【画像で解説】Tinder(ティンダー)の使い方徹底ガイド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
 

「Tinder(ティンダー)はどうやって出会える?」「使い方を詳しく知りたい!」など、Tinderの使い方が気になりますよね。

Tinder(ティンダー)』の出会い方は、以下の通り非常にシンプルです。

  • STEP1:プロフィール作成
  • STEP2:検索条件を設定してスワイプする(いいね!を送る)
  • STEP3:マッチング/メッセージで会う約束

上記の工程は、男女共にすべて無料です。

そんなTinderを使い倒して3年の筆者が、出会いの流れから、各画面の機能・マークの意味まで、Tinderの使い方を解説します。

  1. Tinder(ティンダー)の基本的な使い方とアプリ機能
  2. Tinder(ティンダー)の登録方法と使い方のコツ
  3. 【無課金一択!】Tinder(ティンダー)の3つの課金タイプ
  4. メインで使いたい!検索型のマッチングアプリ2選
  5. まとめ

これを読めば、Tinderの使い方を詳しく理解でき、効率よく利用できるようになるでしょう。

1. Tinder(ティンダー)の基本的な使い方とアプリ機能

tinder トップ画面

Tinder(ティンダー)』はアメリカ発のマッチングアプリで、世界中で5,000万人もの人が利用する話題のマッチングアプリです

日本でも20代~30代前半を中心に人気が高く、真剣な恋愛よりも気軽な出会い目的の男女が多く集まります。

そんなTinderの基本的な使い方について、詳しく紹介します。

それでは順番に見ていきましょう。

STEP1:プロフィールの作成

Tinderのプロフィール画面

まずは、自分のプロフィールを完成させましょう。

マイページの「情報を編集」から、主に以下の項目を設定できます。

それぞれ簡単に説明します。

基本情報の設定Tinderの学歴・会社情報の設定

職業や学校名、住んでいるエリアなど、基本的な情報を設定できます。

その他に「興味(趣味)」を最大5つまで選択でき、一致しているユーザーには赤い枠で強調されて見えるので、全て選択するようにしましょう。Tinderの興味(趣味)の設定

自己紹介文の設定

自己紹介文を最大500文字まで設定できます。

第一印象で相手を選ぶTinderでは、自己紹介文をちゃんと見る人はほとんどいないので、50~100文字程度で簡潔に趣味などを書いていれば問題ありません。

プロフィール写真

Tinderは顔写真命のマッチングアプリなので、これさえ良ければ出会えると言っても過言ではありません。

「イケメン以外はマッチングできない」アプリなので、少し盛れているくらいの写真をメインにするのをおすすめします。

メイン写真1枚だけだと、「本当に本人?」などの理由でマッチングすらできない可能性が高いので、必ず複数枚載せるようにしましょう。

自分だけの写真を載せすぎてもナルシス感が出てしまうので、最後の2~3枚は好きな食べ物や旅行の写真を載せるのも効果的です。

動画やビデオループも設定できる

Tinderの動画とループ機能

Tinderは写真以外にも、動画やデオループもプロフィールに設定できます。

設定している人は少ないので、動画を載せると目を引くことができます。

ただ、だからと言ってマッチるングが増えわけではありませんが、話のネタになるので載せるのも良いでしょう。

異性ウケする写真を自動で設定してくれる「スマートフォト」

Tinderでは異性ウケのいい写真を自動で選択してくる、「スマートフォト」という機能があります。Tinderのスマートフォト

これは、あなたのトップ写真をランダムに異性に表示し、その後最もマッチング率が高かった写真から順に異性に表示してくれるという機能です。

自分ではあまり良くないと思ったものが、実は異性ウケが良いということは多々あるので、設定しておくことをおすすめします。

※利用するには写真を2枚以上登録する必要があります。

STEP2:検索条件を設定してスワイプする(いいね!を送る)

相手を探すために、まずはマイページから検索条件を設定します。Tinderの検索条件の設定

検索条件の項目は少なめで、距離、マッチしたい人の性別、年齢、グローバルモード(遠い人も表示させる)の設定ができます。

少しでも会いたい人とマッチングする確率を効率的に増やすために、必ず設定しておきましょう。

完了したら、スワイプ画面で設定した条件の相手が表示されるようになります。

マッチングアプリのスワイプ型・検索型

Tinderはスワイプ型のマッチングアプリなので、ランダムに表示される異性を右スワイプ「Like(いいね)」、左スワイプ「Nope(ごめんなさい)」と振り分けていきます。

なお、基本的に自分がいいねしたことは相手には通知されません。通知があるのはマッチングした時です。(検索型の場合はいいねした/された時点で通知がいく)

逆に、相手がいいねしてくれたことも自分には分からないので、ひたすらスワイプを繰り返しいつかマッチングするのを待つ形になります。

相手のプロフィール詳細情報は「 i 」をタップすることで見ることができます。

Tinderのプロフィール詳細

スワイプ画面では、5つのコマンドを選択することができます。

それぞれどんな機能なのかを順に説明します。

 Like(いいね!)

Tinderのいいね

「Like(ライク)」は、いわゆる「いいね!」の機能です。お互いにLikeするとマッチングすることができます

無料会員の場合は12時間で120回までLikeが送れて、使ったLikeは12時間後に回復する仕組みです。つまり、24時間で最大240回のLikeを送れます。

ちなみに、有料会員なら無限にLikeを送れますが、Tinderの男性のマッチング率はかなり低く、50Likeしてもマッチングは1~2人あるかないかだと思っておきましょう。

Likeしても相手に通知が行かないので、お目当ての異性とマッチングするのは非常に難しいです。

 Nope(ごめんなさい..)

Tinderのごめんなさい""

「Nope(ノゥプ)」はLikeの反対で、いわゆる「ごめんなさい」の機能です。一度Nopeすると一定期間相手は表示されません(※私の感覚では2~4週間表示されないです。)

なお、Nopeは左スワイプすることでも送ることができます。

※Nopeしても相手に通知は行きません。

Super Like(スーパーライク)

Tinderのスーパーライク

「Super Like」は、いわゆる「スペシャルいいね!」の機能です。

普通のLikeと違って送った瞬間に相手に通知が行くのでマッチング率が高く、Tinderいわくそのマッチング率は通常Likeの3倍以上にもなります。

1度使うと12時間後に回復するようになっていて、無料会員だと1個まで、有料会員になると5個までストックできます。

 Rewind(リワインド)

Tinderのリワインド

有料会員のみ使える機能です。

「Rewind」は、誤ってNopeしてしまった場合、1人分だけ前に戻すことができます。(1日何回でも利用可能)

 Boost(ブースト)

Tinderのブースト

オプションアイテムとして、追加購入すれば使える機能です。

「Boost」を使うと、30分間異性の画面に優先的に表示されるようになります

お金はかかりますが、自分のことを発見してもらいやすくなるのでマッチング数が飛躍的に上がります。(イメージは、10,000番目の自分を100番目まで押し出してくれる感じです)

Tinderを使いこなす人にほど使われている機能で、Tinder攻略のためには必須の機能と言っても過言ではありません。

【参考】Top Picks(トップ・ピックス)

TinderのTop Picks画面

「Top Picks(トップ・ピックス)」では、Tinderがあなたにおすすめの異性の会員を10人表示してくれる機能で、ここから選んで「Like(右にスワイプ)」または「Super Like」を送ることができます。

人気会員からおすすめしてくれるのか、表示される子は可愛い子が多いのがメリットです。

しかし、無料会員の場合、Likeを送れるのはSuper Likeも合わせて1回のみで、お得なことは特にないので注意しましょう。

なお、表示される異性は0時にリセットされます。

STEP3:マッチング/メッセージで会う約束

Tinderのマッチング画面

マッチング画面では、マッチングした相手や、メッセージをしている相手を確認することができます。

赤い丸は未読マーク、青いチェックマークは「確認済みプロフィール(写真が本人であると運営が確認済)」という意味です。

Tinderの写真認証手続きその他、相手によって5つのマークが表示されるようになっていて、以下のような違いがあります。

Tinderで相手に表示されるマーク

マーク意味
Tinderのスーパーライクマーク「Super Like」を使ってマッチングした人
Tinderのブーストマーク「Boost」を使ってマッチングした人
Tinderのいいねをくれた一覧からマッチングした人マーク「いいねをくれた人一覧」からマッチングした人
TinderのTop Picksマーク「Top Picks」からマッチングした人
Tinderのマークなし(無し)スワイプ画面で「Like」してマッチングした人(または上記以外)

なお、「いいねをくれた人一覧」は、「Tinder Gold(3,300円/月)」になると見ることができます。

マッチングしたらメッセージで合う約束をする

Likeをして相手もOKならマッチングが成立し、メッセージができるようになります。

Tinderの流れ

Tinderの会員は遊び感覚の人が多いため、複数やり取りをしたら会う流れになったり、暇つぶしのメッセージだけで終わったり、長く続くことは基本ありません。

そのため、タイプの人とマッチングしたら、メッセージが途切れないうちに直近で会う約束をするのをおすすめします。

誠意を持った文章を常に心がける

特にTinder男子に多いのは、「最初から馴れ馴れしい」ということです。

いきなり、「よろしく!どこ住み?」など、挨拶もなしにため口で始めてしまっては、返信が来ない可能性が高いです。

女性も軽いノリでやっている会員が多いにしても、以下のメッセージのように誠意を持って相手に接しましょう。

初回メッセージのコツ

誠意のある文章を心掛けるだけで、Tinderで出会える確率はグッと上がります。

2. Tinder(ティンダー)の登録方法と注意点

Tinder(ティンダー)』の2つの登録方法と、登録後に注意しておきたい以下のことについて紹介します。

それでは順番に確認していきましょう。

2-1. Facebookか電話番号で登録【どちらも身バレの可能性あり】

Tinderは、共通の登録方法として「Facebookアカウント登録」と「電話番号登録」の2つの方法があり、どちらか好きな方をえらぶことができます。

アプリの機能としては全く一緒なので差はありませんが、「身バレ」の観点で以下の違いが出てきます

異性の友達に
バレるリスク
同性の友達に
バレるリスク
Facebook登録なしあり
電話番号登録ありなし

どういうことなのか、それぞれ解説していきます。

Facebook登録のメリット・デメリット

TinderはFacebookの情報を使って、Facebook上の友達をスワイプ画面に表示させないシステムをとっています。

そのため、万が一異性の友達が同じようにTinderを使っていたとしても、スワイプ画面に表示されることはありません

Facebookと連動させる理由

しかし、Tinderには「共通の友達表示」という厄介な機能があります。

それはFacebook上に共通の友達がいた時に、共通の友達をプロフィール画面に表示してしまうという機能です。

Tinderの共通の友達表示

そのため、以上のように同性の友達にバレてしまう可能性がゼロではありません

もしこのような身バレが嫌だという人は、「ペアーズのアイコンペアーズ」「withのアイコン with」などの、共通の友達表示がなくバレにくいマッチングアプリを使うようにしましょう。

電話番号登録のメリット・デメリット

電話番号のときはその逆です。

Facebook情報は使われないので、異性の友達がスワイプ画面に表示される可能性があります。(これは、どのマッチングアプリでも共通して言える身バレのリスクです。)

Tinderの電話登録の場合

一方、共通の友達が表示されることはないので、同性にバレることはありません。

【参考】身バレを防止するには有料会員の機能を利用する

ちなみにTinderで身バレしない唯一の方法は、表示設定で「私が”いいね!”した人だけ」を選択することです。(※有料会員のみ)

Tinderの私がいいね!した人だけ表示

いいねした人にだけ自分を表示させるということは、自分で誰に表示させてOKか相手を選べるということです

そのため、友達にLikeしない限り知り合いにバレることはありません。Facebook登録の場合は、共通の友達がいる相手にLikeしなければ大丈夫です。

ただし、限定公開することで異性に発見してもらえるチャンスが減るので、マッチング数は飛躍的に下がるので注意しましょう。

2-2. Tinderで業者などとマッチングしないための見分け方

Tinderには、業者などが比較的多く潜んでいます。

そんな悪質な会員とマッチングしてしまうと、怪しい投資を勧められたり、別サイトに移動させられて多額の現金を請求されるなど、危険な目に遭ってしまいます。

そこで、相手が業者でないかどうか見極めるために、以下の項目をチェックしましょう。

■【プロフィール】業者の特徴

  • お金持ち・自由をアピールした写真
  • プロフィールにラインIDを記載
  • 写真が美人・可愛すぎる
  • 年収が異常に高い
  • 投資・副業のアピール
  • 職業欄が自由業・自営業
  • 外国人

■【メッセージ】業者の特徴

  • 女性の方からグイグイくる
  • デートの誘いには乗らないのにメッセージは返ってくる
  • 連絡先を教えてといってくる
  • 会って欲しい人がいると紹介してくる
  • お店を指定してくる
  • お昼の時間帯を指定してくる

特に、「こんなに可愛い子と何でマッチングできたんだろう…」と疑問に思った場合は、警戒しておくべきです。

そもそも写真が良くないとマッチングができないので、インスタグラマーや韓国のモデルなど、あまり知られていない美女の写真を悪用していることも少なくありません。

実際に被害に遭うのはメッセージなので、「怪しい」と思ったら慎重にやり取りをし、業者などと確信をしたら通報しましょう。

詳しくは、「マッチングアプリで投資を勧める女は100%業者!見分け方と対処法を紹介」を参考にしてください。

3. 【無課金一択!】Tinder(ティンダー)の3つの課金タイプ

Tinder(ティンダー)』は、無料で出会いまで繋げられるマッチングアプリですが、有料プランもあります。

そこで、無料会員と有料会員の違いを表でまとめてみました。

←スマートフォンの方はスクロールできます→

無料会員Tinder+ロゴTinder PlusTinderGOLDロゴTinder GoldTinderPLATINUMロゴTinder Platinum
LIKE回数12時間毎に120回まで無制限無制限無制限
Super LIKE1日1回1日5回1日5回1日5回
マッチング前に
メッセージを送る
LIKEした相手に優先して
表示される
LIKEしてくれた相手の確認
LIKEした相手へ優先表示
メッセージ
ブースト毎月1回毎月1回毎月1回
スーパーブーストの購入
スワイプやり直し
年齢・距離を隠す
パスポートで位置情報の変更
毎日新しいTop Picksの追加
広告表示表示非表示非表示非表示

ちなみに、TinderのWeb版の料金はこちらです。
←スマートフォンの方はスクロールできます→

プラン
(男女共通)
Tinder+ロゴTinder+TinderGOLDロゴTinder GOLDTinderPLATINUMロゴTinder PLATINUM
1ヶ月1,024円3,073円4,098円
6ヶ月645円(一括3,870円)1,926円(一括11,556円)2,562円(一括15,370円)
12ヶ月427円(一括5,123円)1,281円(一括15,370円)1,708円(一括20,493円)

※表示価格は全て税込みです。

上記の通りで、無料会員ではほとんどの機能が利用できません。

しかし、Tinderは男性も無料会員で十分です。なぜなら、課金してもイケメン以外はほぼ出会えないからです。

Tinderは第一印象で選ぶスワイプ型のアプリなので、顔写真が良くなければマッチングすら難しく、会うまでに至りません。

そのため、利用している会員もイケメンが多く、それ以外の会員は出会えないと嘆いています。

Tinderは無料会員のままサブとして使い、他のマッチングアプリをメインで使う方が出会える確率が高まるのでおすすめです。

出会いやすい課金制のマッチングアプリについては、「4章:メインで使いたい!検索型のマッチングアプリ2選」を参考にしてください。

ただ、Tinderの有料会員のみ利用できる便利な機能もあるので、その中でも使い勝手の良い「Passport」について簡単に紹介します。

3-1. 有料会員は「Passport(パスポート)」機能で指定した場所の異性を探せる

「Passport機能」とは、指定した場所(海外も含めて)で異性を探せる画期的な機能です

Tinderのような位置情報を使ったマッチングアプリは、近くのすぐ会える人とマッチングできるのがメリットですが、別のエリアの人を探せないのが欠点でした。

それを解決してくれるのが、このPassport機能で、「Tinder+」以上の有料プランから利用ができます。

TinderのPassport機能

TInderのPassport機能

私は出張や旅行の際は、必ずこの機能を1週間ほど前から使うようにしています。

そうすれば、旅先で異性と夜ごはんやデートを楽しむことができるからです。

3-2. オプション機能と料金

オプションで追加購入できるのは「Boost」「Super Like」「Top Picks」の3つです。

以下はそれぞれの料金です。

←スマートフォンの方はスクロールできます→

TinderのブーストアイコンBoost
異性の画面に
自分を優先表示!
3回10回20回
341円/1回
(計1,023円)
256円1回
(計2,558円)
205円1回
(計4,093円)
TinderのスーパーライクアイコンSuper Like
通知の届く
スペシャルいいね!
5回25回60回
120円
(計600円)
96円
(計2,400円)
80円
(計4,800円)
TinderのTop PicksアイコンTop Picks
おすすめの異性を
Tinderから紹介!
10人追加20人追加30人追加
36円
(計360円)
24円
(計480円)
20円
(計600円)

これらの詳しい使い方については、こちらを参考にしてください。

基本的に、Tinderでオプションをわざわざ追加する必要はありません。

もし使うなら、30分間異性の画面に優先的に表示されるようになる「Boost(ブースト)」が1番効果的です。

4. メインで使いたい!検索型のマッチングアプリ2選

男性が『Tinder(ティンダー)』で出会うのは難しいので、ここからはメインで使いたいマッチングアプリを紹介します。

以下のマッチングアプリは検索型なので、Tinderのように見た目勝負ではなく、中身を重視した恋愛ができるでしょう。

  • 総合力No.1!婚活、真剣な恋人探しにおすすめ:『ペアーズ
  • 人気急上昇!いいねが多くて出会いやすい:『with

それぞれ紹介していきます。

4-1. 総合力No.1!婚活、真剣な恋人探しにおすすめ:『ペアーズ』

ペアーズ 公式 top

ペアーズ』は、国内で今最も利用者の多いマッチングアプリです。

ペアーズのすごさは圧倒的な総合力です。会員数はもちろん、安全性、評判どれをとっても評価が高く文句なしと言えます。

知名度とクリーンなイメージからか、多くのマッチングアプリと比較しても真剣に恋人や結婚相手を探す男女が非常に多いため、真剣な恋活におすすめのアプリです。

ペアーズの会員特徴

真剣に恋人を探す男女が多く集まっており、今恋人を最も作れる恋活アプリと言っても過言ではありません。

ペアーズの会員データ

ペアーズの基本データ

←スマートフォンの方はスクロールできます→

運営会社株式会社エウレカ
累計会員数1,000万人
料金web:3,590円~(1ヶ月プラン)/1,320円~(12ヶ月プラン)
iOS:4,300円~(1ヶ月プラン)/1,733円~(12ヶ月プラン)
Android:3,590円~(1ヶ月プラン)/1,320円~(12ヶ月プラン)
無料情報女性は無料/男性は登録・相手検索・マッチングまで無料
その他・Facebookアカウントで登録すると友達にバレない
・電話番号登録も可能
・メールアドレス登録も可能
対応OSWeb】【iOS】【Android

4-2. 人気急上昇!いいねが多くて出会いやすい:『with』

withのトップ画面

with』は、2021年度オリコン顧客満足度ランキングの恋活・婚活マッチングアプリ部門で1位をとるほどの人気アプリです。

その人気の理由は、なんといっても「アプリの使いやすさ」や「マッチングのしやすさ」にあります。

withには、心理テストを用いて相性の良い異性を教えてくれる機能があります。相性の良い異性に対しては、無料で10いいね/日まですることができるので、チャンスが豊富で大変出会いやすくなっているのです。

withの会員特徴

男女ともに20代の割合がかなり高く、6割を超えます。そのため、20代の方や、20代との出会いを求める方に特におすすめのマッチングアプリです。

withの会員データ

withの基本データ

←スマートフォンの方はスクロールできます→

運営会社株式会社イグニス
累計会員数500万人
料金(税込)3,600円~(1ヶ月プラン)/1,833円~(12ヶ月プラン)
無料情報女性は無料/男性は登録・相手検索・マッチングまで無料
その他Facebookアカウントor電話番号で登録
対応OSWeb】【iOS】【Android

5. まとめ

Tinder(ティンダー)』の基本的な使い方を紹介してきました。

Tinderの出会い方は、以下の通り非常にシンプルです。

  • STEP1:プロフィール作成
  • STEP2:検索条件を設定してスワイプする(いいね!を送る)
  • STEP3:マッチング/メッセージで会う約束

上記の工程は、男女共にすべて無料です。

また、有料会員には色々な機能が備わっていますが、「見た目でマッチングがほぼ決まる」アプリのため課金しても出会えるわけではありません。

Tinderは無料会員のままサブとして利用し、以下のマッチングアプリをメインとして利用することをおすすめします。

もし、Tinderをメインで使いたい場合は、「Tinder攻略テクニック36選」の記事を参考にしてみてください。

このページを通して、あなたのマッチングアプリ生活の役に立てていれば幸いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket