マッチングアプリがめんどくさい!メッセージ・電話・LINE、全部に疲れたらどうすればいい?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
 

「マッチングアプリ、めんどくさい…」と放置気味になっていませんか。

手間暇かけてもメッセージのやり取りがなかなか続かず、やっと会うには至ったけど、思っていたのとなんか違う。また振り出しに戻って相手探し。

こんなことを繰り返していると、「いつになったら彼氏できるんだろう」「アプリに使う時間が無駄」と、アプリを開くのさえ億劫になってきますよね。

マッチングアプリは、自分に合う扱い方を習得してしまえば、今よりずっと楽に活用することができます。このページでは、マッチングアプリが「めんどくさい」と感じる原因を解消するコツを解説します。

すべて読むことで、ストレスを最小限にしてマッチングアプリを活用できるようになっていただけますよ。

9割以上が経験!「マッチングアプリがめんどくさい」は当たり前

そもそもマッチングアプリがめんどくさいという感情は、ごく自然なものです

連絡がマメな性格で日々余裕がある人ならともかく、友達とのラインも返すのが遅かったり、仕事が忙しかったりする人にとってみれば、「会ったことのない人と延々とやり取りする」というのはかなり負担となるはずです。

実際に不特定多数の見知らぬ相手とのコミュニケーションに気疲れしてしまう人というのはかなり多く、マッチングアプリ経験者300人を対象に実施した調査によると、97%の人が「マッチングアプリ疲れを経験したことがある」と回答しています。(参考:ENSPORTS magazine

なぜこれほどまでに「めんどくささ」を感じてしまうかというと、脳の仕組みに原因があり、脳内科医の加藤俊徳氏によると、人間の脳は不得意なことや新しいことをすると、めんどくささを感じるようにできているそうです。

自分の枠を超えようとすると、今まで使っていない脳の神経細胞に酸素を送って、活動させなくちゃいけない。これはとても負荷がかかることなんです。

出典:「めんどくさい」の正体を脳科学者に聞く

これまで日常生活になかったマッチングアプリを使い始めれば、めんどくさいと感じるのは当然です。

「みんなめんどくさいと思ってる」と開き直り、「めんどくさくなったら一旦休む、気が向いたらアプリを開く」くらい軽い気持ちで使ってみると、途中で挫折せず、最終的に良い相手に巡り会うことにつながります。

マッチングアプリがめんどくさいと感じるシチュエーション

マッチングアプリがめんどくさいと思う原因の多くは、メッセージのやり取りにあります。

この章では、マッチングアプリ利用者なら一度は経験したことのある状況をリアルに紹介します。

メッセージの内容を考えるのがめんどくさい

マッチングアプリでは会う前にメッセージを何往復もやり取りするのが基本的な流れですが、まだ会ったことのない人とどんな会話をすれば良いのか迷いますよね。

文章でのやり取りは相手の温度感も掴めませんから、メッセージだけで盛り上がるのは容易ではありません。

  • プロフィールがほとんど未記入で、何を話せば良いか分からない
  • 質問をされないので、テンポよく会話が進まない
  • 相手から質問されるけど答えにくく、返事を考えているうちに返すのが面倒になった

「メッセージなしで会う方が正直なところ楽」と感じている方も多いのではないでしょうか。

年齢層が若いアプリは「気軽に会いたい」人が多い

会うまでの慎重さと年齢層の高さは比例していて、若い人が多いアプリほどカジュアルな出会いを希望している人が多い傾向にあります。メッセージのやり取りがめんどくさい人には、タップルのような年齢層が若く、フットワークが軽い層が多いアプリを使ってみるのもおすすめです。

タップルのアプリのアイコン

タップルは、会員数が多く、真剣な出会いより遊びに近い感覚で使っている人が多いアプリです。実際に会うことに対する抵抗がなく、会うまでの期間やメッセージのやり取りが短い傾向にあります。また、ログイン時にランダムに異性会員の写真が表示され、フリックで「あり」「なし」を判断できるシステムなので、検索型のアプリと違ってマッチング数を量産できるのが特徴です。

カジュアルな出会いを求めている人には相性が良いアプリと言えます。

→タップルの評判を見る

複数の相手との同時進行がめんどくさい

マッチングアプリの仕組み上、複数の異性と同時進行でやり取りをするのが一般的です。しかし、同時進行する数が増えるほど、返信が面倒になってきます。

  • この人と何話してたかな?とイチイチ履歴をさかのぼらないといけない
  • しっかり文章を考えて送ったら、思ったより時間がかかる

特に女性は複数の人とやり取りするのが常なので、少しアプリを放置しただけで何十件も通知が溜まることがあります。そうなればますます面倒になって、いつの間にかログインしなくなるという人も多いようです。

メッセージが盛り上がらない

マッチングアプリのメッセージはやはり文章という性質上、テンションや温度感が伝わりづらく、盛り上がることはなかなかありません。

また「仕事は何してるんですか?」「休日は何をしているんですか?」のようなありがちな質問ばかりで、何回も同じことを返さないといけない、という声もよく耳にします。

  • 向こうから質問されず、相槌ばかり
  • みんな同じことばかり聞いてくるから返信が面倒

筆者はできるだけ早くアプリ内で電話をしてみることを推奨しています。実際に声を聞いてみることで雰囲気が掴めますし、会話の波長が合うかを確認できるので、会う前の手段としては実は効率的です。

メッセージがそっけなくても話してみると好印象というケースも多いので、面倒なら早い段階で、通話をしてみるのをおすすめします。

なかなか交際に発展しなくてめんどくさい

メッセージのやり取りを経て会うには至っても、そのまま交際へと発展するかというとそうではないですよね。

  • 会ってみたら思っていた感じと違った
  • 自分はいいなと思ったけど、相手の印象は微妙そう
  • 何回か会ってるのに何のアクションもない

初対面の人と会って話すというのはそこそこ精神的に疲れる行為ですから、それを無駄に何度も繰り返していると疲れてくるのは当然でしょう。

ヤリモクが多くてめんどくさい

特に結婚を意識しているような女性からは、ヤリモクの多さに疲弊している声がよく聞かれます。

  • 誠実そうに見えて実はヤリモクだった
  • 良いなと思う人ほど遊びで使ってる

一通目のメッセージで「会おう」と言ってくるような”分かりやすいヤリモク”ならまだ良いですが、一見誠実で真面目な出会いを探しているようで実は遊んでいる”隠れヤリモク”は見抜くのが難しいです。「やり取りに費やした時間を返して欲しい」というような怒りの声もよく耳にします。

アプリが合ってないかも?

マッチングアプリはサービスによって男性会員層が異なります。ヤリモクに遭遇しやすい人は、遊び目的の男性が多いアプリを使っているのが原因かもしれません。(タップル、Tinderなどは特にヤリモクが多い)

恋活マッチングアプリは悪質ユーザーの排除をおこなっていますが、とりわけ「Omiai」は健全な環境づくりに力を入れています。

Omiaiのアイコン

Omiaiは、複数のユーザーから通報を受けた会員に「イエローカード」が付与され、プロフィールで確認できるという特徴的な機能があります。要するに、ヤリモクかもしれない相手とマッチングせずに済むのです。

他にも追加課金なしで「身バレ防止機能」を使えるなど、安心して使えるシステムが整っています。アプリの利用目的としては、恋活以上婚活未満で、「結婚相手というほどではないけど真剣に付き合える人と出会いたい」という人と相性が良いと言えます。

→Omiaiの評判を見る

マッチングアプリの「めんどくさい」を激減するマイルール

マッチングアプリがめんどくさい原因の大部分はメッセージのやり取りにあります。そこで、この章ではメッセージのやり取りにまつわる手間を省くコツを紹介します。

  • 惰性でのやり取りをやめる
  • メッセージの内容はある程度「型」を作っておく
  • 通知をオフにしておく
  • メッセージが苦手ならそれを意思表示しておく
  • 早い段階で通話する

それぞれ詳しく解説します。

惰性でのやり取りをやめる

メッセージをしている段階で「この人とは合わないかも」と違和感があったら、その時点でやり取りをやめてみることをおすすめします。

マッチングアプリがめんどくさいという感情が湧き上がるのは、たいていの場合、それほど気乗りのしない相手と惰性でやり取りを続けている証だからです。

よくある違和感の例

  • メッセージのノリが違うかも
  • プロフィールをよく見てみると、趣味や価値観が合わなそう
  • いいねが来たからとりあえず返したものの、あまり興味が持てない

会ってみたいと思えるような相手ならメッセージの返信を考えるのもそれほど負担にはなりませんが、あまり興味を持てなかったり、違和感を覚える相手だったりすると、返信は一気に「義務」に変わってしまいます。

そんなメッセージの通知が増え続けることは、「やらなければならないタスク」が溜まっていくようなものなので、面倒に感じるのも当然です。

真面目な人ほど連絡をスルーせず律儀に返信していることが多いですが、メッセージが長引くほど無視するのが心苦しくなりますし、面倒という感情も増していきます。

もちろん、やり取りしていくうちに興味が湧いてくることもあるので一概には言えません。ただ意外と人間の直感は当たるものなので、何通かやり取りしたり電話をしたりして「この人と付き合う未来が見えない」と感じた時は、なるべく早い段階でやり取りをやめる方が良いでしょう。

メッセージの内容はある程度「型」を作っておく

メッセージの内容は、相手ごとに考えるのではなく、マッチングしてから会うまでのメッセージの流れの「型」をつくっておくことをおすすめします。そうすれば、メッセージの度に返信の内容に悩んだり、だらだらとやり取りを続けたりする必要がなくなるからです。

  1. 自己紹介+相手のプロフィールに関する話題(※)を振る
  2. 場所の話から食やグルメの話へ
  3. 関連性の高い飲食店に誘う
  4. 相手の反応が良ければ通話を提案
  5. LINEの交換をして会う日時を決める

※相手のプロフィールに関する話題
プロフィール写真/ 趣味 / 出身地 / コミュニティや好みカード

このように、相手によらず使える「型」を持っておくことで、「何を話せば良いのだろう」と悩む時間が短くなります。また「最終的にデートに誘うこと」を常に意識しておけば、だらだらと無駄なやり取りを重ねずに済みます。

通知をオフにしておく

アプリの通知をオンにしている人は、通知をオフにすることをおすすめします。通知が来るたびにアプリを気にしていると、「確認しないといけない」という義務感が生まれ、結果的にストレスになってしまうからです。

冒頭でもお伝えした通り、マッチングアプリは「気が向いたら開こう」くらいの軽い気持ちで使う方が長続きします。

メッセージが苦手ならそれを意思表示しておく

「メッセージのやり取り自体が苦手」という人は、あらかじめプロフィールや自己紹介文で「メッセージは出来るだけ少なくしたい」という意思表示をすることをおすすめします。

そうすれば、相手に「この人とはやり取りを最低限にしよう」と把握してもらえて、メッセージに対するハードルが下がるからです。

プロフィール設定
会うまでの希望を「マッチング後にすぐ会いたい」に設定する

■プロフィール文
「メッセージでのやり取りよりも、会ってお話したいです」のような文言を添える

このように意思表示をしっかりとおこなうことで、お互い余計な労力をかけずに済みます。

早い段階で通話する

「メッセージはめんどくさいけど、すぐに会うのも不安…」という人は、早い段階で電話することをおすすめします。

メッセージの手間を省けるだけでなく、相手の雰囲気が分かるので、会うか会わないかを判断する機会にもなるからです。

また、「会うのはハードルが高いけど電話なら」という人も多いので、会う約束をするよりは早く距離を縮められます。2~3往復メッセージでやり取りをしたら、「良ければ一度電話しませんか?」のような提案をしてみましょう。

メッセージ不要のアプリを使ってみるのもアリ

マッチングアプリの中には、メッセージを一切使わずに会えるものもあります。事前のやり取りが面倒なら、メッセージ不要のアプリを使ってみることもおすすめです。ただし、都市部しか対応してないので、最初に自分の居住地が対応圏内か確認してくださいね。

Dineマッチング後すぐにデートの予定調整へと進む出会いアプリです。面倒なメッセージをやり取りする必要がなく、効率よくデートできるのが特徴です。飲食店はアプリで提案されるものを予約すれば良いので、お店探しをする必要もありません。東京・大阪・名古屋・福岡・横浜のみの対応ですが、手っ取り早く出会いたいという人におすすめです。

→Dineの評判を見る

いざ会うとなるとめんどくさくなる時はどうしたら良い?

「やり取りをしているときは何とも思わなかったけど、いざ会うとなると面倒」と感じる人は多いです。

インドア系の趣味を持つ人に見られる傾向で、マッチングアプリに限らず「友達との約束でも、会う前日になると面倒に思えてくる(でも当日行ったら楽しい)」という人は珍しくありません。初めて会う相手となると、特に女性は支度にも手間がかかります。

匿名掲示板では以下のようなコメントが至る所に見られました。

婚活と言うことでどうでもいい相手とも会いまくっているのですが疲れ切ってきました。マッチングとか婚活での初デートってだるすぎません?皆さんはそう感じませんか?

出典:ヤフー知恵袋

心底タイプな人ならまだしも、それほど興味が持てない人に会うのはあまり気が乗らないですよね。そんな人は次のようなルールで会ってみるのがおすすめです。

ランチ1時間で解散する

とにかく会うのが面倒という方は、「会うのは休日のランチタイム」にすることを推奨します。「休日の昼時の短時間」という制約は男女ともにメリットがあります。

ランチ1時間のメリット

  • 短時間で切り上げることで「もっと話したい」と思ってもらえることもある
  • 飲みに行くよりお金がかからない
  • 会話が壊滅的に合わない人だったとしても、1時間で切り上げられるので負担が少ない
  • (女性は特に)ヤリモクを避けられる

わざわざ会いに行くと考えると面倒に感じるなら逆転の発想で、「お昼ご飯を食べるついでに会う」くらいの気楽な解釈で行動してみるのをおすすめします。

次の予定を決めておく

「興味のない相手に会うために外に出るのが面倒」とさえ感じてしまうなら、次の予定を決めておくと良いでしょう。

「トレーニングジムのレッスン」「友達と会う」など何でも構いませんが、異性と会うのはその予定の前に設定するのです。そうすると、洋服を選んだりメイクをしたりといった行為が面倒でなくなります。できるだけ楽しみな予定を入れるのがコツです。

初めて会う相手で緊張している上に「切り上げ時が分からない」となると、ストレスに感じるのは自然なことです。あらかじめ解散する口実をつくっておけば、相手の気を悪くすることなく、自分の負担も減らすことができます。

会いたいと思える人がいないなら、いったんアプリをお休みするのもアリ

あまりにも面倒な気持ちがぬぐえないなら、無理をせずいったんアプリをお休みするのも一つの方法です。なんとなく気が向いたらまた始めてみる、くらい気楽な気持ちでいた方が最終的に良い相手に出会えるものです。

マッチングアプリ疲れを感じているなら、いったんやめることで気分が軽くなることもあります。

マッチングアプリをお休みして新たな趣味を見つけることで、そこで出会いがあるかもしれません。マッチングアプリ以外の出会いの手段は「【出会いがない社会人必見】日常の出会いの場を完全網羅!」で紹介しているので、こちらも参考にしてみてください。

まとめ

このページでは、マッチングアプリがめんどくさい方に向けて原因別に対処法を解説しました。めんどくさい気持ちを軽減するコツとしては、以下に集約されます。

  • メッセージを極力せずに済むように、プロフィールで意思表示
  • 何を話すかはある程度決めておく
  • 早いタイミングで電話をする
  • 合う人がいない場合はアプリを変えてみる

冒頭でも述べた通り、マッチングアプリをめんどくさいと感じるのは、ある意味自然な感情です。自分のペースで気軽に使って、無理なくマッチングアプリを活用してください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket