと、永遠にフォローされない(=DMを送ることができない)ので出会うことはほぼ不可能です。

それではそれぞれのポイントを具体的にお伝えします。

⑴. プロフ作成/ツイートなどをし、相手からの見え方をよくする

全く面識のない相手があなたのことを何でフォローする/しないを決めるか、それは以下の情報です。

  • 写真:容姿が自分の好みであるかが分かる
  • 過去のツイート:人柄が垣間見れる/周りのフォロワーからどう見られているか分かる
  • フォロワー:同性の友達は多いか、異性の友達は多すぎないか/変なアカウントにフォローされていないかチェックすることで、怪しい人でないか分かる
  • フォローしている人:どんなことに興味がありそうか/変なアカウントをフォローしていないかチェックすることで、怪しい人ではないか分かる
  • プロフィール内容:趣味や考えが合いそうか/住んでいるところは近そうかなどが分かる

そのため、これらの5つの点で可能な限りいい印象を与えらえるように、アカウントを強化しておくことが大前提として大切です

裏垢を作ってキレイなアカウントを準備するという考え方もありますが、そもそも裏垢は信用性が薄く、フォローしたいと思う人は少ないので成果に繋がりにくいです。

結局本垢で、以上の5つの見栄えをよくするのが最大の近道です。

⑵. リフォローしてくれそうな人を探す(共通の趣味があるなど)

自アカウントの見栄えを良くできたら、出会いを広げる活動に入っていきます。

まずはリフォローしてくれそうな人を片っぱしから探していきましょう

その時、「#検索」などで共通の趣味(例えば「#ラーメン」「#スポーツ」「#カフェ」「#甘党」など)がある人を探していくのがポイントです。

やはり共通点があったほうが、最終的にリフォローされやすいからです。

見つけたら、まずは「いいね」「リプライ」を中心にその人に反応していきましょう!

⑶. 相手をフォローしてリフォローされる

そしていい感じの反応の相手には、思いっ切ってフォローしてみましょう

見事リフォローされればDMを送ることができるようになるので、そこから一気に距離を縮めることができるようになります。

※twitterにはDM(ダイレクトメール)という、個別のメッセージのやりとりができる機能(イメージLINEと一緒の機能)がありますが、これはフォロワーにしかDMを送れないという制限があります。

これを整理すると次のようになります。

  • 自分だけが相手をフォロー:自分はDMを送れない、相手は自分に送れる
  • 相手だけが自分をフォロー:自分はDMを送れる、相手は自分に送れない
  • お互いにフォロー:お互いにDMを送り合える

つまり、片方だけでは自由にDMを送り合えないので、その点をしっかり覚えておきましょう。

⑷. リフォローされたらDMを送って仲を深める

リフォローされて、お互いにフォローし合っている状態になったら、DMを送りあって仲を深めましょう

「趣味」「休日の過ごし方」「好きなもの、やってみたいこと」「年齢/職業などの基本情報」などを話題に、お互いのことを少しずつ知っていきましょう!

なお、仲良くなる間でLINEの連絡先を交換できておくとGoodです👍

⑸. 仲良くなったら誘ってみる

仲良くなったら後は相手をごはんやデートに誘うのみ

直接「会おうー!」でもいいですし、好きなご飯の話題や、気になっているお店の話題から「一緒に行こー!」とご飯に誘うのもいいです。

もし「まだ会うのは不安だ..」と言われたら、LINEなどで電話するように提案してみましょう。電話を通じて信頼関係を改めて高めていけば、再度ごはん/デートに誘った時にOKしてもらいやすいです。

【⚠注意】ただし実際にやってみると全然出会えない..

流れとしては以上のような形で出会うことができますが、芸能人でもない限り、実際に面識のない人からリフォローをしてもらえることは滅多になく

100人にフォローを送ってようやく1~2人からリフォローされるという程度です(※もちろん人によります。これは私の実体験の大体の数字です。)

さらにそこからDM交換しても途中で途絶えるのがほとんどで..。私の場合は1人に会うまでには700人近い人をフォローする必要がありました。

またそうまでしていざ出会ってみたのに、顔が写真と全然違う..なんてことも多いので、かなりの時間と労力を使う割に成果は残念なことが多く、twitterで出会おうとすることは基本的におすすめしません

3. 64の出会いの場から選ぶとっておき2選

それでは、twitterより安全で出会える出会いの場について紹介していきます!

まずはそもそもどんな出会いの場があるのか、64個の出会いの場を一覧で紹介します。

自分にあった出会いの場を見落としていないかチェックしてみて下さい。

←スマホの方はスクロールできます→

カテゴリー 出会いの場
1. 身近な出会い 9つ
(おすすめ度:★★★☆☆
  • 学校・職場・アルバイト
  • 他校の子・仕事の取引先
  • 友達からの紹介
  • 友達の恋人からの紹介
  • 合コン
  • 飲み会
  • 結婚式の二次会
  • 同窓会
  • お見合い
2. 出会いのサービス 6つ
(おすすめ度:★★★★★)
  • 相席屋
  • 街コン
  • マッチングアプリ
  • 婚活サイト
  • 婚活パーティ
  • 結婚相談所
3. 習い事系サービス 6つ
(おすすめ度:★★☆☆☆
  • 英会話教室
  • 料理教室
  • ワイン教室
  • ゴルフ教室
  • 免許合宿所
4. 異性向けサービス 3つ
(おすすめ度:★☆☆☆☆
  • キャバクラ
  • ガールズバー
  • ホストクラブ
5. 男女の集まる場所 2つ
(おすすめ度:★★☆☆☆
  • 社会人サークル
  • ボランティア
6. ネット 3つ
(おすすめ度:★☆☆☆☆
  • SNS(twitterなど)
  • 掲示板サイト/チャットアプリ
  • オンラインゲーム
7. ナンパ 35つ
(おすすめ度:★★☆☆☆
  • クラブ
  • バー
  • 横丁居酒屋
  • 街中/ストリート
  • フェス
  • スキー場
  • 学祭
  • 就活
  • ジム
  • カフェの店員
  • 整体師/マッサージ師
  • その他(交差点、飲食店などの行列、待ち合わせスポット、駅、電車、喫煙所、同じマンションの人、プール、お祭り、花見、ハロウィン、クリスマス、GW、遊園地、映画館、公園、本屋、図書館、旅行先、帰省中の新幹線、コンビニやスーパーの店員、美容師、アパレル店員 etc.)

それぞれおすすめできる/できないはありますが、出会いは探せばどこにでもあります。

以上を参考に、自分にぴったりの出会いの場を見つけてみて下さい。

3-1. ちなみにtwitterの出会いはおすすめしない

今までお伝えしてきた通りですが、twitterの出会いはおすすめしません。

改めて理由をまとめると次の通りです。

  • 事件にあう危険性が高い(業者や詐欺、犯罪者の罠が多い)
  • 挑戦するとアカウントが汚れる
  • 出会うまでにはかなりの地道な作業が必要
  • 出会えてもまともな人でなかったり、写真や想像のイメージと違うということが多々起こる

3-2. おすすめは出会いのサービス

なおおすすめは「出会いのサービス」を利用することです。

出会いのサービスの最大のメリットは「男女ともに出会いを求めて参加していること」です。

そのため、他の手段に比べて圧倒的に彼氏・彼女を作りやすいです。

←スマホの方はスクロールできます→

出会いの場 彼氏・彼女の出来やすさ
⑴ 相席屋 ★★☆☆
⑵ 街コン ★★★★
⑶ マッチングアプリ ★★★★★
⑷ 婚活サイト ★★★★★
⑸ 婚活パーティ ★★★
⑹ 結婚相談所 ★★★☆☆

中には、出会いのサービスを利用するのは見え方がよくないのでは?と心配する人もいると思いますが決してそんなことはありません。

普通にしていたら出会いの少ないこの時代、出会いのサービスの利用を賛成する人はかなり増えてきています

口コミ・評判
【出会いのきっかけは関係ない】
私は出逢ったきっかけにはこだわりませんね。出逢いなんて「運命の悪戯」とよく言われるとおりでただの『偶然』でしかありません。

※引用:Yahoo知恵袋

口コミ・評判
【出会い方より幸せかどうか】
Q. )彼と今幸せなら出会い方は関係ないと思いますか?私と彼氏の出会い方は出会い系サイトです。でもちゃんとお付き合いをして、今婚約中で来年結婚します。彼はとてもいい人で、ホントに今幸せです
A. )私たちもサイトで知り合い来月には結婚します☆出会いはあまり気にしなくても今の二人がお互いを思いあっていればいいかと☆ただ彼氏の家族にも私の家族にもサイトでとは話していません。言わなくてよい事もあります。

※引用:Yahoo知恵袋

中でもおすすめなのは「マッチングアプリ」と「婚活サイト」です。

実際に、これらのサービスを利用した3人に1人が恋人を作れているというデータもあります

Q. マッチングサービスを利用して恋人ができましたか?

※以上はマッチングアプリ「タップル」を運営するサーバーエージェントが男女500人を対象に行ったアンケート調査の結果です。

また、コストも安いのでおすすめです。

ここではこの2つについて、簡単に紹介します。

3-3. 「マッチングアプリ」今流行りの探し方

←スマートフォンの方はスクロールできます→

マッチングアプリ
メリット ・出会いが豊富(50,000人以上の中から異性を選べる)
・みんな出会い目的で利用している
・スマホ1つでいつでもどこでも活動できる
デメリット ・毎日コツコツ活動する必要がある
・会うまでには時間がかかる
・ヤリモクの男性もいる
恋人の作りやすさ ★★★★★(非常に易しい)
コスト 男性:2,000~4,000円/月
女性:無料

マッチングアプリは「出会いを探す男女を結びつけるアプリサービス」のことで、今人気が非常に高まっています。

人気が高まっている理由は単純で、それをきかっけに付き合ったり、結婚するカップルが急増しているからです

口コミ・評判
【友人が結婚、自分も結婚間近】
1年前にペアーズで出会い、ちょうど1年後に結婚した友人がいます。お互い20代後半と年齢も年齢だったので、トントン拍子に話しが進んだそうです。
私自身も現在ペアーズで出会った男性と交際中ですが、このままいけば結婚するかなといったところです。今やネットやアプリの出会いで結婚に至る方って少なくない時代なのですね。

※引用:Yahoo知恵袋

マッチングアプリと聞くと、「結局ネットの出会いでしょ?トラブルに巻き込まれないか心配」という人もいると思いますが、数年前に法が整備されてからかなり安全になっています(24時間365日の監視体制、身分証を使った年齢確認の徹底は今や当たり前!)

こうしたこともあり、利用者が年々増え、日を追うごとに恋人が作りやすくなっています。

ただし、出会いやすくなっている分、ヤリモクの男性もいるので女性の方は注意です。相手を見極めながら上手に利用していくのが成功のコツです。

おすすめする人

以上をふまえおすすめするのは次の人です。

マッチングアプリをおすすめする人

  • 多くの異性の中から好みの相手を探したい人
  • 真剣に恋人探しをしている異性と出会いたい人

またコスパも女性無料、男性2,000~4,000円/月と良いので、多くの方におすすめの方法です。

【参考】そもそもどうやって出会うの?

マッチングアプリでの出会い方は意外とシンプルで、以下のような流れで異性と出会うことができます。

このように「いいねを送る」→「マッチング」→「メッセージのやり取り」で仲を深め、実際に会う約束をしていきます。

なお、私のおすすめは最も利用者の多い「ペアーズ」と、メンタリストDaiGo監修で人気の「with」です。この2つが出会いやすく、恋人も作りやすいです。

💡マッチングアプリの基本から知りたい方へ

どんな人がいるか、そもそも安全か、友達バレしないかなど、初めて使う方がよく抱く疑問について分かりやすく解説しています。

💡おすすめ情報を知りたい方へ

おすすめのマッチングアプリを「恋人探し」「婚活」「遊び」の目的別に紹介しています。

3-4. 「婚活サイト」結婚も意識して活動したい方へ

←スマートフォンの方はスクロールできます→

婚活サイト
メリット ・出会いが豊富(50,000人以上の中から異性を選べる)
・結婚を意識して活動している人が多い
・スマホ1つでいつでもどこでも活動できる
デメリット ・毎日コツコツ活動する必要がある
・会うまでには時間がかかる
・結婚を意識していない人には向かない
恋人の作りやすさ ★★★★★(非常に易しい)
コスト 男性:2,000~4,000円/月
女性:2,000~4,000円/月

婚活サイトは、基本的に「マッチングアプリ」と同じサービスです。使う人の利用意識(婚活メインか、恋人探しメインか)によって、呼び方が変わっているだけです。

ただし、マッチングアプリの中でも女性有料のものは、以下の良いサイクルが生まれていてより婚活しやすいため、それらを中心に「婚活サイト」と呼ぶことが多いです

「婚活サイト」=「女性有料で婚活しやすいマッチングアプリのこと」と覚えておくと、分かりやすいです。

【参考】おすすめの婚活サイト情報

以下に婚活のしやすい、おすすめ婚活サイト情報をまとめているので気になる方は参考にして下さい。

【参考】出会いの場について詳しく知りたい方へ

なお、64個の出会いの場についてより詳しく知りたい方は以下を参考にして下さい。

一つの出会いを交際に繋げるための、自分磨きのポイントやデートテクニック情報もまとめています

4. まとめ

以上、twitterの出会い事情についてお伝えしてきましたがいかがでしたか?

twitterは出会える確率がかなり低く、また危険な目にあうことも多いのでおすすめしません

出会いの場は他にもいくつもあるので別の手段を選ぶ方がいいでしょう。

なお、恋人をつくりやすいのはやはり「出会いのサービス」で、中でもおすすめなのは「マッチングアプリ」「婚活サイト」です

マッチングアプリが気になる人へ

婚活サイトが気になる人へ

あなたにぴったりの出会いの場で、素敵な出会いが見つかることを心から願っています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket