with(ウィズ)は出会える?3ヶ月の調査と150人の口コミまとめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

「DaiGo監修のwithは本当に出会える?」「他のアプリと比べどんな特徴があるの?」など、今話題のwithが気になりますよね。

私もwithが本当に出会えるのか気になり、以下の調査をしました。

  • 29歳会社員が実際に3ヶ月ガチでやってみた
  • Twitterや2chで150人の口コミを集めた

その結果、withは間違いなく出会えるアプリでしたので、こう言い切れる根拠を紹介して行きます。

<総評>withは出会える!20代~30代前半におすすめ!

with』は様々なアプリやソーシャルゲームを運営する上場企業の株式会社イグニスが手掛ける恋活・婚活アプリです。

メンタリストDaiGoが監修していることでも有名で、テレビCMやFacebook上での広告で一気に広がり、20代~30代前半を中心に今人気急上昇中のアプリです。

他のアプリと比べ料金が安いことも人気の理由の1つです。

そんなwithは本当に出会えるアプリなのか3ヶ月間集中して使ってみました!

その結果7人の女性に会うことができました。出会えたのは例えば次のような女性です。

  • 24歳 保育士(サバサバ系女子だが仲良くなるとすごい話してくれる、EXILEが大好き)
  • 29歳 ヨガインストラクター(体が柔らかくスタイル抜群、男性生徒もいるが9割が40代以上、同性代と出会うためにアプリを利用)
  • 23歳 マスコミ(LINEでもリアルでもとにかくおしゃべり、去年富山から上京)
  • 22歳 大学生(おっとり系女子、女子大のため出会いがなく始めた、とにかくピュア)
  • 26歳 CA(彼氏と別れたばかり、寂しがり屋で電話が好き)

1日1~2往復のメッセージのやり取りを3~5日ほどして、ご飯に誘うという流れでしっかり出会えることができました。

ちなみに以下はアプリでデートのアポを取った22歳の女子大生から来たLINEのスクショです。(掲載の許可をもらいました)

実際に3ヶ月使った結論としては、しっかり出会えるアプリだということです。

実は102個のアプリを同様に試してます

私は102個のアプリを以下のスクショのように全部試しましたが、withはトップ3に入るくらい出会いやすいアプリでした。

また他の人の意見もみるために口コミを調査したところ、ネット上でも出会えたという声が多く見つかりました

そんな私の実体験と口コミの調査から見えきてたwithの特徴をふまえ、次のような人にwithをおすすめします。

withをおすすめする人

  • 真剣に恋人探しをしたい人
  • 20代の異性に出会いたい人
  • アプリ初心者の人

この理由についてを、ページ全体を通して詳しくお伝えしていきます。

1. 本当に出会える?口コミからわかるwithの出会いの真実

しっかり出会えたのは私の運がよかったから?と疑問に感じ、その真実を探るべく口コミを徹底調査しました!

すると出会えたという声が多く見つかりました。

口コミ・評判
(投稿者:曲渕大士さん)
 気軽にメッセージをやりとりできるので、簡単に会えました!今までなんだったんだろうwもっと早くやってればと後悔する今日この頃です。

※引用:Google Playレビュー

口コミ・評判
(投稿者:北代勇士さん)
積極的な人が多いのでわたしみたいな奥手な人間には非常にありがたいです。思ったより会うことに抵抗のない人も多かったのであきらめずにここ使い続けてたらようやく自分にもいい感じの出会いがありました

※引用:Google Playレビュー

口コミ・評判
(投稿番号:102)
ちょっと濃いめだけど可愛い子と出会えた。被いいね30以下だけど意外と会えるもんだね。婚活パーティよりかこっちのが良いわ。

※引用:2ch(5ch)

でもどうしてwithは私以外にも、出会えるという人が多いのでしょうか?

それは以下の4つの特徴があるからです。

  • 無料いいねが多くてマッチングしやすい
  • 積極的に活動している人が多いから出会いやすい
  • 男女比のバランスがよく競争率が激しすぎない
  • Daigoサポートがあって初心者でも安心

それぞれ順に説明します。

1-1. 無料いいねが多くてマッチングしやすい

with』には「本日のオススメ女性/男性」「診断イベント」の2つのサービスから無料いいねを送ることができます。

「本日のオススメ女性/男性」では毎日おすすめの異性を5人紹介してくれ、その5人であればいいねを無料で送ることができます。1ヶ月30日とし、これで最大150いいねです。

またwithには「診断イベント」というものがあり、DaiGo監修の診断テストを受けることができます。

この診断テストでは、自分と同じ回答をした異性、最大10人に毎日無料でいいねを送ることができます。そのため、30日で最大300人いいねを送ることができます!

合計で最大450いいね、これほどいいねを送れる恋活・婚活アプリは他にありません

このように送れるいいねが多いためマッチングしやすいです。

口コミ・評判
(投稿番号:904)
omiaiでは全然マッチングしなかったけど、withはいいね乱発したから結構マッチングできた (2ヶ月で50人くらい) 。自分みたいな中の中みたいな人間は手数を打たなきゃいけないから、毎日10いいねはとてもありがたかった。

※引用:2ch(5ch)

1-2. 積極的に活動している人が多いから出会いやすい

アクティブ率とは、アプリで実際に活動する人の割合のことで、『with』はこのアクティブ率が非常に高いです。

※実は恋活・婚活アプリには登録しただけで実際には使われていない、放置アカウントが多く存在します。

一般的に恋活・婚活アプリのアクティブ率は低いアプリで5~10%、高いアプリでも15~20%近くです。

with』のアクティブ率は驚異の25%ほどで、他の恋活・婚活アプリに比べ圧倒的に高いです。

たとえば、以下は有名な「ペアーズ」「Yahooパートナー」との比較です。

アクティブ率の比較

←スマートフォンの方はスクロールできます→

 _ __with__ _ペアーズ_ Yahoo パートナー
男性 24% 10% 5%
女性 25% 17% 7%

このように積極的に活動している人が多いため、withは出会いやすくなっています

しっかりと出会えるアプリなので、真剣に恋人探しをしたい人の満足度が高いのも特徴です。

口コミ・評判
(投稿者:たなとす)
色んな種類の出会い系アプリやりましたが、一番真面目なアプリだと思います。真剣に恋人を探すのであればお勧めできます。

※引用:Google Playレビュー

1-3. 男女比のバランスがよく競争率が激しすぎない

一般的にマッチングアプリは男性の比率が高く、男女比はおよそ「7:3」~「8:2」です。これは10人いたら4~6人もの男性が余る計算で競争率が高いです。

一方withの男女比は「6:4」とバランスがいいです。これは10人いたら余ってしまう男性は2人だけと、他のアプリと比べて競争率が低いです。

withの男女別登録人数
男性 女性
334,000人 195,000人
(63%) (37%)
(※2017年12月時点)

このように男女比のバランスがいいので、競争率が高すぎず出会いやすいです。

1-4. DaiGoサポートがあって初心者でも安心

withには初心者には嬉しいサービスがあります。その1つがDaiGoサポートです。

性格診断を行なっているwithでは、DaiGoが相手の性格ふまえ、どのような話だと盛り上がれるか、どのように接すると好印象か、細かくアドバイスしてくれます。

実際にこのDaiGoのアドバイスが役に立つという声は多いです。

また、DaiGoサポートには相手との距離を縮めるためのヒントがたくさんあるので、活用すれば初心者でも確実にステップアップすることができます

口コミ・評判
(投稿者:名無し)
素敵な女性が多い。このアプリにしかない機能がいろいろあって初心者でもいい感じに使えます。そのためかマッチしやすい気がする。課金して使い続けてみます。

※引用:Google Playレビュー

まとめ:withは話題のとおりに出会えるアプリ

withが出会えるのは、マッチングしやすい仕掛けや、利用者の積極性、男女比のバランス、そして初心者にもやさしい仕組みという理由がありました。

評判だけでなく、実際にこのような理由があるため、withは多くの方にとっても出会えるアプリと言えます。

出会えるアプリをお探しの方はぜひ一度試してみることをおすすめします。

with公式ページはこちら:https://with.is/welcome

ただし、そんなwithも全員にとっての出会えるアプリとは限りません。

中にはおすすめできない人もいるので注意しましょう

次の章でそのことについて詳しく説明していきます。

(参考)withに悪い口コミはないの?

もちろん中には悪い口コミはありましたが、他のアプリと比べるとその数は圧倒的に少なかったというのが率直な感想です。

また、あったとしても以下のような登録制限へのクレームや、どのマッチングアプリでも言えることくらいでした。

  • Facebookアカウントを持っていないので登録できない!
  • 課金しないと出会えない!
  • 中には業者や勧誘がいる!

それぞれ簡単に解説します。

Facebookアカウントを持っていないので登録できない!

口コミ・評判
(投稿者:名無し)
いいアプリでしてみたいと思いダウンロードしましたが、Facebookしてないので、できませんでした。とても残念です。本人証明の画面提出などで、参加できるとか、改善してもらえたら有り難いです。

※引用:Google Playレビュー

with』は登録にFacebookアカウントを必要としています。

確かにFacebookアカウントを持っていない人にとってはデメリットですが、それは安全性を高めるため、友達にバレにくくするために必要なことなのです。

今さら始めるのは..と思う人もいると思いますが、他のマッチングアプリでも必要なことが多いので、これをきっかけに初めてみるのもありです。

課金しないと出会えない!

口コミ・評判
(投稿者:ソリエレイ)
無料と書いていたのでインストールしたのですが、メッセージのやり取りに有料会員登録をしないとできないので残念です。メッセージくらい無料会員でもできるようにしてほしいです。そこさえよければ評価はだいぶ高かったです。とりあえず、アンインストールします。

※引用:Google Playレビュー

with』はメッセージ交換から課金が必要になります。

メッセージ交換ができないと、仲を深めることも会う約束もできないので、会うためには確かに課金が必要です。

しかし、これはどのマッチングアプリでも同じことなので、真剣に出会いを求めるならば仕方のないことです。

中には男性も完全無料のアプリがありますが、サクラや業者だらけで出会えず、トラブルに巻き込まれる危険も高いのでおすすめしません。

中には業者や勧誘がいる!

実は、このような業者や勧誘は少なからずどのマッチングアプリにもいます

業者や勧誘はかなり上手く一般人になりすまして登録するため、完璧に見分けることは不可能だからです。

ただし、withは安全管理として以下を徹底しているため基本的には安心です。

  • 24時間365日パトロール(悪質行為の監視)
  • 身分証を使った年齢確認の徹底

※引用:『with』公式ページ

このような安全管理があるため、サクラや業者が活動しづらく、その数や活動を最小限に抑えることができています

2. ただしこんな人は注意!withで出会えない可能性のある人

評判やその特徴からみると、ほとんど欠点の無いように思える『with』ですが、もちろんwithにも欠点はあります。

その欠点により、以下に当てはまる方はwithで出会えない可能性があるので注意しましょう。

withで出会えない可能性のある人

  • 30代後半~40代の方
  • 今すぐ結婚したいという結婚意識の特に高い方
  • 人口の少ない地方の方

どういうことか、それぞれ順に説明します。

2-1. withは20代中心で、30代後半~40代の方には向かない

with』は男女ともに20代中心の恋活・婚活アプリです。

男性は約60%が、女性は80%以上が20代です。

他の恋活・婚活アプリと比べると、20代が圧倒的に多いのが一層わかります。

男性年齢構成

←スマートフォンの方はスクロールできます→

__with__ _ペアーズ_ Yahoo
パートナー
20代  59%  47%  11%
30代 32% 33% 23%
40代 8% 15% 36%
50代以上 1% 6% 31%
女性年齢構成
  __with__ _ペアーズ_ Yahoo
パートナー
20代 81% 51% 17%
30代 16% 39% 33%
40代 3% 9% 30%
50代以上 0% 2% 19%

このように20代中心で、30代前半の方であれば比較的多く登録していますが、35歳以上からは人数が一気に減り、40代ともなると浮いてしまう可能性があります

そのため、30代後半~40代の方にはおすすめしません。

2-2. 結婚意識のまだ高くない人が多いため、今すぐ結婚したい人には向かない

with』にはプロフィールの”結婚に対する意思”で、「いいひとがいれば」「2~3年のうちに」と回答している人9割近くで、「すぐにでも結婚したい」という人は1割もいないです。

そのため、すぐ結婚したいと考えている人には向かないアプリです。

会員分布図は以下の通りです。

結婚に対する意識が違うと、考えが合わなかったり、想いの強さがすれ違ったりして上手くいかないケースが多いです。

例え出会えても結婚にたどりつけないことが多いので、特に結婚意識の高い方にはおすすめしません。

結婚意識が高くすぐにでも結婚したいという人は、他のアプリを選ぶことをおすすめします。

2-3. 会員数はまだまだ少ないため、エリアによっては出会いにくい

with』は人気のアプリで会員数は右肩上がりで伸びていますが、サービス開始は2015年9月とまだ2年しかたっていないため、老舗のアプリと比べるとまだまだ少ないです。

老舗アプリの「ペアーズ」「Omiai」と比べると以下の通りです。

50万人もいるので、主要都市であれば十分に出会いのチャンスはありますが、エリアによってはまだまだ人数の少ないところも多いです。

もし「居住地:(自分のエリア)」「最終ログイン:1週間以内」の条件で検索してみて、異性の数が200人未満であった場合はおすすめしません

なお、withは登録・検索まで無料なので、自分のエリアは人口が少なくて心配という方は一度調べて見て下さい。

2-4. それじゃあ当てはまってしまった人はどうすればいいの?

以上のいずれかに当てはまってしまった人は、withだと出会えない可能性があるので他のアプリを選ぶことをおすすめします。

おすすめは以下の3つです。

それぞれ順に紹介します。

30代後半~40代の方におすすめ:ユーブライド

ユーブライド』は婚活向きのアプリで、30~40代中心のマッチングアプリとなっています。

会員分布図は以下の通りです。

また、結婚実績も高く2016年の1年間だけで2600名以上の人が「ユーブライド」で知り合い結婚しています。しかも、成婚退会した会員の6割が登録から3か月以内に結婚相手を見つけているので驚きです。

ユーブライドはwithと違い女性も有料ですが、その分真剣な方が多く集まっているので結婚しやすく、結婚意識の高い方にもおすすめです。

結婚意識が特に高い人におすすめ:マッチドットコム

マッチドットコム』はアメリカで始まったサービスで、世界での会員数は25か国1500万人を超えます。

アメリカで結婚・婚約したカップルの12%がインターネットで知り合い、その1/3がマッチドットコムで出会ったというデータも出ているほど、結婚意識の高い男女が多く集まるアプリです。

また、マッチドットコムは任意ですが独身証明書、学歴・年収証明書などを提出できる機能もついていて、そうしたサービスが結婚意識の高い男女から人気を集めています。

会員の年齢は20代後半~30代が中心で、同性代の結婚意識の高い人にはぜひおすすめしたいアプリの1つです。

なお、婚活目的としては先ほど紹介した『ユーブライド』もおすすめです。

圧倒的会員数で全ての年代、エリアの方におすすめ:ペアーズ

ペアーズ』は国内最大級のマッチングアプリで、会員数はもちろん、安全性、評判どれをとっても評価が高く文句なしの婚活アプリです。

いわゆる「出会い系」ではなく「マッチング」というクリーンなイメージを世に広めその名が一気に広がりました。

そのため知名度も圧倒的で、withのおよそ5倍の250万人が登録しています。

ペアーズであればどのエリアでも十分な利用者を見込めるので、人口の少ない地域の方にもおすすめです。

3. withで7人の女性と会うために使った「写真」の6つのポイント

以上、『with』の出会いに関する評判とその理由についてお伝えしてきました。

ここからは、実際に活動する上で素敵な出会い可能性を高めるための、マッチングアプリのテクニックについて以下の流れで紹介します。

私が7人の女性とデートするために使ったテクニックで、『with』に限らず全てのアプリで共通して使えるテクニックなので是非覚えておいてください!

まずはじめに、この章でマッチングアプリの活動で最も重要な「写真」のポイントをお伝えします。

マッチングアプリの仕組み上、数ある会員の中から自分のプロフィールを見てもらえるかどうかは、写真の第一印象で決まります。つまり、写真の良し悪しが異性と多く出会えるかどうかが決まってきます。

写真で相手に与える印象は180度変わるので、しっかりこだわっていきましょう!

写真のポイント①:絶対に抑えておきたい4つの基本

写真を撮る際は男性も女性もこの4つのポイントを押さえるようにしましょう。どんな人でも無理せずにできることだと思います。

いい写真を撮る必須の4つのポイント

  • とにかく自然な笑顔で写る
  • 万人受けしそうな服装(男性はスーツ可)、メイクで写る
  • 明るい場所で撮る
  • 背景も考える

これを満たすと以下のような写真になるかと思います。

写真のポイント②:できればチャレンジしたい2つのこと

これはできればでいいのですが、以下のポイントを押さえた写真であればより出会いを増やすことができます。

よりいい写真を撮る2つのポイント

  • スポーツや旅行など趣味の最中の写真
  • ペットなど動物と一緒に写る

以上2ポイントを押さえていただければ、視覚的に異性は「共通点がありそう!」と判断してくれるため好感度が上がります。

また、特に男性の場合スポーツをしている姿は女性に好印象なので、もし撮る機会があれば積極的に使いしょう。

写真のポイント③:できればやめたほうがいい写真の3つの撮り方

ここまで写真の大まかな撮り方を解説してきましたが、実は写真を撮るときに避けたほうがいいものも3つあります。

⑴自撮りの写真

男性は自撮りをすることはなるべくやめたほうがいいです。

なぜなら、女性は自撮りをする男性のことを「ナルシスト」と判断する傾向にあるからです。できれば他人に撮ってもらった写真の中から探すか、「LINEのトップ画にしたい」と嘘をつき友人に撮ってもらいましょう。

⑵プリクラの利用

プリクラの利用もできれば避けることをオススメします。

なぜなら、相手にチャラチャラした印象を与えてしまうだけでなく、「プリクラは盛れる」という共通認識があるので割り引かれて考えられてしまいます。そのため、できればプリクラとバレないもので勝負しましょう。

⑶過度な写真の加工

今、『SNOW』やLINEのカメラアプリ『LINE Camera』などを使えば写真をスマホで簡単に写真を加工できますが、過度な写真の可能には注意しましょう。

先ほどの議論ではないですが、会うことが目的ではないためです。会った当日に、「写真と違う」とがっかりされてしまったら、次に繋がりにくくなります。写真の細かい加工はしても構いませんが「やりすぎ」には注意してくださいね。

写真のポイント④:写真を複数枚載せる

写真は必ず、複数枚載せましょう。

それはプロフィールを見る側の気持ちになればわかるかと思います。

「あ、いいな」と思ってもその人の写真が1枚しかなければ、これは200%盛った奇跡の1枚では・・?といった疑いが生じてしまいますよね。

そのため、少し手間はかかりますが、サブの写真もメインの写真と同じようにとことんこだわって、あなたの魅力が十分通じるものを少なくとも2~3枚、できれば5枚ご用意しましょう。

複数枚あれば、写真の信頼度も大きく向上し、あなたがどんな人かが相手に通じやすくなります。

マッチングした後に会える確率は大きく向上します。

サブ写真を用意するのであればメイン写真との違いを引き立たせ、あなたがどんな人だかよりわかりやすくするよう、以下のポイントにご注意いただければと思います。

サブ写真を撮る3つのポイント

  • メイン写真とは違った顔の向きで撮る
  • メイン写真とは違う、服装、場所で撮る
  • メイン写真とは違うポーズ、アングルで撮る

写真のポイント⑤:メインの写真は使いまわそう

サブの写真が複数枚用意できたら、ぜひメインの写真を使い回すことをオススメします。

なぜなら、どの写真が異性受けがいいかを確かめられるからです。

少しでも多くの異性とマッチングできた写真を使っていただければ、今後もうまくいく確率が高くなります。

写真のポイント⑥:写真によりこだわりたいあなたへ

写真によりこだわりたい方は、プロのカメラマンの利用をオススメします。

プロのカメラマンに頼めば2万円前後でプロの写真を撮ってくれます。お近くのプロカメラマンを調べてお願いしてしまえば、あなたの魅力が最大限引き立った写真が撮れるのでおすすめです。

4. withで7人の女性と会うために使った「プロフィール」の3つのポイント

写真でいいなと思ってもらえたら、初めてプロフィールを見てもらえます。

相手が迷った時、最後にいいね/ありがとうをしてもらえるかどうかは、プロフィールにかかっています

プロフィールにもしっかりこだわって準備しましょう。ポイントは3つです。

  • 情報はしっかり書く
  • 内容は相手が気にするポイントをしっかり抑える
  • ネガティブなことは書かない

それぞれ順に説明します。

プロフィールのポイント①:情報はしっかり書く

よくプロフィールが長いと離脱する、というサイトがありますがそれは誤りです。

改行せず、だらだらと書くのであれば確かにマイナスな印象を与えますが、しっかりと情報を書いてあった方が相手に好印象です。

その理由は以下です。

  • プロフィールを全部読む人は少なく、共感できる部分だけを読む人が大半だから
  • 情報が多い方が、読み手としては助かるから
  • 情報が多い方が、真剣度が伝わり好印象だから

お伝えしたように、マッチングアプリは写真でいいねされるかどうかがほぼ決まります。

プロフィールを読むのは、写真ではいいねするかしないか迷いもっと情報が欲しい時、または、いいねをすることをほぼ決めていてメッセージを送る際のネタ探しをする時です。

その際に、情報が多い方が相手は間違いなく助かります

改行を上手く使いながら、簡潔に、そして情報はなるべく多く書くようにしましょう。

プロフィールのポイント②:内容は相手が気にするポイントをしっかり抑える

お伝えしたように、相手がプロフィールを見るのは、1つは「自分と合いそうかもっと情報が欲しい時」、もう1つは「メッセージを送る際のネタが欲しい時」です。

そのため、次のような内容を書いておくと、相手は喜びます。

  • 仕事内容(さらっと書く:「〇〇してます」程度でOK)
  • 趣味(一番しっかり書く:4割ほど)
  • 休日の過ごし方(書いておくと親切:2割ほど)
  • 今したいこと(書いておくと親切:2割ほど)
  • 結婚への真剣さが伝わる内容(最初か最後に:1割ほど)
  • その他(あれば:1割ほど)

その他とは、例えば好きな食べ物、恋人としたいこと、異性のタイプなどです。

割合はあくまで参考ですが、趣味は話のネタになることが多いのでしっかり書いておきましょう。

プロフィールのポイント③:ネガティブなことは書かない

プロフィールで絶対に避けるべきことは、ネガィテブなことを書くことです。

ネガティブなこととは自虐や、謙遜しすぎな内容のことです。例えば次のような内容です。

  • 「彼氏/彼女いない歴=年齢」です
  • 話し下手で引っ込み思案ですが、これから頑張っていきたいと思います
  • 趣味の全然ないつまらない人間ですが、こんな僕/私でよければ..
  • (女性で)仕事を早く辞めるために、婚活しています
  • (男性で)年収が低いので、共働きをしてくれる方を探してます
  • 1人暮らししたことがないので、家事はほとんどできませんが..

会った時に相手をがっかりさせないようにと、親切心で書いてくださっている方もいるのですが、プロフィールではネガティブなことを書かなくても大丈夫です。

好きな人のマイナスなところは許せても、まだよく知らない人のマイナスのところは受け入れがたいものです。

ネガティブなことを伝えるのは仲良くなってからで決して遅くはないので、プロフィールではポジティブな内容で、相手が話してみたい!と思ってくれるようなことを書きましょう!

まとめ:いいプロフィールの例

以上のことをふまえて、相手の欲しい情報がしっかりのっているプロフィールを作成するようにしましょう

ほとんどのアプリで、参考文例があるのでそれらも参考にして頂きたいですが、せっかくなので男女別に1つずついいプロフィール例文を紹介します。

ぜひ参考にして見てください!

男性のいいプロフィールの例

「真剣にお付合いできる方と出会いたいです」

初めまして。プロフィールを見ていただきありがとうございます!

営業の仕事をしていますが、男性ばかりの職場でなかなか出会いがなかったので登録しました。

昔ラグビーをしていたので、体格はがっちりしています。職場ではよく「プーさん」に似ていると言われています(笑)

ラグビー以外にもスポーツ全般の観戦が大好きです!彼女ができたら一緒に週末スポーツ観戦ができればいいなと思います。

また、旅行が大好きで学生時代から時間を見つけては全国を回っています。

おすすめは、自然を楽しみたいなら長野の上高地で、キャンプしならがらのBBQは最高です!
町並みを楽しみたいならミーハーですが京都です。隠れ家的な湯豆腐のお店に行くのが毎回の楽しみです。

休日は友達と山や川やへドライブに行くことが多いですが、家でのんびりDVDなどを観て過ごすのも好きです。

仕事ですぐに返信できないこともありますが、頂いたメールは全てその日中に返信します!
お互い話してみないと分からないことも多いと思うので、まずはメールから色々お互い知っていければ嬉しいです。

大変な時も楽しい時も、一緒に泣いて、一緒に笑って、支え合いながら二人で成長していける関係を築けていけたら理想です。

こんな自分ですが、どうぞよろしくお願いします。

例文のように、趣味の話は「スポーツ」や「旅行」などのカテゴリの話で終わらず、「ラグビー」や「長野の上高地」のように具体的に書くこともポイントです。

その方が相手がイメージしやすく、相手に助かるプロフィールとなります。

女性のいいプロフィールの例

プロフィール見ていただいてありがとうございます^^

練馬区の病院で看護師しています♪
女性ばかりの職場で中々いい出会いがなく、思い切って登録してみることにしました!

真剣に恋人探しをしているので、素敵な出会いがあると嬉しいです。
頑張ります😂笑

せっかくなので簡単に自己紹介をさせていただきます^^

<好きなもの>
・アウトドア&インドア
・カフェ巡り♪
・映画観賞
・スポーツ!は観戦するほう笑

<苦手なもの>
・幽霊、お化け、怖い系
・虫も正直苦手です..
・パクチー(流行りに乗れず笑)
・遊び目的の人(真剣に恋人探してます!)

休日は友達とカフェでまったりしていることが多いですが、
アクティブなことも好きなので、仲良くなったら海とか、ドライブに一緒に行ってみたいです😊

色んなところに行って、色んな時間を過ごして、
一緒に笑って、一緒に成長して、
贅沢をしなくても二人なら幸せという、そんな関係を築けたら理想です🍀

頂いたいいね、は全部見るようにします!もし少しでも興味を持っていただけたら、どうそよろしくお願いします。

例文のように、箇条書きでまとめるのも1つのテクニックです。

多くの情報量を伝えられるので、趣味やこれからしたいことなどが多くある人にはおすすめの書き方です。

5. withで7人の女性と会うために使った「メッセージ」の10のポイント

マッチングアプリは出会うまでのメッセージも非常に大切です。

そこで、マッチングアプリのメールの送り方を以下のポイントに分けて紹介していきます。

  • 確実に返信させる最初のメッセージ4つのポイント
  • 相手から切られないための2通目のメッセージ6つのポイント

5-1. 確実に返信させる最初のメッセージ4つのポイント

まずは最初に送るメッセージのポイントを解説していきます。

①まず挨拶を入れる

「初めまして!」「こんにちは!」は基本です。

基本なのにできていない人が多すぎるので、挨拶をきちんとすれば、少しだけ好感度は上がります。

②なぜその相手にメッセージ(いいね!)を送ったかを伝える

相手に特別感を見せるために、なぜその相手にメッセージを送ったのかが伝わる内容にしましょう。

一番簡単な方法は、プロフィールから共通点を見つけ出し、それをネタにメッセージを送ることです。

趣味などはもちろん、登録した理由などもいいネタになります。

例文は以下の通りです。

  • カフェ巡りが好きなところなど、趣味が合うと思っていいね!をしました。
  • 私も⚪︎⚪︎さんと同じように、仕事が忙しくて、なかなか出会いがないので登録しました。

こういった共通点を書くことのメリットは、共通の話題があるため話が盛り上がりやすいことと、コピペしたメールを送りまくっていないことをアピールできることです。

もし、どうしても狙いたい異性と共通点がない場合は、出会った後にボロが出ない範囲で嘘をつくのも一つの手段です。

筆者の体感ですと、この「メールを送った理由」を伝える一文の有無で返信率が倍くらい違います

③長文になりすぎないこと

初めてのメッセージは特に、気合が入りすぎて長文になってしまうことがあります。

しかし、最初のメールは読みやすさを意識して、長文は避けましょう。

なぜなら、長いと読むのが面倒くさいと思われてしまうからです。あくまでもシンプルな文で、読んでもらえる内容にしましょう。

④ファーストメッセージの例文

今までの3項目をまとめると、以下のような文が望ましいです。

ただ、コピペをするのではなく、それぞれの相手にあったメールをしっかり考えて送ってくださいね。

〇〇さん初めまして!

〇〇に住んでいる〇〇です!

〇〇さんのプロフィールを読んで、共通点が多かったのでついいいね!しちゃいました(^^)

僕は〇〇さんと同じで映画好きの27歳です。先週末はツ◯ヤに4往復もしてしまいました!笑

アクション物でしたら本当にマニアックな映画も知ってますので是非お話したいです!

よろしくお願いします(^^)

5-2. 相手から切られないための2通目以降のメッセージ6つのポイント

めでたくメッセージやいいね!への返信があった後も勝負は続きます。

相手に「キモい」「面倒くさい」「つまらない」と思われたらそこで終了ですから、引き続き魂を込めたメッセージを送ってください。

しっかり繋げるためには6つのポイントがあります。

①2通目には必ずお礼を入れる

メッセージを返してくれたことへは必ず感謝の気持ちを表しましょう。

以下のように嬉しいという気持ちも入れられたらなお良しです。

いいね!し返していただき、ありがとうございます!!

◯◯さんのプロフィールを読んですごく気になっていたので、返してもらえて嬉しいです(*^^*)

◯◯さんは〜(以下相手に合わせる)

数ある中からあなたを選んでくれたという感謝の気持ちで接すれば、「誠実な人」という印象を持ってもらえます。

また、2通目以降も「忙しいのに返してくれてありがとうございます」など、相手を気遣う文を書けば好感度は上がります。

②メッセージの「間隔」と「長さ」は相手に合わせる

異性に「自分にがっついてる」と思われたら大きなマイナスです。

「自分にがっついてる」と思われるのは、例えば以下のような行動です。

  • 自分が送ったメールに対して異性からは24時間後に返信が来るのに、あなたはすぐ返す
  • 異性が1行のメールなのに、自分は10行近い長文を送る

重い印象を相手に与えたり、最悪の場合気持ち悪いと思われる恐れもあるため、メッセージは返ってきにくくなります。

反対に、相手の熱意に対して自分がメッセージの間隔を開けすぎたり、短い文を送ってしまうと「自分に気がない」と思われてしまい、返ってこなくなる恐れもあります。

そこで、一番簡単な方法は相手にシンクロすることです。

相手が返信にかかった時間と同じくらいの時間をかけて返信をし、相手が送ってきた文量くらいのメッセージを返すことを意識しましょう。

そうすることで、その相手にあった距離を維持でき、うまくいく確率がグッと高まります。

③相手を褒めること

人って褒められると。お世辞でもついつい嬉しくなっちゃいますよね。

相手を適度に褒めて気持ちよくしてあげることも、メッセージを続けるポイントです。

そこで、褒められそうなポイントに対しては常にアンテナを張り、見つけたらすぐに褒めることを意識しましょう。

例えば、「どこ住んでるんですか?」「〇〇ですよ」「へ〜凄くいいところですね!」のように、自然な流れで褒められればベストです。

④質問で締めること

自分が狙った相手なら、あなたから話題を提供しましょう。

また、話があまり盛り上がっていないうちは、必ずメッセージは質問で締めくくりましょう。

相手が質問に答えるだけでメッセージを返せるため、面倒くさいという気持ちが薄れるからです。

しかし、1回のメールで複数「?」をつけるとガツガツした印象になってしまうため、1通のメールに1つの質問を目安にしましょう。

⑤必ず丁寧語は続けること

先ほども申し上げた通り、マッチングアプリにおいて誠実さは大切です。

基本的に丁寧語で終始語るように意識しましょう。

よくある失敗パターンが、最初は丁寧語でメッセージを送ったのに、マッチングした途端に馴れ馴れしくなるということです。

メールが返ってきたからといっていきなりタメ口になったら、相手はびっくりします。そのため、2通目以降も必ず丁寧語でのメールを続けましょう。

丁寧語を解消していいのは、相手が丁寧語を止めるか、止めようと提案してきた時だけです。

⑥下心は隠すこと

特に、男性の方は要注意です。マッチングアプリは体目当てで活動している男性は非常に多く、女性は警戒しています。

真面目に会いたいと思っても、最初から会いたいオーラを全開ですと、女性は引いてしまいます。

決して焦らず、相手が自分に心を開いたと分るまでは会いたいなど言わないようにしましょうね。

6. まとめ

以上、『with』の出会いの真実についてお伝えしてきましたがいかがでしたか?

withは、マッチングしやすい仕掛けや、利用者の積極性、男女比のバランス、そして初心者にもやさしい仕組みがあるため、多くの方にとって出会えるアプリとなっています。

実際にそのような声は他のアプリと比べ非常に多かったです。

出会えるアプリを探している方はぜひ一度のぞいてみて下さい。素敵な出会いが見つかるはずです。

with公式ページ:https://with.is/welcome

ただし、全ての人にとって出会えるという訳ではないので注意しましょう。

以下に当てはまる方は次のアプリがおすすめです。

あなたに素敵な出会いが見つかることを心から願っています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket