結婚相談所は高い?元相談員が教えるその理由とおすすめ2選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
 

「結婚相談所の料金を調べてみたら想像以上に高いけど本当?」「年間総額50万以上とかもあるけどそういうものなの?」など結婚相談所を調べると料金が高く驚きますよね。

結婚相談所の料金が高い理由は、結婚までの徹底したトータルサポートと、質の高いサービスにあります。料金が高くても、結婚につながる可能性が圧倒的に高いので、婚活に最適な手段と言えます。

このページでは結婚相談所のアドバイザーとして働いた経験を持ち、自らも苦労しながら婚活を進めて来た私が、改めて200社以上を調査した上で、結婚相談所の料金が高い理由を以下の流れで説明していきます。

  1. 結婚相談所の料金が高い理由を徹底解説
  2. 失敗しない結婚相談所の選び方|「高い=良い」なのか?
  3. タイプ別とっておきのおすすめ結婚相談所2選
  4. 騙されるな!成婚率を参考にすべきでない2つの理由
  5. 婚活7つの手段|そもそも結婚相談所って本当にいいの?
  6. Q&A|結婚相談所の料金に関してよくある質問

このページを読めば、結婚相談所の価格が妥当なのかと大体の価格帯が分かり、納得した上で結婚相談所を利用すべきか検討できるようになるでしょう。

<2021年9月最新情報>

各社、コロナウイルスの感染対策を万全に行った上でカウンセラー面談やイベントなどを行っています。その中でも、今おすすめの結婚相談所は以下の通りです。

  • サンマリエ
    ⇒仲人型の手厚いサポートを低価格で受けられる結婚相談所
    オンラインのお見合いもあり、専任のスタッフに立ち会ってもらうことも可

また、オンラインで出会える「婚活サイト」を併用して出会いを増やすことで、理想の相手と出会う確率が上がります。下記の婚活サイトは2021年9月現在も会員数を増やしており、最近特に盛り上がりを見せています。

  • ペアーズ
    ⇒2020年4月からビデオ通話機能が搭載!日本で一番使われている婚活サイト!
  • Match(マッチ・ドットコム)
    ⇒とにかく真剣な婚活がしたい30代40代男女にお勧めの婚活サイト!

上記は登録無料なので、外出を控えたい今の時期でも、自宅での出会いを増やすために活用しましょう!

1. 結婚相談所の料金が高い最大の理由

結婚相談所の料金を調べると、1年間の総額は20〜65万円にもなることがわかり驚きます。

どうしてそこまで高いのでしょうか?それはずばり、結婚にいたるまで徹底したトータルサポートがあるからです

1-1. 徹底した結婚までのトータルサポート

結婚まで道のりは「知り合う」「実際に会う」「交際する」「プロポーズする(結婚)」です。

結婚相談所では、継続してこれら全てのポイントにおいてサポートを受けることができます。また、それ以外の日々の婚活の中でも大切な手助けを行ってくれます。

このような徹底したトータルサポートが、料金がどうしても高くなってしまう最大の理由です。

結婚相談所の流れ

例えば婚活アプリ/サイトや、婚活パーティは、②③に対するサービスですが、①~⑦までトータルで継続的にサポートしてくれるのは結婚相談所だけです。

また、結婚相談所では上の図の7つの各場面できめ細かいサポートをしてくれます。どのようなサポートか、それぞれ簡単に説明していきます。

①計画:婚活の年間計画を一緒に立てる

結婚相談所の流れ「計画」

結婚相談所では、プロのカウンセラーが婚活の年間計画を一緒に立ててくれます

結婚前にどれくらいの期間の交際が理想で、交際前に何人とデートして、そのためにいつまでに何人と会う必要があって…、多くの結婚を支援してきた確かな経験で、結婚へ導く行動計画を立ててくれます。

②知る:素敵な相手を紹介してくれる、自分を相手に紹介してくれる

結婚相談所の流れ「知る」

結婚相談所では「知り合うこと」をサポートしてくれます

あなたの結婚相手へ求める条件や、自分の性格、趣味や価値観も理解した上で、自分に合った最適な異性を紹介してもらえます。

また、反対にあなたのことを好みそうな異性にあなたのことを紹介してくれるので、出会いのチャンスがグッと広がります。

③会う:お見合いセッティングは全てお任せ

結婚相談所の流れ「会う」

結婚相談所では、お互いの日程調整や、場所決め/予約など、手配の全てをカウンセラーが行ってくれます

前日のリマインド連絡や、お見合いがうまくいくためのアドバイス、中には当日同席し、2人の緊張をほぐす場づくりをしてくれる相談所もあります。

④交際:交際中の様々な相談にも対応

結婚相談所の流れ「交際」

結婚相談所は、日々多くのカップルを見守ってきたカウンセラーが、交際中の様々な相談に対応してくれます

デートやプレゼントに関するアイデア出しから、ケンカの仲直り方法まで、プラスの悩みも、マイナス悩みも一緒に考えてくれます。

⑤結婚:プロポーズも全面サポート

結婚相談所の流れ「結婚」

結婚相談所では、プロポーズについても全面的にサポートしてくれるので安心です

場所やタイミングなどプロポーズ自体のことだけではなく、指輪のこと、両親へのご挨拶のことなども含め、全面的にアドバイスをくれます。

⑥定期面談:現状の確認と必要に応じて計画の修正

結婚相談所の流れ「定期面談」

結婚相談所では、定期的に状況を確認する面談が設けられていることがあります。

定期面談では、元々の計画と比べて順調か、順調であれば何がよかったのか、順調でないなら何を改善すべきかなど、一緒に振り返り、必要に応じて計画の修正も行なってくれます

こうした定期面談は心のサーポートにもつながり、やる気を持続させる効果もあるので、あると非常にありがたいサービスです。

⑦振り返り:つまづいた時は一緒に反省会

結婚相談所の流れ「振り返り」

結婚相談所では、婚活でつまづいた時、経験豊富なカウンセラーが一緒に反省を行なってくれます

連絡が続かない、お見合いがうまくいかない、いい人に出会えないなど、つまづいた時に何が悪いのか原因を一緒に考えアドバイスをくれるので、一歩一歩着実に前進することができます。

その他:お断りの返答も結婚相談所のサービス内

結婚相談所は、お見合いや交際のお断りの返答を自分に代わって行ってくれるというサポートも行っています。

相手を傷つけない丁寧なお断りを考えるのは中々苦労しますし、かといって無視するのも心が痛いものです。結婚相談所のサポートは、こうした余計なストレスを軽減し、本来の活動に集中させてくれます。

【※注意】

全ての結婚相談所が上記の様なトータルサポートを完璧に用意しているわけではありませんサポートが少ない分、料金を安くすることにこだわった結婚相談所も多く存在します。

各社サポートの手厚さは様々なので、結婚相談所を選ぶ際は、自分に必要なサポートがあるかしっかり確認をする様にしましょう。

1-2. 料金が高くても多くの人が利用するその理由

こうした徹底的なトータルサポートもあり、料金が高くても多くの人が結婚相談所を利用しています。

会員数の多い大手3社の人数を合計しただけでも、単純計算で15万人なので、全体では実はかなりの多くの人が利用しているということが想像できます。

料金が高くても多くの人が結婚相談所を利用する理由は、徹底したトータルサポート以外にもう一つあります。それは、「会員の質の高さ」です。

会員の質の高さ

ここでいう会員の質とは、年齢や収入などの条件面もそうですが、1番は結婚に対する真剣度です。

例えば婚活アプリ/サイトでは、サクラや遊び目的の会員が一定存在してしまいますが、結婚相談所では以下の2つの理由からそういった不誠実な方はほぼ0で、結婚する意志のある、信頼できる方のみの参加となっています。

  • 身分証明証の提示と、面談による本人確認が必須だから
  • 料金が高めに設定されているから
理由1. 身分証明証の提示と、面談による本人確認が必須だから

結婚相談所に入会するには、身分証、独身証明書、最終学歴や職業を証明できるものなどを、カウンセラーとの直接面会によって提示する必要があります。

例えば、大手の『オーネット』では、入会時に以下の書類の提出を必須としています。

楽天オーネットの入会手続き時に必要なもの

※引用「オーネット」公式ページより

これにより、既婚者、結婚詐欺師などが登録することが困難になるので、安心して婚活をすることができます。

理由2. 料金が高めに設定されているから

結婚相談所の料金の相場は以下の通りで、軽い気持ちで登録するだけでも10万円くらいかかるケースが多いです。

  • 初期費用:5~20万円
  • 月活動費:1~3万円/月
  • 1年間の総額:20~65万円

入会時にも決して安くない料金が発生しますし、活動を続けるためにもお金がかかります。そのため、結婚に本気で真剣な人しかいないのです。

1-3. まとめ

以上、結婚相談所の料金が高い最大の理由は、他のどの婚活手段にもない徹底したトータルサポートがあるからです。

また、そうしたトータルサポートに加え、会員の質が高く安心して婚活ができるため、料金が高くても多くの人が結婚相談所を利用しています。

★徹底したトータルサポート

  • ① 計画:婚活の年間計画を一緒に立てる
  • ② 知る:素敵な相手を紹介してくれる、自分を相手に紹介してくれる
  • ③ 会う:お見合いセッティングは全てお任せ
  • ④ 交際:交際中の様々な相談にも対応
  • ⑤ 結婚:プロポーズも全面サポート
  • ⑥ 定期面談:現状の確認と必要に応じて計画の修正
  • ⑦ 振り返り:つまづいた時は一緒に反省会
  • 他. お断りの返答も結婚相談所のサービス内

★会員の質が高い

  • 理由1:身分証明証の提示と、面談による本人確認
  • 理由2:高い料金設定

このような特徴が結婚相談所にはあり、この品質の高いサービスで、他のどの手段より結婚につながる可能性が圧倒的に高いため、婚活の手段としておすすめします

ただし、結婚相談所もピンキリなので、失敗のないようしっかり検討して選ぶようにしましょう。

2. 失敗しない結婚相談所の選び方:「高い=良い」なのか?

結婚相談所が高い理由をお伝えしましたが、高ければサービスが良いということなのかと、疑問が残る方もいらっしゃると思います。

結論から言うと、料金とサービスは基本的に比例して、いいサービスほど高くなりますが、例外もあるため値段だけで選ぶべきではありません。

以下、大手の結婚相談所を例にして説明していきます。

2-1. 大手10社の料金とサービスの関係

まずは大手10社の料金とサービス力の関係をグラフにまとめてみました。

サービス力は、「会員数」「トータルサポートの徹底度」を中心に総合的に評価したものです。あくまでもイメージです。

結婚相談所分布図

グラフの通り、料金とサービスは全体的におおよそ比例していることが分かります。そのため、大きくみれば「高い=良い」が成り立ちます。

一方、1社1社見ていくと、決して「高い=良い」とは言えないことがわかります。例えば「NOZZE(ノッチェ)」と「WeBCon」を比べると、NOZZEの方が安いですが、サービスはより良いです。

次の章で価格に対してサービスの優れた、おすすめの相談所を紹介していきます。

2-2. 2つのタイプから見る料金とサービスの関係

実は結婚相談所には大きく「仲人紹介型」「データッマッチング型」の2つのタイプがあります。

  • 仲人紹介型    :カウンセラーが、最適な相手を紹介してくれる
  • データマッチング型:コンピュータが、最適な相手を紹介してくれる

先ほどのグラフでグループ分けをすると、以下の通りです。

結婚相談所分布図

サービスが良い分、料金が高いのが「仲人紹介型」、サービスは劣るが、料金が安いのが「データマッチング型」と言えます。

例えば、代表的な大手10社で料金とサービス内容を整理してみると以下の通りとなります。

会社名1年間の総額(税込)タイプ
IBJメンバーズ
(アシストプラスコース)
721,050円仲人紹介型
WeBCon
(男性エクセルコース)
550,000円仲人紹介型
サンマリエ
(スタンダードコース)
618,200円仲人紹介型
NOZZE(ノッツェ)
(お見合アシストコース)
562,650円仲人紹介型
パートナーエージェント
(コンシェルジュコース)
416,900円仲人紹介型
仲人協会
(男性基本1年コース)
409,200円仲人紹介型
オーネット
(プレミアムプラン)
314,600円データマッチング型
zwei(ツヴァイ)
(ご紹介+自由検索コース)
316,360円データマッチング型
ゼクシィ縁結びエージェント
(スタンダードプラン)
244,200円データマッチング型
エン婚活
(※プランは1 つのみ)
169,180円データマッチング型

それでは、2つの結婚相談所のタイプそれぞれの特徴をご説明します。

「仲人紹介型」の結婚相談所

仲人型相談所の例

仲人紹介型とは、担当のカウンセラー(人)が、あなたに最適な相手を紹介してくれるサービスのことで、以下のような特徴があります。

相場
  • 初期費用:10〜20万円
  • 月活動費:1.5〜3万円
  • 1年間の総額:45〜65万円
メリット
  • より自分の好みを理解して柔軟に対応してくれる
  • カウンセラーが相手に自分のことをアピールしてくれる
  • 結婚に発展する可能性が他と比べて高い
  • 第三者の客観的アドバイスを受けられる
  • 失敗した時、何が悪かったか一緒に振り返りをしてくれる
デメリット
  • 紹介人数は他と比べて少ない傾向にある
  • 同じ会社でも、担当者によってサービスの質が変わってしまう
  • 料金は高い

日々多くの人と面談を行うカウンセラーが、データには現れないその人の人柄や雰囲気、価値観を踏まえて紹介してくれるため、最終的に結婚に繋がるケースが多い傾向にあります。

仲人紹介型の相談所は、お見合い調整や当日の同席、定期カウンセリングなど、その他のサポートも手厚いことも特徴の1つです。

仲人紹介型の結婚相談所の料金はばらつきが最も大きく、一概に高ければいい、安いとだめというわけではないので1社1社しっかり見極めることが大切です。のちほど大手の中でのおすすめ1社も紹介します。

「データマッチング型」の結婚相談所

データマッチング型相談所のイメージ

データマッチング型とは、コンピュータが、あなたに最適な相手を紹介してくれるサービスのことで、以下のような特徴があります。

相場
  • 初期費用:5〜10万円
  • 月活動費:1〜1.5万円
  • 1年間の総額:20〜30万円
メリット
  • 紹介人数が仲人紹介型と比べて多い
  • 同じ会社であれば、サービスの質は安定している
  • 料金は比較的に安め
デメリット
  • 細かなニュアンスは伝わらず、融通がきかない
  • 言葉で表現できないことはくみとってくれない
  • 結果が分からない(相手からの返答なしの)ケースがある

日々進化するデータ分析により、あなたの価値観に合う相手を定期的に紹介してくれます。

データマッチング型の結婚相談所は、人の介在なく、安定してサービスを受けられるため、自分のペースで活動しやすいのも1つの特徴です。

また、データマッチング型の結婚相談所のほとんどは、検索型サービスをはじめ、データを活用した様々な種類の相手探しのサービスを行っていることが多いです。

2-3. まとめ

大手10社の料金とサービスの良さの関係をまとめると、以下のことがわかりました。

  • 「仲人紹介型」:お金はかかるがサポートが手厚い
  • 「データマッチング型」:サポートは薄めだが、料金がやすい

以上のことから、お金を払ってでもいいサポートが受けたいという方は「仲人紹介型」を、料金を安くしたいという方は「データマッチング型」を選びましょう。

ただし、その中でも同じ料金水準でも価格が違うということがあるので、慎重に選ぶ必要があります。

次の章で、その基準となる2つのタイプそれぞれのおすすめを紹介します。

3. タイプ別とっておきのおすすめ結婚相談所2選

2章でお伝えした、2つのタイプ「仲人紹介型」「データマッチング型」それぞれのとっておきのおすすめを1社ずつ紹介します。

これらを基準に結婚相談所を選ぶと失敗せず、納得のいく結婚相談所選びができるでしょう。

おすすめは、それぞれのタイプから『IBJメンバーズ』と『オーネット』です。

3-1. 「仲人紹介型」結婚相談所のおすすめ:IBJメンバーズ

IBJメンバーズ 公式 トップ画面

IBJメンバーズ』は約6万人を超える会員数を誇る連盟、日本結婚相談所連盟(IBJ)が直接運営する大手の結婚相談所で、仲人型の徹底したサポートで50.8%という高い成婚率実績(※)をもっています

大手の中でも成婚率がかなり高い理由は、「豊富な出会い方」と「婚約するまでの徹底したサポート」があるからです。

  • 豊富な出会い方・・・仲人型・データ型・さらに婚活サイトのような検索型など、合計7つの出会い方で出会いの幅が豊富
  • 婚約するまでの徹底したサポート・・・婚約するまで見守ってくれる相談所は以外と少ないが、IBJメンバーズはしっかり最後まで徹底サポート

費用は少し高めですが、それだけの価値ありです。お金を払ってでも確実に結婚したい人には是非おすすめたい1社です。

ただし、首都圏を中心としたエリアにしか店舗がないのが欠点です。近くに店舗がある人は、ぜひ無料相談に行くうちの1社に入れるべき相談所です。

IBJメンバーズの基本データ

会社名会員数店舗数
株式会社IBJ6.6万人12店舗
1年間の総額(初期費用)(月活動費)(成婚料)

721,050円(税込)
※アシストプラスコース

296,450円(税込)
  • 会費:17,050円(税込)
  • お見合い:0円
220,000円(税込)
1年間の出会いの数(仲人紹介)(データ紹介)(検索)
最大27636人-240人

IBJメンバーズ公式ページ:

3-2. 「データマッチング型」結婚相談所のおすすめ:オーネット

オーネット』は楽天が運営していた結婚相談所で、大手という安心感と抜群の知名度から会員数は約5万人と非常に多く、また新規入会者数は年2万人以上と婚活を始めるみんなの入口といっても過言ではない相談所です。

そのせいか、結婚に悩むという人だけでなく、結婚を意識し始めたという人も入会しやすく、「この人結婚相談所いらなそうなのに」といういわゆる美男美女が比較的多い傾向にあります

また、データマッチング型の中で「会員数」「サポート力」のレベルは圧倒的に高いのでコスパがとてもいいです。

また若い男女が多く集まっていて、20代の割合は男性で10%、女性で18%ほどと他の相談所に比べて多いのも特徴です。(例えばzweiは20代男性は5%、女性は13%ほど)

オーネットの基本データ

会社名会員数店舗数
株式会社オーネット4.8万人40店舗
1年間の総額(初期費用)(月活動費)(成婚料)
314,600円(税込)
※プレミアムプラン
116,600円(税込)
  • 会費:16,500円(税込)
  • お見合い:0円
0円
1年間の出会いの数(仲人紹介)(データ紹介)(検索)
最大198人-72人96+30人

<オーネットの注意点>

オーネットの「公式ページ」は情報が少なすぎて知りたいことが解決しないという声が多数ありました。

そこで下記ページに料金プラン・サービス内容・口コミを公式より詳しくまとめたので、興味がある方はチェックしましょう。

オーネットを徹底ガイド|そのメリットから120%使いこなすコツまで

※また、オーネットの無料体験を予約したい方は、予約前に「診断テスト」を受けておきましょう。

サービス内でどんな人とマッチングできるのか2分でわかるテストになっていて、この診断結果があると無料体験のときにより深い話を聞くことができます。

無料診断テストはこちらhttps://onet.co.jp

(参考) おすすめの無料相談への行き方

もし時間が十分あるのであれば、以下の様な順で結婚相談所に行くと見極めやすいです。

オーネット』など大手データマッチング型は料金が安く、一般的に素敵だなと言われる方の割合が比較的多いので、まず見てみるとよいでしょう。

ただし、競争率も高く、サポートは仲人紹介型には劣るので、合わないなと感じたら『IBJメンバーズ』などの大手仲人紹介型を見てみましょう。

それらを基準として、他に気になる相談所へも行き、大手より自分に合っていると感じたらそこへ、大手の方が安心できると感じたら大手から選ぶとよいでしょう。

4. 騙されるな!成婚率で比較すべきでない2つの理由

よく「成婚率の高さで比較しましょう」という話を聞きますが、それはおすすめできません。

確かに、成婚率はその相談所の実力を知る上で重要なのですが、次の2つを理由に、比較できる情報では決してないからです。

  • 「成婚」の定義がそもそも各社違う
  • 「成婚率」の計算方法が各社違う

それぞれ順に説明します。

4-1. 「成婚」の定義がそもそも各社違う

成婚とは、「結婚が成立すること」を言いますが、何を持って成立となったのか、その定義は大手であっても各社様々です。

上記以外の大手では、公式ページには成婚の定義に関する情報が載っていなかったです。

なお、大手以外でよくある成婚の定義は以下です。

  • 成婚とは、結婚、婚約またはそれらと同等の成果、「結婚の口約束」、「宿泊を伴う旅行」、「婚前交渉」、「同棲」、「交際期間が6ヶ月を経過した場合」を成婚とみなしています。

同じ「成婚」といっても、交際を理由とした退会届提出や、宿泊を伴う旅行や、プロポーズ成功では、それぞれ意味合いが全然違うのです。

4-2. 「成婚率」の計算方法が各社違う

成婚率の計算方法には、正式な公式があるわけではなく、こちらも各社それぞれです。

例えば、大手で成婚率を出している「IBJメンバーズ」と「パートナーエージェント」で比べてみましょう。

それぞれ成婚実績の高い2社ではありますが、計算方法が違うため数値は全然違っています。

また、一般的に、各社自分たちに有利になるように工夫して計算方法を選ぶことが多いので、成婚率が高いだけを理由に選ぶことはやめましょう。

(参考)成婚率情報の正しい参考の仕方

そうはいっても、結婚相談所の実力を確かめる上で、成婚率は非常に参考になります。

そこで成婚率は、比較の際に使うのではなく、その一社に決めていいかの最終決定の際の参考情報として使うとよいです。

なお、200社以上見てきた筆者が結婚相談所の実力を成婚率で判断する場合の基準は以下です。よろしければ参考にして下さい。

  • 成婚退会者を「退会者」で割る場合:成婚率50%以上であれば実力は高い
  • 成婚退会者を「会員数」で割る場合:成婚率20~25%以上であれば実力は高い

ただし、「会員数」で割る場合、会員数が少ない結婚相談所は有利になるので、あわせて会員数が十分にいるかも確認するようにしましょう。

5. 婚活7つの手段|そもそも結婚相談所って本当にいいの?

結婚相談所は料金が高くても婚活手段に最適であるとお伝えしてきましたが、本当なのでしょうか?

そのことを説明すために、婚活において他にどんな手段があるのか確認した上で、結婚相談所のメリット・デメリットをお伝えしていきます。

5-1. 婚活の代表的な手段7つ

以下は婚活手段における代表的な7つの手段の評価をまとめたものです。

エリアによってそれぞれの評価に多少の違いは出てきますが、大きくは皆さんの感覚と変わりないかと思います。

婚活の手段出会える異性の人数出会える異性の質相場費用
女性男性
結婚相談所★★★★☆★★★★★15~66万円/年20~66万円/年
婚活サイト/アプリ★★★★★★★☆☆☆0~3.6万円/年2.4~6万円/年
婚活パーティ★★★☆☆★★★★☆1000~5000円/回4000~8000円/回
自治体の婚活イベント★★☆☆☆★★★☆☆2000~5000円/回3000~7000円/回
街コン★★☆☆☆★★★☆☆1000~3000円/回6000~8000円/回
相席居酒屋★★☆☆☆★★☆☆☆無料~1500円/2時間7000~10000円/2時間
合コン★☆☆☆☆???無料~3000円/回5000~円/回

結婚相談所は、確かに一見費用は高いですが、その分出会える異性の人数も質も他と比べて高く、不毛な時間が少なく、効率的に婚活ができるので最適な手段と言えます

とはいえ、それぞれメリット・デメリットがありますので、様々な手段を組み合わせながら自分に合った方法で婚活を進めていきましょう。

5-2. 結婚相談所の4つメリット

他の手段と比べた時、結婚相談所の主なメリットは以下のようにまとめることができます。

  • 会員の質が高い:会員の方の結婚意識は圧倒的に高いです。
  • 会える量が多い:登録されている会員の中で、多くの方と知り合い、実際に会うことが可能です。
  • サポートが圧倒的に手厚い:そもそもサポートがあるのは結婚相談所だけです。
  • 1年以内の結婚もあり得る:価値観が近いもの同士が知り合いやすいしくみとなっているので、意気投合できるケースが他手段と比べて圧倒的に多いです。

また、仲人紹介型の結婚相談所では、お見合いや交際に失敗した場合の振り返りを一緒に行ってくれるケースも多いので、一歩一歩確実に自分を磨くことがでることも大きなメリットです。

以上のメリットがあるため、他の手段に比べ結婚にまでつながるケースが圧倒的に多いです。

5-3. 結婚相談所の2つのデメリット

そうは言っても、メリットがあればもちろんデメリットもあります。他の手段と比べた時の結婚相談所の主なデメリットは以下です。

  • コストが高い:他手段と比べてコストが高い。
  • サービスの質は担当者による影響が大きい:同じ相談所であっても、担当者によってサービスの質が変わる恐れがある。

以上のデメリットはあるので、それを踏まえた上で利用するようにしましょう。

結婚相談所を利用する際の大切な心構えは、「結婚相談所に任せるのではなく、結婚相談所を使おう」です。登録しただけで満足しないようにしましょうね!

5-4. メリット・デメリットまとめ

まとめると、以下のような方に結婚相談所をおすすめします。どれか1つでも当てはまるものがあれば、検討の価値ありです!

◎こんな人におすすめ

  • 最近結婚意欲がいよいよ高まってきた人
  • 1年以内にでも結婚をしたい人
  • 一人では中々婚活を進められない人/親や友達でない誰かに背中を押してもらいたい人
  • 恋愛経験が少なかったり、恋愛に正直自信がない人
  • 色々な手段を試してきたが、結婚したいと思える人に巡り会えなかった人
  • 結婚したい気持ちはあるが、いい出会いがなく婚活に疲れてしまった人

逆に、以下のような方は他の手段から始めることをおすすめします。当てはまるものが多い方は、まずは「婚活アプリ/サイト」や「婚活パーティ」から始めてみるとよいでしょう。

×こんな人にはおすすめしない

  • 3年以上のスパンで結婚を考えている人
  • ぼんやりと婚活を始めてみようかと考えている人
  • 結婚相談所の費用が高いため行動に移せない人(何もしないより何か始めましょう)
  • 結婚意欲も高いが、どうしても金銭的に費用が出せない人

今日から始められるのが婚活アプリですが、「【2021年】婚活真剣度/年代別で選ぶ!あなたが使うべき婚活アプリ6選」にまとめているので、結婚相談所以外の手段を検討したい方の参考になるかもしれません。

6. Q&A|結婚相談所の料金に関してよくある質問

ここでは、結婚相談所の料金の話をした時によく頂く質問をまとめます。よくある質問は以下です。

それでは1つずつお答えします。

6-1. 結婚までの平均活動期間は?

私の経験上、およそ1年です。

これは結婚相談所のサポートの質によっても、それ以上にその人自身の意欲と行動量、そして運によっても全く変わってくる話なのであくまで参考です。

なので費用を考えるときは「1年活動した場合の総額」を計算するのがよいでしょう

6-2. 結婚までの平均のお見合い人数は?

私の経験上、およそ10人です。

こちらも先ほどの質問と同じであくまで参考です。中には初めてお見合いした人と幸せな結婚をする人もいれば、多いケースだと50人近くの方とお見合いする人も稀にいます。

なので費用を考えるときは「お見合いを10回した場合」で計算するのがよいでしょう

自分は異性のタイプについて我儘な方だ、と自覚のある方はもう少し多く見積もってもよいかもしれません。

6-3. 女性と男性で料金相場に違いはあるか?

このページでおすすめの2社にはありませんが、結婚相談所によっては、女性の料金が1~2割ほど安いところがあります。

また、たまに半額以下など極端に女性と男性との料金に差がある相談所がありますが、そうした相談所は集客に困っている場合が多いので、女性であれ男性であれおすすめはしません。

6-4. 年齢の違いによって料金相場に違いはあるか?

プランとして、年齢別に価格差を出している相談所もありますが、ほとんどの場合大きな差にはなりません。

プランの料金設定以上に、月活動費の総額による違いの方が大きく、やはり若い方の方が早くに結婚しやすい傾向にあるため、結果的に総額が安くおさまるケースが多いです。

6-5. 地場の結婚相談所の相場は?

サービス内容によっても、エリアによっても様々ですが、大手と比べると比較的に安い傾向があります。
特徴としては、大手以上に、地場の相談所は料金で良い悪いを判断できないケースが多いので、しっかり調べることと、まずは無料相談に行ってみることがより大切になってきます。

6-6. 1年間の総額が100万近いところがありますが..ぼったくりなのでしょうか?

本当にぼったくりである場可能性もゼロではないですが、多くはハイスペック層をターゲットとした相談所のプランのことかと思います。

例えば、男性はお医者さん、弁護士、経営者や、年収1000万以上の方限定のサービスで、そうしたハイスペック層と、ハイスペックな男性と結婚したい女性の方向けのプランです。

東京では銀座にそうした相談所が多く、「11社の徹底比較でわかる銀座でおすすめの結婚相談所4選」にまとめていますので気になる方はご覧ください。

6-7. 「インターネット型」の相談所は、安いですが選んで大丈夫でしょうか?

結婚相談所には、仲人紹介型、データマッチング型に加え、「インターネット型」というタイプもありますが、私は併用目的以外では基本的におすすめはしません

「インターネット型」は、相談所と呼べるサポートがないことが多く、人によってはそもそも結婚相談所の部類に入れていないです。

以下、特徴を説明します。

インターネット検索型相談所のイメージ

インターネット型とは、自分で、最適な相手を検索するサービスのことで、以下のような特徴があります。

相場
  • 初期費用:1〜5万円
  • 月活動費:0.5〜1.5万円
  • 1年間の総額:10〜15万円
メリット
  • 制限がない限り、無制限に知り合うことができる
  • 自分の努力で出会いの可能性を広げられる
  • 料金が安い
デメリット
  • 手間がかかる
  • 相談所側からのサポートはほぼ無し
  • 結果が分からない(相手からの返答なしの)ケースが多々ある

一言でいえば、自分で探す代わりに気になる人がいたら自由に連絡のできる、婚活アプリと同じようなサービスです。ただし、結婚相談所の会員であるため、婚活アプリと比べて結婚に真剣な方が圧倒的に多いです。

サポートはほぼ無いため、結婚相談所としてこのサービス単体で行っているところは少ないですが、エリアによってはそうした結婚相談所も存在します。

メインのサービスに加え、付加価値としてこの機能がついている分には是非おすすめしたいのですが、インターネット検索型をメインで行う結婚相談所は、併用目的以外では基本的におすすめはしません

7. まとめ

以上、結婚相談所の料金が高い理由と、それでも選ぶべき理由をお伝えしてきましたがいかがでしたでしょうか?

結婚相談所の料金が高い最大の理由は「徹底したトータルサポート」で、それに加え「会員の質が高く」、その結果質の高いサービスであるため、料金が高くても多くの人が利用しています。

また、結婚相談所には大きくタイプが2つあり、大手の相談所のうちそれぞれのタイプから基準となる1社を決めて比較をしていくと、失敗しない納得のいく相談所選びができます。基準とするのにおすすめの相談所は次の2社でした。

「仲人紹介型」のおすすめ1社

IBJメンバーズ公式ページ:
https://www.loungemembers.com

「データマッチング型」のおすすめ1社

オーネット公式ページ:
https://onet.co.jp

あなたにとっての納得のいく結婚相談所が見つかり、婚活が上手くいくことをお祈りします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket